Search

検索したいワードを入力してください

半休を取る理由例・半休時の残業の扱い

更新日:2020年10月02日

皆さんは半休を取ったことはありますか?なんと半休は労働基準法では定められていないのです。半休はどういったものなのでしょうか。どのような理由であれば取得して良いのか、残業になったら残業代は支払われるのかどうかをご紹介します。

半休、半休制度とは?

半休というものはどういったものなのでしょうか。会社では1日の労働時間が定められています。休みも月に何回、週に何回と決められています。その決められた休みに加えて更に休みを取得出来るのが有給休暇です。その有給休暇は、本来1日単位で会社で申請して取得するものです。

しかし、1日丸々休まずとも午前中だけ、もしくは午後だけでこなせる用事もあります。その時に取得するのが半休というものです。半休は有給休暇の一種ということです。では、どのような理由で半休を取得すれば良いのでしょうか。半休の時に残業になったら残業代はどうなるのでしょうか。

半休は法的には定められていない

有給休暇については労働基準法に定められていますが、半休について法律では何も定められていません。労働基準法に定められていないからといって会社が都合の良いように規定を作れるわけではありません。例えば、基本的に半休2回で有給休暇1日分と換算しますが、半休なのに1日分の有給として消化させることは、労働者の権利を妨げているため禁止されています。

勤務している会社によって半休の扱いは異なるので、安心して半休が取得出来るように一度確認してみましょう。

会社を休みたいときは有給休暇をとりましょう

労働者の方は、昔を思い返して学生の頃の夏休みや冬休みを懐かしむこともあるでしょう。労働者にとって一番欲しいものはお休みではないでしょうか。会社によっては、リフレッシュ休暇や夏季冬季休暇などがありますが、一般的には年次有給休暇、通称有給があります。

有給なので欠勤とは異なり、申請すれば会社お休みしたとしても働いたものとしてみなされ減給されません。有給休暇は労働基準法で定められている休暇なので、どの会社でも存在します。有給休暇の日数は会社によって異なります。また、会社によっては有給休暇の有効期限がありますので、確認して計画的に消化しましょう。

有給を使い過ぎて日数がなくなってしまったり、そもそも有給休暇をまだ付与されていない時に、会社をお休みしてしまうと欠勤となります。欠勤は給料が減らされるだけでなく、ペナルティがある会社も多いので注意しましょう。

半休より有給休暇が好ましい例

インフルエンザやノロウイルスなど感染力が高く、他の従業員・お客様に感染させてしまうような病気にかかった場合は、半休ではなく有給を利用しましょう。その時は、何日程度休む必要があるのかを上司や担当者に連絡します。会社から必要と言われたら、医師から診断書を書いてもらいます。

一般的には、体調不良で半休を使うのは印象がよくありません。社会人なので、体調管理も仕事のうちになります。二日酔いや寝坊での休みは周囲の反感を買い、信用を無くすので避けましょう。

半休をとりたいときに使える理由例

半休は、働いている人であれば当たり前の権利です。しかし、上司からの評価など周りの目が気になるので、申請しにくい人もいます。どのような理由であれば半休を取得できるのか例をいくつか挙げてみました。

公共機関での用事

半休を使う理由として最もよく使用されるのが公共機関での用事です。例えば引っ越しで住民票を移すために役所に行きたい場合、役所は平日しか開いておらず、仕事終わりに行っても閉まっているので手続きが行なえません。平日にしか行えない手続きですが、1日もかからない事なので大切な有給休暇を使うのは勿体無いです。

平日も休みがある会社なら問題ありませんが、カレンダー通りの休みであれば平日に半休を使う事になります。やむを得ない事情であるので、深く事情を聞かれることもありません。あまりこの理由ばかりで半休を取得すると怪しまれる可能性もあります。また、ここ最近では、役所の手続きがコンビニで行える場合もあるので市役所でしか出来ない理由を説明する必要はあるでしょう。

そして、仕事がとても繁忙期である場合は避けましょう。やむを得ない理由にしろ、休暇を取るので、上司や同僚には感謝の気持ちは忘れないようにしましょう。

体調不良

体調不良も半休の理由としてよくあげられます。朝出勤した時は大丈夫だったけど急に38度の熱がでてきた時は半休を取ることになります。体調不良のままであると、仕事の効率も悪く、他の従業員に病気をうつしてしまうかもしれない状態になるので、仕事を続けろという人はいないでしょう。また、ちょっとしんどいので念の為に午前中だけ病院にいくという時も半休を取得する理由となります。

しかし、体調不良だからと当たり前のように帰宅するのではなく、周囲に早く帰ることを詫びて、仕事に支障がないように申し送りをしてから帰りましょう。復帰してからも感謝の気持ちを伝えると周りからの評価があがります。

家庭の事情

労働者自身の体調不良だけでなく、親族の介護や子供の体調不良も半休の理由となります。家庭を持つ人であれば親族の介護・体調不良の機会も多いです。小さい子供を持つ親ならば、急な体調不良も頷けます。

立ち会いが必要な用事

自宅の火災報知器やガスの点検は平日に行われることも多く、立ち会いが必要になる場合半休の理由として認められます。立ち会い時間は事前に通知され、決まっている場合が多いので、半休の申請は早めに済ましておきましょう。

半休したときに残業する場合どうしたら良い?休憩は?

半休を取得したが、所定の労働時間内に仕事が終わらなかったら残業することになります。普段の業務では、所定時間を超えて労働すれば残業代が割増で支払われます。しかし、半休であれば労働時間としては所定時間を超えていない事になります。この場合残業代は一体どうなるのでしょう。

休憩時間

半休を取得した場合、休憩を忘れがちになります。労働時間が6時間を超えると45分、8時間を超えると1時間の休憩を取ることが労働基準法で定められています。残業して労働時間が長びいてしまった場合でも忘れずに休憩を取りましょう。特に午前中に半休を取り、午後から出勤してきた場合に忘れやすいので注意しましょう。

初回公開日:2017年08月29日

記載されている内容は2017年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests