Search

検索したいワードを入力してください

残業時間の削減方法|アイデア事例/取り組み例/スローガン/目的

更新日:2020年10月02日

「働き方改革」という言葉が毎日のようにニュースで取り上げられています。過労死問題も大きく報道される中、長時間労働の是正に本気で取り組もうという企業も増えてきました。残業時間の削減方法について、実際の企業の取り組み事例と一緒に見ていきましょう。

建設業界

建設業もまた、長時間労働の多い業界です。納期という締めきりと建設物という明確な成果物が存在するので、進捗状況が厳しければ「○時なので帰ります」ともいきません。現場では週休2日制を実現できていないのが実情です。

労働時間を制限すると、工期の長期化やコストアップが避けられなくなります。法改正で残業時間の制限を厳しくすれば、建設のコストアップにより国民生活にも影響があります。しかし長時間残業が常態化したままでは、いずれ深刻な人材不足により業界が成り立たなくなります。

余裕のある行動計画や、適正工期での受注を徹底することが現実路線であり、個人の努力で残業を削減するのは難しいのが実情です。建設業の労働環境改善のためには、企業内努力以上に発注者との意思疎通が重要です。

残業削減はできるところから取り組もう

誰でも1日は24時間あります。残業時間を削減できたら、その時間で何がしたいですか。自分でコントロールできる時間が増えると、生活がいきいきとしてきます。自己投資するもよし、家族との時間を大切にするもよしです。

充実した生活が仕事のパフォーマンスを挙げてくれます。残業削減は企業と個人、両方の努力があって達成できます。他者の取り組み事例も参考にしながら、できるところから取り組んでみてください。

初回公開日:2017年10月17日

記載されている内容は2017年10月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests