Search

検索したいワードを入力してください

年間休日105日の内訳・平均との差・口コミを4つ紹介

更新日:2020年10月02日

年間休日105日の実態について、その内訳や実際に休める日数について具体的に紹介していきます。一般的には少ないと言われる年間休日105日ですが、実態を知ることで、就職時や転職時の検討材料にしてみましょう。自身のライフスタイルも含めて、判断することがポイントです。

仕事を長く続けるために

転職をするなら次に働く会社は最後まで勤めたいと考えます。条件にあった仕事と年収の会社へ入社しても不満が出てしまい新たな仕事へ旅経ってしまう人も少なくありません。

長く続く仕事を選ぶポイントは、給料だけでなく労働条件も同じぐらい大切です。

労働条件への不満はメジャーな転職理由

仕事を探す時、次は一生続けたいと考えて探しています。仕事内容以外にも労働条件を妥協しない事が長く働ける職場を見つけられます。

例えば希望の仕事だけど年間休日105日で残業1日4時間の会社へ入社します。仕事を頑張るが長時間労働で休みも少ないせいか、疲労が蓄積しストレスが溜まっていき、仕事自体に不満を持ち会社を辞めてしまいます。

労働条件も合う会社への就職を成功させて、より輝く毎日にしていきましょう。

初回公開日:2017年10月02日

記載されている内容は2017年10月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests