Search

検索したいワードを入力してください

年金手帳を持ってない人・年金手帳を管理している場所|公務員

更新日:2020年10月02日

年金手帳は持ってないかたが少ないほど重要なものです。身分証明書にもなる年金手帳は大変便利ですが年金手帳をもらっているのか持ってない方もいます。持ってない方はどうしたらいいのか。細かい保険や厚生年金など知らなかった制度を書いた記事になっています。

年金手帳を持ってない人

20歳未満で一度も働いたことがない方には、年金手帳は持っていません。その場合は、新規の発行をしなければなりません。しかし一度も働いたことがない人でも、20歳以上で日本国籍がある人には、国民年金がありますので、原則的には年金手帳を持っています。20歳以上になっても年金手帳を持ってない人がいますが、基本的には基礎年金番号は振り出されています。

年金手帳を持ってない人に、住所地の市役所や、区役所か役場の国民年金科に問い合わせて、基礎年金手帳を発行してもらうか、基礎年金番号を聞いてもらって、社会保険の資格所得届と一緒に、年金手帳の再交付申請をします。国民年金の納付書が来て、基礎年金番号が記載されていたらできます。

年金はいつから?

年金を払う側として、国民全員が加入したのは1961年からになります。国民年金の場合は、受給開始年齢は、現在の65歳からと違い60歳からでした。50歳以上だった方は、保険料を払わないから年金手帳が持ってない状態でも、「福祉年金」として、70歳からもらえるということによって年金制度が始まりました。

公的年金制度は25年以上加入していなければ、年金を受け取れない仕組みになっています。制度を始めたときに、は特例として最短10年の加入期間でもいいという例もありました。しかし制度開始時に50歳だった人は、まじめに払ったとしても、60歳になっても、最短10年の加入期間を満たせないので、受給資格を得られません。

国民年金の場合

国民年金は国民全員が加入しなければならないため、「国民年金制度」ということから始めたので、この人たちにも、制度創設時に年金を支給するのに国が負担する救済措置をしました。1961年に50歳未満だった方には、保険料納付を求めて、それに応じた年金を支給していました。

厚生年金の場合

厚生年金は加入期間が短縮なために25年に満たない場合も、年金手帳が受給できる仕組みしましたが制度発足時点で、年金手帳受給者の世代だった人には、特になにもしませんでした。他にも年金発足時に50歳以上で短い時間しか、年金制度に入っていないため、60歳になっても保険料として年金手帳をもらえない人には、脱退手当金を加算し、受給することにしました。

年金制度をどのようにするか50年前以上から国会で議論されていました。年金保険料を払い、将来年金を受給される現在の年金制度の仕組みを、「社会方式」と言います。全国民に対する年金も50歳以上の「福祉年金」のように税財源になる、「税方式」の年金にしたほうがいい話もあります。

税方式

税方式にしたら将来の日本が高齢化した場合に、巨額の財源が必要になるのが予想されています。財政状況によって毎月の年金額が大きく変わってしまったら、老後の性格をしっかり支えられる制度にはなれないと話になり、社会保険方式が採用されました。他にも自営業者の所得把握や、女性の年金権をどうすればいいのだろうと、現在の年金制度の改革を議論していました。

年金手帳の意味は?

年金手帳は退職をした高齢者に、若者が働いたお金を厚生年金という払わなければいけない年金制度があり、20歳になってから必ず2万ぐらい払いそれを高齢者が少しもらうことです。払っている若者も、高齢者になればもらえるという仕組みになっています。少子高齢化で若者が年金をもらえる年齢になったときには、年金手帳が廃止されて持ってないという話になります。

就職活動の時に、会社が年金を半分払ってくれる正社員などを選ぶことによって、アルバイトなどと違い、会社が免除してくれます。働いていない主婦も、年金手帳は持ってないと払わなければいけない側に入ります。そして年金手帳は、年金をもらっていますという身分証明書にもなります。

年金手帳の内容

年金手帳は年金番号という「基礎年金番号」が記載されています。氏名や年齢性別の場合は、戸籍謄本に書いてあるのが違ってた場合も過去にはありましたので、その場合は近くの年金事務所で申請をする必要があります。住所は現在は年金手帳には書いてありませんが、転移した場合は新しい住所の届け出が必要です。年金の加入記録も申し出れば、年金手帳に記入できます。

身分証明書としても、年金手帳は社会保険庁が発行していた書類なので、現在も身分証明書などに使われています。顔写真はありませんが「健康保険被保険者証」として使われています。年金手帳を提示するだけで、使用料が割引になってたりする施設もありますので、退職した高齢者も助かります。

年金手帳を持っていない年齢は?厚生年金は?

現在の時点で年金手帳を持ってない人は、0歳から19歳です。ですが厚生年金は高校卒業時に進学せずに就職すれば18歳で厚生年金に加入します。中卒だったら15歳で加入しなければなりません。最近では65歳までの継続雇用が義務化されているので、65歳までに必ず加入しなければいけません。65歳以降もフルタイムで働く人は厚生年金に加入します。

厚生年金は、保険料を払った金額で年金受理金額が決まります。支払った保険料を何年の年金受給でのできる回収を調べたら、20歳以上60歳未満以外で厚生年金に加入した期間は、回収年数が長いことがわかりました。なので20歳未満で60歳以上の期間に厚生年金に加入するのは損するだけです。

職業についていても年金手帳を持ってない人はいるの?

次のページ:管理している場所はどこにあるの?

初回公開日:2017年11月17日

記載されている内容は2017年11月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests