Search

検索したいワードを入力してください

年間休日125日の内訳・優良企業なのか・嘘なのか・多いのか

更新日:2020年10月02日

1950~70年代に掛けた日本の高度経済成長期、日本人は海外から「働き蜂」と揶揄された時期がありました。1980代になってから、経済団体や大企業が中心となって「完全週休2日制」の導入に舵を切り始めましたが、未だに隔週2休も覚束ない企業も少なくないのが実態です。

年間休日125日は、必ずしもカレンダー通りではない場合があります。週休2日制を採用している企業の場合は、基本的に土日(あるいは日月)連休を変更することありませんが、年末年始休暇やゴールデンウィークなどの連休の狭間に出勤日がある場合、何か「祝日」と振り替えて穴埋めするケースがあります。

年間休日125日はお盆も含むのか

年間休日125日の中には、もちろん「お盆休み」も含まれます。ただし、お盆休みの中に「土日」と8月11日の「山の日(祝日)」が含まれている場合は、残念ながら年間休日125日とお盆休みが重複してしまいますので、実質的にはそれ以外の「平日」がお盆休みとなります。

年間休日125日は夏休みを含むのか

これは「お盆休み」と一緒で、土日と祝日が「夏休み」に重複していれば、実質的にそれ以外の「平日」が夏休みとなります。

なお、最近では企業の夏休みに自分の「年次有給休暇」を付加して10連休くらいの夏休みを取るケースもありますので、企業として「ワークシェアリング」の素地ができれば、ヨーロッパのような3週間バカンスも夢ではないかも知れません。

年間休日125日の会社へは転職可能?

年間休日125日の企業への「転職」は、決して不可能ではありません。しかし、これまでの職歴や常務処理能力(スキル)によって選べる会社は変わってきますし、「運」に恵まれることも必要です。

現在は、大きな企業だけが年間休日125日ではなく、事業規模が小さくてもベンチャー企業やニッチ企業などで、年間休日130日以上の企業もあります。

要するに、年間休日125日を実践している企業を見つけることができるか、また見つけたとして自分がその企業で必要とされるスキルを持っているかが問題です。

豊かな時間の過ごし方を考えよう

最近、政府などが「働き方改革」と銘打ったスローガンを掲げ、労働者の働き方を見直す活動を展開しようとしています。これは、企業における過酷な残業などによる「労働災害(過労死)問題」がきっかけとなり、残業時間の規制強化を狙った活動を開始しました。

人が仕事をするのは、単に生活費を得るためだけでなく、家族を含め豊かな人生を送るためでもあります。仕事に疲れ切って折角の休日も1日中家でゴロゴロしていては、精神衛生上も決して良くはありません。

残業が少なくなったら「自分のやりたかったこと」や「家族と一緒にやりたかったこと」を実行に移す準備が必要です。人生を過ごすために与えられた時間は、決して無限にあるわけではありません。豊かな人生を過ごすためにも、自ら積極的に「豊かな時間の過ごし方」を手に入れる創意工夫が求められます。

初回公開日:2017年11月03日

記載されている内容は2017年11月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests