Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月22日

封筒の横書きの書き方|住所/A4/定形外/請求書/履歴書

インターネットの急激な普及により、封筒を使って手紙をだす機会が減っています。そのせいか、正しい書き方を知らない人も多いようです。そこで、今回は、封筒に横書きに記入する際の正しい書き方をまとめました。意外に知らない横書きの書き方を確認してみましょう。

封筒の横書きの正しい書き方って知ってる?

手紙は、ビジネスでもプライベートでも利用されています。ネットの普及によって利用率は減っているものの、まだまだ色々な場面で使われています。

封筒には縦書きと横書きがありますが、皆さんはどちらの方をよく使われるでしょうか。和封筒の場合は縦書きで書きますが、洋封筒の場合はどちらでも良いとされています。ビジネスにおいても一般的には縦書きでも横書きでも問題ありません。

しかし何事にも基本のルールがあり、横書きで書く場合は縦書きとは少し違った書き方があります。そこで今回は、封筒を横書きに使う場合の正しい書き方をご紹介します。

住所の書き方

住所を書く際には都道府県名から書くのか、略して書くのか迷うところです。基本的には7ケタの郵便番号を正確に記載するのであれば、市町村名までを省略して記載しても郵便は配達されます。

しかし、ビジネスマナーとして都道府県名から記載する方が好ましいとの意見が多数です。見た目にも省略せずに書く方が美しく見えるので、都府県名は省略せずに正しく記載しましょう。

横書きの書き方としては、左端から2文字ほどのスペースを空けて書きます。番地などの数字は算用数字を使用し、ビル名やマンション名、部屋番号まで全て書きましょう。住所が長い場合は行を書けて書きます。その場合、キリの良いところで分け、2行目は1文字後ろから書くようにします。

郵便番号の書き方

封書に郵便番号の枠がある場合は枠内に記載します。この場合郵便番号だけが縦書きになりますが、ここは気にしなくていいです。

枠がない場合は、住所の上左端から2文字ほどスペースを空けて書きます。住所と揃える感じです。郵便番号は算用数字で7ケタの番号を正しく、綺麗に記載するようにしましょう。

郵便番号は基本的に機械で地域に振り分けられます。間違った郵便番号を記載してしまうと、配達が遅れてしまう可能性も出てきますので注意しましょう。郵便番号は郵便ホームページで調べることができるので、分からないものについては、こちらで確認してみるのもいいでしょう。

様方の書き方

郵便の受取人が同居や下宿などの場合、送り先の住所の世帯主と名字が違う場合があります。この場合受取人の名前を書くだけではなく、「○○(住所の世帯主名)様方」を記載します。名前のやや右上に少し小さめに書きましょう。

住所の世帯主名と受取人の名字が違う場合、差出人の間違いだと思われ、配達されない可能性があります。失礼のないように必ず「様方」を入れるようにしましょう。

宛名の書き方

横書きの宛名の書き方は、全体の中央に記載します。住所より一文字空ける感じで書くとバランスが取れ美しく見えます。この時、住所よりやや大きめに書くことがポイントです。

また、住所や会社名などが長い場合、宛名を中央に揃えられない場合があります。その場合、最初に宛名を中央に書いてから住所を書くようにすると全体のバランスもとりやすくなります。

会社名の書き方

会社名を記載するときは、住所の後に書きます。会社名に数字が入っている場合、横書きの場合は算用数字を使います。会社名は略語を使わず必ず正式名称で書きましょう。宛名が会社名の場合は「様」は使わず、「御中」を使います。

所属部署まで書く場合は、会社名のあとに一文字空けて書いてもいいですし、行を変えて書いても構いません。行を変える場合は、一文字後ろから書くときれいに見えます。

役職の書き方

役職を書き方としては、4文字程度は名前の横に書いても良いですが、5文字以上の場合は名前の上に書くようにします。役職は名前より少し小さい文字で書きましょう。

会社名から役職まで書く場合、住所→会社名(正式名称)→所属部署名→役職→宛名という感じで書きます。

切手を貼る場所

切手は郵便番号の横に貼るというのが一般的ですが、横書きの場合は違います。切手は、封筒の右上に貼ります。郵便番号の記載位置とは関係ありませんので注意しましょう。

差出人の書き方

横書きでの差出人の書き方は、住所、氏名は封筒の下部分、封筒全体の3分の1ほどにおさめるような大きさで書きます。番地などの数字は算用数字で書き、住所が長い場合は、2行、3行で書いても構いません。その場合、1行目の書き出しよりも少し後ろから書くようにします。名前は住所よりも少し大きく書き、中央やや右より、または右寄せで書きましょう。

ちなみに、差出日を入れる場合は、差出人の住所の左上の位置に書きます。

サイズ別封筒の横書きの書き方は?

封筒の横書きの書き方|住所/A4/定形外/請求書/履歴書

A4・A3サイズの封筒の場合

大きいサイズの封筒を使用する時の横書きの書き方は、全体的には通常サイズ封筒の書き方と同じです。上から郵便番号、住所、氏名と書いていきます。氏名は封筒の中央に書くようにします。

大きいサイズの封筒では、書く際に全体的なバランスがとりにくいこともあります。その場合は、定規などを使って書く、または、鉛筆などで薄く線を引いて書くのも良いでしょう。

封筒のサイズが大きい場合はボールペンだと読みにくい場合が多いので、黒のサインペンを使用することをおすすめします。

角2サイズの封筒の場合

角2サイズの場合も通常のサイズの封筒の場合の横書きの書き方とだいたい同じです。角2サイズの封筒の場合、封筒を横にして書くこともあります。郵便番号枠がある場合は、枠内に郵便番号を書きます。封筒を横にして書く場合は切手に注意しましょう。

内容別封筒の横書きの書き方は?

封筒の横書きの書き方|住所/A4/定形外/請求書/履歴書

請求を送る場合

縦書きも横書きも同じですが、請求書を送る場合「請求書在中」を記載します。これは、決まり事ではありませんが、取引先の利便性などを考えてのことです。

横書きの場合は表面の右下に記載する描き方が一般的です。この際、目立つように色を付ける場合もあります。ただし、赤色は赤字をイメージするからと嫌う人もいるので、色を付ける際は、無難な青色を使うことをおすすめします。スタンプを利用するのも良いでしょう。

応募書類を送る場合

就職などの際、履歴書や職務経歴書などを企業に送る際に相手方にわかるように「応募書類在中」の文字を入れます。横書きの書き方としては、封筒右下に赤字で書きます。さらに、書いた文字をこれも赤いペンで四角に囲います。定規などを使用し丁寧に枠で囲いましょう。

履歴書を送る場合

履歴書などを送る場合、さきほどの応募書類在中の文字の他に「履歴書在中」の文字も使います。横書きの場合の書き方は応募書類在中の場合と同じです。

お礼状を送る場合

お礼状を送る場合の封筒の横書きの書き方は、通常横書きの書き方と同じです。

ただし、大切なお礼状なので失礼がないように気を付けましょう。会社名を入れる際は(株)など略語は使わない、切手はキチンとまっすぐに貼る、封筒はカラフルなものは避けるなど、注意して書きましょう。

入学願書を送る場合

入学願書などは大きめの封筒を使う場合が多いです。横書きの書き方としては、A4・A3封筒の横書きの書き方と同じです。

「○○在中」などの記載は特に必要はありませんが、宛名を書くときに「○○学校入試係御中」や「○○学校 願書受付ご担当者様」と記載する方が相手方にも分かりやすいでしょう。

書き方とは関係ありませんが、願書など大切な書類を送る場合は書留などで郵送することをおすすめします。

美しい封筒の書き方で印象も変わる

封筒の横書きの書き方|住所/A4/定形外/請求書/履歴書

封筒の横書きの書き方、意外と知らないルールが多かったのではないでしょうか。切手の貼り方、文字の大きさを変える、全体的なバランスを考える、略語は使わない、用途に合わせて添え書きを書くなど色々ありました。少し面倒な気がしますが、書き方の基本さえ押さえておけばそんなに難しいことではありません。

綺麗に書かれた封筒を見るとその人の仕事に対する姿勢まで分かります。そしてそれが会社の評価につながることもあるでしょう。

基本に沿って書かれたものは美しく見えます。これを機に、美しい封筒の書き方からあなたの印象を変えてみませんか。

Latests