Search

検索したいワードを入力してください

返信用封筒の書き方とマナー|行/裏/横書き/宛など

更新日:2020年08月20日

書類や資料を取り寄せるのに返信用封筒が必要だったり、送られてきた郵便に返信用封筒が入っていることがあります。どんな書き方をしたらいいのか困ったことはありませんか。皆が知っているよう知らない返信用封筒の書き方とマナーについてご紹介していきます。

返信用封筒の書き方とマナー

返信封筒は、自分の住所、氏名などを記載して、郵便切手を貼った封筒のことで、送り先の封筒に一緒に入れて送る封筒のことです。郵便物の中に返信が必要な物がある場合に、送り主が入れてくれる場合もあります。特別な封筒として、返信用封筒という形式の封筒があるわけではありません。しかし、書き方のマナーや最低限の決まりはあるので、ご紹介していきます。

「行」の書き方とマナー

返信用封筒には住所と宛名を書きます。普通の手紙だと宛名の後には「様」を書きます。ですが、返信用封筒には自分の名前を書きます。自分の名前の後に、敬意の意味を込めて書く「様」を付けるのは、送る相手にいい印象を与える書き方では与えません。名前の後には「行」を書きます。

「行」以外にも「宛」を使った書き方を見かけることがよくあります。「宛」を使っても間違いというわけではありません。しかし、「宛」は口語的なしゃべり言葉として「××さん宛に手紙が来ました」のようにして使う言葉なので、「行」が適しています。

「行」の書くときの注意点

返信用封筒に書く「行」の書き方として文字の大きさは、名前より少し小さい文字で書きます。名前と同じ行ではなく、少し左にずらすのが、良いとされている書き方です。返信封筒を送り返す人は、名前の下の「行」を二重線で消します。少しずらしておくことで、マナーを知っている人という印象を与えることができます。

「宛」の書き方とマナー

「行」でも書きましたが、「宛」を名前の後に書いても間違いではありません。ただ、話ことばの比重が強いので、「行」を書くことをお勧めします。

最近では、返送する人の手間を考えて、はじめから「行」「宛」など何にも書かない場合や、「様」という書き方をする場合もあります。マナーという点から考えると、「行」と書く書き方が一般的で支持されています。

「横書き」の書き方とマナー

返信用封筒は縦書きの封筒でも、横書きの封筒でも使うことができます。敬称の書き方は、横書きの場合も「行」は名前よりも小さな文字で書きます。縦書きと違うのは、名前と同じ列ではなく、少し下に書くことです。

裏面の書き方とマナー

通常の封筒だと、裏面には差出人の名前を書きます。返信用封筒の書き方は、裏面に何も書かないことが正しいです。差出人は書かずに同封します。

切手の有無について

返信用封筒を同封する際に、封筒に切手を貼ってから封筒に入れます。料金が不足すると相手の方へもご迷惑になるので注意が必要です。郵便切手料金は、封筒の形と重さで決まっています。形は定形郵便と定形外郵便の二種類があります。

定形郵便は、23.5cm×12cmより小さなもので、厚さが1cmより薄いもののことです。定形外郵便は、60cm×60cmより小さなもので、縦と横と厚みを合わせて90cmより薄いもののことです。

返信用封筒に入れる書類などの重さも考えて、切手を選びます。もし設定金額ぎりぎりになるような重さだったときは、ひとつ料金が上の切手を選ぶと安心です。

定形郵便の料金

25g以下:82円、25g~50g:92円、50g以上:定形外料金と同価格です。

定形外郵便の料金

50g以下:120円、50g~100g:140円、100g~150g:205円、150g~250g:250円、250g~500g:380円、500g~1kg:570円

次のページ:返信用封筒の折り方

初回公開日:2017年10月31日

記載されている内容は2017年10月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests