Search

検索したいワードを入力してください

職場に咳払いがうるさい人がいる場合の対処法/注意の仕方/対策

初回公開日:2017年07月23日

更新日:2020年05月25日

記載されている内容は2017年07月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

咳払いがうるさい人が職場にいると不快感を感じるだけでなく、不衛生だと気になる人も中にはいるでしょう。咳払いがうるさいとどうしても気になってしまい作業の妨げになる場合もあります。そんな時周囲はどのような対策をすべきなのでしょうか?

咳払いとは?咳とは違う?

咳と咳払いは同じような意味を指しますが、意識的であるか、そうでないかによって使い分けられています。一般的に『咳』というと風邪やウイルスに喉が刺激されることにより、体の反応として意識せずに出てしまう生理現象を総称して『咳』と言われます。

一方『咳払い』となると喉の異物感を取り除くため、もしくは人の気をひくためなど意識的に行うことを指しています。必ずしも明確な決まりがあるわけではありませんが、意識的に行うとされる『咳払い』に対しては不快感を示す人が圧倒的に多いといえます。

咳払いに不快感を感じる人が多い

では、なぜ咳払いを不快に感じるのでしょうか。本人は緊張していたり悪気なく咳払いをしてしまっている場合もありますが、周囲にとっては咳払いがうるさいとしか感じられないのです。中には威圧的行為として咳払いをする人もいるため、到底良いイメージはわかないでしょう。何度も咳払いをされるとうるさいと思うだけでなく、不衛生だと感じる人もいます。

お店や音楽のかかっているような場所だとあまり気にならないですが、静かなオフィス内だと咳払いは余計に響いてしまい、周囲からはうるさいと思われがちです。集中している人の邪魔にもなりかねないため、咳払いには不快感を感じる人が多く、それが原因でトラブルへ発展することも少なくありません。

職場に咳払いがうるさい人がいる場合の対処法

職場に咳払いのうるさい人がいるとどうしても気になってしまいます。一度気になってしまうと咳払いをされるたびに耳についてしまい自分自身の集中力すら途切れてしまいます。そうすると普段よりストレスを感じやすくなるだけでなく、自分は悪くないのに一方的に追い詰められてしまうことでしょう。

相手が悪気なく咳払いをしているのかどうかも分からない中どう指摘していいものか悩みは尽きません。トラブルを避けるためにも咳払いをする人にはどのような対処法が効果的なのか紹介していきます。

のど飴をあげる

咳払いがうるさい人に直接『咳払いがうるさいです』と言うのはトラブルの元となるので避けなければなりません。そんな時に『のど飴プレゼント作戦』を決行することです。のど飴を舐めるぐらいだと大抵の職場は許されることも多く、気軽に渡すことができるのではないでしょうか。

『のど飴=のどの調子が悪い』という考えに結びつくため、のど飴をプレゼントする際『のどの調子がわるそうですが大丈夫ですか?よかったらどうそ』というように心配している素振りを見せながら一言添えましょう。

そうすることで角も立たず、察しのいい人はそこで『咳払いうるさかったのかな』と気づいてくれるでしょう。

しかし中には鈍感な人も存在し『心配してくれたんだな』程度にしか受け止めない場合もあります。そんな相手には一言添える内容を変えてみましょう。『咳払いのし過ぎは喉が余計悪くなる場合もあるのでのど飴を舐めて咳払を止めてくださいね』と言ってみたら良いでしょう。『咳払いを止めてくださいね』とはっきり言っているので『咳払いがうるさい』ということを鈍感な人でも気づくフレーズです。

このように直接的な言葉で言ったとしても、プレゼントもしていることで気を使ってくれたのだと感じる人が多いでしょう。むしろ心配されたことで怒るよりも喜んでくれるのではないでしょうか。きっと咳払いも気にしてくれるはずです。

飲み物を渡す

冷暖房が聞いている社内においては喉の調子を崩しやすい傾向にあります。咳払い、もしくは咳がひどい人には飲み物をプレゼントしてみるのも良いでしょう。『今日は喉の調子が悪そうなのでよかったら飲んでください。少しでも楽になるといいですね』と言って渡せば、薄々勘付き咳払いに気を付けてくれるでしょう。もし意識的に咳払いをしている人だとしても『咳払いがうるさい』ということを察してくれるはずです。

のど飴と同様、何かをプレゼントしながらさりげなく注意を託すことにより、ただ注意だけするよりもお互いに言いやすく聞き入れやすくなるものです。咳払いをやめさせたいからと言って『うるさい』ときつく言うのではなく、やはり相手を思いやった上で注意を促すことが効果的だと言えるでしょう。

マスクをプレゼントする

のど飴や飲み物をプレゼントしても咳払いがうるさいことに気づかない人もいます。そんな時には『マスクをプレゼントする』という方法です。マスクというのは風邪やウイルス対策に使われるものです。そんなマスクをプレゼントするということは『マスク=咳』と嫌でも連想させることができるでしょう。

もちろん嫌味を言うのではなく『咳がすごくつらそうですね、良かったらどうぞ』と一言添えましょう。『咳が凄くうるさいですね』ではなく『咳がすごくつらそう』と言い換えるだけで聞き手の心情も変わるでしょう。あくまでもトラブルにならない言い方を心がけることが大切です。

意識的にやっている咳なのか、それとも風邪なのか分からない場合は、このように体調を心配する形で渡すことがよりスムーズに相手を傷つけることなく注意を促すことができます。いくら腹が立っていても冷静に大人の対応を心がけましょう。

耳栓・音楽を聴く

咳払いがうるさい時に上記の方法を試しても効果が得られず、もしくは相手が上司だったり風邪をひいていたとしたら『咳払いがうるさい』とは言えません。そんな時は自分で回避する方法を考えてみましょう。まずは耳栓をしてみるのがおすすめです。耳栓をしていることで周囲の雑音も、咳払いもシャットアウトすることができるため、気が散ることなく業務に集中できるのではないでしょうか。

もし可能であれば音楽プレーヤーやイヤホンで音楽を聴くのも良いでしょう。自分の好きな曲を聴いていることで耳栓効果&リラックス効果に繋がります。ただし周囲の声が聞こえないということは業務に支障が出る可能性もあるので注意が必要です。あくまでも職場環境を考慮したうえで行うようにしましょう。

移動する

もし咳払いのうるさい人が風邪が原因なのであれば、我慢すればいつかはおさまります。問題なのは意識的にやっている場合です。そんな人は気づくまで辞めることがないでしょう。そして癖になっている事も考えられるので気づかせない限り辞めさせるのは難しいこともあります。上記の方法で効果をなさなかったときの手段として自分が席を移動するのも一つの方法です。

その人の近くにいないだけでだいぶ気持ちは楽にるはずです。相手の行動を変えようと努力することだけでなく、やむ得ない場合は自分が変わってみましょう。可能であれば他の場所に移動して仕事に取り組むことが一番はやい解決方法なのではないでしょうか。

咳払いがうるさい人への最終手段は上司へ相談すること

どんな方法を試しても改善されず、咳払いがうるさい、という呪縛に囚われ自分がどうにかなってしまいそうな時は迷わず上司へ相談してみましょう。咳払いがうるさい相手に直接文句を言ってしまうと、思わぬトラブルへと発展しかねません。トラブルを避けるためにも上司の存在は必要です。職場において咳払いがうるさいというのは他の社員が精神的に追い詰められ仕事効率の低下も招きかねません。上司に相談することで何かしら対策を講じるはずです。

仕事をしに会社へ出社しているのに、仕事効率が下がってしまっては会社側としても大問題です。あまりにも咳がひどい人は『治るまで休ませる』ということも上司であれば可能です。もちろん上司が直接的に注意をすることもできるでしょう。他の誰でもない上司が対処することで角が立たず丸く収めることができます。職場環境を整えることも上司の仕事です。案外簡単に解決するのではないでしょうか。

注意の仕方

咳払いがうるさい人に注意をするというのはとても難しいことです。咳払いをすることに悪意を持っている人が少ないため、周囲に迷惑がられていることに気づいていない人も多いのです。また、先輩や上司など自分より立場の上の人には尚更注意することはできないでしょう。だからといって、そのままにしていると自分自身もストレスがたまり、ほかの社員も作業効率が下がる原因となってしまいます。時にはしっかりと注意することも必要だと言えるでしょう。

心配するような言葉をかける

直接的に『咳払いがうるさいよ』と言われていい気持ちがする人はまずいないでしょう。注意するだけが円滑な方法ではありません。注意した本人はスッキリしますが言われた相手はどうでしょうか。今後も同じ職場で過ごすのですからなるべく相手を傷つけず注意してあげることが大切です。

『咳がひどいみたいだけど大丈夫?』といった心配する言葉をかけつつ、改善するよう促してあげましょう。そして『うるさい』といった直接的な言葉はなるべく避けるよう心がけましょう。

うがいをするように勧めてみる

咳払いがうるさい人の中には鈍感な人もいるので、時には直接的な言葉をかけることも必要です。仮に自分が逆の立場になった場合を考えられる人であれば、咳払いが他人にとっていかに不愉快なものか気づいているはずです。それに気づいていなければ周囲への配慮ができない点で問題がありますし、逆に気づいていて意図的に咳払いをしているのであればもっと悪質です。そういった場合は上司に相談して、うがいをしたり喉を労るよう促してもらいましょう。

上司が注意することで周囲も安心して作業に取り組むことが出来るため、この方法は最善策ともいえるでしょう。どうしても咳払いがうるさい人であれば休暇をとって治療に専念してもらうなど更なる対処法を考えることも必要です。咳払いのうるさい人に合わせるのではなく、仕事場の環境づくりを優先にしていくことが大切なのです。

意識的な咳払いならストレートにぶつかろう

冷暖房のせいで喉がイガイガしたり、意識的に咳払いをすることは誰しも経験があるのではないでしょうか。しかし、静かなオフィス内で咳払いをするというのはある意味勇気がいるもので、周囲への配慮を考えたら席を立つことが常識だと言えるでしょう。

中には静かな空間での緊張感から、意識的ではあるものの半ば無意識に咳払いを続けてしまう人もいます。そういった人は悪気があるのではないですが周囲からすると定期的に聞こえる咳払いは不愉快以外の何物でもありません。

あまりにも咳払いがうるさいと社内の空気も悪くなってしまうでしょう。そんな時はぜひストレートに言葉をかけてみることをお勧めします。「調子が悪いならちょっと席を外してみたらどうでしょうか?」「かなり咳がうるさいけどどうしたの?大丈夫?」と声をかけてみましょう。

配慮しながら声をかけることも大切ですが、このようにストレートに言うことも必要なのです。

咳払いのうるさい人対策

咳払いがうるさいと集中力が途切れ、ストレスとなってくることが多くあります。しかし注意をしてみたり、上司にも頼める状況ではなかった場合は自分でどうにか対策をとるしか方法がありません。咳払いがうるさい人のいる環境を乗り越えるためにはどのような対策をしたらいいのでしょうか。

次は『咳払いのうるさい人対策』を順に紹介していきます。

咳払いがうるさいことに対して寛大な心を持つ

咳払いや人の癖などは一度気になってしまうとその後もずっと気になってしまい、仕事に集中できなくなってしまう人も少なくありません。そんな状況に置かれてしまったときの対策方法として意識してほしいことは『咳払いは当たり前の生理現象』だと思うことです。確かに定期的にされる咳払い・異常に大きい咳払い・聞いていてうるさいものは不愉快でしかありません。

そんな中でも自分を落ち着かせるために、咳払いをする人に対して『寛大な心』を持ってあげましょう。相手の立場になって考えてみることで今までと見方が変わってくるのではないでしょうか。生まれつき喉が悪い人もいれば、心理的病気で起きる咳もあるのです。

今相手が置かれている状況を考えてあげることで相手に対してより思いやった気持ちで見ることができるはずです。

イメージだけで決めつけない、前向きに考えてみる

咳払いのうるさい人に対し『あの人は無神経で周囲に配慮ができないから』と思ってしまうことはとても残念な思い込みだともいえるでしょう。咳払いがうるさいと気が散るためイライラして悪い方向に考えてしまいがちです。そんな時こそ前向きに考えてあげることで自分自身も救うことが出来るのです。

思い込みはあくまでも思い込みであって自分の中のイメージでしかありません。咳払いをしている理由は聞いてみない限り、咳払いのうるさい本人にしか分からないのです。

『あの人はいつも咳払いをしているけど何か事情があるのかもしれない』と思い逆に心配してあげるくらいの気持ちでいましょう。マイナスに考えれば考えるほど自分もイライラしてきますし、相手に対しての不満も爆発しかねません。

最初は難しいかもしれませんが、意識的に前向きな気持ちでとらえるようにすれば、繰り返すうちに習慣化し、自然と前向きな考えが身についていきます。人生において様々な面でそれは活かされていくでしょう。是非これをきっかけに前向きに捉える術をみにつけてみてはいかがでしょうか。

咳払いがうるさい人を気遣ってみる

咳っ払いがうるさい人で周囲が一番困らせられるのは本人に自覚がないパターンです。周囲はその咳払いのせいで迷惑が掛かっているというのに当の本人はどこ吹く風で気にする素振りすら見せません。そのような人にはこちらから『咳払いがうるさい』ということを気づかせるためにいくつものアクションを起こす必要があるでしょう。

先述しているように『のど飴プレゼント』や『飲み物をプレゼント』することで喉を気遣う言葉をかけつつさりげなく注意を促すことが必要です。気遣いを見せることで咳払いがうるさい本人も『咳がうるさい』と気づいたなら少しでも抑えられるよう努力してくれるはずです。

もしも鈍感な人だった場合はストレートにうるさいということを直接的に伝えてみることも必要です。ただしここで注意してほしいのが、『ストレートに伝える=相手を傷つけてもいい』ということではありません。

あくまでも同じ職場の同僚です。今後の関係に響かないよう穏便に伝えることが肝心です。お互いに嫌な思いをしないような解決策を講じるよう努めましょう。

咳払いがうるさい人と良好な関係を築こう

『咳払いがうるさい相手と良好な関係を築くなんて!』と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。苛立ちを覚えているからこそ、そこから相手に歩み寄ろうという気持ちが沸くというのは難しいことです。

だからこそ、あえて『不満や苛立ちを抑えて相手を理解する』ということに徹してみてください。同じことをされたとしても、好きな人や仲の良い人がやれば許せることも嫌いな人がやると腹が立ち時には憎らしさまでも感じるものです。

腹立だしいからこそ仲良くなってみることでその人の咳払いには悪意がなかったことや、その人の良さにあなたは気づいていくでしょう。『こういった理由があったんだ、なら仕方ないな』と思えたらこの対策は成功です。気づいた時には『咳払いがうるさい!』と苛立っていた気持ちもどこかへ行ってしまっているでしょう。

咳払いがうるさい人の心理

咳払いがうるさい人というのは喉の調子が悪かったり、風邪をひいていたりと理由がありますが、中には意識的に咳払いをしている人もいます。周囲からは『うるさい』という不満と不快感しか生まれない行動ですが、意識的に咳払いをする人はどんな心理なのでしょうか。

自分の存在アピール

どういうこと?と思う人も中にはいるかもしれませんが、咳払いをすることで自分の存在をアピールしている人もいます。多くの人が集まるような場面でスピーチや挨拶をするときに良く見られる光景ですが、自分の話を始める前に必ずと言っていいほど咳払いをする人を見たことがあるのではないでしょうか。

咳払いをしてから話し始めるだけでなく、話している途中で咳払いをしてみたり…というのは自分に注目してほしいというその人の気持ちの表れだと言えます。咳払いが聞こえると反射的にその人のことを見てしまうでしょう。それを利用したアピール方法なのです。

不満を伝えたい、威嚇

咳払いと言うのは時に人を威嚇するときにも使われます。話の途中で不満があったり、話の腰を折りたい時にあえて咳払いで相手を威嚇します。咳払いをされると相手も『どうしたのかな?』と思い咳払いをした人に対して意見を求めるでしょう。そうすることで相手に納得できない部分、不満をぶつけることができるのです。

あまりにも咳払いばかりしていると『うるさい』と相手に思われてうんざりされてしまうこともあります。威嚇として咳払いをする際は注意したほうがいいと言えるでしょう。

臆病が故。咳払い攻撃で注意喚起

社会には数多くのルールがあり、マナー違反する人も必ずと言っていいほど存在しています。例えば自分の目の前で堂々とマナー違反をした人がいた場合『それはダメですよ!』と真っ先に声をかけることが出来る人がどのくらいいるでしょうか。ほとんどの人がそういったマナー違反をする人に対し声をかけられないと言われています。

言葉では注意ができない、でもマナー違反だということを伝えたい。そんな時大きな咳払いをして相手に気づかせようとするのです。普段はうるさいと思われがちの咳払いですが、こういったときは違う意味で効果を発揮するのです。

「間違いに気づいてほしい。」という心理からくる行動なので臆病が故の咳払いだと言えるでしょう。

神経質で周囲を気にするためストレスを感じている

外的な要因があっての『咳払い』について対策や心理をご紹介してきましたが、この心理は人との関りがないのにも関わらすうるさい咳払いをしてしまうもので『神経質で、ストレスを感じている』人に多い行動です。

試験や面接、本番などを前にした時、大切な場面だからこそ緊張してしまうものです。喉に異常はないにもかかわらず、なんとなく無意識のうちに咳ばらいを繰り返してしまうのです。うるさく咳払いする人というのはその緊張からくるストレスで、神経質に咳ばらいをしていると言えます。

他人が要因となるわけでもなく環境が原因でもなく、自分の精神状態からそのように咳払いをしてしまうこともあるので、そういった人こそ周囲からの理解が必要だともいえるでしょう。

感情的にならず状況にあった対策を

いかがでしょうか。咳払いがうるさいと一度感じてしまったら、どうしても気になってしまい気にせずに過ごすということは中々難しいことでしょう。仕事の妨げになったり、咳払いのせいでストレスとなり普段よりも怒りっぽくなってしまうことも考えられます。

そんな時こそ感情的になってしまうことは避けましょう。頭にきているときほど人は冷静な対応が出来なくなってしまいます。まずは落ち着いて対策方法を考えてみましょう。今回紹介した内容を試してみたり、上司に相談することも一つの方法です。

職場環境や相手を見て『状況にあった対策方法』を模索し、よい人間関係にしていきましょう。

Latests