Search

検索したいワードを入力してください

事務に向いていない人の特徴を徹底解説|対処法や適した職種も紹介

更新日:2022年06月21日

現在事務職として働いていても、「自分には向いていない」と感じている人もいるでしょう。この記事では事務職に向いていない人の特徴を詳しく解説します。この記事を読んで事務職に対する自分の適性を知り、自分らしい働き方を実現しましょう。

企画職・広報・法務

企画・広報職は、自社商品・サービスの認知度を高めるために宣伝活動の企画・運営を行います。強いプレッシャーと同時に大きなやりがいも感じられるため、やりがいや刺激を求める人に向いている仕事です。

事務に向いていない人の市場価値

事務職に向いていなかったと感じた人の中には、転職を考え始める人もいるでしょう。

市場価値は年齢によって大きく異なるため、以下にまとめた「年代別の事務職を辞めた人の市場価値」を参考にしてください。

20代で事務職を辞めた人の市場価値

20代は多くの可能性があるため、スムーズに転職できるケースが多いでしょう。特に25歳まではポテンシャル採用が期待できます。26歳以降はこれまでのキャリアを生かせる分野への転職をおすすめします。

30代で事務職を辞めた人の市場価値

30代で事務職から未経験の職種へ転職する場合は、比較的不利になります。そのため、事務職のキャリアにおいて得たスキルや経験を細かく棚卸して、自分だけの強みを見つける必要があるでしょう。

40代で事務職を辞めた人の市場価値

40代で事務職を辞めた人には、厳しい現実が待ち受けているでしょう。30代以上に強みを見つける必要があります。営業事務や法務など事務職の中でも専門性の高い経験があると、評価を上げられるでしょう。

事務に向いていない人の特徴を理解して対処法を実践してみよう

現在就いている事務職に自分が向いているかどうかは、慎重に判断する必要があります。

現在、「事務職が向いていなかった」と感じている人はその理由を見つけ出し、それに応じた対処法を実践してみましょう。

初回公開日:2022年06月21日

記載されている内容は2022年06月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests