Search

検索したいワードを入力してください

事務に向いていない人の特徴を徹底解説|対処法や適した職種も紹介

更新日:2022年11月04日

現在事務職として働いていても、「自分には向いていない」と感じている人もいるでしょう。この記事では事務職に向いていない人の特徴を詳しく解説します。この記事を読んで事務職に対する自分の適性を知り、自分らしい働き方を実現しましょう。

「自分は事務職に向いていない気がする」
「事務職に向いていない人って、どんな人?」
「事務職に向いていなかったと気づいたら、どうしたら良い?」
このように、他の社員を陰ながら支える事務職に就いたものの、自分には向いていないと悩んでいる人もいるでしょう。

仕事には向き・不向きがありますが、それを知らずに就職すると「向いていなかった」と後悔することにもなりかねません。

この記事では、事務職に向いていない人の特徴や、事務職が自分に向いていないと感じたときの対処法も紹介するため、仕事に行き詰まっていると感じている人も、何を改善すれば良いかが把握できるでしょう。

この記事を参考に、自分は事務職に向いているかどうかを判断し、状況に合わせた対処法を実践してみてください。

事務職の仕事内容

事務職の主な仕事は、他の社員のサポートです。そのため、明確な結果が残る仕事とは言えません。

会社の規模や業種によっても仕事内容が異なるため、ここでは事務職に共通する仕事内容を紹介します。

データ入力・各種書類・資料作成

事務職が担当する仕事で最も多いのは、書類を扱う仕事でしょう。

たとえば売上や商品、顧客、勤怠情報などのデータ入力、見積書や請求書、契約書、営業資料の作成など、その内容は多岐にわたります。

管理業務

事務職は、各種書類の整理や顧客情報・契約内容の管理、受注や在庫管理などの管理業務も担います。紙媒体は分類・整理・収納し、パソコン内のファイルも、誰もが分かりやすいように整理して保管します。

電話応対

電話や来客に応対するのも事務職の仕事の一つです。電話が入ったときの窓口として、担当者の代わりに用件を聞いたり要件を振り分けたりします。

また、来客を応接室や会議室へと案内することもあります。

事務に向いていない人の特徴

同じ事務職でも、一般事務や営業事務、会計事務など、会社によって細分化されているケースもあります。

それぞれに向き不向きもあるでしょうが、ここでは事務職全般に向いていない人の特徴を紹介します。

細かな作業・業務が苦手

次のページ:パソコンに不慣れ

初回公開日:2022年06月21日

記載されている内容は2022年06月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests