Search

検索したいワードを入力してください

新入社員の退職率・退職した場合のその後・退職方法と挨拶

初回公開日:2017年07月21日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2017年07月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

4月になると晴れ晴れとした顔で入社式に挑む新入生達の姿を電車でよく見かけます。まだ初々しい姿の新入社員も、7月になってくると「自分はこの会社に合っていないんじゃないかな?」と思う人もいると思います。お伝えするのは、そんな新入社員が辞職する時の情報です。

新入社員として入社した会社が思っていたのと違っていたり、人間関係に折り合いがつかなくて退職をしようか考えた時、「次の仕事が決まらなかったらどうしよう」という不安もあるでしょう。行き当たりばったりで退職をして退職癖をつけるより、新入社員の若い時にじっくり考えながら転職活動をすると計画性もあり、本当に転職していいのかどうか、今勤めている会社でも満足できるのではないか、と考えが変わるかもしれません。

考えが変わらなかったとしても、一年間準備をするのとしないのとでは全く違います。新入社員の若い頃の悩める一年間は無駄な一年間ではありません。ゆっくり考えて行動するのが重要になります。

新入社員の退職方法

新入社員の早い時期に退職したいという意思が生まれた時には、どうしたら退職できるのか、どうやって退職したらいいのかをここでお伝えします。

上司に相談する

退職を決意したら、まずは直属の上司に相談をするのが一番早いです。退職理由は個人によって様々だと思いますが、できれば上司に相談する際は隠さずに正直に伝えておくのが最善です。やむを得ない事情であればまだしも、上司が協力できそうな事情であれば、対策を考えてもらえる可能性があります。

そこで、退職する理由がなくなれば職務経歴に傷を付けずに済むと言う利点もあるほか、退職するときのサポートも、相談した上司がしてくれるので楽になります。

就業規則を確認する

新入社員や中途採用関わらず、一般的には入社時に就業規則がそれぞれ個人に配布されているはずです。就業規則には退職の手続きや、退職に関わる規則が記載されていますので、必ずそれを確認します。余程の理由はない限りは、そのルールーに則って退職手続きが行われます。

こういった就業規則についても不明点が現れた場合、上司に相談しておくことで解説してくれたり、指示をくれたりするので、規則を読んでもわからないところは素直にわかる人に質問することが必要です。

退職にあたっての具体的な手続き

退職するのにも複数の手続きや準備が必要になってきます。まず初めに行うのは上司と相談をして退職日を決定することです。新入社員の場合、有給を取得していないか、有給を取得していても使いきれていない可能性がありますので、有給関連で日程の調整が必要になってきます。

重要な仕事や、一人で行っている仕事というのは新入社員ですのであまりない場合が多いですが、もしもそういった仕事を任されているのであれば、引き継ぎなどの時間を十分に確保する必要があります。

日程の調整ができたら、次に行うのは退職願を作成して提出することです。退職願には退職願を提出する月日・宛名・退職理由・退職日・自分の氏名と押印を入れます。退職理由は詳しく記載したくないのであれば、一般的に「一身上の都合により」で構いません。退職願は一般的に退職日の2週間前には提出するようにします。就業規則によっては定められている期間が違いますので、確認が必要です。

退職願を提出して、退職日までの間にやることは後任者への引き継ぎです。新入社員の場合、日も浅いのでそれほど引き継ぎする内容が多いわけではないと思いますが、自分がやらなければならない残っている仕事・身辺の整理・担当業務への引き継ぎは退職日までにしっかり行っておくのが常識です。

「飛ぶ鳥跡を濁さず」にならって、気持ち良く職場を去って、次に切り替えていくと今後の気持ちも楽になります。

退職当日や退職した後にやるべきこと

実は退職願を出したからといってこれで終わりではありません。様々な手続きをしていかないといけなくなります。

まず、当日に行うのは社内外への挨拶です。退職当日はお世話になった方々への挨拶を行います。従業員の多い大きい部署だと全員に挨拶をするのはなかなか難しい状況だと思いますが、できる限り一人一人に挨拶します。営業などの職業では、担当した客先などに挨拶状を送るなどの配慮を忘れないようにしてください。

当日に行うのは挨拶だけではありません。会社から貸与されているものの返却と、退職時に会社から渡されるものがあるかの確認を行っておきましょう。例えば、ロッカーキーやセキュリティーカードなどの貸与物は会社の防犯上必要になってきますので、返却は必須です。また、離職票や社会保険関連の手続きなども会社から案内を受けますので、その確認もしっかり行っておかないといけません。

就職先が決まっていない人は、失業保険の手続きも忘れてはいけません。雇用保険に加入しており、一年以上支払いがある場合は、就職先がきまらず就職する意思と能力がある場合に失業手当を受給することができます。しかし、そのためにはハローワークを通して積極的に求職活動を行い、説明会などに参加する必要があります。

退職の手続きは新入社員も他の社員も同じ

新入社員の退職の手続き方法としてお伝えしましたが、これはなにも新入社員だけとは限りません。他の社員も全く同じ手続きをして退職します。

万が一。今後勤めた会社でも合わなくて退職を決意した場合、同じくこの手続きのやり方で退職をすることができます。

退職の挨拶

退職をする際の挨拶として、注意点や心構え、その他重要な点をここでお伝えします。

心構え

ほとんどの会社では退職当日に朝礼で挨拶をする時間を与えられます。会社の規模によって、朝礼の場所が大きいところから小さいところまで様々ありますが、どちらにせよ当日ははっきりとした口調でゆっくり話すことを心がけるようにします。また、退職と一言で言っても退職理由は様々です。新しい一歩を踏み出すと言う意味でも、明るく退職の挨拶をすることが重要です。

思い入れが強かったり、人間関係が良好な職場などではスピーチをしながら感情が溢れそうにもなりますが、朝礼は業務開始という場面であってプライベートの時間ではありません。職場の空気を汚さず、その日の業務に支障を来たさないためにも、明るく軽い笑顔で挨拶するのが重要なポイントです。

注意点

スピーチの内容も注意が必要です。暗い気持ちにある言葉やネガティブな発言、会社への批判的な内容や不満は避けて前向き内容と今までお世話になった感謝の気持ちを言葉にするのが最善です。

あまりにネガティブな発言や会社の不満などを言うと、退職することがそんなに嬉しいのか。という感情を与えてしまい、門出を祝う気持ちがなくなってしまいます。また、折角の挨拶だったり、今まで会社で行ってきた実績や評価がその挨拶だけで台無しになってしまいます。気持ち良く会社を後にするためにも、不満や愚痴は中のいい友人や同僚にだけに留めておくのがいいでしょう。

退職の理由

退職の挨拶時に、退職の理由をスピーチの内容に盛り込もうと考える人も多いのではないでしょうか。その理由は人によって様々ですが、本当の理由を言ってしまうと聞く側の人間にとってあまりいい気分にならない場合もあります。

例えば、寿退社するとします。挨拶の内容に「結婚をするこになり、お腹には子供授かっております。今後は良き妻、良き母として精進していきます。」と入れたとして、その職場の中には縁談もなく、子供を授かることなく一生懸命働いている女性がいた場合、その女性はいい気分にはならないでしょう。

自己都合であるないに関わらず「一身上の都合によりこの度退職することになりました。」と挨拶すると安心です。

感謝や労いの言葉

一緒に働いてきた上司や先輩、同僚などの仲間に、感謝の気持ちや労いの言葉をかける場面が挨拶の中にもあるでしょう。たとえ人間関係が最悪で退職すると言う場合でも、怒りや不満の気持ちを抑えてお世話になった「感謝の言葉」を述べる必要があります。

これは相手のためではなく、あくまで自分自身のために不平不満は全て捨てて、次のステージへと上がる動力になるよう、退職当日の挨拶では堪えるのが大切です。

今後の抱負

新入社員で退職となると、まだまだ若い年代のため今後の将来についての意気込みややる気を述べ、会社の発展・仲間の活躍を願う言葉・感謝の言葉で挨拶を締めくくるといいでしょう。

ただし、引き抜きや同業他社への転職などでは、今後の仕事に大きく影響する可能性があるので、計画や方針が固まっていたとしても内容は伏せて、主に感謝の言葉や活躍を願う言葉だけにするのが最善な方法です。

Latests