Search

検索したいワードを入力してください

新入社員の退職率・退職した場合のその後・退職方法と挨拶

初回公開日:2017年07月21日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2017年07月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

4月になると晴れ晴れとした顔で入社式に挑む新入生達の姿を電車でよく見かけます。まだ初々しい姿の新入社員も、7月になってくると「自分はこの会社に合っていないんじゃないかな?」と思う人もいると思います。お伝えするのは、そんな新入社員が辞職する時の情報です。

新入社員の間に退職するのであれば

新入社員の間に退職を決意したのであれば、その会社で退職金が出るまでずっと働いておく意味もありません。むしろ、今働いている会社で我慢して働いて退職金をもらうより、次の会社で我慢せずにありのまま働いて、定年退職をして退職金をもらったほうが自分自身にとっても大きな価値があります。

もし今退職をしようか悩んでいるのであれば、身近な上司や両親、友人などに相談して、そこから判断しても遅くはありません。ゆっくり考えて、後悔しないビジネスライフを目指しましょう。

退職代行サービス「EXIT」を上手に利用しよう!

近年では働き方やキャリアに多様性や自由を求める風潮が強くなり、より自分にあった環境を求めて退職・転職をする人が年々増えています。

退職を考える理由としては「仕事が面白くない」「上司や同僚と合わない」「残業がつらい」または「給料が低い」など、人によってさまざまでしょう。しかし実際には、社員数の少ない職場である場合や、自分が入社したばかりの立場である場合などにおいては、会社の景況や自分の立場上の言いづらさからなかなか会社側に退職の旨を言い出せない人が多いのが事実です。

そんな時には、退職代行サービスのEXITが非常に便利です。EXITであれば、相談した当日から対応可能というスピーディーさに加え、今後の会社との連絡や手続きを全て代行してくれるために精神的にも楽に退職を完了することができます。

退職サービスを利用して、気持ちよく新しい人生のスタートを切りましょう。

自分でやらないからうまくいく!

Latests