Search

検索したいワードを入力してください

退職の連絡を電話だけで行うことは可能?|退職挨拶の電話での伝え方

初回公開日:2017年07月24日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2017年07月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

退職の電話での挨拶の仕方は、かなり気になることです。実際に様々な理由で退職する際に悩む方は多いでしょう。しかし、実際は人事担当も配慮してくれる場合があります。この記事を見て退職することを電話で会社に伝える時の参考にしてもらえればと思います。

退職の連絡を電話だけで行うことは可能か

退職の電話での連絡は可能です。人によっては、かなり気にする人もいると思いますが直接会って退職を伝えなければいけないといったルールはありません。常識的には直接会社の人事と会って退職を伝えることが多いですが、色々な事情で会社に行けない人もいます。また、長期の休暇をとった後に退職を会社に伝える場合は、特に直接会って言いづらいです。

変わったやり方としては、退職する時に郵便で退職する旨の書面を記載して送る方法もあります。こちらは、会社側としても悪いイメージはありません。それでも、気になる人は電話で短時間で済ませる方法をとるのがよいでしょう。

失礼のない電話での退職の連絡とは

電話で退職を伝えるときはとても緊張すると思いますが、守るべきことがいくつかあります。その一つとして、退職を伝える相手をしっかりと決めることです。人事担当の人でも退職を担当している人は決まっているので、電話を会社にしたらまず退職の件を伝える担当を呼んでもらうことです。もしも、他のセクションの人に退職の件を伝えても意味がありません。

最悪の場合、再度電話して同じことを別の人に伝えることになります。実際に電話で人事担当に退職を伝える際は、コンパクトに内容をまとめて伝えることにすれば予想よりも早く話が終わるのがほとんどです。

退職の挨拶の電話での伝え方

電話で退職を伝えるときのポイントは、出来る限り分かり易く説明することです。言いづらいことは分かりますが、相手が理解しやすいように短めにまとめて伝えましょう。具体的には、「色々考えた結果、大変お世話になった会社を退職することを決めました。本当に急な話しで申し訳ありませんが、ご理解の程宜しくお願い致します。」などがあります。

この内容であれば、人事担当の人もいくつか質問してくるくらいで済みます。複雑な内容を相手に伝えようとしても、伝わりにくいのが退職の説明です。また、電話で退職を伝える時は、小さな声で話しがちですが、はっきりと大きな声を出しましょう。

一般的な退職の電話での挨拶

あまり良くない例として、退職の理由を細かく説明することです。会社に何かを伝えたい気持ちは分かりますが、会社側からすると理解できないケースも多いです。緊張のあまり一番伝えなくてはいけない事を伝え忘れるようなことがあってはなりません。どのような仕事でも同じですが、最後の挨拶はしっかりとしましょう。

緊張してしまう方は、紙に伝えるべきことをメモをして電話すると良いです。さらに、退職にともなった事務的な手続きに関して会社から色々と言われることもあるので、しっかりと紙にメモしておきましょう。事務手続きのため改めて何回も電話することになれば、相当なストレスです。

退職を相談しておくべき相手は誰か

はじめに相談する人は、家族でしょう。色々な視点で相談してみて本当にその会社を退職すべきなのか総合的に判断することです。退職に関しては、時間が経過してから後悔する人もかなりいますが、将来の仕事でも影響がでてしまうこともあります。慎重に考えて最終的な判断をしましょう。

家族以外では、友達も考えられます。最近では、転職は当たり前となっているので転職を経験した友達もかなりいます。出来れば、信頼できる転職経験者である友達に相談することです。同じような経験をしているだけあって大変参考になる意見をくれるでしょう。退職を決める時は、考え方がかたよってしまうことがあります。柔軟に考えをまとめることができることで、将来後悔することもないです。

家族であれば、父親が社会人経験を長くしているので様々な考え方を教えてくれるのと、どのラインで退職を決めるべきかも理解しています。体調を崩すくらいなら会社を変えた方が良いとアドバイスしてくれるときもあります。

退職する時のポイントについて

退職する時は、電話でも失礼のないようにすることです。電話で大変お世話になりましたと伝えるのは常識です。あた、他にもお世話になった人がいたらメールでも送っておけば、後でそういった人のつながりがいかされる可能性もあります。退職時に注意点として、会社の情報の取り扱いがあります。

例えば、設計などの仕事であれば図面等のデーターは全て会社に返却しましょう。また、営業であれば顧客リストなども返却することです。自分の手元には会社から得た情報を何も残さないことです。あとで、会社にとって重要であると思える資料などを見つけてしまえば対処に困りますし、退職後に再度連絡して資料をどのようにすれば良いかを質問するのは、おっくうです。

有給の取り扱いについて

退職時における有給に計算は厳密に行われます。一日くらい計算がずれても良いと思う人もいますが、お金に関係することなので慎重に処理しましょう。出来れば、有給をどれ位とったか自分でメモをして把握しておくことです。退職前の有給の使い方に関しては、悩んでいる時期なので大変かもしれませんが、重要事項なので記録しておきましょう。

退職にともなった有給は、有効的に使うことです。会社側は有給のある期間は、あまり言ってきません。有給がなくなると今後はどうするのかを聞いてきます。言ってみれば、有給のある期間中で、自分の進退を決めるつもりでいることです。

会社と自分の両方が納得のいく有給の計算とは

はじめに自分で正確に把握しておくことです。そうすれば、何か不明な事があっても自分の言っていることをある程度会社は信用してくれますが、自分があいまいに有給の内容を把握していると会社側もあやしく思うでしょう。最終的には、あなたにとって不利な内容になってしまいます。

最後にもらえる給料なのでせっかくなら出来る限り多くもらった方が良いですし、転職の事も考えるとかなりのお金が必要となります。また、一般的ではありますが退職するとお金は相当ロスをすることになります。ボーナスをもらわないで退職した場合は特にロスになります。人によっては、ボーナス払いで車などのローンを組んでいる人もいますが、退職なども常に考慮して生活した方が安全ではあります。

どのようなタイミングで退職を電話で会社に伝えるべきか

会社には早い段階で自分の状況を説明しておきましょう。まだ最終的に退職すると決まっていない段階でも休みをもらったりしているときは、会社に自分の状況を説明すべきですし、悩み事があってしばらく休みたいのであれば相談しましょう。会社側はあなたがどのような状況で、休んでいるのか知りたいのです。

人事面から考えるとあなたの退職はとても大きな穴になるかもしれません。3年以上在籍した人なら多くの仕事を任されているのが普通であり、その人が退職するとなれば影響は大きいです。求人を出さなくてならない事もあります。ですので、電話でも良いので早い段階で状況の説明くらいは会社に伝えておく必要があります。

自分に迷いがなければ電話での退職願いも問題なし

電話で退職を伝えた場合は、会社側は本当にそれで良いのか確認してきます。最終的な判断は、電話ではなく会社に来て人事と話し合ってからでも遅くないと考えることもあります。そうなれば、時間的には余裕がありますが、その限られた時間内で退職をどう判断するかが最も重要です。

会社側は電話で退職の連絡を受ければ、本人の正式な意思と考えます。それを受け退職をとめる会社もあります。また、直接的にはとめなくてもしばらく考える時間をくれる会社もあります。どちらにしても、企業側も本人の立場に立って退職に関して後悔のないような配慮をしてきます。これだけ重要な退職に関することなので、できれば会社に一度は行って最終的な挨拶はしたいところです。

とはいえ、退職の理由は人によって様々です。電話だけで済ませたい人もいます。簡潔に言えば、退職に関して後悔することなくやめられる人は電話だけで退職を伝えても問題ないです。それに対して、何か問題を抱えていて後悔する可能性がある人は、会社に行って自分の意向を伝えた方が良いでしょう。同時に聞きたい事があったらしっかりと人事担当に聞くことです。あいまいに決断して、何年も後悔している人もいます。

こういった悩みがなく、熟慮して退職を決断できた人は、電話で退職を伝えても大丈夫です。

退職代行サービス「EXIT」を上手に利用しよう!

近年では働き方やキャリアに多様性や自由を求める風潮が強くなり、より自分にあった環境を求めて退職・転職をする人が年々増えています。

退職を考える理由としては「仕事が面白くない」「上司や同僚と合わない」「残業がつらい」または「給料が低い」など、人によってさまざまでしょう。しかし実際には、社員数の少ない職場である場合や、自分が入社したばかりの立場である場合などにおいては、会社の景況や自分の立場上の言いづらさからなかなか会社側に退職の旨を言い出せない人が多いのが事実です。

そんな時には、退職代行サービスのEXITが非常に便利です。EXITであれば、相談した当日から対応可能というスピーディーさに加え、今後の会社との連絡や手続きを全て代行してくれるために精神的にも楽に退職を完了することができます。

退職サービスを利用して、気持ちよく新しい人生のスタートを切りましょう。

自分でやらないからうまくいく!

Latests