Search

検索したいワードを入力してください

退職最終日の挨拶マナー・挨拶はしない?|配るのにお菓子

初回公開日:2017年08月08日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2017年08月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職や結婚等、退職理由は様々ですが、退職が決まってからすることはおおよ決まっています。引き継ぎや、挨拶回り等は終えられたことでしょう。いざ退職最終日を迎えた当日にうろたえないよう、退職最終日の挨拶マナーや、お渡しするお菓子等、退職最終日のマナーを心得ましょう。

退職最終日ってなにするの?

退職最終日の挨拶マナー・挨拶はしない?|配るのにお菓子
※画像はイメージです

退職が決まり、退職最終日に向けて、引き継ぎや取引先への挨拶等をされてきたと思います。ここでは退職最終日のマナーとして、なにをするのか一例を紹介します。

・職場の方々への退職の挨拶
・お会いできなかった方々への挨拶メールの送信
・お菓子等、挨拶品をお渡し・お配りする

退職最終日の挨拶のマナーって?

退職最終日の挨拶マナー・挨拶はしない?|配るのにお菓子
※画像はイメージです

退職最終日を迎えるにあたり、職場の方々への挨拶スピーチが頭をよぎるでしょう。大勢の前でスピーチをすることは、なかなか慣れないものです。ですが、避けては通れない道でもあります。ここでは、退職最終日のスピーチ内容についてのマナーをご紹介します。

時間は短すぎず、長すぎず

複数名の職場の方々の前で挨拶をする場合、退職される方は出勤最終日ですが、そのほかの皆さんはこれからもお仕事をされますので、手短にまとめておくことが必要です。極端な例ですが、「お世話になりました、ありがとうございました。」と、これだけで済ませてしまうと、何の恩も義理も感じていないかのように思われてしまいますし、せっかくお集まりくださっている皆さんにも失礼です。あらかじめ、お話しする内容をまとめておきましょう。

できるだけポジティブな内容に

退職というワードは、ネガティブに捉えられがちですが、今後新たなスタートを切るという、大変ポジティブなイベントでもあります。今後も職場で仕事を続けられる方々が気持ち良く業務に戻れるような、そして、退職最終日を清々しく終えられるような、ポジティブな挨拶を心がけましょう。

・集まっていただいたことへの感謝
・退職の報告
・エピソードを交えながらの感謝
・今後の決意
・退職後の職場対応について
・締めくくり

退職最終日の挨拶スピーチ例

お忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。

私事ですが、この度、本日◯月△日を持ちまして、一身上の都合により、退職させていただくことになりました。

⬜︎年に入社してから×年、◯◯課長、△△係長始め、諸先輩方、同僚や後輩の皆さまに支えていただきながら、成長することができました。本当にありがとうございました。

今後も、この会社で学ばせていただいたことを生かし、さらに精進して参ります。

私が受け持っておりました業務については、⬜︎⬜︎さんに引き継いていただいておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

最後になりますが、この会社を離れましても、今後とも変わらぬお付き合いをお願いいたします。皆さまのご健康とご活躍をお祈りいたしております。誠にありがとうございました。

挨拶でのNGワード

・退職理由の詳細
退職願いを出す際も、特に退職理由は記載しないように、皆さんへの挨拶の際も、詳細な退職理由は必要ないでしょう。

・個人的な思い出話
退職最終日ですので、感慨深く、いろいろと思い出すこともあるでしょう。誰かにお世話になった内容ならまだしも、武勇伝や思い出話を始めてしまうと、長くなってしまいがちです。聞いてくださっている方々の気持ちになって、迷惑にならないような内容・時間にまとめておきましょう。

・ネガティブ・攻撃的な内容
「誰かのミスがあったせいで何日も残業させられて、辛かった」「◯◯をするのは嫌だった」等は、聞いていても誰も快くは思いませんので、避けましょう。

退職最終日に送るメールのタイミングと例文

退職最終日にメールを送るタイミングっていつ?

特に決まりはありませんが、好まれるタイミングが二通りあります。

・退職最終日の終業間際
職場の方々も仕事を終え、最終メールチェックをするタイミングですので、仕事を遮ることなく、メールを読んでいただくことができます。

・退職最終日の始業前
こちらも、仕事を遮ることなくメールを読んでいただけるタイミングです。しかも、今日が自分の出社最終日であることをお知らせできますので、親しくしていた方々が休憩のタイミング等を利用して挨拶に来てくださったり、コミュニケーションをとれる良いきっかけとなるでしょう。

退職最終日に送るメールのマナー

日頃、社内外へメールを送信するときと同様に、件名には「退職のご挨拶」等、用件が伝わりやすく簡潔な文言を使いましょう。また、一斉メールも失礼に捉えられる可能性があります。最終日は挨拶以外にも、荷物整理や備品返却等で多忙になり手間と感じるかもしれませんが、礼儀や丁寧さを重んじて、個別に送信しましょう。どうしても数が多くなってしまう場合は、「BCC」を使い送信しましょう。

挨拶スピーチと同様に、詳しい退職理由を記載することは避けましょう。ただし、個別に送信しますので、それぞれの方との具体的なエピソードを添えると、感慨深さが出て、より感謝の気持ちが伝わるでしょう。

退職最終日に送るメールの例文

【件名】
退職のご挨拶
【本文】
◯◯様

お疲れ様です。△△課の⬜︎⬜︎でございます。

この度、一身上の都合により、◯月×日を持ちまして退職することになりました。本日が出社最終日となりますので、ご挨拶のメールを送らせていただきます。◯◯さんには、入社以降、公私に渡り大変お世話になりました。××の件等、大変なご迷惑をおかけしたこともありましたが、◯◯さんの手厚い指導とフォローのおかげで、乗り切ることができました。自分がここまで成長でき、無事に最終日を迎えることができたのも、◯◯さんのおかげです。本当にありがとうございました。◯◯さんから学ばせていただいたことを、今後も生かし、精進して参ります。

改めて、本当に長い間、お世話になりました。ありがとうございました。

◯◯さんの更なるご活躍を心よりお祈りいたします。どうぞご自愛くださいませ。

◯年◯月 ⬜︎⬜︎

退職最終日に挨拶をしない場合は?

大人数の部署であったり、繁忙期等で数分でも職場の方々に集まっていただくことが困難な場合等、退職最終日であっても挨拶スピーチができない場合があります。前もって挨拶ができない状況がわかっているのであれば、お世話になった方や同僚等には、事前に、個別に挨拶回りを済ませておきましょう。

必ずしも最終日に挨拶をしなければいけないわけではありません。むしろ事前に済ませておくことで、仕事の流れを遮ることもなくなりますので、最後まで仕事のできる人だったと、好印象で退職最終日を終えることができるでしょう。突発的なトラブル等で、最終日に挨拶ができない状況になることもあります。そんな時には、やはり挨拶メールを送信しましょう。

書き出し例:本来ならば、直接お会いしてご挨拶するべきですが、大変お忙しい状況で却ってご迷惑になると思いましたので、失礼とは存じますが、メールにてご挨拶をさせていただきます。

Latests