Search

検索したいワードを入力してください

【職種別】広告代理店の仕事内容・本・年収との関係

初回公開日:2018年01月31日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2018年01月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

広告代理店はどんなことをしているのかや、どんな仕事内容なのかを特徴別で分かるように書きました。広告代理店は電通などの有名な会社などがありますが、仕事内容はどのくらい難しいのかや、年収はどのくらいなのかをご紹介していきます。

職種別広告代理店の仕事内容

営業

広告代理店での営業の仕事内容は、いろんな職種のクライアントの他にも、広告や企画を提案する仕事をしています。主にtvやラジオと新聞、雑誌などの広告枠を売ったりする仕事内容です。

また、イベントなどを企画して、そのクライアントにあった広告を提案しています。よく見る街中で行われているイベント、電車などに吊られている広告などを作っています。

広告代理店の仕事内容は小さな仕事もあって、新聞折り込みなども作ることがあります。なので、広告代理店の商品を売るかを考えたり、広告に落として実際に売り上げの向上をしています。クライアントに広告を受注するために、あらゆる営業活動を仕掛けていくのが仕事内容です。

マーケティング

広告代理店のマーケティングの仕事内容は、「調査のプロ」のイメージがあります。しかし、実際の仕事内容はどのような製品をいくらで、どの流通チャネルでどう告知して売るかを、総合的に考えていくのが、広告代理店の仕事内容です。

また、新商品の企画の際にはプロジェクトのブレーンとなり、ターゲットとなる消費者の好みや関心・流行などを分析しています。

他にも、広告代理店の仕事内容は商品企画担当者に伝えたり、営業担当者と商品の価格や販売エリアを検討します。なので、効果的な広告方法や販促キャンペーンを企画しています。この広告代理店の仕事内容は、データを分析するのが好きな方が向いているのが、マーケティングです。

事務

広告代理店以外の会社であっても、必ず事務の仕事はあります。広告業界も基本的な仕事内容は同じで、事務の仕事内容は総務・人事などがあります。

それは広告業界でも仕事内容は同じです。なので、事務の仕事内容も、他の事務と同じで仕事内容が、大きく変わることはありません。事務は広告代理店に、会社が成り立っていくには欠かせない仕事です。

しかし、一般企業の事務と広告代理店の事務は、異なる仕事内容もあります。事務の中でも営業をサポートをするような仕事では、一般企業の事務員と異なる点があります。例えば企画立案やコピー作成などがあります。他にも広告のデザインや文章のチェックなど、スケジュール管理が仕事内容です。

広告代理店に向いている人

もちろん会社によっても多少変わりますが、広告代理店では営業をサポートするための仕事を行う必要があります。なので、広告代理店の仕事内容を見ると、臨機応変な対応ができる人が求められています。また、制作物や原稿の管理をしますので、納期をシビアに扱わなくてはいけません。そのため時間管理能力がある人材が広告代理店に求められます。

クリエイティブ

広告は、広告代理店の担当の人たちがおもしろく、気軽やさらに華やかに広告表現を制作してるイメージです。しかし、実は非常に複雑な仕事内容で、広告代理店の方は制作しています。

これをしっかりと踏まえながら、いかに広告代理店のニーズを満たしつつ、広告対象となる消費者に届く広告を作るかが、広告代理店のクリエィティブ仕事内容の腕の見せ所になります。

いつも普段の生活で見ているtvsfやネット広告、新聞広告と雑誌広告に商品に対する希望と、広告代理店のクリエィティブの複雑な計算が隠されています。したがって、簡単な仕事内容ではなくてクリエイターたちは、広告代理店の消費者のはざまで、新しい広告づくりに苦労しています。

企画

広告は広告代理店では全ての仕事内容はできないので、それができる会社を探すのが企画の人の仕事内容です。会社同士を結び付けて調整や、一つの方向に向かって進むようにコントロールしていきます。なので、プランナーは営業と一緒に組んで、その仕事内容を考えたり、提案して実行していく仕事です。

この企画の仕事内容はやりがいが本当にあります。まず、1つの会社だと1つの仕事しかできません。しかし、いろいろな業界だと業種の仕事ができるので、本当に発見も刺激もあり、毎日が新鮮な気持ちで仕事に取り組めるからです。また、シビアである反面で自分の仕事の成果が実感できて、それも非常にやりがいがあるのが企画の仕事内容です。

デザイン

グラフィックデザイナーは、雑誌の広告やポスター、チラシ、商品パッケージなど、主に印刷物のデザインをする仕事です。広告代理店や広告制作会社、企業の宣伝部などが代表的な職場となりますが、フリーで働く人も多くいます。

制作の際には、企画内容やコンセプト、ターゲットに沿ったデザインを検討する必要があるほか、場合によってはイラストレーターやコピーライターたちとチームを組んで動くこともあります。平面の世界だけでなく、世の中で話題になったり、消費・経済の世界にまで影響を与えていくことは、デザイナーにとって究極の醍醐味といえるでしょう。

制作

制作の方の仕事は広告の企画立案やコピー作成、デザインと文章のクオリティチェック、スケジュールの進行から管理などです。

ですので、営業担当と視聴者の要望を汲み取り、広告で目指したい目標を決めています。また、企業や店舗と人や、商品などの取材を行うこともあります。そのため普段聞けない貴重な話を聞けたり、いろんな職業の人に会えます。

なので取材では、的確に情報を聞くため下調べをする丁寧さや、コミュニケーションが必要不可欠です。他にも仕事内容は個人で進める場合と、複数のスタッフとチームで進める場合があります。その中でチームの場合は、周りと連携を取りながら納品を目指しています。

採用

最近では、単にクライアントの依頼を受けるのと、原稿だけを制作するのではなくのがあります。クライアントのイメージするコピーや、デザインを提案しながら制作を進めていく提案型があります。

また、コンサルティング型の制作者も増えていて、アルバイトや契約社員として未経験での採用も多いです。全員が正社員へステップアップする人がいる仕事です。

広告代理店の仕事内容がわかる本

広告の基本 この1冊ですべてわかる

この本は広告の媒体や手法がたくさん書いてあります。また、マーケティングの方は見る必要があるほど、です。広告についての基礎知識が書いてあるので、ムラなく広告のポイントを理解できます。知識だけではなく、テクニックなど実践的に理解できるので、広告について効率的に学びます。

初心者にもわかりやすく、専門用語や業界動向について詳しく解説しています。また、広告の仕事にかかわる初心者から中級者まで書いています。

この一冊で広告の基本や用語がおさえられます。媒体は勿論のこと制作ワークフローや業界動向なども掲載されておりますので業界に新たに入られる方にはお勧めの一冊です。電子書籍版であればいつでも好きなときに取り出し業界の用語チェックなどもできるのでいざというときに安心です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/cr/B00JGOROY6/ref=mw_dp_cr |

広告代理店の仕事内容と年収の関係

Latests