Search

検索したいワードを入力してください

退職の挨拶の返信方法・メールと件名|社外/社内/同期/お客様

更新日:2020年08月20日

退職の挨拶への返信方法を考えたことはありますか?退職する際には退職の挨拶が必要であり、挨拶のメールを送る場合も多いです。挨拶のメールがくればそれに対して返信することが大切です。正しいマナーや書き方を守って、退職の挨拶に上手に返信していきましょう。

退職の挨拶の返信方法は?

企業を退職するとなれば、退職願を提出したり、引継ぎを行うなどしなければならないことはたくさんあります。退職を決め、退職願いを提出したからといって、すぐに退職できるわけではなく、退職するためにはさまざまな手順が必要になります。

また退職時にはこれまでお世話になった人に対して、退職の挨拶をすることが大切です。退職の挨拶は必須なわけではありませんが、しておくのがマナーですし、挨拶をしておくことで好印象を与えることができます。

退職の挨拶をする場合はメールで送信することが多く、退職の挨拶が送られてくれば、それに対して返信することが大切です。退職の挨拶への返信方法を知り、メールに対して上手に返信していきましょう。

社外

社外の人からの退職の挨拶に返信する場合には、今後の活躍を祈り、また仕事で一緒になる機会があればよろしくお願いしますなど、今後に向けての気持ちを伝えることが大切です。退職理由などを聞いたり、全く返信しないのはマナー違反です。

社外の人が退職する場合は、その後会わなくなる場合も多いですが、必ずしもそうなるわけではありません。場合によっては新しい転職先の企業と仕事をする場合もありますし、その場合はかつての関係性が役に立つことも多いです。

社会人になれば誰とどこでつながるかわかりませんので、人脈を広げ、維持することが大切です。今後もつながりは続いていることを強調し、相手の活躍を祈る文章で返信していきましょう。

社内

社内の人からの退職の挨拶に対して返信する場合も、基本的には社外の人と同じです。相手の今後を祈る文章を心がけ、どこかでまた一緒になる機会があればよろしくお願いしますと、今後の関係性についても伝えていきましょう。

また社内の人でお世話になっている場合であれば、感謝の気持ちを伝えることも大切です。お世話になったことや共有した思い出などを記し、それらについて言及するのもいいでしょう。

社外の人からの退職の挨拶の場合は、きちんとビジネスマナーを守らなければなりませんが、社内の人からの退職の挨拶に返信する場合は、多少フランクであっても構いません。これまでの感謝の気持ちを伝えることを意識して、メールに返信していきましょう。

同期

社内の人からの退職の挨拶であっても、同期であればさらにフランクに考えて返信しても構いません。文面についてもビジネスマナーをそれほど深く考える必要はありませんし、相手が不快に感じないメールであれば、基本的にはどんなものを返信しても構いません。

相手に合わせて返信を考えることが大切ですが、企業によっては社員同士のメールがチェックされている可能性もありますので、注意が必要な場合もあります。企業の悪口につながるような内容であれば信用を失ってしまいますし、企業の不利益につながる内容は送らないようにしなければなりません。

ビジネスマナーはそれほど重視されませんが、一般的なモラルはしっかりと考えた上で返信を考えていきましょう。

お客様

お客様からの退職の挨拶に対して返信する場合は、基本的にはビジネスマナーを守って返信することが大切です。これまでお世話になった、あるいは取引のあった相手であれば、その旨を丁寧に感謝する必要がありますし、今後の安否を気遣う内容を送ることも大切です。

お客様との関係性によって文面は変わりますが、基本的には相手に敬意を払い、ビジネスマナーや一般的なモラルを守って返信することが大切です。退職の挨拶に対しての返信によって印象は変わりますし、返信内容次第では今後の関係性に影響してしまうこともあります。

今後も良好な関係を維持するためにも、丁寧な言葉遣いで退職の挨拶に対して返信していきましょう。

退職の挨拶メールの返信の例文は?

退職の挨拶に対しての返信の例文としては以下のようなものになります。

「いつもお世話になっております。○○社の○○でございます。この度は○○様が退職されると聞き、非常に驚きました。これまでさまざまなことでお世話になり、そのお礼が返せていないことが心苦しく、残念でございます。○○様の今後の明るい未来を祈念しておりますので、体調など崩すことのないようご自愛ください。今後もどこかでご一緒できる機会がございましたら、そのときはよろしくお願いいたします。」

退職の挨拶の返信の返信の書き方は?

退職の挨拶が送られてくれば、それに対して返信する必要がありますが、場合によってはさらにそれを返信することもあります。自身が退職する場合は退職の挨拶を送らなければなりませんし、相手から返信が返ってくれば、さらにその返信を考えなければならない場合もあります。

退職の挨拶のメールをいつ送るかにもよりますが、場合によっては返信する場合もありますので、返信の返信についても知っておくことが大切です。退職の挨拶メールの返信の返信の方法を知って、上手に退職までを進めていきましょう。

返信しない場合も

退職の挨拶を送り、相手から返信があれば、さらに返信をと考える人は多いですが、基本的には返信の返信は必要ありません。退職の挨拶は社内の場合は事務的な連絡ですし、社外の場合もマナーではあるものの、扱いとしては事務的なものになります。

そのため無理にメールのやりとりを続ける必要はなく、退職するという旨さえ伝われば、それ以上の返信の必要はありません。メールのやりとりを続けたいのであれば、会社のメールではなくプライベートなメールでやりとりをすればいいですし、終業後に話し合えば済む話です。

場合によっては退職日に退職の挨拶を送信する場合もありますし、基本的には返信の返信は必要ありません。

簡単な挨拶で締める

退職の挨拶メールでは返信の返信は基本的には必要ありませんが、どうしても送る場合は簡単な挨拶で締め、やりとりをそこで終わらせることが大切です。退職の挨拶から話を広げる必要はありませんし、無理にやりとりを続けようとすると相手にも迷惑になってしまうことも多いです。送る場合でも簡単な挨拶で締めるようにして、やりとりを簡潔に終わらせるようにしましょう。

退職の挨拶の返信の件名は?

初回公開日:2018年01月29日

記載されている内容は2018年01月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests