Search

検索したいワードを入力してください

退職願のメールでの書き方・件名・有効なのか|バイト/上司

更新日:2020年08月20日

メールのみで退職願いを出してすべてが終わる事はないでしょう。退職の書類を送ってもらい退職するのではなく、実際に会社に出向いてきちんとして退職願いを提出して退職しましょう。メールは相談や退職の話しをしたい日時を問い合わせるだけにしましょう。

退職願いのメールでの送付法、書き方例文

通常、メールでの退職願いは普通の人はしないことです。メールのみで退職自体を進めることは困難でどうしても会社へ出社して辞める意思を伝えるべきです。職場に問題がある場合やどうしても辞めたい場合はメールでそのことを伝えて、メールで実際に会う日時を決めて相談するのがベストです。

若い世代はメールで退職願いも済ませたがります。その時の例文としては、拝啓 ○○様もしくは○○御中と書き出して、きちんと挨拶をしてから確信に触れましょう。その際は会社の悪口や特定の人の悪口を書かないで、どうして辞めようと考えたのかを書きましょう。

退職願い自体はメールで送るものではないです。もし入院中やその他の理由で会社に来れない場合しか使わない方が良いでしょう。

上司に送る場合

上司のメールアドレスに退職願いを送っても、何の事なのか分からない場合があるので、実際に会って退職願いを提出しましょう。メールですべてを済ませられません。その後の退職の手続きがあるのできちんと今までお世話になったことを会って告げてから辞めましょう。円満退社を心がける事です。

突然、上司に退職願いのメールを送る事はNGです。いきなり退職願いを送るのではなく、あらかじめ体調が悪い事を告げてから実際に会う時間と日時をメールで相談しましょう。あらかじめ話したいことをメールで伝えておく事も大切です。

上司に退職願いのメールを送ってそのまま退社はできません。その後失業保険をもらう際も困る事が多いのできちんとした退社の手続きを取りましょう。

会社自体に送る場合

上司のメールアドレスが分からない場合などに会社自体に送る場合です。その場合じぶんの部署か人事などにメールを送りましょう。メールだけでは退職できないので、実際に会って退職したい意思を伝える日時を問い合わせるメールにしましょう。

例文としては、主に実際会う日の問い合わせだけにしましょう。メールの文章の始めの挨拶は必ずして、その後会社に行って退職願いを出せない理由を書いてから実際に会う日時を問い合わせましょう。

メールで退職願いを送ったからと言ってすべてが終わる訳ではないです。その後の仕事の引き継ぎや得意先の挨拶などがあります。そのことをきちんと終わらせてから退職しましょう。

退職願いを送る際のメールの件名などは

退職願いをメールだけで済ませるのは今まで世話になった会社に失礼です。件名はじぶんの氏名を書き退職希望と書き、実際に会う日を問い合わせましょう。メールのみで退職の手続きはできません。アルバイトなら通用しますが、突然退職願いのメールを送る事は失礼にあたります。

メールの件名は退職願いと書きつつ、実際に会う日を問い合わせるメールにしましょう。通常いきなり退職願いのメールを送るのは失礼です。どんな形になっても紙製の辞表を用意しましょう。

辞表を書かないときちんとした退職が出来ません。メールで退職の手続きを終わらせる事は無理です。きちんと会って相談をしてから辞めるようにしましょう。職場での問題が解決するかもしれないからです。

アルバイトはメールで退職願を出しても良いのか

制服を返却したり、仕事の引き継ぎもあるのでメールのみの退職願いというのは好ましくないです。入院していたり、体調が悪くて出勤できなくても体調が回復してから実際に会社に出勤をして退職願いを提出して退職の手続きを取りましょう。

アルバイトでもきちんとした退職の手続きを取るようにしましょう。メールのみで退職できても次の職場で通用するとは限りません。出勤をして相談なり、問題解決の道を探りながら問題解決が出来なくなった場合に限り、退職をしましょう。

アルバイトでも辞表をきちんと書いて退職しましょう。突然辞めてしまう癖がつくと他の職場でも突然辞める事が多くなります。なるべく円満退社を目指しましょう。

メールでの退職願いの効力はあるのか

メールのみで退職は難しいです。実際に会って辞表を提出して退職の手続きを取るのが好ましいです。メールでいきなり退職願いを送ってもメールを受け取った相手は何の事なのか分からず、メールのみで退職はできません。メールを受け取った相手に常識のない人だと見られてしまうので、できるだけメールだけで済ませる事はやめましょう。

メールで退職願いを書いても正式な文書ではないのでメールでの退職願いに効力はありません。実際にあって手続きを踏む事が大切です。

退職願いを送付する場合はどうするのか

メールではとにかく退職願いを出しても正式な文書ではないのでメールのみで済ませるのは無理です。中には退職に関わる書類を会社に郵送してもらい、じぶんで記入をして会社に送る場合もありますが、社会人としてのモラルに欠ける行為となるので会社に退職の意思を告げていついつまで勤めて、いつに退社をするのかをきちんと会社へ告げましょう。

会社に退職の書類を郵送してもらい、書類に記入してそれで終わらせるような形は取らないようにしましょう。

仕事で悩みがある場合や勤務時間や雇用形態に不満や不安がある場合は実際に上司に話して改善を求めた方が、突然退職願いのメールを送るよりは良い方法です。

退職を相談する場合のメールの内容はどうすればよいのか

今の雇用形態や勤務時間に満足してない場合やセクハラやパワハラを受けている場合は、上司に相談をしましょう。人一人が会社を辞める事は会社にとって大きなことです。出産や体調不良で辞める場合ではない場合、退職願いを出す前に上司に相談をしましょう。

メールを送ってすべてが終わらないです。退職の手続きで会社に訪問することが増えるのでなるべく会社に来づらい雰囲気を作らないようにしましょう。

退職する前に上司にどうして退職したいのかを告げて相談する事で解決できることできることもあります。どうしても辞めたい場合でも我慢をしてきちんとした手続きで会社を退社しましょう。

職場に問題があって辞めたい場合は実際に会って相談しよう!

先ほども述べましたが、職場に問題があって退職したい場合は会社自体に問題提議をすれば他の社員の勤務における問題も解決する方向に会社は動きます。賃金や勤務時間、仕事の内容に不満や不安がある場合は会社の上司もしくは直属の上司ではない上司に相談しましょう。

今の時代、仕事を辞めたら次の職場がすぐには見つかりません。正社員として仕事してる場合は今の経済状況をよく考えてから退職を考えましょう。

本当にやりたい仕事が見つかり、辞めたい場合は引き継ぎや得意先の挨拶をしていついつまでに退社するということを明確にして辞めるようにしましょう。

最低でも電話で今の状態を伝えよう

初回公開日:2018年02月01日

記載されている内容は2018年02月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests