Search

検索したいワードを入力してください

退職届の封筒はコンビニで買えるか・書き方とサイズ・のり

初回公開日:2018年02月07日

更新日:2020年05月29日

記載されている内容は2018年02月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

退職届を提出するときには、封筒にも注意が必要です。退職届は中身ばかりに気がいきがちですが、封筒にもこだわることで印象良く退職を切り出すことができます。封筒にまでしっかりと注意を払って退職届を印象良く提出し、円満な退職を目指しましょう。

退職届の封筒はコンビニで買えるのか?

仕事をしていれば、現在の仕事は自身には合わないと感じ、退職を考える場合もあります。退職を決断するのは勇気のいることですが、退職によって道が開ける場合もありますし、いつまでも居たくない職場で働き続けていても未来がない場合もあります。

退職を考えたのであれば、素早く退職届を提出する必要がありますが、退職届を提出する場合には封筒が必要になります。退職届は封筒に入れて提出するのが一般的であり、事前に退職届を作成するのはもちろん、封筒も購入しておかなければなりません。

封筒はさまざまな場所で購入できますが、どこで購入したものを使用すればいいのか分からずに悩む人は多いです。退職届の封筒はコンビニでも購入することはでき、それを使用することはできるのでしょうか。

購入可能

最近ではどこでも封筒は売っていますし、コンビニでも退職届に使用する封筒を購入することは可能です。コンビニで買ったからといってマイナスの印象を与えることはありませんし、どこで購入しようと基本的には関係はありません。

正しい封筒を使用できていればそれで問題はありませんので、文房具店で買った場合でも、コンビニで購入した場合でも、与える印象は基本的には同じです。封筒の購入場所が違うからといって、退職届の効力が変わるわけではありませんし、自身の都合の良い場所で購入するのがおすすめです。

コンビニであれば大抵の場合で24時間営業していますし、仕事帰りなどで遅くなっても購入しやすいので、緊急で封筒が必要になった場合なども便利です。

店舗によっては置いていない場合も

退職届で使用する封筒はコンビニでも購入することはできますし、コンビニで買った封筒を使用しても問題はありません。どこで買った封筒かは中身とは関係ありませんし、封筒を見ただけでどこで買ったかがわかることもありません。そのためコンビニで買った封筒であっても退職届に使用することはできますが、問題はすべての店舗で売っているとは限らないということです。

コンビニの品ぞろえは豊富ではありますが、店舗ごとにラインナップは違い、場合によっては封筒を販売していない店舗もあります。大手のコンビニチェーンであれば大抵の場合で販売していますが、小さいチェーンであれば販売していない場合もありますし、封筒が必要な場合は何軒かコンビニを回らなければならない場合もあります。

退職届の封筒の書き方は?

退職届を提出する際には封筒が必要ですが、封筒の書き方にも充分に注意が必要です。単純に退職することだけを考えれば、退職届をそのまま提出しても構いませんが、それではマナーとしてはよくありませんし、マイナスの印象を与えてしまいます。

退職するのであれば印象など関係ないと考える人も多いですが、実際には退職したからといって、完全に関係が切れるわけではありません。別の企業に就職した際に前職の企業と仕事をする場合もありますし、どうにも仕事が見つからなければ、また前職の職場でお世話になることもあります。

社会人では人脈が大切ですし、関係性は簡単に切れるものではありません。マナーを守って退職届を提出するためにも、正しい封筒の書き方を知っておきましょう。

退職届の封筒の表面には退職届と楷書で記入します。退職届と記入していても読めなければ意味がありませんので、読みやすいように綺麗に記入するようにしましょう。文字については基本的にはサインペンなどで書いてOKです。

筆ペンで書く場合もありますが、必ずしも筆ペンである必要はありませんので、書きやすいものを選びましょう。封筒に記入するのは退職届や退職願であり、辞表ではありません。会社役員が辞める場合などは辞表となりますが、一般社員の場合は退職届、あるいは退職願となりますので、間違えて辞表と書かないようにしましょう。

宛先などについては、基本的には空欄で構いません。まずは直属の上司に渡し、そこから上に回っていきますので宛先は空欄にしておきましょう。

退職届の裏面には自身の名前や部署などを記入しておきましょう。裏面に記入しないとしても、退職届自体には自身の名前や部署名などは記入してありますので、中身を読めばわかりますが、封筒に記入しておくのが基本的なマナーです。

封筒に名前などを書いていないと、誰が提出した退職届なのかがすぐにわかりませんし、いちいち確認が必要など手間がかかってしまいます。自身の名前や部署などを記入すれば、退職届を提出する日付についても記入しておきましょう。

退職届は基本的には提出してから14日後には退職することができます。企業があまりに引き伸ばしをする場合には、提出時期を伝えることで退職を有利に進められますので、必ず提出日時も記入しておきましょう。

無記名

退職届の封筒は表も裏もしっかりと記入しておくのがマナーではありますが、あえて何も記さずに提出するという方法もあります。退職はデリケートな問題ですし、同僚などにバレたくない場合は、封筒には退職届などと書かず、そのまま提出することも可能です。

退職を通告するだけであれば、退職届さえ用意すればいいですが、そのまま提出するのはマナーとしてはよくありません。そのためマナーを重視するのであれば、せめて封筒には入れて提出することが大切です。

また提出時に周囲に知られたくないなどの旨を伝えておけば、無記名であっても配慮してもらうことができます。印象良く退職するためには、一言添えてから提出するなど、退職届の渡し方も工夫しておきましょう。

退職届の封筒のサイズは?

退職届を提出する際には封筒が必要ですが、封筒にはさまざまな種類があります。大きい封筒もあれば小さい封筒もありますし、どの封筒を使用すればいいのか悩んでしまう人は多いです。退職届の印象は使用する封筒によっても左右されますし、封筒のサイズについてもきちんと考えておくことが大切です。

細部までこだわって考えることで、マナーを重要視していることが伝わりますし、より円満な状態で退職を目指すことができます。退職届を提出する際の封筒のサイズとしては、どんなものが好ましいでしょうか。

大きい

退職届を提出する際の封筒としては、大きいサイズが挙げられます。大きいサイズの封筒であれば退職届も大きいサイズで作成することができますし、より読みやすく作成することができます。

また大きく作成することで、退職の意思が強いことのアピールにもなりますし、引き止めにあいたくないと考えるのであれば、あえて大きいサイズで作成するのもおすすめです。しかし退職はデリケートな問題であり、大きい封筒を使用していると目立ってしまうことも多いです。

また退職届を渡した後も扱いに困ってしまうことも多く、マナーを重視したいのであれば、大きい封筒はおすすめではありません。

小さい

退職届を提出する際の封筒としては、小さいサイズがおすすめであり、小さい封筒であれば渡した後も扱いに困ることはありません。封筒のままデスクなどにもしまいやすいですし、扱いやすいため印象が良くなる場合もあります。

また小さい封筒であればこっそりと渡すこともできますし、目立ちたくないのであれば、小さめの封筒を使用するのがおすすめです。小さい封筒は便箋のサイズがおすすめですので、そのサイズの封筒を探して使用するようにしましょう。

退職届の封筒がない場合は?

退職届を提出する際に封筒がなくて困ってしまうこともあります。一刻も早く退職届を出したいのに、封筒がなくて困る人は多いですし、外に買いに言ってもなかなか適するものが見つからないという場合もあります。

封筒がなければ退職届を出すことができないのかと悩む人も多いですが、実際にはそうではありません。封筒がないからといって退職届の提出を諦める必要はありませんし、他にも提出する方法はさまざまあります。封筒がない場合の退職届の提出方法を知り、上手に退職届を渡していきましょう。

郵送

退職届の封筒がない場合は、郵送サービスを使用して企業に退職届を送ることができます。郵送=封筒が必要と考える人も多いですが、封筒を使わずに郵送できる方法もあります。簡易書留などであれば、封筒なしでその場で郵送を依頼することができますし、他にもゆうパックなど別のサービスを利用するという方法もあります。

封筒を使わずに郵送する方法では、コストなどが余計にかかる場合もありますが、緊急時であれば仕方ありません。コストはかかるものの、確実に届けることができますし、封筒を使わずに企業に退職届を提出することができます。緊急手段としては郵送サービスを利用するのもおすすめですので、選択肢の一つとして覚えておきましょう。

退職届の封筒の入れ方は?

退職届を提出する際には封筒が必要になり、退職届を封筒に入れてから提出します。ここでポイントとなるのが、封筒にどのように入れるか、その入れ方です。封筒に入れてあればそれでOKだと考えている人も多いですが、封筒に入れる際にはさまざまなマナーがあります。

退職届の入れ方が間違っていればマイナスの印象を与えてしまう場合もありますし、印象よく退職をするのであれば、封筒への入れ方など細部までこだわりを見せることが大切です。退職届は無造作に封筒に入れていいわけではなく、封筒の入れ方にも細々としたマナーがありますし、さまざまな方法があります。封筒への正しい入れ方を知り、退職届を上手に提出していきましょう。

そのまま入れる

退職届の封筒への入れ方としては、そのまま入れるという方法があります。退職届に折り目をつけず、そのまま封筒に入れることで、より綺麗な状態で退職届を提出することができます。退職届は折り目を付けても問題はありませんが、折り目があることで読みづらくなったり、かさばって管理が面倒になってしまうこともあります。

折り目がたくさんついていうとマイナスの印象を与えてしまう場合もありますし、綺麗な状態で提出することで丁寧な印象を与えながら退職届を提出することができます。折らずに入れることで綺麗に届けることはできますが、反面大きいサイズの封筒を使用しなければならないという条件もありますので、大きいサイズを使用するなら折らずに入れるようにしましょう。

折って入れる

退職届けの封筒への入れ方としては、折って入れる方法も挙げられます。折って入れる場合であれば小さいサイズの封筒でも提出することができますし、目立たずに退職届を提出することができます。折り目が読みづらくはなりますが、三つ折などで綺麗に折っていれば、それほど読みづらくもなりませんし、丁寧に折ることでマイナスの印象を避けることができます。

退職届を折って封筒に入れる場合は、折り目が重要であり、これが曲がっていると雑な印象を与えてしまいます。雑な印象を与えてしまうと印象が悪くなりますし、読みやすくするためにも、折り目は綺麗に真っすぐ付けて、封筒に入れるようにしましょう。

封筒が不要な場合も

退職届を提出する際には基本的には封筒に入れて提出する必要がありますが、例外的に封筒が必要ない場合もあります。それは企業で退職届のフォーマットが決まっている場合です。企業で退職届のフォーマットが決まっており、退職を申し出て退職届をもらい、それを記入して提出する場合は、わざわざ封筒に入れる必要はありません。

封筒に入れることで丁寧ではありますが、特別に必要なものではありませんし、プラスの印象につながらない場合もあります。企業でフォーマットが用意されていれば、書面に記入するだけで退職届を提出したことになりますので、封筒を用意する必要はありません。

退職届の封筒はのりをするべきか?

退職届に限らず、封筒に書類を入れる際に悩むのがのりづけをするかどうかです。のりづけをしておくことで、中身が紛失するのを防ぐことができますし、より安全な状態で提出することができます。

しかしのりづけをしていれば、開封時に手間がかかりますし、それがマイナスの印象を与えてしまう場合もあります。封筒ののりづけはケーズごとに必要な場合と不要な場合にわけられますが、退職届を提出する場合には、のりづけは必要なのでしょうか。

郵送の場合は必須

退職届を提出する方法はさまざまあり、郵送で企業に提出する場合もあります。郵送で退職届を提出するのであれば、封筒にはのりづけは必須です。郵送の場合は他の郵便物と一緒に運ばれますし、のりづけがされていなければ途中で中身が紛失してしまう可能性が高いです。

郵送したから企業に退職の旨が伝わっているものと考えていても、実際には正しく伝わっていないという場合もありますし、確実に届けるためにもしっかりとのりづけをしておかなければなりません。郵送で退職届を提出する場合は、途中で剥がれないようにしっかりとのりづけを行い、企業に確実に届けるようにしましょう。

手渡しの場合は不要

退職届を郵送で提出する場合は封筒にはのりづけは必須ですが、手渡しで渡す場合はのりづけは不要です。退職届は提出すればその場で確認することが多いですし、のりづけをしていると確認する際に面倒になってしまうことが多いです。

また退職届はさまざまな人が確認しますし、封筒を切り取って開封してしまうと、その後の扱いが面倒になることも多いです。手渡しの場合はのりづけは不要ですので、間違えて封筒を綴じないように注意しましょう。

退職届の封筒の色は?

退職届を提出する際には封筒はさまざまなことに気をつけなければなりませんが、色についても注意が必要です。封筒にはさまざまな色がありますので、どんなものが退職届の提出にふさわしいかを知っておきましょう。

白色

退職届に使用する封筒としては白色がおすすめです。白色の封筒は公式な場で使用されるものですし、より真剣な気持ちを伝えることができます。マナーとしても違反はしていませんし、相手を気遣った色ですので、退職届けは白色の封筒で提出するようにしましょう。

茶色でも可

退職届の封筒はコンビニで買えるか・書き方とサイズ・のり
※画像はイメージです

退職届に使用する封筒は白色がベストですが、白色の封筒がなければ茶色の封筒でも問題はありません。茶色の封筒は自社内のやりとりで使用される封筒であり、退職届の提出に使用しても失礼にあたることはありません。印象が良いのは白色の封筒ですが、なければ茶色でもOKですので、茶色の封筒で代用することも可能です。

その他の色は基本的にはNG

退職届の提出に使用する封筒は基本的には白色か茶色であり、それ以外の色はNGです。他の色の封筒でも提出自体は可能ですが、マナー違反になり印象が悪くなってしまいます。他の色ではカジュアルな印象がありますし、退職に対しての真剣度が感じられなくなりますので注意しましょう。

また使用できる封筒は無地のものだけです。柄やデザインなどが入っている封筒もカジュアルに見えてよくありませんので、白色か茶色で、無地のシンプルな封筒を選んで退職届を提出するようにしましょう。

退職届は封筒まで気を遣おう

退職届に使用する封筒や提出のマナーなどを紹介しましたが、円満な退職を目指すためには、封筒にも気を配ることが大切です。小さな点までしっかりと意識して注意を払い、円満な退職を目指しましょう。

退職代行サービス「EXIT」を上手に利用しよう!

近年では働き方やキャリアに多様性や自由を求める風潮が強くなり、より自分にあった環境を求めて退職・転職をする人が年々増えています。

退職を考える理由としては「仕事が面白くない」「上司や同僚と合わない」「残業がつらい」または「給料が低い」など、人によってさまざまでしょう。しかし実際には、社員数の少ない職場である場合や、自分が入社したばかりの立場である場合などにおいては、会社の景況や自分の立場上の言いづらさからなかなか会社側に退職の旨を言い出せない人が多いのが事実です。

そんな時には、退職代行サービスのEXITが非常に便利です。EXITであれば、相談した当日から対応可能というスピーディーさに加え、今後の会社との連絡や手続きを全て代行してくれるために精神的にも楽に退職を完了することができます。

退職サービスを利用して、気持ちよく新しい人生のスタートを切りましょう。

自分でやらないからうまくいく!

Latests