Search

検索したいワードを入力してください

【種類別】賢い退職の仕方・有給の取り方|正社員/管理職

更新日:2020年08月20日

正しい退職の仕方はご存じでしょうか?退職は人生の中でも大きな分かれ道になりますし、上手に進めることが大切です。退職の仕方によって今後の人生に影響する可能性もありますし、上手な退職の仕方を知ってスムーズに新しい環境へと飛び込んでいきましょう。

種類別賢い退職の仕方は?

生活をするためにはお金が必要ですし、お金を得るためには働かなければなりません。生活のためにも就職して仕事をする必要があり、生活を維持するためには仕事を続ける必要があります。

しかし就職先が自分に合わないと感じたり、何かの事情によって辞めなければならない場合もあります。退職の事情は人によってさまざまですが、退職するためにはいくつかの手続きを経なければなりません。

正当な手順を踏んでようやく退職となりますが、この退職の仕方にはポイントがあり、それが正しくできていないと損をしたり、周囲の人に迷惑をかけてしまう可能性があるので注意が必要です。賢い退職の仕方は仕事の種類によって違いますので、それぞれにおける違いを理解していきましょう。

試用期間

企業によっては試用期間が設けられている場合もありますが、この場合の退職の仕方も正社員の場合と変わりません。試用期間とはいえ契約上は正社員になっていますし、退職の仕方が特別に違うということはありませんので注意しましょう。

試用期間で退職する場合も、基本的には上司に退職の旨を伝え、退職届を提出して退職となります。退職する14日前までには退職届を提出する必要がありますので、早めに申し出ておくようにしましょう。

試用期間で合わないと感じれば素早く辞めることが大切ですし、退職したからといって後の就職に響くこともまずありません。試用期間における賢い退職の仕方はとにかく早く辞めることですので、続けられないと感じればすぐに退職を申し出るようにしましょう。

新卒

新卒の賢い退職の仕方としては、就職してから3年以内、できれば1年など早い段階で辞めるということです。一度就職した企業では3年間は続けた方がいいと考える人は多いですし、退職を考えていてもとりあえず3年間は続けようとする人も多いです。

しかし退職を考えたまま長々続けても意味はありませんし、結局辞めるなら早いに越したことはありません。新卒は就職してからも3年以内であれば第二新卒、あるいは一般の新卒と同じように考えられますし、転職なども比較的やりやすいです。

早期に退職することで次の就職先も見つけやすくなりますので、賢い退職の仕方としては、3年以内に素早く辞めることだと言えるでしょう。

契約社員

契約社員の賢い退職の仕方としては、契約更新のタイミングを狙っての退職が挙げられます。契約社員は期間ごとの契約によって勤めていますし、契約更新の時期になれば更新されるのか、そのまま契約終了となるのか不安に感じる人は多いです。

続けたいのであれば契約を満了し、さらに更新されるかどうかまで待ってもいいですが、続ける気がないのであればあらかじめ契約終了のタイミングで辞めることを考え、次の職場を見つけておくのが賢い退職の仕方だと言えます。

契約を更新してすぐに辞めたいと感じても、退職の手続きは面倒になりますし、最もスムーズに退職することができる契約更新のタイミングを狙うのは賢い退職の仕方だと言えます。

正社員

正社員の賢い退職の仕方としては、ボーナスの時期を待って退職するということです。企業によってもボーナスの支給の有無や回数などは異なりますが、一般的には夏と冬の二回でボーナスが支給されることが多いです。

ボーナス支給時期間近で退職を決意したのであれば、まずはボーナスをもらうことを最優先に考えましょう。一回のボーナスでもらえる金額は人によって違いますが、少なくとも給料分くらいは上乗せしてもらうことができますし、もらえるものはきっちりともらっておくに越したことはありません。

転職先が決まっていない場合は転職活動中の生活資金も必要になりますし、ボーナスの支給を待ってからの退職が最も賢い退職の仕方だと言えます。

管理職

管理職の賢い退職の仕方としては、退職を申し出る前にしっかりと仕事を引き継いでおくことが挙げられます。管理職は部署をまとめる重要なポジションですし、退職するといっても引き止められることが多いです。

もちろん退職は個人の自由ですし、労働者に与えられた権利でもありますので、いくら引き止められようが辞めることはできますが、強行突破で辞めるのは賢い退職の仕方とは言えません。賢くスムーズに退職をするのであれば、誰にも文句を言われないように自分が辞めた後のことも考えて、業務の引継ぎを行っておくことが大切です。

退職しても問題なく部署が回るとわかれば会社としても無理に引き止めるわけにもいかなくなりますし、波風の立たない上手な退職の仕方だと言えます。

パート

パートの場合の賢い退職の仕方としては、繁忙期前に辞めることが挙げられます。パート先によっていつが忙しいのかは違いますが、繁忙期になって急に辞めると伝えても、なかなかやめさせてもらえないことも多いです。

もちろんこれも無理に引き止めるのは違法になりますし、退職すると意思を貫くこともできますが、円満な退職を目指すのであればこれは賢い方法とは言えません。賢い退職の仕方は波風を立てずに退職することですので、繁忙期は避け、可能であれば閑散期に退職を申してることが大切です。

閑散期であれば退職するといっても余計な引き止めにあうことはありませんし、円満に退職することができます。

アルバイトなど

アルバイトでの賢い退職の仕方は基本的にはパートと同じです。繁忙期ではなく閑散期に退職を申し出ることが賢い退職の仕方だと言えます。アルバイトの場合はそれほどマナーなどが見られていないことも多いですが、それでも急に辞めると言い出すのはよくありません。

最低でも2週間前には申し出るようにし、可能であれば1ヶ月程度前から退職する旨を伝えておくのが、賢い退職の仕方だと言えるでしょう。

転職する場合の会社の退職の仕方は?

転職する場合の退職の仕方としては大きく2パターンで挙げられ、転職先を決めてから退職するのか、退職を決めてから転職先を探すのかということです。前者の場合は在職中に転職活動を行い、転職先への内定が決まってから退職の手続きを進めていきます。

この場合内定から退職、転職までに時間がかかりますので、転職先と就職日についてよく話し合わなければなりませんし、場合によっては長期間待ってもらうことになります。後者の場合は先に退職を決め、在職中、あるいは完全に退職してから転職活動を行います。

退職スケジュールを決め、在職中に転職先が見つかればいいですが、退職してもなお転職先が見つかっていない場合は、金銭面なども考えて早期に転職先を見つけなければなりません。焦って転職先を妥協してしまわないように注意が必要です。

退職の仕方で理由は?

退職の仕方としては、退職を決意し直属の上司に退職の旨を伝え、会社に退職届を提出するのが基本です。会社によっては上司に伝えるタイミングで退職届を出すなど細部の順番は違いますが、どの場合でも退職の理由が必要になります。

退職を上司に伝える際にも退職理由が必要ですし、会社に提出する退職届にも理由を書いて提出しなければなりません。上手な退職の仕方としては、この退職理由にも注意が必要であり、理由次第では余計なトラブルを引き起こしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

伝えても問題のない退職理由とはどんなものがあるのかを知り、上手に退職を進めていきましょう。

次のページ:有給をとる退職の仕方は?

初回公開日:2018年04月06日

記載されている内容は2018年04月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests