Search

検索したいワードを入力してください

「10年後の自分」の例文集・答え方・書き方のコツなど

更新日:2020年05月25日

「10年後の自分」というキーワードに焦点を当てて、手紙の書き方や面接で使える答え方などをご紹介していきます。未来の自分を想像することは、上手くできれば楽しいものでもあり、想像力を膨らませることが大切です。未来を占えるアプリなどもご紹介していきます。

10年後の自分の課題が出た時の書き方とコツ

日頃の生活の中で自分自身の未来を想像したり、10年後の自分を想像したりすることもあるでしょう。そういった想像力を働かせることは、とても重要なことで、人間らしい生活を送っていく上でも、未来に向かって充実した毎日を過ごすことは大切なことと言えます。そんな未来への想像力をテーマに、10年後の自分について考えていきましょう。

まずは、10年後の自分の課題が出た時の書き方とコツについてご紹介していきます。学校の課題や就職活動などにおいて、10年後の自分について聞かれることも少なくありません。そういった時に、どう回答していけば良いのか、ある程度基礎的な知識を身につけておくことで、慌てることなく回答することができるようになっていきます。

手紙

まずは、手紙の場合について見ていきましょう。よく小学校や中学校の卒業が近づいてくると、10年後の自分に手紙を書いてから、その手紙を校庭の土に埋めて、本当に10年後に取りに来るということを行っている学校も少なくありません。

そういった意味では、子供の頃の自分と大人になってからの自分を比較するためにも重要なことと言えます。小学生や中学生の頃は、大人になったらやってみたいことがあったけど、実際に10年経って成人してみたら、全然違うことをしていたというケースも多いでしょう。

実際にどんな仕事をしていたり、どんな生活を送っているかということよりも、子供の頃の感覚を振り返ることに意味があります。子供の頃と比べて、自分はこれだけ成長できたという実感がわいてくるようであれば、子供の頃に書いた10年後の自分への手紙は成功だったと言えるでしょう。

小論文

続いては、小論文で10年後の自分がテーマになった時の書き方とコツについてご紹介していきます。このテーマが小論文で出るということは、高校入試の際や大学入試の際に書く必要がある人も多いでしょう。

入試における小論文においては、単純に自分の姿だけを述べていれば良いというものでもありません。10年後の自分の姿を想像すると共に、それが社会的にどういった影響があるのか、あるいは10年後の社会はどう変わっているのかといったところまで踏み込んで書くことができれば、より魅力的な小論文が完成するでしょう。

とりわけ大学入試の際であれば、10年後は27歳から28歳前後になっていることになるので、会社に入社して数年経過することになります。そういった時に、ご自身ではどういった分野で、社会貢献していきたいのかといったことも盛り込むと良いでしょう。

作文

続いては、作文の書き方とコツについてご紹介していきます。作文の場合、どこかに提出するというのであれば別ですが、学校の課題などで純粋に自分に当てて書くのであれば、その時の想いを率直に書くと良いでしょう。

学生時代に10年後の自分を想像するというのは、それほど簡単なことではありません。そういった意味で、10年後の自分を想像する機会があるだけでも良い経験と言えます。大人になってからは、将来の人生設計やキャリアプランを考える機会も増えていきますが、子供の頃はそれほど多くはないでしょう。

そういった意味でも、その貴重な機会を良い意味で利用して、10年後の自分はどうなっていたいのか、どんな仕事をしていたいのか、あるいはどんな学生生活を送っていたいのかなどについて、自分の気持ちに率直に応えて書いていくと、素敵な作文が完成します。

英作文

英作文で10年後の自分について書く時は、当然、10年後の姿をイメージしながら書くことも大切ですが、あまり難しい表現を使う必要はありません。英語に慣れていない人が無理に書こうとすると、意味が通じにくく何を言っているのかわからない可能性もあります。

自分で読むにしても、人に読んでもらうにしても、書いた内容が伝わらなければ全く意味がありませんので、まずは自分の知っている単語を使って書くということを意識しましょう。職業など、わからない単語があれば都度調べて書いていくことで、10年後の自分をわかりやすく表現した英作文が完成します。

レポート

レポートで10年後の自分について書く時は、ある程度ストーリー性を持たせて書くことが大切です。手紙や作文と違って、レポートは学校でも評価対象になることが少なくありません。そういった意味で、単純に10年後の自分について書くだけでは物足りないでしょう。

「10年後の自分はこうなっていたいです」という理想の姿から書き出し、そのために必要なことや努力するべきことは何か具体的に記述していきます。その上で、その必要なことなどに阻害要因となる障壁はないか考えます。それをどう克服していくのかについても、詳しく記述していきましょう。

そして、最後にまた10年後の自分について触れることで、ストーリー性があって読み応えのあるレポートが完成します。

よく聞かれる10年後の自分に対する質問への回答例文集

続いては、よく聞かれる10年後の自分に対する質問への回答例文集についてご紹介していきます。日常会話においても、学校の課題においても、就職の面接においても、あらゆる場所で10年後の自分について聞かれることがあります。そういった場合に備えて、ある程度自分の中で回答を準備しておくと良いでしょう。その具体例をご紹介します。

「10年後には、入社当初の営業経験を活かして、お客様に喜ばれる商品開発を進めていきたいと考えています」「10年後は自身がプロジェクトマネージャーとして、プロジェクトを統括できるくらいの人材となって会社に貢献したいと考えています」などといった回答を準備しておくと、効果的と言えます。

面接で10年後の自分を聞かれた時の的確な書き方

それでは、面接で10年後の自分を聞かれた時の的確な書き方について見ていきましょう。面接の場で、直接10年後の自分について聞かれることもありますが、履歴書やエントリーシートなどといった書面上で、10年後の自分について回答するケースもあります。

そういった書面上で、いかに10年後の自分を魅力的にアピールして、採用につなげてもらうかというところに焦点を置いて書いていくと良いでしょう。企業がどういった人材を欲しがっているのかというところに想像力を働かせることで、より効果的な将来をイメージすることができます。

エントリーシート

まずは、エントリーシートでの10年後の自分の書き方についてご紹介していきます。エントリーシートは、履歴書に比べて記載スペースも広くなっているケースが多く、より具体的に書いていく必要があります。10年後の自分を意識することも大切ですが、10年後の企業の方向性と合致する形で書いていくと良いでしょう。

例えば、現在は国内販売のみの企業で、今後海外進出を目指しているケースであれば、「10年後の自分は、海外に構えられた事務所で、地元の人材の育成に当たっていきたいと考えています。ゆくゆくは、現地法人を立ち上げるための足がかりとして貢献していきたいと考えています」などといった回答であれば、企業のニーズと合致する可能性も高まります。

履歴書

履歴書の場合は、エントリーシートよりも記述スペースが狭いケースが多いので、10年後の自分についてより端的に明確に書く必要があります。履歴書では、10年後の自分に関する概要だけを書いて、詳しいことはエントリーシートに書いたり、面接の場で直接述べたりしても構いません。

小さい文字でダラダラと書き続けるくらいであれば、端的に「10年後の自分はこうなっています」と書いておいた方が、シンプルさの中に込められた思いが伝わって効果的と言えるでしょう。見た目的にも読みやすく、スペースが狭くても十分にその思いを採用担当に伝えることができます。

10年後の自分を面接で質問する企業側の意図と答え方

初回公開日:2017年11月24日

記載されている内容は2017年11月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests