Search

検索したいワードを入力してください

興味がない業界の志望動機が書けない時の対処法・職種別作り方

更新日:2020年08月20日

就職活動に志望動機は欠かせないものです。企業も志望動機は、その人が、将来、役に立つ人材になってくれるのかを測る材料として、志望動機を重要視しています。ここでは、興味がない企業や滑り止めの企業への志望動機が書けないことはあります。ぜひ参考にしてください。

興味がない業界の志望動機が書けない時の対処法

履歴書を書く時の大きな悩みの1つは、志望動機が書けないことです。自己分析もしたし、業界研究もしたけれど、どうしても興味がある企業が見つからない、興味がないのだから、志望動機なんて書けないというのも理解できます。

また本命ではないけれど、安心のために受けておきたいという場合にも、志望動機が思いつかない、書けないと悩みます。なぜ、その企業を選んだのかと言われても、「なんとなく」としか言えないことはあるけれど、まさかそんな風に書くことはできません。書けないと悩んでも書くしかないのが志望動機です。

志望動機が書けない時には、少し視点を変えるだけで、書けないとおもっていた志望動機が書ける考え方があります。ぜひ、参考にしてください。

志望動機が書けない新卒就活生へ

社会経験が少ない新卒の人は、志望動機が書けない時、雑誌やネットを検索し、同じ業界に他にもたくさんの企業がある中で、なぜ、その企業でなければならないのかを明確にしても書けない、と思うのは無理はありません。

では、企業が新卒の人に期待していることは何でしょうか。新卒の人には、即戦力として使えるスキルや能力よりも、その人が将来会社に貢献してくれる人材に育ってほしいということです。すぐに辞めてしまわず、長い間働いてくれる人材を探しています。

志望動機が思いつかない、書けないという時は、その会社のために働きたいという熱い気持ちを伝える志望動機を作りましょう。

企業のホームページには、企業理念や経営理念が書かれています。そこから、その企業が目指しているもの、価値観に共感できることをポイントを探してみましょう。

志望動機が書けない中途採用求職者へ

中途採用の場合、企業から期待されることは新卒とは違い、即戦力として会社に貢献してくれることです。

なぜ、その企業でなければいけないのかを明確にできず、志望動機が書けない時は、会社に貢献できるスキル・能力を伝えることが1番大切です。しかし、それだけでは他と比べてのアピールになりません。前職との共通点からすぐに役立つことと共に、その企業のためにもっと挑戦したいこと、勉強したいことも含めるといいでしょう。

その企業が気づいていない潜在的なニーズを探して、そこを自分が補えることは、志望動機の大きなポイントになります。企業の未来に貢献してくれそうな期待感をもってもらいましょう。

志望動機が書けない転職求職者へ

転職求職者が志望動機を書けない理由として、前職をやめた理由をマイナスに捉えていることがあります。志望動機と転職理由は異なるものですが、転職する時には、なぜ転職しようと思ったのかを振り返ることで、志望理由が見つかりやすくなります。

あなたは、なぜ転職を決めましたか。前職から逃げるようなネガティブなものだけでは、説得力はありませんが、企業体質に違和感を感じて転職を考えたのであれば、あなたに合う社風だと感じたのか、もっと新しい商品やサービスを取り扱いたいと感じたならば、志望する企業の何に惹かれたのか明確になります。

転職をマイナスだから書けないと思うのではなく、プラスに捉えられるように、企業の未来の成長のために貢献できることをアピールしましょう。

業界別の好感度の高い志望動機の考え方とは?

公務員としての志望動機は?

公務員を目指す人は多いものの、志望動機が書けない人が多いのも事実です。それは、親に勧められたから、安定しているからという理由で受ける人が多いからでしょう。しかし、そのような志望動機は書けません。

また、公務員の志望動機が書けない場合に多いのは、公務員の仕事を理解していないこともあります。公務員の仕事について知ることは、志望動機を書けない人の役にたちます。公務員には、ひとくくりにはできないくらいの、たくさんの業務内容がありますので、あなたにぴったりの業務が見つかるでしょう。

しかし、どんな業務内容であっても、たくさんの人と関わる機会が多く、コミュニケーション能力や、柔軟な対応力は必須能力なので、アピールポイントになります。志望動機が書けないと思ったら、学生時代のエピソードを絡めて、人間力をアピールするのが効果的です。

看護師としての志望動機は?

看護師の志望動機は、書きやすそうでいて、他と差をつけることが難しく、書けないと悩む人が多くいます。

ありがちなのは、患者様のために役に立ちたい、貴院の取り組みに感銘を受けましたという表面的な志望動機は書けるが、具体的に書けないという人が多いです。

ありきたりの志望動機しか書けない時は、患者様の役に立つために自分の何が生かせるのかを具体的に考えること、また、その病院の理念や取り組みに対して、自分がやってきたこと、自分が大切にしているものとの共通点は何かを考え、志望動機に含めてみましょう。

職種別の求められる人材像にマッチした志望動機の考え方とは?

事務職の志望動機は?

事務職の志望動機ですぐに思い浮かぶものといえば、ワードやエクセルなど、パソコンスキルが生かせますということでしょう。すぐに思い浮かぶということは、誰もが思いつくことなので、他と差をつける志望動機にはなりませんので、書けないと悩むことになります。

事務職には、パソコンスキルは必要ですが、パソコンに向かって黙々と作業するだけが、事務職の仕事ではありません。事務職には、パソコンスキル以外に特別な能力に気づかないと、志望動機を書けないことになります。

パソコンスキル以外にも求められる力は、コミュニケーション能力、柔軟に物事に対応する力、問題を解決する力などいろいろです。あなたの経験を振り返って、アピールできる力を探してみましょう。

また、事務職といっても、総務、人事、営業、経理など、たくさんの業務があります。自分はどんな業務で力が生かせるのかを、具体的に明確にしておくことも大切です。

営業職の志望動機は?

営業職の志望動機が書けないと思ったら、営業職に必要な力を考えてみましょう。コミュニケーション能力が必須能力ではありますが、それ以外にも、課題を見つける力、解決する力、論理的に考える力、説得力なども必要ですし、粘り強さやメンタルの強さも求められるでしょう。

営業が物やサービスを売るのは、相手の問題を解決するためだからです。そのことを念頭に置いて考えれば、志望動機が書けない時にも、いろいろな側面から考えることができます。

接客・販売の志望動機は?

接客・販売で必要とされる力を考えると、コミュニケーション能力が真っ先に浮かぶ人が多いでしょう。

しかし、コミュニケーション能力と一言で考えてしまうと、志望動機が書けないことになります。コミュニケーション能力の高い人とは、具体的にどんな人でしょうか。

誰とでもすぐに打ち解けられる人、話すのが上手な人、人の話を聴くのが得意な人、人の感情をキャッチできる人、提案する力のある人、説得力のある人など、あなたにはどんな力がありますか。あなたの経験と照らし合わせて、アピールしたい能力の根拠を示すことも大切です。

形式別好印象を与える志望動機の例文とは?

エントリーシート・履歴書の志望動機は?

初回公開日:2017年12月22日

記載されている内容は2017年12月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests