Search

検索したいワードを入力してください

就活で気を付けたい「感銘を受ける」の使い方・志望動機の例文

初回公開日:2018年02月14日

更新日:2020年05月26日

記載されている内容は2018年02月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「感銘を受ける」という言葉を聞いたことがありますか。この「感銘を受ける」という表現は、就職試験における面接や履歴書などに多用される言葉です。ここでは、「感銘を受ける」の意味や使い方、使用上の注意点などをみていきます。また、感銘を受けた○○の例文をご紹介します。

就活で気を付けたい「感銘を受ける」の使い方と例文

「感銘を受ける」という言葉を聞いたことがありますか。この「感銘を受ける」という言葉は、就職試験で履歴書に書いたり、エントリーシートに質問として「感銘を受けた○○は何ですか」と質問されたり、また、面接における受け答えなどで使われます。ここでは、この「感銘を受ける」の意味や就職活動においての使い方や例文についてみていきます。

「感銘を受ける」の意味

「感銘を受ける」というフレーズの「感銘」とは、感情や感動の「感」と、銘品という言葉に使われるように「特に優れている」という意味を持つ「銘」という漢字の組み合わせで、「忘れられないほどに深く感動する」という意味を持ちます。

「感銘を受ける」と「感心する」の違い

「感銘を受ける」の意味は、前述しましたように「忘れられないほど深く感動すること」です。また、「感心する」という言葉も「深く感動する」ことを意味します。しかし、これらの言葉で注意が必要なのは、「感心する」という言葉が、目上の者が目下の者に向かって言う言葉であるということです。

もし、目上の人に対して「深く感動しました」ということを伝えたいのであれば「感心しました」ではなく、「感銘を受けました」の方を使うようにしましょう。

就活で気を付けたい「感銘を受ける」の使い方;志望動機

志望動機を面接などで答える場合に、「御社の○○という事業内容やその理念に感銘を受けました」などのように、答える人は多いです。しかし、会社側としては、自分の会社の理念や事業内容にはすでに理解しており、そう言われたとしても特別何も感じないか、逆に無理に誉めているように感じます。「感銘を受ける」という言葉を使うと、きれいな言葉であり良い印象を相手に与えることができるように感じますが、実はあなたらしさをなくしてしまう可能性のある言葉です。

「感銘を受ける」ということは、人生ではそうそうないほどの感動を表します。それに見合うだけの中身があれば、「感銘を受ける」という表現を使っても良いでしょうが、それほどでもないことに多用すると真実味がなくなってしまいます。もし、「感銘を受ける」というフレーズを使う場合には、どんな点に感銘を受けたか、そしてどう感じたかなどを具体的に説明しましょう。

志望動機としての「感銘を受ける」の使い方

実際に志望動機として「感銘を受ける」とを使う場合には以下のような使い方をします。
(例文)
1.「わたしは、○○の生き方や考え方に○○という点で感銘を受け、そこから物事に対する考え方が変わりました。」
2.「御社の○○という経営理念に深く感銘を受けました。」

就活で気を付けたい「感銘を受ける」の使い方;ES

エントリーシートには、「あなたが感銘を受けた本は何ですか」とか「あなたが感銘を受けた言葉は何ですか」などを書く欄があります。その場合には、「○○に感銘を受けた」と書くでしょう。このようにエントリーシートであなたが感銘を受けたものを書かせるという人事側の意図は、あなたの人物像や人柄を診断するためです。あなたの知的関心がどういったものか、また理解度を図るためという意味もあります。

エントリーシートに「~に感銘を受けて」という内容を書いたのであれば、履歴書にもそれと合うように書くことが必須です。まったく同じ内容を二度書くことは避けたいですが、全く違う動機や感銘を受けたことが全く違う、つじつまが合わないということがないようにしましょう。

就活で気を付けたい「感銘を受ける」の使い方;履歴書

履歴書に書く志望動機などにも「感銘を受ける」という言葉は使えます。ただし、「感銘を受ける」という言葉は、その人が人生や考え方が変わるほどに深く感動することを意味するので、多用してはいけません。全体の志望動機の中で、きちんと流れにあった部分に「感銘を受ける」を使わなくてはなりません。以下に「感銘を受ける」というフレーズを使った履歴書の志望動機の書き方をご紹介します。

就活で気を付けたい「感銘を受ける」の例文;履歴書

「わたしは御社の製品を小さな頃から愛用しており、わたしの小さな相棒ともいえるものでした。そして、ある日このような身近で感動できるものを作りたいと考えるようになりました。そんなときに御社の『喜ばれるしあわせ』という企業理念に大変感銘を受けました。そして、人に喜ばれることにしあわせを感じる仕事につきたい、御社へ入社したいと考えるようになりました。」

就活で気を付けたい「感銘を受ける」の使い方;面接

就職活動では面接を受けますが、その際に「感銘を受ける」という言葉はよく使われます。エントリーシートにも「感銘を受けた本」や「感銘を受けた言葉」など書く場合もあり、面接で質問される場合も多いからです。使い方としては、あなたが本当に心から感動したことに対して使うということが重要です。なぜなら、感銘を受けたといったにもかかわらず、その内容について突っ込まれて聞かれたときにきちんと受け答えができないとあなたへの信用度が下がってしまうおそれがあるからです。本当に感銘を受けたものや感銘をうけたできごとであれば、あなたは聞かれたことに細かに答えることができるでしょう。

就活で気を付けたい「感銘を受ける」の例文;面接

面接で使う「感銘を受ける」の使い方の例文が以下になります。
(例文)
1.「わたしは、学生時代にバレーボールに打ち込んでまいりました。それは、監督の教えに深く感銘を受けたからです。」
2.「わたしは、御社の○○という企業理念に感銘を受けました。」

就活で聞かれる「感銘を受けた○○は?」のおすすめ回答例とポイント

就職活動において、エントリーシートや面接で、「あなたが最近感銘を受けた本は何ですか」と聞かれたり、「あなたが最近感銘をうけた映画は?」などと聞かれることがあります。就職活動でこのような質問を受けた場合には、どういった内容のものを答えれば良いのでしょうか。ここでは、「感銘を受けた○○は?」という質問におすすめのものをいくつかご紹介いたします。

「最近読んだ本で、感銘を受けたものは何ですか」と面接やエントリーシートで聞かれることがあります。この質問の意図は、本を読む習慣があるのかなど、あなたの人となりを知りたいという場合や、単に緊張をほぐすためだけという場合もあります。ここでは、感銘を受けた本は何ですかと聞かれた場合におすすめの本をいくつかご紹介します。
1.「聞く力」 阿川佐和子 
2.プロフェッショナルの条件 P・F・ドラッカー 

就職活動で感銘を受けた本はと聞かれた場合には、その内容についてどこに感銘を受けたかを答えなければなりません。本当に感銘を受けた、それを読んで生き方が変わったと思える本を答えましょう。ビジネス書も良いですが、ただのビジネス書よりも、自分が変わるきっかけになったとか、将来を見据えて読んでいるというようなものだと好感が持てます。

回答例;本

「わたしが感銘を受けた本は、阿川佐和子さんの『聞く力』です。わたしは、人前で話をすることが苦手で、そのために人とのコミュニケーションをとることに躊躇することがありました。しかし、この『聞く力』を読み、主役にならずともその人の話をうまく聞き出し、人となりが少しでもわかるようにというインタビュアーとしての阿川さんの生き方に共感しました。仕事をする上で重要なのは主役になることではなく、自分が与えられた役目を十分に果たすことです。わたしのような者でも、努力を積み重ねれば、その一つの役目を果たせるのではないかと思えた本でした。」

「最近感銘を受けた本は」のNG回答

「感銘を受けた本は何か」と聞かれて、まずNGな回答としては、「最近、全く本を読んでいません」という回答です。読書しないということは勉強意欲がないように捉えられてしまいます。就職活動をしているときには何かしらの本を読むようにしましょう。

また、良くない答えとしては、漫画を答えることです。確かに漫画は面白く、最近では大人も楽しめるものがたくさんあります。しかし、就職試験において「感銘を受けた本」に漫画を答えるということは、説得力に欠けてしまう答えです。この質問の意図としては、その本からどういったことを学んだのかというものですので、漫画という時点で娯楽感しか感じないため、避けた方が良い答えだといえます。

小説

就職活動で「感銘を受けた小説は何ですか」と聞かれることがあります。小説といえば、ジャンルも豊富で恋愛ものから推理、サスペンス、ミステリー、過去の有名な文学作品などさまざまです。どんな小説が良く、どんな小説が悪いということはないですが、何か考えさせられる内容だったり、面白いものの方が、質問されたときに答えやすくなるということはあるでしょう。小説でおすすめのものは以下になります。
1.「羅生門」芥川龍之介
2.「シューカツ」石田衣良
3.「ライ麦畑でつかまえて」J.D.サリンジャー

漫画

就職活動で「感銘を受けた本は何か」と聞かれて「漫画」と答えるのはNGだとご説明しましたが、好きなことなどに「漫画」と書いており、「感銘を受けた漫画は何?」と聞かれた場合には、きちんと作品名や内容を言いましょう。就活生におすすめの漫画は以下になります。
1.「君に届け」椎名軽穂
2.「めぞん一刻」高橋留美子
3.「銀のアンカー」三田紀房、関達也」

映画

就職試験において、趣味として映画鑑賞と答えた場合に、感銘を受けた映画は何かと聞かれることがあります。そんなときにどう答えれば良いのでしょうか。映画鑑賞が趣味だと答える人は多数います。趣味自体が平凡である場合には、面接官へのアピールが弱いでしょう。そんなときに映画鑑賞と言ったからには、質問された内容にきちんと答えなくてはいけません。浅い知識で語らないことが重要です。また、どうしてその作品が好きなのか、どういったところに感銘を受けたのかきちんと話せるものにしましょう。

回答例;映画

「わたしが感銘を受けた映画は、『湯を沸かすほどの熱い愛』です。この映画は、死にゆく母の娘への愛と、その生きざまに感動しました。そして、彼女をとりまく人たちの温かさにも感銘を受けました。いじめを受けつつも何も言えない娘とそれを見守り、でも立ち向かうように言う母親の場面が最も心に残っています。ただ甘やかすだけが愛ではない、厳しい中にあたたかな愛があるということを感じる作品でした。」

言葉

就職試験では、感銘を受けた言葉を聞かれることもあります。その言葉の意味をよく理解した上で答えなければなりません。回答例としては、以下のようになります。
(例文)「わたしが感銘を受けた言葉は、『為せば成る』です。この言葉は、米沢藩の上杉鷹山公の言葉です。傾きかけた藩を立て直そうといろいろな策を行い、みごと藩を立て直した鷹山公だからこそ、この言葉の意味は重いです。この言葉に感銘を受けた人で有名な方にケネディ大統領がいます。何かを成し遂げようとする人は、まずは何かをやろう、やり遂げようという意思のもとに成功しているとわたしは考えます。私も、『為せば成る』の精神で、強い意志をもって何事も取り組んでいきたいと考えております。」

ことわざ

就活で気を付けたい「感銘を受ける」の使い方・志望動機の例文
※画像はイメージです

就職試験では、感銘を受けることわざを聞かれることがあります。ことわざは多数ありますので、そのことわざの意味を知っており、また感銘を受けるほどの何かを与えてくれたことわざを答えなければなりません。例文としては、以下のようになります。
(例文)「わたしが感銘を受けることざわは『虎穴に入らずんば虎子を得ず』です。なかなか実行に移すまでが困難な性格だった私ですが、あるときサークルの部長にならないかと声をかけられました。スキーサークル活動が好きで、いつも出席していたら3年生のときに先輩から声をかけられました。そのときは、そんな大役はわたしにはできないと断ろうとしたのですが、先輩から『虎穴に入らずんば虎子を得ず』と声をかけられ思い切って部長となりました。結局2年近く部長をしたのですが、難しい問題も多々ありましたが、それ以上に得るものが多くあり仲間も増えました。部長をやってよかったというのが感想です。」

就職試験において、例えば趣味に「詩を読むこと」などと書いた場合には、どんな詩が好きですか、感銘を受ける詩は何ですかと聞かれることがあります。ここでは、「感銘を受ける詩は何ですか」という質問の答えとしての例文をみていきます。

(例文)「わたしが感銘を受けた詩は、宮沢賢治の『雨ニモマケズ』です。この詩には、自分の欲や傲慢さはなく、自分はわずかな食料をたべ、人のために尽くし、名誉もなくただただ生きるということがうたわれています。この詩は、一見ただのボランティア精神にあふれた人のようにも思えますが、しかし、人間の本質を突いた詩だと感じました。宮沢賢治が目指したものが、実は人間が最も求める姿なのではないかと。わたしは、ここまでのストイック精神ではいられないですが、こういう人間になりたいと考える宮沢賢治の生き方が好きです。」

四文字熟語

就職試験では、感銘を受ける四文字熟語が何かということも良く聞かれます。就活向きの座右の銘である四文字熟語としておすすめなものが以下になります。
1.一期一会(いちごいちえ):一生に一度と思って対すること
2.粉骨砕身(ふんこつさいしん):骨身をおしまずに、力の限り努力すること
3.一意専心(いちいせんしん):心を動かされず、ひたすら一つのことに心を集中すること
4.初志貫徹(しょしかんてつ):志を曲げず、考えを貫くこと
5.謹厳実直(きんげんじっちょく):極めて慎み深く、真面目で正直なこと

例文;四文字熟語

「わたしが感銘を受けた四文字熟語は、一期一会です。それまでは、誰と会ったとしても特になにも感じることがなかったのですが、ある人に会って考えが変わりました。それは、わたしがバイトしていた塾の塾長です。塾長はいつも『一期一会』という言葉を大事にしており、その言葉のとおり、初めて会う人に対しても丁寧かつ親身になって話を聞きます。そのため塾長は誰からも信頼されていつも慕われる存在でした。それから、『一期一会』は、私の目標の言葉となりました。」

「感銘を受ける」の正しい使い方と注意点

「感銘を受ける」という表現は、「忘れられないほどに深く感動し、心に刻み付ける」という意味で、目上の人に対して使う言葉です。「感銘」と「受ける」という言葉は必ずしもセットでなければならないわけではないため、「感銘を受ける」以外にも「感銘する」「感銘いたしました」というようにも使われます。

目上の人に対して使う言葉

「感銘を受ける」というフレーズは、深く感動した場合などにそのことを相手に伝えるときに使いますが、目上の人に使うフレーズです。目下の者に対しては「感心しました」といいます。

「感銘を受ける」の使い方

では、「感銘を受ける」の正しい使い方についてみていきます。基本的に「感銘を受ける」という言葉は、ポジティブな使い方をし、何か心が動くほどに素晴らしいものに出会ったときや、感動したときなどに使われます。
(例文)
1.「先輩の○○の言葉に感銘を受けました。」
2.「○○社の理念に深く感銘を受けました。」

「感銘に見舞われる」は悲しい気持ちを表す

「感銘を受ける」は深く感動することを意味しますが、「感銘に見舞われる」という表現にすると、悲しい感情を表現する言葉になります。「見舞われる」という表現が、「望んでいないことや、好ましくないことに遭遇する」という意味を持ち、「悲しい感銘に見舞われる」という表現で「感動的ではあるが、深く悲しいことに遭遇する」という意味になります。ただし、この表現はあまり使われるものではないため、頭の片隅にとどめておけば良いでしょう。

「感銘を受ける」の類語

「感銘を受ける」という言葉には、いくつか類語表現があります。ここでは、「感銘を受ける」の類語をご紹介します。

「感銘を受ける」の類語;「感慨深い」

 「感銘を受ける」の類語に、「感慨深い」という言葉があります。「感慨深い」とは「かんがいぶかい」と読み、「感慨」とは「深く心で感じ、しみじみとした気持ちになること、またその気持ち」という意味で、ここに「深い」という言葉がつくことで、「心に非常に深く感じること」を意味します。そのため、「忘れられないほどに深く感動し、心に刻み付ける」という意味の「感銘を受ける」の類語であるといえます。

「感銘を受ける」の類語;「感無量」

「感銘を受ける」の類語として、「感無量」という言葉もあります。「感無量」とは、「感慨無量」の略語表現で、一般的には略語表現である「感無量」が使われることが多いです。「感無量」とは、「かんむりょう」と読み、「感慨が計りしれないほどに大きいこと、またそのさま。」という意味です。

「感銘を受ける」の類語;「琴線に触れる」

「感銘を受ける」の類語に「琴線に触れる」という言葉があります。「琴線に触れる」というと、怒りを買ってしまうことを意味すると考える人が多いです。しかし、「琴線に触れる」とは、本来であれば「心の奥深くにあるものごとに感動し、共鳴しやすい感情を琴の糸に例えて言った言葉」ですので、「深く感動する」ことが本来の意味です。そのため、「琴線に触れる」も「感銘を受ける」の類語表現だといえます。

「感銘を受ける」の意味と使い方をおぼえましょう

いかがでしたか。就職活動において、「感銘を受ける」というフレーズはよく使われる言葉ですので、使い方や注意事項をよく確認して、面接や履歴書などにふさわしい言葉で使えるようにしましょう。

また、「感銘を受ける」は面接などでも使うフレーズですが、多用してしまうとかえって説得力がなくなってしまいます。感銘を受けるということは、ただ感動するだけでなく、人生を変えるほどの深い感動を表すということを覚えておきましょう。

感銘を受ける本は何か、とか感銘を受ける映画は何かなどの質問に対する答えには、自分が本当に感動した本や映画、言葉などを答えるようにしましょう。何も調べず言葉の意味も曖昧なものを答えると、いろいろ突っ込まれたときにボロが出ます。そうなると、かえってあなたの信頼が揺らぎかねないですので、答えには本当に見たもの、きちんと調べたもの、きちんと答えられるものにしましょう。

志望動機や履歴書で損してる?あなたは大丈夫?

「スキルや経歴には自信があるのに、転職活動がうまくいかない」

そのような方もいらっしゃるのではないでしょうか?

もしかして、志望動機や履歴書のせいで落とされているかも!

じつは、履歴書や志望動機は採用の大きな材料となっているんです。なぜなら、企業はすべての人とは面接することができないからです。

履歴書や志望動機が微妙だと、そもそも面接にも進めないこともあるうえに、ネガティブなイメージで面接がはじまることもあります。

「志望動機がしっかり書けているか不安…」「なんとなくそれっぽいように書いてる」

そんなあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。

マイナビエージェントでは、履歴書の添削から志望動機の推敲まで、転職活動に必要なことは何でも相談可能です

もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫!

まずは無料会員登録してみましょう!

Latests