Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

就活でマツエクはあり?目安の本数と長さ・金融/ブライダルの場合

人気のマツエクを就活でつけたい!という方が増えているようです。マツエクは就活でつけても問題がないのか、就活でマツエクを付けるときに気を付けなければいけないことは何か、就活先別のマツエクを付ける際のポイントなどを細かく説明しています。

就活でマツエクはあり?

就活でマツエクはあり?目安の本数と長さ・金融/ブライダルの場合

目元は女性にとって大切なパーツのひとつです。特に目元の印象を決めるまつ毛メイクは多様化していてこだわりを持つ方が多い様です。マツエクもその一つになります。つけまつ毛より自然でまつ毛パーマより目力が出ることから年代を問わず人気があります。

それでは就活にマツエクはしてもいいものなのでしょうか。履歴書の写真や面接のときにはより印象付けたいと思うけど、面接官の印象はどうなの?就活にマツエクが使えたらちょっと自信が持てます。マツエクのことから、就活先別の攻略法まで紹介いたします。

まつ毛メイクのおさらい

就活でマツエクはあり?目安の本数と長さ・金融/ブライダルの場合

マツエクのこと。まつげメイクのこと。長所や短所。就活はどうなのでしょう。改めてここでまつげメイクのおさらいをしながらそれぞれが就活に向くのか、まつげメイクとしてどうなのか?いつものまつげメイクを思い浮かべながら見てみてください。

ナチュラル

いわゆるナチュラルな状態のまつ毛にまつ毛カーラーを使ってカールをする方法です。

長所としてはまつげの状態や見た目がが一番自然ですが、短所としては朝はまつげメイクに時間がかかること、時間がたつとまつげが下がってきてしまう、カールのかけ方を誤るとまつ毛が抜けてしまうなどのトラブルが起きてしまうこともあります。

まつ毛のホットカーラーやまつ毛をしっかり1日あげるマスカラ下地などナチュラル派向けの商品もいろいろ出ています。また、もともとの目元やまつ毛の状態によっては、ナチュラルメイクのイメージが強い就活であっても、ナチュラルのまつげメイクだけでは印象が物足りないという場合もあります。

まつ毛カール

昔からあるまつ毛メイクであるまつげカールですが、根強い人気があるようです。自まつ毛をしっかり根元から上げることができて自然ですが、仕上がりが自身のまつ毛の量や長さ、太さに左右されるため、まつ毛の短い方は物足りなさを感じる可能性があります。

ナチュラルのまつげ同様、もともとの自まつ毛が本数、長さ、太さが物足りないという方、目元の印象が弱い方は就活でもアイメイクがさみしいものになってしまうかも知れません。

つけまつ毛

瞬時にインパクトのある目元を演出できるつけまつ毛。100円ショップでも材料をそろえられる気軽さもあり人気があります。

一方で、接着剤での目元への着脱を毎日行うことからまぶたへの負担が大きく、美容上はまつげメイクの中では一番ダメージのリスクがあります。また、目元に合わせたデザインではなく、既製品を張り付けるため、いかにも付けた感がでてしまうことから、ナチュラルな印象を作ることは難しいかもしれません。

就活においても、一番不向きなまつげメイクと言えます。

マツエク

マツエクはサロンで1本1本まつ毛にエクステを接着していく施術です。ケアに気を付ければ1か月持たせることもでき、時間のかかる朝のまつげメイクも時短が可能!ということで1度始めるとやめられない、という方が多い様です。その方の目元の形に合わせてデザインをすることによって、作りたい印象の目元を作ることができます。

まつ毛にダメージをかけずきれいな目元をつくるには、きちんとした技術を持ったサロンを選ぶことと、自分の目元にあったデザインを選ぶことがポイントです。

就活においては、就活先によってうまくデザインを使い分けることにより、むしろいい力を発揮する可能性があります。

就活の際のマツエク本数

いざ、就活用の履歴書撮影に、面接に、と就活のときは自分の顔や表情の印象がとても重要な割合を占めます。よりよい印象を与えたいところですが、マツエクをつけていってもいいのでしょうか。答えは「○」です。ただ、就活先や自身の目元によって使い分けることが大切です。

つけまつ毛と違い、その方に合わせてカスタマイズできることがマツエクの魅力です。それでは、本数別に細かくみていきましょう。

60本前後

マツエクの本数は両目につけた本数になるので、この場合は片目30本程度になります。60本はナチュラルで、いかにも付けました感が全くなく、自まつ毛の状態を活かしたデザインになります。

■目元の印象は大きく変えたくないけれど、さりげなく目元を演出したい。
■少し、まつ毛の長さを長い印象に変えたい。
■まつ毛の本数自体が少ないため、可能な範囲で無理のないマツエクを楽しみたい。
■マツエクが初めて。

という、こんな方にお勧めです。

まつ毛は本数や太さ、長さが変わると長持ちさせるためのケアも少しコツがいります。最初は扱いやすい本数から始めてみるのもいいです。就活という観点では、つけていることを感じさせない本数であることから問題ないです。

80本前後

マツエク80本くらいからが目元印象を変えることができる本数といわれています。デザインにもよりますが、自分でマツエクを付けた!と満足感を得られるのはこの本数からという方が多いです。目元が普段より華やかにはなりますが、もともとの印象を大きく変える本数ではないので、プライベートでも就活時でもさりげなく目元を演出することができます。

■マツエクを楽しみたい。
■デザインを試して目元の印象を変えたい。
■ナチュラル感はキープしたい。
■TPOを選ばずマツエクを楽しみたい。

という、こんな方にお勧めです。


ただ、デザインによっては就活向きでない目元になってしまうこともあるため、アイリストとしっかりカウンセリングをしてからつけることが無難です。

100本前後

マツエクの本数の一つの目安が100本です。1時間つけ放題だったり、コースで打ち出されているもので「100本」はよく目にする本数です。そして、100本は目元にとてもインパクトを付けることができる本数です。

■目元を大きく見せたい。
■華やかな印象にしたい。
■もともとのまつ毛の本数があり、まつ毛も健康。

こんな方に向いています。マツエクは生えているまつ毛に1本1本装着していくため、そもそもまつ毛の少ない方は難しいです。また、まつ毛が痛んでいたり、細かったりしてもまつ毛がマツエクを支えられないのでまつ毛が重みで下がってしまい、まつ毛に負担をかけるばかりかえって目元を小さく見せてしまうこともあります。

就活という観点では、就職先を選ぶ本数です。明らかにマツエクを付けていることがマツエクをよく知らない採用担当者でもわかってしまいますし、担当者やその企業カルチャーによってはよい印象を与えないことにもなりかねません。

行政機関、金融機関、営業職も業界により、良かれと思ったマツエクが「過度な自己演出」だと捉えられてしまうことがあります。

美容業界やブライダル業界、アパレル販売職、芸能関係など自分の演出がお仕事につながる業界においてはプラスに働くことがありますが、企業により大切にしている企業イメージが異なるので、就活の際にしっかり調べて求められているイメージに合わせてマツエクの本数を含めたデザインをオーダーすることが大切です。

120本以上

就活でマツエクはあり?目安の本数と長さ・金融/ブライダルの場合

芸能人の方で目元の印象が強い方は120本程度を付けているようです。目元の印象を変えるという意味で120本はマツエクの醍醐味といえます。変化はもはやプチ整形レベルです。

■目元の印象を強く、なりたい目元にがらりと変えたい。
■結婚式などイベントがある。
■仕事がら、華やかな目元を作りたい。
■マツエクのケアは慣れている
■毎日のつけまつ毛のわずらわしさから解放されたい。

こんな方にお勧めです。

マツエクのケアについては慣れている方でないと難しいかもしれません。120本は何度かマツエクを付ける中で本数を増やしている方が多いようです。また、120本はもともとの目の形も選ぶ本数です。
目の形によっては、まつ毛の本数に目元が負けてしまいかえって目元を小さく見せてしまうこともあります。

マツエク100本にも増してとても華やかな印象になるため、パーティシーンなど華やかなシーンには向きますが、目元だけが浮いてしまうので一般的なビジネスシーンには向きません。就活においても120本以上は向かない本数といえます。TPOを判断ができないという見方をされてしまう可能性があります。

華やかな業界へ就活をしている方でも、就活の際はマツエクも控えめにし、自分らしさを引き出せるちょうどよい本数で臨むことがベストです。

デザイン

マツエクは本数だけではなく、デザインによっても印象が変わります。就活に向くデザイン、向かないデザインをまとめてみました。お店によってデザインの名称や分け方が違うのですが、こちらでは3つに分けてみました。

すべて同じ長さ

装着するマツエクをほぼ同じ長さでつける方法です。長さや量にもよりますが、目元にインパクトを出すことができるデザインです。ただ、つけまつ毛のように、いかにも付けました感が出やすいデザインでもあります。

就活のようなナチュラルさと目力をバランスよく組み合わせる場合は、マツエク独特の自然な装着感を目指ことが難しいため、不向きです。したがって、就活時は、本数を60本前後、長さも自まつ毛に近い形でデザインするのであれば問題なさそうです。

瞳の部分が長いキュートデザイン

マツエクを瞳の部分が長めになるようグラデーションを付けたデザイン。黒目を強調するので目元を縦長に見せ、ぱっちりとした目元に演出できるため、とにかくパッチリさせたい方にお勧めのデザインです。

さりげなく目元を強調するので、就活のようなフォーマルなシーンにも向いています。したがって、就活でマツエクをする場合には、外すことはない就活向きのデザインといっていい様です。

目じりが長めのセクシーデザイン

マツエクを目頭から目じりに向かって長くしていくデザインで目元を横長に見せたい方には効果的なデザインです。また、目じりのマツエクを少し下げ気味につけるとたれ目のような目元をることができ、女性らしい印象を演出できます。

ただ、下げ気味につける目じりのマツエクはキープが難しいといわれています。取れてしまったり、まつ毛に負担もかけてしまうこともあるようです。さて、就活という観点で考えると、問題はないのですが、目じりをたれ目に作ったり、極端に目じりを強調したりするとフォーマルな印象ではなくってしまいます。

したがって、目じりのマツエクの長さやつけ方のポイントを押さえれば効果的に目元を印象付けることが可能です。

長さ

就活でマツエクはあり?目安の本数と長さ・金融/ブライダルの場合

マツエクをするうえで大切なマツエクの長さです。長いまつ毛は魅力的ですが、もともとの目元の形やまつ毛の状態により、きれいにつけられる、その人に似あう長さは決まってくるといわれています。

そして何より、そこがパーティなのか、就活なのか、ビジネスシーンなのかなどTPOも合わせて考えることが大切です。

また、マツエクは少しづつ長さを変えて自然さを出しながらつけていきますが、今回は一番長いマツエクの長さを就活のシーンにおいてどうか、というポイントで見ていきます。

マツエク8~9ミリ

就活でマツエクはあり?目安の本数と長さ・金融/ブライダルの場合

日本人のまつ毛の長さの平均は6.8ミリだそうです。マツエクを付けるとここから1ミリから2ミリ延びることになります。この長さは目元の印象を大きく変えることなく強調できる長さです。この長さなら、いかにも付けました感もありません。

少し物足りない場合は、お湯でオフできるマスカラを付けてみたり、少し太めのマツエクをオーダーしてみましょう。

マツエク10~11ミリ

インパクトのある目元といわれるのはこの長さからです。マツエクをしていると、マツエクを付けている自分の目元に慣れてしまい、物足りなくなってどんどん長さを出してしまうという人もいるようです。
この長さでつけている人も少なくありませんが、自まつ毛に負担をかけるためずっとこの長さでつけておくことはお勧めできません。

まつ毛がもともと細い人、短い人、傷んでいる人は自まつ毛がマツエクに耐えられない可能性があります。この長さのマツエクを付ける場合は、やわらかい質感のマツエクをアイリストに選んでもらうな目元にやさしいものを選ぶことがポイントです。

就活という観点ではどうでしょうか。マツエクを付けている感が出てしまうこの長さは、全体的につけてしまうことはお勧めできませんが、黒目の上を長めにつけるキュートデザイン、目じりが一番長いセクシーデザインであればナチュラルな印象をキープすることができます。

デザインを選べば、就活でも効果的に魅力的な目元を作ることができます。

金融業界への就職の場合

就活でマツエクはあり?目安の本数と長さ・金融/ブライダルの場合

就活で打ち出したいイメージ

金融機関の就活をする場合に、見た目においてはどのようなイメージを打ち出していけばよりよい印象をえられるでしょうか。

いくつか例を挙げるとしたら、

■清潔感
■信頼感
■個性がですぎていない爽やかな印象

になります。

マツエクを盛りすぎて目元だけが悪目立ちしてしまうことはもってのほかですが、目が小さい、目つきが良くない、など日ごろコンプレックスがあったり、目元の印象を変えることにより明るい印象を出したいなど、マツエクを上手に取り入れることによってより効果的な就活をすすめることができます。

それでは、金融機関の就活に有利なマツエクについてみていきます。

金融機関の就活にお勧めのマツエク

それでは、金融機関の就活向けのマツエクデザインを見ていきます。先程、金融機関に打ち出したいイメージについてまとめましたが、3つすべての印象を服装やメイクでまとめたら、やはり仕上げはアイメイクです。目は口ほどにものを言います。

就活時の面接で、面接官と対話する際には目元はぱっちりと開き、入社したい意思を目力で表現できるとベストです。そういった点から考えると、金融機関の就活では、黒目を一番長くデザインするキュートデザインは黒目を強調して目元をパッチリさせるためお勧めです。

ブライダル業界への就活の場合

就活でマツエクはあり?目安の本数と長さ・金融/ブライダルの場合

就活で打ち出したいイメージ

華やかなブライダル業界。
あくまで主役は花嫁なので、目立ちすぎることはNGですが、パーティの演出上、きちんときれいに施されたメイクも大切だといわれています。

ブライダル業界で求められるイメージは

■女性としての美しさを表現している
■主役ではないもののきちんとメイクができること
■女性としてのやさしさ

です。

ポイントは印象を強くなりすぎないようにすることです。優しい、やわらかい印象を出していくようにしていくことが大切です。

ブライダル業界の就活にお勧めのマツエク

ブライダル業界の就活にお勧めのマツエクデザインを見ていきます。先ほど挙げた3点から考えると、本数については、80本くらいでも問題ない様です。ただ、デザインがマツエクの長さが全部同じだと目元が強調されすぎてきつい印象になる可能性があります。

ポイントだった優しい印象を作るには、目じりが一番長いセクシーデザインを選ぶと、目を横長にみせるため、有効です。

黒目の上が一番長いキュートデザインは、めが縦に大きい方、もともと目元がぱっちりして目力がある方は、就活時には印象が強すぎる目元になる可能性があるのでアイリストに相談をしてみたほうがいい様です。

そういった点から考えると、ブライダル業界への就活では、本数は80本とやや多め、優しい印象の目じりが一番長いセクシーデザインがお勧めです。

お勧めのカールの形

就活でマツエクはあり?目安の本数と長さ・金融/ブライダルの場合

マツエクはカールの強さよって種類が分かれています。長さだけでなく、カールの強さを使い分けることによって目元のの印象を変えることができます。

日本人はまつ毛のカールが強くないので、常に上向きまつ毛なのは朝のメイクの時短にもなりうれしいものです。ただ、就活先などによってカールは変えたほうがいい様です。

それでは就活先別にお勧めのカールを見ていきます。

金融機関の就活にお勧めのマツエクカール

金融機関に向くマツエクデザインは、黒目の上が一番長くなるキュートデザインがお勧めです。キュートデザインは黒目を強調してパッチリとした目元を作り、黒目の上のマツエクはきゅっと上にあがったやや強めのカール、Cカールを選びます。

もっと強いカールでDカールというものもありますが、カールがきついマツエクは扱いが難しいといわており、ケアが良くないと外れてしまったりするようです。

金融機関の就活にはCカールで、ぱっちり目元を作りましょう。

ブライダル業界の就活にお勧めのマツエクカール

就活でマツエクはあり?目安の本数と長さ・金融/ブライダルの場合

ブライダル業界の就活にに向くマツエクデザインは、目じりが一番長いセクシーデザインです。

優しい印象を表現したいのでここでは、あえてぱっちり目元ではなくやわらかめのJカールを選びます。
目元の形によりCカールを組み合わせるのもアリですが、目じりはカールをきつくしないことがポイントです。

目元が強くなりすぎることによって、冷たい印象となってしまう場合があります。ブライダル業界の就活ではJからCカールを上手に組み合わせて優しく女性らしい目元を作りましょう。

マツエクはTPO

マツエクを上手に使った就活は可能なことが分かりました。今や、マツエクはアイメイクの定番です。デザインや材料も豊富なので、就活先によって使い分けるもよし、定番のナチュラルなデザインで万能に乗り切るもよしです。マツエクが浸透してきた一方で、まつ毛を痛めてしまう方も多い様です。

印象的な目元を作るためのマツエクが目元にダメージをあたえてしまっては意味がありません。しっかり技術や知識のあるアイリストに相談すること、クレンジング料はノンオイルのものを使い、マツエクにオイルがかからないようにすること、まつ毛美容液を使用してまつ毛に栄養を与えることです。そして、マツエクは定期的に外して、自まつ毛を休ませましょう。

就活やデイリー、パーティシーンも自まつ毛がないとまつえくは付けられないのです。TPOで使い分けて、マツエクで目元の魅力をアップしていきましょう。

タダでご飯を食べるだけで内定ゲット?!

「スーツを着て、会社説明会へ」
もうそんな就活スタイルやめませんか?

自己PRを書いて、あとは待つだけ。
そのあと、企業からスカウトメールが届いて、美味しいお肉を食べながら、就活相談をして、内定をもらう。

こんな就活憧れませんか?
そんな憧れの就活ができるのが最近CMでもお馴染みのビズリーチが提供するニクリーチ!

掲載企業数も100社以上あり、実績も十分です。
今すぐ登録して、お肉も内定もゲットしましょう!

Latests