Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月18日

証明写真のコツ|表情/服装/免許証/パスポートなど

今日から早速使える証明写真撮影のコツや、証明写真を撮影する上での大事なコツとポイントを詳しくご紹介します。証明写真機の最新除法と、免許証やパスポート、履歴書や就活に必要な写真撮影のコツも同時にご紹介していますので、ぜひご覧ください。

今さら人に聞けない!〇〇のコツ

証明写真のコツ|表情/服装/免許証/パスポートなど

あなたは今さら聞けないことってありませんか。私たちの生活には、当たり前すぎて聞けないことが意外と多いですよね。例えば「敬語の基本」や「名刺交換のマナー」など、特にビジネスに関わることは他人に聞きにくいはずです。

今日はそんな悩みの一つ、「証明写真のコツ」についてお話します。私たちは何気なく撮影していますが、誰かが親切に証明写真のコツを教えてはくれません。

例えば、数年間にも渡って同じ証明写真の免許証を使うのに、証明写真撮影に納得いかなかった経験ないでしょうか。次に更新するのは何年も後なのに、証明写真の仕上がりに不満を感じた方も多いはずです。

今回のテーマは証明写真のコツ

証明写真のコツ|表情/服装/免許証/パスポートなど

多くても、年に数えるほどしか撮影しない証明写真ですが、撮影のコツがあるって知っていましたか。表情が硬くなってしまったり、「どんな服装や髪型で撮影したらいいのだろう」と、分からなくなってしまうこともあります。

自分で撮影した証明写真を免許証に使いたいという人は、撮影のコツを知った上で用意した写真を免許センターに持っていくと、納得のいく免許証になるでしょう。

特に身分証明書に載る証明写真は何でもいいわけではありません。せっかく何年も使用するのですから、証明写真を撮影する上でのコツやポイントを押さえておきましょう。

今回は証明写真のコツでけでなく、証明写真に関する情報も一緒に紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

どんな時に必要?証明写真

証明写真のコツ|表情/服装/免許証/パスポートなど

証明写真は日常で使用する大事なものなので、自分の表情をできるだけよく見せたいものです。まずは証明写真はどのようなときに使われるのか、改めておさらいしてみましょう。既存の情報ですが、最初におさらいをすることで撮影のコツがみえてきます。

免許証

証明写真のコツ|表情/服装/免許証/パスポートなど

先ほど冒頭に挙がった運転免許の証明写真。免許証の発行や更新の際に一緒に写真撮影されますが、免許センターでは事務的に処理され、あっという間に撮影されて終わってしまったっていう経験はないでしょうか。

様々な窓口で身分を証明するのに使用するのですから、証明写真の出来に納得がいかないのも無理はありません。免許証の証明写真は事前に持ち込み可能なので、今回ご紹介する証明写真のコツやポイントを知って上手に撮影できれば、あなたが納得にいく免許証になります。

ただし、持参の証明写真で免許証を作成する時は、あなたが住んでいる都道府県によって発行できる場所が決まっており、また、持参の証明写真には条件がありますので、事前によく確認してください。

パスポート

証明写真のコツ|表情/服装/免許証/パスポートなど

証明写真の活用先として、免許証と同じぐらい大事なパスポートがあります。出入国するのに身分を示す大事な証拠となる上、きちんとした証明写真の提出が求められるのです。

パスポートには5年用と10年用がありますが、特に10年用のパスポート写真だと時間が経った時にあなたの印象が変わってしまう恐れがあります。

今回ご紹介する証明写真のコツをできるだけ覚えて、正しく撮影した写真を使うのが良いです。また、表情や身だしなみなどのコツを確認して、10年後の自分のためにも失敗や後悔のない証明写真を撮影しましょう。

なお、運転免許証の証明写真は縦30mm×横24mmですが、パスポートの証明写真の規格は縦45mm×横35mmと異なるので注意しましょう。

マイナンバー

証明写真のコツ|表情/服装/免許証/パスポートなど

使用目的にもよりますが、証明写真は一度に5~8枚で印刷されます。しかし、証明写真が必要なのはほんの数枚で、余らせてしまったことはないでしょうか。

特にパスポート取得用に撮影した証明写真は、なかなか使い道ありません。そんな時はマイナンバーカードに利用するのも一つの手でしょう。パスポートの証明写真サイズと同じく、縦45mm×横35mmだからです。

また、マイナンバーカードの写真は、20歳以上の人は10年に一度の更新なので、ぜひとも仕上がりの良い証明写真を使いたいものです。また、最新の証明写真機では交付申請書を必ず持参すれば、その場で直接交付申請ができます。

履歴書

証明写真のコツ|表情/服装/免許証/パスポートなど

就職やアルバイト・学生証など、若い時から様々な場面で証明写真が使われています。一般的な履歴書に使用する証明写真は、パスポートや免許証と違って縦40mm×横30mmです。

証明写真機の良いところは、証明写真の規格に合わせて撮影できるところでしょう。あらかじめ用途に合わせて選択しているので、分かりやすくて安心です。自分で調べる手間も省けるのが便利です。

また、就職活動の際にはあなたの印象が証明写真で決まっても過言ではありません。一般的には爽やかで好印象の人物が好まれるので、それに即した証明写真を提出したいものです。

今回ご紹介する情報の後半は就活生に向けた撮影のコツが多いです。就活の時の証明写真のコツは後ほどご紹介します。

どこで証明写真が撮影できる?

証明写真のコツ|表情/服装/免許証/パスポートなど

あらゆる場所に合わせて使用する証明写真ですが、証明写真機が身の回りにどれだけあるか把握していますか。意外と気付かない場所にるものです。

あなたの最寄りの駅や通学・通勤の道でも立ち寄れるよう、あらかじめ下調べしておくことをおすすめします。

また、これからご紹介するサービスは証明写真を撮影する上で、「仕上がり重視」と「手軽さ重視」に分けてお伝えします。どちらをメリットととるかはあなた次第です。

断然プロ派!証明写真の仕上がりにこだわりたい

証明写真のコツ|表情/服装/免許証/パスポートなど

「プロの撮影のコツに頼る」という方はいつもより少し奮発して写真を撮影してみませんか。下でご紹介するお店は一例ですが、証明写真の仕上がりは保証されます。

時間を気にせずプロ仕上げ!写真現像・カメラ販売店

下記のプリントサービス・カメラ販売店は予約がいらないので、あなたの空いた時間にお店に立ち寄り、その場で撮影可能です。時間を気にして行動する心配がないのが嬉しいメリットです。

証明写真撮影のコツを伝授してもらえたり、アドバイスや取り直しもできますので、納得の写真が撮影できます。

また、こちらのサービスでは撮影データを要望に合わせて加工でき、肌質を整えた上でマットプリントしているそうです。追加料金で履歴書に貼りやすいシール加工もできます。

通常の証明写真機と違って、お店によってはリラックスした状態を促してくれたり、今後に使える撮影のコツも教えてもらえるかもしれません。

写真のプロが伝授。フォトスタジオ・写真館

セルフサービスの証明写真機や他のサービスを利用したけど、結局気に入らない時は確実にきれいな証明写真を撮影してみませんか。写真のコツは撮影のプロに任せましょう。

フォトスタジオや写真館はセルフサービスより何倍もお金がかかるし、オプションやサービスにこだわれば証明写真が届くのに何日もかかります。

余裕をもった時間が必要ではありますが、出来あがった証明写真はセルフサービスより、抜群に仕上がりが違います。

お店によっては優れたカメラマンが在籍し、表情のコツを伝授してくれ、何度でも取り直し可能です。また、レタッチ(髪の毛やシワなどを自然な範囲で修正すること)や高品質なプリントをしてもらえます。興味のある方はフォトスタジオ・写真館に問い合わせてみましょう。

手軽に撮影したい!時間短縮もねらう

証明写真のコツ|表情/服装/免許証/パスポートなど

「やっぱりお金と時間がかけられない」とお考えのあなたは、自分で証明写真のコツを押さえて街角にある証明写真機でセルフ撮影しましょう。証明写真機は普段は意識しないだけで、街のあちらこちらに設置されています。

スーパー・ホームセンターで手軽に

証明写真のコツ|表情/服装/免許証/パスポートなど

「近所のスーパーに設置された証明写真機で、お買い物前にさっと撮影する」というのも時間の有効活用です。就活帰りで一人暮らしの学生さんは、次の面接提出用にスーパーのお手洗いで身だしなみを整えた後撮影して、夕食の買い物をするという方もいるでしょう。

以下でご紹介する証明写真機製造メーカーの設置場所検索を活用しましょう。お住いの地域や通勤・通学などよく使う経路のどこにあるのかチェックしておくと、いざ証明写真が必要な時に慌てずに済みます。

家族連れでもOK!ショッピングモール

証明写真のコツ|表情/服装/免許証/パスポートなど

家族連れでお買い物や遊びに行った場所にも、証明写真機は設置されています。「証明写真を撮影したいけど、それだけのために出かける時間はない」という方や、「何かの用事と一緒に撮影しようかな」という方におすすめです。


お子さんのいる家庭や、忙しい方でも、家族に少しの時間だけお子さんを見てもらって、その間に撮影することも可能です。証明写真機は撮影からプリントまでのスピードの速さが抜群です。

ドラッグストア・書店のついでに

証明写真のコツ|表情/服装/免許証/パスポートなど

店内に設置されていなければ、24時間撮影可能なのが証明写真機です。あなたの最寄りの駅の周辺にはドラッグストアや書店が結構あるはずです。お買い物途中に「急に証明写真が必要になった。どうしよう」と困っても心配いりません。

家に帰ってさっと身支度をして、すぐ撮影ができるのが証明写真機の魅力です。また、証明写真機はフォトスタジオや写真館と違って敷居も低いですし、手間をかけずに撮影できるのが一番という方もいるでしょう。

近くのコンビニで簡単!

証明写真のコツ|表情/服装/免許証/パスポートなど

私たちの暮らしの一番身近にあるのがコンビニエンスストアに設置されている証明写真機ではないでしょうか。「肝心な時に限って証明写真機が見つからない」というイライラも解消できます。

コンビニに併設された証明写真機も便利なのですが、下記リンク先でご紹介するサービスは、コンビニだからこその機能を兼ね備えています。なんと、3枚たった200円で証明写真がプリントできるというメリットがあるのです。

また、面倒な会員登録もアプリのインストールも不要、夜間にも対応できるので、特に就活中の学生さんには魅力的なサービスではないでしょうか。事前に準備して撮影した写真をプリントしてくれるサービスなので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

ここまで来た!証明写真機の進化

証明写真のコツ|表情/服装/免許証/パスポートなど

これまでの証明写真機ってどことなく堅苦しい古さや薄汚れたイメージを感じませんでしたか。証明写真を撮るときのコツも知らずに表情もこわばっていたなら、なおさら印象の悪い写真になります。

しかし、最新の証明写真機は以前の機種と比べて随分とグレードアップしています。もうご存知の方もいるかもしれません。男性にとっても大変画期的で、撮影のコツも機械任せにできるかもしれません。

男性の美肌機能も?

美肌機能は女性のものだと思っていませんでしたか。少し前に撮影したデータを修正してくれるサービス(レタッチ)のことに触れましたが、最新の証明写真機にもその機能が追加されています。

下記リンク先でご紹介する最新機種は、色白男性でも活力のあふれた褐色の肌に微調整してくれるのです。もちろん女性も美肌効果やシミやクマをレタッチしてくれたり、背景も目的や用途に合わせて自由に選べます。

この後にご紹介する撮影のコツさえ覚えれば、機械の操作も簡単で、思いのままの撮影ができるでしょう。

お近くに下記の機種があればぜひ試してみてはいかがでしょうか。「これまでの証明写真機って何だったんだろう」と違いが分かっていただけます。また、シールプリントにもできる機能もあるのでおすすめです。

スマホ対応

そして、こちらの機種に搭載されている対応機能を使えば、お持ちのスマートフォンと連動してさらに充実した使い方ができます。

例えば、就活中に「証明写真がすぐに足らなくなって撮影したいけど、スーツを着直すのは手間がかかる」、「この前の写真はよく撮れていたから、もう一度この写真で提出したい」という希望に応えることができます。

専用のアプリをダウンロードすれば、証明写真機で撮影したデータをスマートフォンで保存でき、再プリント可能です。また、web上で就活登録サイトに使用する写真を、スマートフォンに保存したデータから使うということもできます。

ここでご紹介した証明写真機は、就活生の強い味方になることでしょう。さあ、いよいよ証明写真のコツをご紹介します。

証明写真のコツってあるの?

証明写真のコツ|表情/服装/免許証/パスポートなど

お待たせしました。ここからは本題の証明写真のコツについてご紹介します。中には「証明写真のコツって言っても撮影できたら何だっていいのでは」という方もいるかもしれません。

しかし、そのコツを知っているのとそうでないのとは写真の仕上がりが明らかに違います。今が証明写真撮影を見直すいい機会です。それではそのコツを見ていきましょう。

証明写真を取る際のコツ

証明写真のコツ|表情/服装/免許証/パスポートなど

証明写真を撮るときのコツは簡単に言って「表情」・「服装」・「髪型」の3点です。それぞれの項目において、押さえておきたいコツやポイントをご紹介します。

証明写真に関わらず、ビジネスやリクルートの世界で役に立つコツも兼ねていますので、学生の方はご参考ください。

表情のコツ

証明写真のコツ|表情/服装/免許証/パスポートなど

男性のコツ

証明写真のコツの一つ目は、「表情に気を配る・意識を向ける」ということです。例えば、真顔でぶっきらぼう、もしくは無表情というのは、写真を見た相手に暗い印象を与えてしまって、あなた自身が大きく損をしています。

証明写真は小さいから大丈夫と思っていても、採用担当者は大勢の就活生の書類を比較・検討するのですから、結構ばれてしまいます。

また、男性は職種にもよりますが、基本的にはさわやかでやる気に溢れた印象を与えるのがいいでしょう。そういう人物像はどこへ行っても好まれます。

さらに、姿勢の悪さや目力がないというのは、ゆくゆくはクライアントにも信用されにくいです。写真でやる気を伝えるためには、いつもより目に力をグッと入れるのがコツで、目に意識を向けてみましょう。

あごの上がり過ぎは服装で直せる!

他にも男性によくあるパターンであるあごの上がり過ぎは、高圧的で人格がだらしないというふうに見えてしまいます。それを解消するのにはコツがあります。

スーツやネクタイをきっちり身につけていれば、首元が締まってあごが下がり、未然に防げることです。この後にご紹介する、服装のコツもぜひご覧ください。

また、男性が証明写真を撮影する上で気が回らないポイントが、顔の過度のてかりです。男性の中にはスキンケアを重視していない人もいるかもしれませんが、エチケットでもあり、就活での印象に関わります。これも解消できるコツがあります。

油脂分が気になる方はあぶらとり紙を携帯しておくのがコツです。時々、証明写真には顔のてかりが反映されることもあるので、撮影前には鏡で確認しておきましょう。

女性のコツ

女性は口元の口角位置で写真の印象が随分と違って見えますので、にこやかに笑うのがコツです。しかし、歯をむき出しにするほど笑ってもかえって清楚でない印象を与え、リクルートには向いていません。少し微笑むくらいがちょうど良いでしょう

また、あごの引き過ぎには要注意です。日常でSNSサイトに写真を投稿する際、セルフィー(自撮り写真)など個人で楽しむ写真ならいいのですが、証明写真においてのあごの引き過ぎは相手に媚びるような印象を与えます。女性に時々見られる傾向です。

また、就活の際の証明写真でのメイクのコツは後ほどご紹介しますが、とにかく流行を追った派手で華美なメイクはしてはいけません。日本の社会人は清潔さに重きが置かれます。アイメイクやリップメイクを意識するのがコツです。

服装のコツ

証明写真のコツ|表情/服装/免許証/パスポートなど

服装の乱れは心の乱れ?

証明写真のコツは服装といってもいいでしょう。表情や髪型がリクルート向きの状態でも、服装のコツを押さえていなければ、就活などではまったく意味のない写真になります。

特に男性に多いのがネクタイの緩みとTPOをわきまえない色のネクタイを選ぶことです。ネクタイ選びに自信のない方は、恥ずかしがらずにお店の方にアドバイスしてもらいましょう。また、シャツのボタンは上まで閉まっているでしょうか。襟元も確認するのもコツです。

なお、あなたの体のサイズに合わないスーツやシャツはかえってだらしなく見えてしまうので、首周りはお店で測ってもらってから購入しましょう。

身につけるものの手入れをしよう

ここで一緒にご紹介しますが、身につけているシャツはしっかりアイロンがかかった状態でなければなりません。よれたり、ほころびた服装は、あなたの生活の質の悪さの表れと捉えられてしまいます。

また、ネクタイの結び目がしっかりとできているかも大事なコツです。苦手な人は何度も練習したり、社会人経験の長い人に教わりましょう。就活の際には、細かな部分にどれだけ注視できるかが重要となってきます。

髪型のコツ

男性の髪型

髪型のコツの一つは、若い男性にありがちな流行の髪形を控えることです。整髪料を使ったツンツンと毛先が立った髪や、頭の横を刈り上げたり、パーマをあてている髪では、当然のことながら状況や空気が読めていない人物と受け取られます。

逆にぼさぼさで寝癖が付いた髪型も避けるべきです。前髪が目にかかるほど長いのも不潔な印象を与えます。

女性の髪形

目に前髪がかからず、流行りの耳横に髪の一部を垂らすこともいけません。基本は髪の毛があまり顔にかからないようにしましょう。ロングヘアの人は一つに束ねると真面目できっちりとした印象になります。

以下のホームページに「服装と髪型」の参考例がありますので、ご覧ください。

免許証・パスポート・就活の証明写真のコツ

証明写真のコツ|表情/服装/免許証/パスポートなど

さらに、状況に合わせた証明写真のコツやポイントを詳しく押さえましょう。それぞれの証明写真の「ここに注目」というコツやポイントをお伝えします。

免許証は規格と条件に注意!

「わざわざ証明写真機で撮影しなくても、自分で撮影するから大丈夫」と言って、自分で撮影した写真を持っていく方もいるでしょう。

しかし、免許証に使うことができる写真には条件があるので、持参した当日に結局使えないこともあります。例えば次のような条件です。

免許証に使用する写真条件例

・申請前6か月以内に撮影したものであること
・帽子やサングラスを身につけず、背景がない状態で正面を向いた写真であること
・上半身の胸から上が写ったものであること
・写真の大きさが縦30mm×横24mmのものであること
・写真の裏面に氏名と撮影年月日を記入したものであること
・頭がきれていない。
・写真画像に傷や汚れがなくはっきりとして、個人を特定・識別ができるものであること

せっかく撮影した写真でも、基準を満たしてない場合は撮り直しを要求されます。これらの条件に当てはまっているかどうか、しっかり確認をしてください。念のために、あなたがお住まいの都道府県の警察署ホームページもよく参照してください。

パスポートは写真のサイズを確認

どんな証明写真でも最低限のコツは言うまでもなく、写真サイズの規格を守ることです。パスポートの写真サイズは国際的な標準に基づいて定められています。

先述した通り、渡航先での出入国審査をスムーズに行うために必要不可欠なので、適正な写真の撮影と提出が求められます。免許証と同じくパスポートもいくつも条件があります。下記の条件やリンク先をチェックして何度も確認しましょう。

また、乳幼児など自分で座って撮影することが困難な人の写真の場合、無地で色味のない布に寝かせて、上から撮影してもかまわないようです。

パスポートに使用する写真条件例

・申請者本人を6カ月以内に撮影したもの
・正面を向いて、帽子やサングラス、カラーコンタクトレンズなどを使用していないこと
・縦45mm×横35mmカラー
・鮮明でピントが合っており、明るすぎず影のない適切なもの
・髪の毛で顔の輪郭や目が覆われていないこと
・証明写真に汚れや傷がないこと、適切な解像度であること
・歯をむき出しにするような表情などは避け、通常の顔を認識できる写真であること

外務省による写真のための条件によると、著しく本人が確認できないものは通りませんが、自然と経年変化してしまうものは黙認されるようです。例えば長年で変化する髭や頭髪などは顔の形状に比べて重視される度合いが低いのだそうです。

上記以外に他にも詳細な条件がありますので、詳しくは外務省のホームページをご覧ください。

就活女子はメイクを控えめに!

先述した就活の際、女性が証明写真を撮影する上で注意するメイクのコツについてです。就活時のメイクは若く健康的で、明るく清潔な印象を求められます。最近流行中のアイメイクやリップメイクは華美なので、就活には向いていないのは当然のことです。

また、撮影の時はリラックスしつつもきりっとした表情がコツです。緊張して硬くなり、力が入り過ぎていると写真にそれらが写ってしまいます。ご自宅の鏡の前でできるだけ自然な表情が出せるよう、トレーニングするのもおすすめです。

証明写真のコツを掴んで早速撮影してみましょう!

証明写真のコツ|表情/服装/免許証/パスポートなど

いかがでしたでしょうか。今回は証明写真の基本情報と併用できるサービス、コツやポイントなどをご紹介しました。今日から早速使える撮影のコツや、証明写真を撮影する上での大事なコツがお分かりいただけたでしょうか。

また、今回ご紹介した最新の証明写真機を試してみたり、お金と時間をかけて最高の証明写真を撮影するのも素晴らしいでしょう。また、新しいサービスを上手に取り入れるのも大事なポイントです。それぞれのメリットをあなたがどう選ぶかで、これまでの証明写真の仕上がりを劇的に変えるでしょう。

今回を機に身分を証明したり、就活や面接での書類に大事な証明写真のコツをもっと活用していきましょう。

Latests