Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月11日

リクルートスーツと各種スーツの違い・代用可能なものはどれか

社会人になる前に学生が行う就職活動に欠かせないのが「リクルートスーツ」と呼ばれるスーツです。シンプルなスタイルのスーツですが、他のスーツと何が違うのでしょうか。今回はリクルートスーツと普通のスーツの違いをくわしくご紹介いたします。

リクルートスーツとどこが違う?

「リクルートスーツ」という言葉が世間で使われるようになったのは1970年代頃からと言われています。アパレル関連の小売業界では年間通して季節や年間のイベントに合わせたスーツスタイルを提案しています。

その中でも就職活動をはじめる学生を顧客ターゲットとし、就職活動に適したスーツスタイルとして売り込んだスタイルが「リクルートスタイル」と名付けられました。その後もアパレルや小売業界では定番の言葉となり、現在にいたります。

では就職活動に適したリクルートスーツとその他のスーツの違いはどこにあるのでしょうか。さまざまなスーツスタイルと比較しながら見ていきましょう。

普通のスーツ

ビジネススタイルとして広く一般的に使われているスーツといえば、2つボタンのセットアップスーツです。スーツスタイルの中では定番のスタイルで、幅広い世代が着用しているスーツスタイルです。

2つボタンのセットアップスーツはリクルートスーツとしても着用ができます。リクルートスーツの基本は、ベーシックなカラーとシルエットが重要です。2つボタンスーツの場合、スーツのスタイルはベーシックなのでリクルートスーツとして活用しても問題ありません。

スーツとの違いは色とデザイン

リクルートスーツと普通のスーツの違いは、スーツの色やデザインです。リクルートスーツはブラックやネイビーなどのダーク系カラーのスーツが中心ですが、ビジネススタイルで着用するスーツはデザイン性の高いスーツや生地に光沢あるものなど、さまざまなデティールのスーツが存在します。

リクルートスーツの場合は華美な服装はNGとされているため、普通のスーツと比べるとリクルートスーツの方が地味で控えめな印象を受けるでしょう。

喪服

日本ではお葬式や法事の際に着用する服装のことを「喪服(もふく)」と呼びます。ブラックを基調としたセットアップのスーツが基本で、百貨店や専門店ではフォーマル売場などを設けて冠婚葬祭用のスーツを販売しているところが多い傾向にあります。

喪服で使用するブラックスーツとリクルートスーツの違いは何でしょうか。リクルートスーツとの違いは2つあります。

喪服の生地と色が違い

1つ目の違いはスーツの生地と色です。ブラックといっても生地によって色の見え方が違います。喪服の場合、スーツの生地の色は漆黒のような黒で光沢などが一切ないのが基本です。

リクルートスーツの場合は、少し白っぽい黒や青みの強い黒など漆黒のような黒を使用していないことが多い傾向にあります。また喪服と比べて光沢感のあるスーツ生地が多いため、喪服とと他のスーツスタイルの違いをしっかり認識しましょう。

喪服のシルエットの違い

2つ目はスーツのシルエットです。喪服はシングルとダブルの両方のシルエットがあります。シングルとは一般的なスーツスタイルのように前開きのジャケットをボタンで閉めるタイプのスタイルをいいます。ダブルとは、ジャケットの前身頃を重ねてボタンで閉めるスーツスタイルです。

リクルートスーツの場合はダブルスーツの着用は基本的にNGとされています。シングルタイプのスーツが基本のシルエットなので、その点でも喪服とリクルートスーツの違いは顕著です。

礼服

礼服とは結婚式やお葬式などのフォーマルな場で着用する服装の総称を表します。お葬式で着用する「喪服」は礼服の一種で、結婚式で着用する礼服とは着こなしが違います。

結婚式での礼服も喪服と同じくスーツの色は黒が基本です。リクルートスーツのような光沢のあるような生地や青っぽい黒の色めは礼服とは違い、フォーマルなスタイルには適していません。

また結婚式での礼服はリクルートとは違い、ネクタイの色や付属品が異なります。結婚式での礼服は白のネクタイが基本です。リクルートスーツのようなレジメンタル柄などのネクタイは正式な服装にNGとなります。

また結婚式の礼服では、胸元にチーフをさし、華やかな服装が好ましいとされています。リクルートスーツではチーフをさすようなことをしないため、礼服とリクルートスーツでは着こなしが違いを認識しておきましょう。

フォーマルスーツ

フォーマルスーツとは洋裁の礼服を表します。洋裁の礼服とは時間帯によって服装や着こなしが違います。

朝から昼にかけてのフォーマルスーツと呼ばれているのが「モーニングコート」です。モーニングコートとはジャケットの前裾が斜めにカッティングされており、背中の下部にベント(切れ目)がないジャケットを着用します。スラックスはブラックとグレーのストライプ柄が基本のスタイルです。

結婚式の新郎新婦の父親や首相がフォーマルな式典に参列する場合などに着用される服装です。モーニングコートはフォーマルスーツの中でももっとも格式の高いスタイルと呼ばれています。

リクルートスーツとの違いは明確

夜に着用するフォーマルスーツは日本語では「燕尾服」、英語では「Tailcoat」と呼ばれています。ジャケットの前身頃が短く、ウエストの辺りでカットされています。ジャケットの後ろはお尻を隠すほど長い丈で、燕の尻尾のような形です。燕尾服はリクルートスーツとは違いジャケットの形が特徴的です。

フレッシャーズスーツ

フレッシャーズスーツとは英語の「Freshman」が語源とされており、1年生という意味を表します。日本で呼ばれる「フレッシャーズスーツ」とは、新社会人に向けたスーツスタイルのことを呼ぶことが多く見受けられます。

フレッシャーズスーツとはスーツを販売する小売やアパレル業界が名付けたもので、新社会人に向けたシンプルで清潔感のあるスーツスタイルのことです。フレッシャーズスーツはリクルートスーツと同じくシンプルなデザインのスーツが特徴的です。社会人1年目は何事も見習い期間のため、華美な服装や着こなしはタブーとされています。

新社会人の中には就職活動で着用していたリクルートスーツを通勤時に着用する人もいるので明確な違いはありません。ブラックやネイビーなどのダーク系カラースーツで、シンプルなデザインであれば就職活動から入社時まで長く活用できます。

ビジネススーツ

ビジネススーツとは仕事で着用するスーツスタイルのことです。一般的なビジネススーツは2つボタンセットアップスーツが一般的ですが、その他にも3つボタンのスーツを着用する方もいます。3つボタンスーツの方が2つボタンのスーツと比べて首周りのVゾーンが狭く、スーツのシルエットも細身のものが一般的です。

リクルートスーツにおいても2つボタンや3つボタンのセットアップスーツを着用します。ビジネススーツとリクルートスーツの明確な違いはありませんが、ビジネススーツでは生地に光沢のあるスーツやデザイン性の高いスーツを着用する方もいます。その点、リクルートスーツは無地や薄めのストライプ柄スーツが基本となるため少しスタイルに違いがあるといえるでしょう。

リクルートスーツとの併用可能

リクルートスーツを仕事着としても着用可能です。フォーマルなスーツとは違い明確な区分はありませんので、ブラックやネイビーなどのベーシックカラーを基調とした無地のスーツを選べば、リクルートスーツからビジネススタイルまで幅広く活用できるでしょう。

入学式のスーツ

4月は学生生活の新たなスタートを迎える季節です。入学式で着用するスーツはリクルートスーツと明確な違いがあります。それはスーツのデザインと色です。

特に女性の場合、リクルートスーツとは違い入学式のスーツはホワイトやライトピンクなど明るめの色を選ぶ傾向にあります。入学式に出席する本人か家族かによってもスタイルは異なりますが、ショート丈のジャケットにスカートを合わせたセットアップやジャケットとワンピースのデザインが異なる組み合わせなど、華やかなスタイルが入学式にはおすすめです。

リクルートスーツは入学式でもアレンジ可能

リクルートスーツのようなベーシックなカラーのスーツで入学式に出席する方もいます。特に男性の場合は、ブラックやネイビーなどの無地のスーツセットアップに明るめのネクタイを合わせれば入学式のスタイルとしても楽しむことができます。入学式は華やかなスタイルが好まれるので、ポケットチーフやラペルピンを付けるなどしておしゃれに着こなしましょう。

成人式のスーツ

20 歳になる成人をお祝いする日といえば「成人式」です。成人式の服装は、女性は振袖の着物スタイルで艶やかな服装をよく見かけます。男性の場合は、女性のスタイルと’違い袴とスーツスタイルで半々に分かれるところが多い傾向にあります。

男性が成人式に着用するスーツとリクルートスーツの違いは明確にはありません。しかし、成人式はお祝いイベントのためリクルートスーツよりも明るいカラーのスーツを選ぶ方もいます。グレーの光沢感のあるスーツや明るいネイビーのスリーピースなど、パーティースタイルでは人気のスタイルです。

リクルートスーツはブラックやネイビーのダーク系カラーが基本となります。成人式だけのためにスーツを購入するのはもったいないと感じる方は、無地のスーツを購入し、成人式用の明るいカラーのネクタイを合わせてコーディネートするといいでしょう。

値段の比較

リクルートスーツと各種スーツの違い・代用可能なものはどれか

リクルートスーツは就職活動中だけ着用すると考えている方は比較的リーズナブルなリクルートスーツを選ぶことが多い傾向にあります。路面にある格安スーツ専門などであれば20.000円から30,000円前後でリクルートスーツを購入することが可能です。

おしゃれなリクルートスーツを購入したい方はブランドやセレクトショップで購入することをおすすめします。その場合はスーツの金額もブランドによって異なります。ブランドショップであれば50,000円から80,000円前後のものがおすすめです。生地の違いやブランドによって高額なスーツ’もありますので色々なブランドを試着してみるといいでしょう。

見た目で似ているスーツは?

就職活動のためだけにリクルートスーツを購入するのはもったいないと感じる人も多い傾向にあります。リクルートスーツのビジネススーツの違いは明確な区分けがありません。シングルタイプのスーツで、ブラックやネイビーなどの控えめなカラーを基調としたデザインを選べば就職活動以外にもさまざまなシーンで活用できます。

たとえば、ネイビーのスーツであればリクルートスーツからパーティースタイルまで幅広くコーディネートが楽しめます。ネイビーのスーツはブラックスーツとは違い少しカジュアルな印象を与えるカラーです。そのため、パーティーなどではシルバーやブルーなどの明るいネクタイを組み合わせることで華やかなパーティースタイルとしても着こなすことができます。

リクルートスーツに代用できるスーツはどれか

リクルートスーツと他のスーツの違いがわからない、またはリクルートスーツを長く使用できるスタイルを選びたいと悩んでいる方も多い傾向にあります。その場合、他のスーツとどのような違いがあるのでしょうか。これからリクルートスーツにも代用できるスーツを男女別にご紹介いたしましょう。

レディース

レディースの場合は、シンプルなブラックスーツのセットアップがおすすめです。ブラックスーツのセットアップは光沢が控えめな生地を選びましょう。セットアップのボトムスはスカートでもスラックスでも構いません。シングルタイプのジャケットで着丈は短くないシルエットのものを選びましょう。

レディースの場合はインナーを変えるだけでもさまざまなスタイルを楽しむことができます。リクルートスーツの場合はホワイト系のシャツが基本ですが、ビジネススーツとして着用する場合はシフォン系のシャツブラウスやキャミソールなどを合わせておしゃれに着こなせます。

またパーティーなどでボトムスのスカートやスラックスはブラック、上のジャケットをホワイトやライトグレーなどのショート丈ジャケットに替えてコーディネートしてみるのもおすすめです。ブラックスーツのセットアップは色々なシーンで活用できるので1着持っておくと便利でしょう。

メンズ

メンズの場合もレディースと同じくブラックスーツのセットアップがおすすめです。ネクタイやシャツのカラーを変えるだけでビジネススーツとしても代用が可能です。

ブラックのスーツはネイビースーツとは違いよりフォーマルなスタイルに見えるカラーになります。少しフォーマルなパーティーやイベントの時にも活用できるので自分のサイズに合ったブラックスーツを1着持っておくといいでしょう。

リクルートスーツと他のスーツの違いを理解しよう

リクルートスーツと各種スーツの違い・代用可能なものはどれか

就職活動に欠かせないのが「リクルートスーツ」ですが、他のスーツとの違いがわからないという人も多い傾向にあります。フォーマルなスーツであればスタイルや色の違いにより明確な違いがありますが、ビジネススーツやフレッシャーズスーツであれば大きな違いはあまりありません。

ブラックやネイビーなどのダーク系カラーのスーツを選べば、リクルートスタイルからパーティースタイルまで幅広く活用ができます。自分のサイズに合ったスーツを選び、清潔感のある着こなしを目指しましょう。

Latests