Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月03日

好印象を与える就活中の髪型と髪色・ワックス使用はOK?

人生最大のイベントの一つである就活。ぜひ第一希望の企業に行きたいところです。今回は就活の勝敗を決める大きな要素である見た目を大きく左右する髪型について見ていきましょう。ぜひ、あなたにピッタリの就活ヘアで就活の勝者になりましょう。

男女別好印象を与える就活中の髪型

好印象を与える就活中の髪型と髪色・ワックス使用はOK?

人の印象は髪型が変わると全く違ったものになります。同じ人でも、髪型によって、元気に見えたり・落ち込んで見えたり、真面目に見えたり不誠実に見えたりします。

人生のとても大きなイベントである就活においても、当然髪型は重要です。髪型に意識を払わない人は就活に失敗するとさえ言われています。

就活の髪型は、なんといっても、清潔感が一番大切です。就活生は若いので、フレッシュさをアピールするためにも、髪型で清潔感を演出することが大変重要です。

自分が面接官であったら、今の自分の髪型に良い印象を持ちますか。自分を客観的に見て、今の髪型で就活に臨んで良いのかをしっかりと考え、適切な髪型にしましょう。

男子の髪型

横髪

一般に、横髪の長さにより、顔の輪郭の見え方を変えることができます。耳にかからないぐらいに切った横髪は、すっきりとした清潔感のある印象を与えます。上述したとおり、就活の髪型では清潔感が一番大事ですから、耳にかからないぐらいの横髪がベストです。

長めの横髪は、顔の厚みや丸みを強調するので、優しさや穏やかさを演出します。しかし、長すぎると不潔に見えてしまうのが欠点です。就活ではさけた方が良いでしょう。

前髪

就活における男性の前髪は、眉毛に少しだけかかる位か、それよりも少し上位の長さが良いです。そうすると、おでこに光が当たり、あなたの印象が明るいものになります。また、短い前髪はさわやかに見える効果もあります。そのため就活中は前髪を短くするのがおすすめです。

逆に、前髪が長すぎると、光が顔に当たりにくいので暗い・元気のない印象を与えてしまいがちです。就活では避けた方がよい髪型と言えるでしょう。

襟足

就活で襟足は襟にかからないぐらいの長さが良いとされています。 その理由としては、襟足が長い髪型は不真面目な印象を与えてしまうからです。

もみあげ

もみあげを短くすると顔の輪郭がすっきりして清潔感が保たれます。そのため就活では、もみあげを短くカットすると良いです。

逆に、耳たぶの長さよりももみあげが長い髪型は、ワイルドで力強い印象となります。ですが、清潔な印象を与えるのが、難しくなってしまうため、就活では避けた方が無難でしょう。

就活では説明会でも気を抜かず髪型を整える

就活において、説明会は面接ではないからと、説明会だけに行く日は気を抜き髪型もおざなりになりがちです。しかし、就活は説明会から始まっています。採用担当者はいつそんな気が抜けた髪型をしたあなたを見かけているか、わかりません。

また、たとえ説明会だけの日であっても、優秀そうな就活生には企業から声をかけたりもします。そういったチャンスを逃さないためにも、説明会だけの日もきちんと髪型を整えていき、第一印象を良くする努力は怠らないようにしましょう。

ヒゲ

就活では無精ヒゲや青ヒゲは避けましょう。なぜなら、無精ヒゲや青ヒゲは不潔というイメージが定着してしまっているからです。清潔感が第一の就活では、髭は明らかにそぐわないです。

眉毛

就活で勝つためには眉毛にも気を配りましょう。眉毛は細くなりすぎると、キツイ印象を与えてしまいます。また、薄くなりすぎてしまうと、貧素な印象を与えます。程よい太さにして、就活に臨みましょう。

女子の髪型

前髪

前髪はピンで止めて崩れないようにしましょう。そして、前髪が長ければ、横に分けてスプレーで固めましょう。その際、スプレーをつけすぎるとベタベタして不潔な印象になります。なので、スプレーは少量のみで髪をまとめる必要があります。

くせ毛の場合

くせ毛が就活で不利になることはあまりありません。しかし、心配するぐらいであれば、ストレートパーマがオススメです。ストレートパーマをあてると、清潔感が演出できます。

髪止めアクセサリー

就活ではヘアゴムやヘアピンの色にも気をつけたいところです。あまり知られていませんが、黒いヘアゴムは、本来、人に見せるために使うものではありません。就活では髪の毛を束ねる時は黒いヘアゴムは避け、黒や紺色のリボンバレッタにすると好印象です。

仮に、髪の毛の量が多くバレッタだけで髪の毛がまとまらない、という方は、黒いヘアゴムでとめてから、ゴムが見えないようにバレッタでとめるようにしましょう。

茶髪・金髪

就活では説明会だからといって、茶髪や金髪は避けましょう。上述したように、説明会から就活は始まっています。

就活でのメイク

眉毛

眉毛は顔の印象の7割を決めるとも言われています。就活では黒に近いペンシルを利用して眉毛を描いていきましょう。細すぎると貧素な印象になりますので、太めに描きましょう。その後、綿棒などでぼかしながら整えていくと上手くいきます。

チーク

チークは、ピンク色やオレンジ色と言った自然な色を使用します。

唇にはやさしめのピンク系統の口紅を利用しましょう。ここで、口紅を塗らないと、唇だけ無色となり全体のバランスが悪くなります。口紅が苦手な方は、色のついたリップやグロスでも問題ありません。ただしラメの入ったものは避けるようにしましょう。

就活メイクとは言えど

一口に就活メイクといっても、実際には応募先企業ごとに合ったメイクがあります。ただし、基本的に心がけるべきことはやはり、清潔感です。就活メイクは濃すぎず、薄すぎずが重要です。

ファンデーションは自然に。にきびなど気になる部分はコンシーラーでしっかりカバーしましょう。アイシャドウはベージュやブラウンで仕上げます。アイラインを入れすぎてはいけません。マスカラは余分な液をティッシュなどで除去してから塗りましょう。

アクセサリー

就活では、大きな石がついている指輪やブランド品の高級時計は避けましょう。派手な印象を与えてしまいます。また、伊達メガネなども外して、面接に行きましょう。

髪の長さ別好印象を与える就活女性のヘアアレンジ法

好感度と髪型の関係

ズバリ言うと、好感度の高い人というのは見た目の与える印象が良い人です。人は見た目が100%というドラマもありましたし、人の第一印象は5秒で決まる、という言葉も聞いたことがあります。

少なくとも、就活において外見は非常に重要なポイントであることは間違いありません。例えば恋愛において、どんなに素敵な言葉を囁かれても、その相手が好みでない格好や不衛生な印象の髪型をしていたら、あなたはどう感じるでしょうか。

面接官から見たあなたの印象

就活で面接官が感じるあなたの好感度も、あなたの髪型や服装が関係しています。あなたはデートの時と学校の時とでは髪型を変えているはずです。それと同じように、就活には就活に適した就活用の髪型や髪色があります。

前髪の印象

他の人もそうであるように面接官も前髪がだらしない女性に良い印象を持ちません。例えば、前髪をしきりに意識している人、前髪を触っている人、前髪が目を隠している人などです。

就活の面接官に与える第一印象を良くしたい就活女性は、まず、前髪をしっかり留めたりまとめたりしましょう。これで、面接中に、前髪に無意識で手が行ったり前髪がたれてきて気になってしまう、なんてことがなくなります。

前髪が短い髪型の人は横に流し、眉毛を出す髪型にしましょう。その際、お辞儀をしてもたれて来ないようにしっかり固めましょう。

就活には相応しい髪型で自信をもって臨もう

就活に臨むために大切な事は、自分に自信を持つことです。その自信を持つためにも、自分の見た目を客観的に見直すことが大切です。繰り返しますが、あなたの髪型や服装は、あなたの好感度を決める上で、大きな割合を占めています。

顔に自信が無い人でも、髪型を変え、前髪を流したり眉毛を出したりサイドの髪を耳にかけて、顔全体を出すことで随分印象がかわります。

就活女性の髪型で、必ずいつでも有利というものはありません

就活女性の髪型で、必ず、有利になるという髪型はありません。なので、清潔感がある髪型であれば問題ありません。社会人として働いている女性の多くは髪型について、ある程度、自由にしています。

アピールできる最も大きなポイントは素直さ

就活女性を採用するポイントとして、素直な性格であるかどうかというのは、とても重要な要素です。採用担当者は、その要素を採点するための一つの判断材料として、髪型を見ていると考えれば分かりやすいでしょう。

ショート

就活中の髪型で、ショートヘアとロングヘアとでは、ショートヘアの方が好印象を得る可能性が高いという実験が過去にあったと言われています。また、ショートヘアはスッキリして見える髪型であるため、清潔感があると言えます。

ショートのヘアアレンジ

前髪を斜めに流す

普段、前髪を作っている就活女性はある程度前髪が長いので、左右に分けて耳にかけると良いでしょう。おでこが出ると顔の印象が明るくなります。

前髪の長さが足りない方も、眉毛にギリギリかかる程度の長さまでは伸ばしましょう。あまりに前髪が短いと奇抜な印象を与えかねません。

前髪の長さ

前髪が目にかかるような長さならば、調整が必要です。少し顔を下げただけで、前髪が顔を覆い隠してしまうのは暗い印象を与えかねないからです。

さらに前髪をどけるのに、頻繁に、頭を振ったり、手でよけたりするあなたを見て、採用担当者はどのように感じるでしょうか。良い印象を持つはずがありません。前髪をピンなどで留めないのなら、眉の多少上あるいは眉ギリギリまで切っておくと良いでしょう。

ただし、あまり前髪が短過ぎる髪型だと、子どもっぽく見えてしまうためやはり注意が必要でしょう。

前髪パッツン

好印象を与える就活中の髪型と髪色・ワックス使用はOK?

ぱっつんに切った前髪だけが理由となり、就活で不採用になるということは、まずないでしょう。職種で言えば、事務系などの仕事につく方であれば特に問題ないと言えます。

ただし前髪パッツンの髪型は、人事の担当者が男性である場合のほうが多いことから考えても、あまり良い印象を持たれない可能性が否定できません。黒髪での前髪パッツンの髪型は、日本人形のような印象を与えることも多いです。

ベリーショート

いっそのこと、髪をしっかりと短くして、ベリーショートにしてしまうのも良いでしょう。なかなか勇気のいる髪型ですが、できる女性というイメージを持たれやすい髪型でもあります。また、スッキリとキレイな印象を与えられます。
 
ファッション系などの接客が伴う職場であればかなり好印象でしょう。営業や金融などの場合にもイメージアップにつながるでしょう。

ボブ

メリット

ボブの良いところは、何と言っても、明るく柔らかい印象を与えられるため好感度が高いところです。また、真面目な印象を与える事ができます。そして、顔の印象が明るくなるというメリットもあります。さらに、ボブの種類によっては、十分に清潔感を与える事もできます。

もし就活の時だけ普段と違う髪型をしていると、違和感を感じ、平常心で面接に望めない可能性もあります。落ち着いたボブであれば、面接でも、普段と変わらない髪型で特段アレンジを加える必要がないところもボブのメリットです。

耳を出す

ボブは、可愛さで言うと耳は出さない方が良い髪型です。ただし、就活面接の場では、できるだけ面接官に顔を見せて、目を見て話すと、説得力が出て良いです。その際、目力は強力な武器となりますし、意志の強さも感じさせることができます。

また、就活ではよくお辞儀をします。その際に髪が落ちてこないようにするのも重要なポイントです。ピンか何かで止めておきましょう。その際、上述したように目立つピンを使うのは止めましょう。

ミディアム

知性や爽やかさ

ミディアムヘアの良いところは、何と言っても、知性や爽やかさの演出が簡単にできるという点です。長さ的に程よい長さだと言えます。就活中に何度もお辞儀したとしても、大きく崩れる心配は少ないので、そう意味でも就活に適した髪型だと言えます。

社会人女性にも多い

ミディアムヘアは社会人の女性にも多い髪型ですので、面接官もあなたが働いているイメージを掴みやすいでしょう。また、個性的すぎず、暗い印象を与えることもない髪型なので、程よいスタイルだといえるでしょう。

あなた自身も自分の髪型を意識しすぎて、面接に集中できないということもないはずです。

どの業界でも対応できる

例えば、金融や建設業などの業界は、ある程度その業界に合った髪型で就活に臨むのが良いとされています。ここで、ミディアムヘアはどんな業界の面接に臨んだとしても安心な髪型だと言えます。

証明写真の写りも良い

ミディアムヘアのメリットとして、証明写真の撮影時に顔に光が当たりやすく、写りがよくなるといった効果があります。ただしいくら光を当てても、前髪が顔を隠していると暗くなってしまいます。

証明写真撮影時は、できるだけ顔がよく見えるように、おでこ・目元・輪郭などは出して撮影しましょう。

髪質にも気を付けよう

ミディアムヘアだけに限らず、パサついた髪は印象が良くありません。髪を染めたりする回数が多いと、どうしても傷んだ髪になってしまいます。そのままにせず、トリートメントをして、髪質は一定以上の水準を保てるように、キープしておくのが良いでしょう。
 
特にミディアムストレートで就活に臨む場合に、髪の痛みはとても目立ちます。ツヤが消えていたら、事前に美容院に行くなどの対策を取っていただくのが良いでしょう。

ミディアムヘアのアレンジ

ミディアムヘアのアレンジとして、①おでこを出す、②耳を出す、というスタイルがおススメです。

おでこを出す

前髪は流しておでこを出すようにすると、顔全体が明るくなります。そうすると、好感度が上がります。好感度は、新卒採用においては最も重視されるポイントの一つです。 また好感度が高い就活女性の話は面接官にも真剣に聞いてもらえるでしょう。

髪型で好感度を演出できるのであれば、ぜひやるべきでしょう。さらにいえば、流した前髪は女性らしさを演出してくれます。

耳を出す

おでこだけでなく耳も出すことで、さらに好印象な髪型にすることができます。またパリッとした印象を与える事ができます。

面接において、視線がどちらに向いているかがすぐにわかる髪型の方が良いです。そもそも面接では目を見て話すのが基本です。

セミロング

ハーフアップ

セミロングヘアは柔らかい女性らしい印象を与えます。なので、ふんわりとしたハーフアップにすることで、さらに女性らしい清楚な印象を採用担当者に与えることができます。

ただしセミロングは、ロングよりも髪の長さが短いため、髪が軽い分広がってしまうことがあります。そのためツヤがなく無香料のワックスを使い、髪の広がりを防ぐことをおススメします。

ハーフアップは特に丸顔の就活女性におススメです。

オールバックでポニーテール

特に顔の形が逆三角形もしくは面長な就活女性におススメなのは、セミロングだからこそできるオールバックのポニーテールです。これはスマートな印象を与えられる髪型です。また、髪が広がりにくいので、髪の広がりが気になる方にはとてもおすすめです。

就活セミナーなどでオールバックはキツい印象を与えるためNGな髪型であるという意見の方も、中にはいるでしょうが、しっかりした・落ち着いた印象を与えたい際には、「オールバックポニー」はおススメのヘアスタイルです。

ロング

さまざまなアレンジが可能

ロングヘアはいろいろアレンジをすることができ、就活中にどうしたらよいか、かえって悩んでしまう就活女性も少なくありません。

また、いくらアレンジできるといっても、アレンジしすぎてしまっては、就活にそぐわないような、カジュアルな雰囲気になったり、派手になったりしてしまいます。注意しましょう。

一つに結ぶ

ロングヘアは一つに結ぶことが大切です。一つに結ぶことで耳が出てすっきりと真面目な印象を与えてくれます。

前髪は右分けもしくは左分けにします。センター分けは顔のバランスに自信がある就活女性にはおすすめです。しかしきれいな左右対称でない場合は、キツイ印象を与えかねません。

とても好感度が高い髪型は、後ろできちんと結び、前髪を流すスタイルです。これはロングヘアの就活女性にとてもおすすめの髪型です。

また、一口にひとつにまとめるといっても、結ぶ高さで随分印象が違います。就活でおすすめの髪型は、あまり高すぎない位置での一つ結びです。少し上を向き、頭をそらした状態で結ぶと、えりあしがもたつきません。

おススメアレンジ

ロングヘアのおススメアレンジは、ポニーテール・ハーフアップ・おだんごヘアです。

ポニーテール

ロングヘアの就職女性にとって定番の髪型といえば、ポニーテールです。ポニーテールは明るく活発で元気のある印象を与える事ができます。

上述したように、バレッタを持っている場合はバレッタを使うと上品な印象となります。仮にバレッタを持っていない場合は、ゴム・ヘアピンが見えないようにスタイリングしましょう。

ゴムを髪で隠す

ただのポニーテールではなくて一工夫入れたいという方におすすめのアレンジが、ゴムを髪の毛で隠す方法です。
 
就活では耳のあたりで髪を縛るのが基本と言われています。耳のあたりでゴムを結んだら、少し髪の毛を取って巻くだけで完成です。これは簡単にすぐできるアレンジです。手先の不器用な就活女性でも安心です。

ハーフアップ

ハーフアップは優しくて落ち着いた上品な印象を与えることができる髪型です。

ハーフアップはミディアムヘアの就活女性にもおすすめです。しかし、ロングヘアでハーフアップをすると、より清楚な感じが出ます。なので、ロングヘアの就活女性に特におススメです。
 
サイドにかかる髪がないだけで、顔立ちがすっきり明るく見えます。なので、面接官の印象もとても良いでしょう。前髪は横に流して額を出すようにすれば、よりスッキリします。

おだんごヘア

おだんごヘアは、キリッとした凛々しい印象を与えることができます。 

また長い髪は結んでも後れ毛などが少しずつ出てきて、時間がたつと乱れてしまうことが多いです。ロングヘアで髪型が崩れてると、とてもだらしなく見えてしまいます。またロングヘアの場合、一旦髪型が崩れると直すのが大変です。

そこでおすすめなのが、しっかりとまとめられるお団子ヘアです。お団子にして固めてしまえば簡単には崩れません。なので、髪型が乱れていないか、いちいち気にする必要がなくなります。

髪質

ミディアムやセミロングの時にも述べましたが、ロングヘアは特に髪が長いため、髪質がパサついていたら、印象は悪いです。ある程度ツヤを保てるようにしましょう。

就活女性のおすすめ前髪アレンジ法

就活中の女性におススメの前髪アレンジのポイントは

1.眉毛を見せる
2.耳を出す
3.おじぎしても崩れないように固定する

の3つです。

1.眉毛を見せる

明るい印象を与えるポイントは眉毛を見せる髪型にすることです。前髪が目や眉にかかっていると、内気で暗い印象を与えがちになります。就活中は眉毛を見せて、明るい印象を与えることを心がけましょう。

2.耳を出す

耳を見せる髪型はとても明るい印象を与えます。長い前髪は横に流すだけでなく、耳の後ろまで持っていき固定しましょう。清潔感もあります。

3.おじぎしても崩れないように固定する

就活中には何度もお辞儀をします。毎回前髪が崩れていちいち直すのはとても好印象とは言えません。きちんと固定するか、気にならない長さにしておきましょう。

就活男性のOK・NG髪型例

就活男性の髪型で、清潔感や爽やかさを意識するのであれば、前髪は上げておでこを出す方が良いでしょう。前髪を変えた時の印象の変化はとても大きいです。それは、襟足やサイドを変えた時の比ではありません。

例えば、前髪が長くて目元まで伸びている髪型の就活男性と、おでこを出して顔全体を見せている髪型の就活男性とで、どのような印象の違いがあるでしょうか。当然、おでこを見せている就活男性のほうが印象が良いのですが、それはどうしてなのでしょうか。

前髪を上げ清潔感を出すことの重要性

おでこを出して顔全体を見せている髪型の就活男性の方が印象が良いのは、清潔感があるからです。上述したとおり、就活の髪型で最も重視されるのは清潔感です。

清潔感は就活生だけでなく、サラリーマンの基本中の基本です。周りの人に良い印象を与えられる事は、営業マンだけに限らずサラリーマンであれば、プラスの要素だからです。

社会人になればスーツを着る機会が増えます。いくら仕立ての良いスーツであったとしても、清潔感がない方が着れば、相手に良い印象を与えることは難しいです。このことは就活男性でも一緒です。

顔に光があたるように

就活男性の前髪は眉毛と同じ高さ程度にするのが望ましいと言えます。前髪が長すぎると光が顔に当たらず、あまり元気がないという印象を与えてしまいますから、サイドに流すなどして顔に光が当たるようにすることをおすすめします。

就活では採用担当者からどう見えているかを意識する

そもそも就活だけに限らず、髪型が変わるだけで人の印象は良くも悪くもなります。つまり、良い髪型を選べば他人の印象を良くすることができるということです。

ここで気をつけて頂きたいのが、自分では清潔感があると考えている髪型でも、採用担当者には悪い印象を与える髪型である可能性が考えられるという点です。特に就活男性と採用担当者とでは、年齢や社会経験が大きく異なるため、そういった事が起こりえます。

襟足が長いと清潔感に欠ける

面接官は当然、襟足なども見ています。全体のバランスで見たとき、いくら前髪が爽やかで短くても、襟足が長いのは良くありません。清潔感に欠けます。

襟足は長くしすぎてはいけません。襟にかからない長さが良いでしょう。その長さが、就活でスーツを来た際に一番かっこよく見える長さです。

襟足が短い方が良いとされる清潔感以外の理由

襟足が長いと、上述したとおり、不真面目な印象を与えてしまいます。

ここで考えてみて欲しいのですが、あなたの周りの正社員の男性で、襟足が長い方がどれだけいますか。おそらくほとんどいないでしょう。

正社員の男性でほとんどいないということは、襟足の長い就活男性は、内定がもらえにくいということを表していると言っていいでしょう。またそもそも襟足が長い就活男性も少ないので、悪い意味で目立つ髪型であるとも言えるでしょう。

仕事ができる社会人は見た目にも意識を払っている

仕事ができる社会人男性は、見た目にも意識を払っていて、髪型もバッチリ決まっていることが多いです。他にも、スーツの着こなしが良いとかおしゃれな時計をしているなどのイメージがあるでしょう。

それらに共通しているのは、人から見たときの印象が良いという点です。

就活生が実際に企業に入って活躍できるかできないかは、正直、採用の段階ではなんとも言えません。しかし、内定をもらうためには、採用担当者からこの子はできそうだと判断される必要があります。

そのためには、仕事のできる社会人男性と同じく、人から見た時に良い印象を与えられることが近道です。

就活男性におススメな髪型は短髪である

就活男性の髪型は、短い方が爽やかさに加えて真面目な雰囲気を出しやすいです。また長髪とは異なり目線の先がハッキリわかる事も大きなメリットです。伏し目がちの就活男性に対して面接官はやはりいいイメージを持ちません。

もみあげは左右対称

当たり前でしょうが、もみあげは左右対称でないとバランスが悪くなります。美容室に行く際も、必ず左右が同じ長さになるような髪型をオーダーしましょう。

ツーブロック・刈り上げ

ツーブロックの印象

ツーブロックという髪型について、一般に世間ではどのような印象を持たれているのでしょうか。

プラスの意見
・おしゃれ
・髪が長めでもうっとおしくない
・こだわりを感じる
・スッキリしている
 
マイナスの意見
・怖い
・チャラい
・イキがっている
・遊び人

就活における評価

基本的に就活ではツーブロックやはっきりとした刈り上げはリスクのある髪型といえるでしょう。特に、大手企業の採用の人事部の方や部長以上の役職の方は、就活男子がツーブロックで面接にやってきたら、いい印象は持たないと言えるでしょう。

ツーブロックでも問題ない企業

自由な風土のベンチャー企業へ面接に行く時であれば、ツーブロックでも下記の条件を満たしていれば問題ないでしょう。その条件は以下です。
 
1:清潔感
2:軽そうに見えない
3:やりすぎない
4:ワックスを付け過ぎない

そもそも、ツーブロックと一言で言っても、サイドをくっきりと出した髪型もあれば、若干隠れている髪型もあります。サイドをくっきりと出した髪型はベンチャー企業でもあまり好まれないでしょう。

スポーツ刈り

スポーツ刈りという髪型の基本的なイメージ

スポーツ刈りという髪型に対する基本的なイメージとして、元気で爽やか・真面目・目立つというものが挙げられます。

・元気で爽やか
スポーツ刈りにしている就活生は、実際にはスポーツをやっていなかったとしても、運動部に属していたと思わせるような爽やかさがあると言えるでしょう。

・真面目
スポーツ刈りは真面目に見られるケースも多いです。

・目立つ
最近はスポーツ刈りにしている方自体が少ないということもあり、良くも悪くも目立ちます。

最近のスポーツ刈りスタイル

一昔前の定番のスポーツ刈りとは異なり、最近は一部分の髪の長さを残すスタイルのスポーツ刈りもあります。あまりに個性的なスポーツ刈りは就活では避けた方がよいでしょう。またサイドを刈り上げていることが原因で、威圧的なイメージを持たれる可能性もあります。

長髪

長髪に対するマイナスイメージ

好印象を与える就活中の髪型と髪色・ワックス使用はOK?

会社にはお客様も来ます。髪が長い男性が社員として働いているのを見たら、お客様からの印象は余り良くないでしょう。また長髪だとどうしても短髪のような清潔感を出すのが難しいと言えるでしょう。

ファッション業界などの一部の企業では問題ない

ファッション業界の企業なら、長髪でもなんら問題のない企業もあるでしょう。実際、ファッション業界では長髪の男性は少なくありません。センスがある長髪であれば、逆に好印象な場面があると考えられます。

ただし、ファッション業界では、ブランドイメージにとても配慮するため、長髪がブランドイメージに合わなければやはり採用には至らないでしょう。

七三分け

基本的に七三分けという髪型自体は問題ない

七三分けは、昭和時代を象徴する髪型です。ただし、最近また流行の髪型の一つとなっています。過剰なものでなければ、基本的に問題はないと考えられます。

そもそも整髪料のつけすぎはどんな髪型でもNG

最近流行りとなっている七三分けのスタイリングは、かなりの量の整髪料を付けているものが多いです。そういったスタイリングは、就活という場面においては、髪にツヤが出過ぎているという印象を与えます。それでは、就活で一番大切な清潔感を演出することができません。

また、仕事ではなく遊んでいるような軽いイメージで捉えられてしまう場面もあるでしょう。
七三分けという髪型自体と言うより、整髪料のつけすぎが良くないと言えます。

センター分け

センター分け自体は、基本的に問題ないでしょう。ただし、最近流行りのスタイリングは、前髪をかなり伸ばしたものです。前髪が過剰に長いセンター分けは、清潔感に欠け、就活ではリスクが高いと言えます。

就活中の髪型をワックスで整えるのはOK?

ワックスを利用すること自体はほとんど問題ない

就職活動においてはワックスを使っても問題ありません。実際に社会人の中でも、ワックスで髪型を整えて働いている人をよく見かけます。ワックスで清潔感を演出できるのであれば、ぜひ利用しましょう。

ワックスを使わないことで返って不潔に見える場合も

就活生の中には、ワックスを付けるとチャラチャラして見えるのではと心配し、敢えてワックスをつけない人もいます。しかし、毛量が多い人や髪の毛が長い人は、ワックスをつけないとボサボサの髪型になり、返って印象が悪くなりかねません。

ワックスをつけないことが必ずしも良いわけではないことを認識しておきましょう。

就活に使えるおすすめのワックス

無香料

就活でワックスを利用する場合は、無香料タイプを選ぶのが基本です。ワックスをつける目的は、あくまで髪型を整え、清潔な印象を与えるためです。おしゃれのためではありません。

香りのあるワックスをつけて面接やグループディスカッションに参加すると、場をわきまえてない就活生だという印象をあたえかねません。

髪質に合わせて選ぶ

ワックスの選び方ではツヤのありなしも非常に重要です。就活においては、基本的にツヤの出ないものを利用しましょう。ただし、枝毛・キレ毛・くせ毛などの人はツヤの出るワックスの方が良いでしょう。

ワックスの適切な付け方

少量で

ワックスの量は、比較的少量が良いでしょう。水で少し薄めたり、髪を半乾き程度にしてから馴染ませると上手くいきます。ただし、髪の根元からしっかりと付けないと、せっかく整った髪型のボリューム感を失ってしまうので注意しましょう。

スプレーも利用する

就活中は屋外への移動が多いため、天候次第ではせっかくワックスで整えた髪型が乱れてしまう事も考えられます。髪型の乱れを防ぐために、ある程度スプレーで固めるのが良いでしょう。

くれぐれも付け過ぎには注意

上述しましたが、ワックスだけに限らず、整髪料のつけすぎには気を付けましょう。

そもそもきちんとした髪型があってこそ

ワックスをつける前に忘れてはならないのが髪のカットや落ち着いた髪色にすることです。長すぎる髪や茶髪のままでは評価されません。

男性はしっかり短髪にカットし、前髪をわけ、額を見せるようにしましょう。女性は仮に染毛していた場合は、明るいトーンを落ち着いた色合いに染め直すことが大切です。

業種別好感度が高い就活の髪型

CA

JAL・ANAのCAの面接試験で、第一印象は、想像以上に重要です。航空会社では企業のカラーに合った人材を求めています。志望する会社に応じた身だしなみにしましょう。

ここでもやはり「清潔感」がポイント

髪は自然な色が良いです。前髪が、目や眉毛にかからないようにし、額を出すと明るい印象になります。前髪をあげるオールバックが理知的に見えるためおススメです。髪が長い方はポニーテールやハーフアップにしてすっきりさせましょう。

公務員

公務員の採用担当者は保守的な考えの方も多い

公務員の採用担当者は、古い考えの方も多くいらっしゃいます。一般企業では問題にならないようなことでも、公務員の就活では印象が悪くなる場合があります。

前髪を分ける

まずは前髪に注意しましょう。目と眉毛は見えるようにするのが良いでしょう。目にかかったり眉毛が見えていないというだけで、大きく減点される可能性もあります。逆に、目と眉毛が見える髪型は、表情が明るく見え、自然と好印象です。

ワックスを付けるならごく少量で

上述したようにワックスをつけた方が清潔感が出るという場合はワックスを付ければ良いです。ただしごく少量にしておきましょう。ワックスを付けても付けなくても清潔感が変わらない場合は付けない無難でしょう。

ツーブロックや刈り上げは避けた方が無難

公務員を志望されている方でツーブロックにしたり髪を刈り上げたいと考えている方もいるでしょう。ですがそういう髪型は公務員面接には向きません。避けた方が無難です。ただし、清潔感を演出できる範囲での刈り上げは問題ないと考えられます。

公務員の就活では無難にスッキリというイメージで

清潔感があり、明るくマナー良くみえる髪型であれば、おおむね問題はありません。無難でスッキリということを意識しておけば、公務員の面接試験に適切な髪型になれるのではないでしょうか。ぜひそうした髪型を意識してください。

アパレル

「就活スタイル」では落ちる場合も

基本的に業界を問わずに無難な、所謂「就活スタイル」ですが、アパレル業界ではブランドイメージに合わないと判断されて、落とされる場合があります。

ただし、アパレル業界でも、カジュアル系のブランドで求められている人材と、ラグジュアリーブランドで求められている人材では、大きな違いがあります。

一番わかりやすいのは、そのブランドのショップに立っている販売スタッフを見てみることです。どんなヘアメイクをして、どんな雰囲気を演出しているのか、よく観察してみましょう。

じっくりと企業研究を

アパレル業界の就活では、どのブランドにも共通して通用する特定のスタイルがないことも、就活生を迷わせてしまう理由でしょう。

企業研究などを進める中で、今のあなたのスタイルで店頭に立った姿やオフィスで働く姿を想像してみましょう。その上で、あなたのスタイルがしっかりそのブランドのイメージに合っていて違和感がないか、検討してみることをおすすめします。

ラグジュアリーブランドの場合

ラグジュアリーブランドはコレクションなどファッショナブルで華やかな印象がある一方、社内で働く人材には、ファッショナブルな印象というよりも、清潔感があり、信頼感を持てるような印象を求めるブランドが多いです。

男子

清潔感を第一に、落ち着いた印象の髪型で信頼感を演出しましょう。極端なツーブロックなどはラグジュアリーブランドにそぐわないです。また寝ぐせがついたままだったり、ヘアスタイルがぼさぼさの状態で面接に行ってしまわないように気を付けましょう。

女子

清潔感を第一に、髪型はまとめ髪がオススメです。メイクは、決して地味な印象にならないようにしましょう。華やかで洗練された雰囲気を意識して下さい。

ただし、華やかとは言っても、濃すぎるメイクや明るすぎるカラーリングは、ラグジュアリーブランドに不向きです。

カジュアル系ブランドの場合

ラグジュアリーブランドとは相反し、トレンドを強く意識したカジュアルブランドでは、ヘアスタイルやメイクなどにも、トレンドを取り入れた方がむしろ好印象を与えます。

真面目な印象のビジネススタイルよりも、清潔感や明朗快活な雰囲気を与えられるようなヘアメイクで面接に臨みましょう。ある程度個性的なヘアメイクで大丈夫ですが、一番大切なのはブランドイメージに合う事です。

言うまでもなく、寝ぐせのままやぼさぼさのヘアスタイルでは受からないでしょう。

金融

大切なのは清潔感と誠実さの演出

金融業界の就活では、清潔感と誠実さを感じ取ってもらえることが最重要です。そして、堅い業界だからといって、ただ地味にしさえすればいい、というわけでもありません。快活な印象を与える事も重要です。

男子

清潔感を第一に、落ち着いた印象のヘアスタイルで信頼感を演出しましょう。前髪は分けて、目と眉毛は見えるようにして下さい。ツーブロックや七三分けなどはそぐわないので止めましょう。

女子

前髪

前髪はお辞儀をして顔をあげた時にも邪魔にならないようにするのが鉄則です。また、快活な印象を与えるため、眉毛と額は出すのが良いです。どうしても前髪が伸びなかった場合は、すいて軽めにして、眉下あたりで揃えましょう。

前髪はどちらか片方に寄せて分け、落ちてこないように固定します。この時、こめかみの辺りでピンが隠れるように留めましょう。ハードタイプのスプレーを使うと、一日中前髪が崩れません。

ショートヘアやミディアムヘア

ショートやミディアムの場合は、無理に結ばずそのままおろした状態で大丈夫でしょう。ただし、伸びかけのボサボサな状態は良くありません。

顔に髪がかからないように耳まわりの毛は長さを残しておき、面接では髪をしっかり耳にかけて、顔がしっかりと面接官に見えるようにして下さい。お辞儀をした時に落ちてきてしまう場合は、耳元に隠しピンを入れるなど工夫をしましょう。

ロングヘア

肩につく長さの場合は束ねた方が無難です。結ぶ時は顔周りの髪は残さず、耳をしっかり出して全て後ろで束ねます。ポニーテールの高さは、耳と同じくらいの高さがベストです。

バレッタなどのシンプルなヘアアクセサリーで隠しましょう。ハーフアップのスタイルも、清楚で落ち着いた女性らしさを出すことができるのでおすすめです。

髪のダメージ・アホ毛に注意

髪のダメージに注意しある程度のツヤを保ちましょう。さらに、結んだ髪からはみ出てくるアホ毛にも注意して下さい。

顔の特徴別好印象に見えるヘアアレンジ法

丸顔

丸顔の人は、縦と横の長さの差が少ないので、太って見られがちです。良い意味だと童顔で若々しい印象、悪い意味だと子供っぽく見られることがあります。就活ではこれらの長所・短所に配慮した髪型にすると良いです。

男性はあまりに幼く見られることがないように、縦のラインを強調した髪型にするのがおすすめです。

女性はある程度の長さを持たせハーフアップにするのが、おすすめです。

顔が大きい

あまり知られていませんが、実は顔の大きさを隠そうとして、気を使った髪型にすればするほど、顔が大きく見えてしまうということがよくあります。いっそのこと、あまり顔の大きさを気にせず好きな髪型でいる方が良いでしょう。

鏡で自分自身が見ている自分と周りから見られている自分は大きく異なります。

エラ

男子

エラがはった男性は、 平面的で骨っぽく武骨で男らしいという印象を与えます。ですので、髪のトップに高さを出し、縦長のラインを作ると良いです。

また、重心をエラより上に置き、顔の周りに動きを与えます。平面に見えないように、バックでボリュームを出し立体的にするとなお良いでしょう。

女子

エラが張っている女性は、顔が平面的にそして横幅が広く見えるのが特徴です。ですので、トップに高さを出し、前髪を狭めにつくったりして、縦長のラインを強調させる髪型が良いでしょう。

就活中の好印象の髪色

就活中の髪色として、一番無難なのは黒です。

業界によって理想的な髪の色は異なる

人材系や不動産系の企業は特に黒い髪色にこだわります。一方上述したように、アパレルの一部の企業では、少し明るい色でも違和感はないでしょう。

仮に茶髪が問題ない企業でも明るすぎるのは問題

志望企業が茶髪でも問題ないとしているとしても、茶髪が理想的であるわけでもなければ、明るすぎるのも良くありません。

地毛が明るい就活生は黒に染める必要があるか。

基本的に染めなくても大丈夫

結論からいうと、地毛が明るい髪色だからといっても基本的に染める必要はありません。もし髪色について指摘された場合は、地毛であり、生まれつきの色である事を面接官に落ち着いて説明しましょう。

染めておけば無難なことも

地毛が明るい人でも無理に黒染めをする必要はありません。しかし、仮に志望している企業が特に黒髪にこだわる企業の場合は、染めておくと無難だともいえるでしょう。しっかり企業研究をして、自分の志望企業がどういった人物を求めているかを把握しましょう。

普段明るい髪の色の人はいつから就活用の色にすべき?

普段明るい髪の色の人は、面接や説明会の2日~1週間前に就活用の色にするのがベストです。早すぎると結局色落ちして、肝心の当日に明るく見えてしまう可能性があります。

また自分で染める場合、面接や説明会の前日はやめておきましょう。仮に失敗してしまった場合でも、染め直す時間がなくなってしまいます。その場合は失敗した髪の色のまま面接や説明会に行くことになってしまうからです。

色染めは美容院で

自分で染めようと考えている方もいらっしゃるでしょうが、美容室で染めてもらうようにしましょう。美容室で染めると、自分で染めるよりお金はかかりますが、大きく失敗することもありませんし、色ムラなくきちんと仕上げてくれます。

就活では、見た目は非常に重要なので、少しお金をかけてでも髪色はきれいにしておきましょう。

内定後は髪色を戻しても問題ない

就活中は暗めの髪色で過ごしますが、内定後、元々明るい色にしていた方はその色に戻しても、特に大きな問題はありません。ほとんどの企業で、明るい髪色はNGとされています。逆に言うと、明るい髪色にできるのは、学生のうちだけでしょう。

ただ、企業によっては身辺調査をおこなう企業もありますし、もし社員の方と頻繁に会う機会があるのであれば、印象を損ねないためにも戻さない方が無難でしょう

髪型を整えて就活に勝つ!

好印象を与える就活中の髪型と髪色・ワックス使用はOK?

就活では見た目が良い方が圧倒的に有利だといわれています。そして、髪型はあなたの見た目を決める大きな要素です。今回の記事を参考に、髪型をしっかりと整えてぜひ第一志望の企業から、内定を勝ち取りましょう。

Latests