Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月21日

就活におすすめのメガネ|フレーム/柄・色が与える印象

就活でメガネを使用するには、どのようなフレームやカラーが良いのでしょうか。選ぶには少しコツがあるようです。就活でメガネをかけるメリットやメガネの選び方を詳しくご紹介します。メガネをかけて、少しでも有利な就活をしましょう。

就活におすすめのメガネと見本

就活におすすめのメガネ|フレーム/柄・色が与える印象

証明写真

就活には、証明写真が欠かせません。メガネをかけて証明写真を撮る時は、いくつかのポイントがあります。まず、メガネの側面にあるネジは締めておきます。ここが緩んでいると、少し動いただけでメガネが下にズレやすくなります。

メガネがズレてしまって、フレームが目の上のラインに被ると、瞳の印象が弱くなり好印象の証明写真が撮れません。撮影時は正しい位置になるように、メガネ屋さんで締め直してもらいましょう。そして、基本的な事ですがメガネを綺麗に磨いておきます。埃が付いていない状態で撮影をしましょう。

最近、パソコンやスマホを使用する方がオプションで付ける「ブルーライト対応レンズ」は、撮影には向きません。撮影すると色が入ってしまい綺麗な状態で撮れません。ブルーライトが入っていないレンズを選んで証明写真を撮影しましょう。

フレーム

就活に好印象なフレームは、細いものが良いでしょう。太めのフレームを選ぶ方がいらっしゃいますが、個性的に見える点では良いですが就活には向いていません。細いフレームは、従順なイメージがあり好印象を与えます。個性を主張する業界へ就職するのでしたら、太めのフレームでもかまいませんが、一般企業へ就職するのでしたら細目を選びましょう。

フレームなしのタイプですと、顔の印象を大きく変えずに好感が持たれますが、デザインが派手なものを選んでしまうとNGです。シンプルなデザインのフレームなしを選びましょう。就活には細めのフレームかフレームなしが無難です。

メガネの色は、肌の色を参考にして選ぶと良いでしょう。色黒な人は濃い色を、色白な人は薄色を選びましょう。日本人は黄色人種なので、ブラウン系の色が馴染みやすいと考えられています。

また、黒系もあいやすく基本的にどんな肌色でも似合う色です。相手にも安心感や安らぎを与えてくれ、目鼻立ちが整った印象になり、就活でも役立ってくれるでしょう。無難な色を選ぶなら、黒か茶のメガネがおすすめです。

個性的な柄が入ったメガネは、あまり就活には向かないでしょう。派手なカラーで賑やかな柄入りですと、銀行系などのお堅い業種には不向きです。絶対にダメとは限りませんが、無地の方が無難でしょう。

フチなし

縁なしのメガネは、顔の印象を変えることがありませんので良いでしょう。派手なデザインの縁なしを選ばず、シンプルなメガネを選んで就活しましょう。

ウェリントン

ウエリントンタイプのメガネは、四角型のフレームになります。丸顔や面長の人に似合う形でしょう。丸顔で少し悩んでいる人は、ウエリントン型のメガネをかければ丸顔の印象を薄めてくれます。

男女別での就活におすすめのメガネ

男性におすすのメガネは、ウエリントンが良いでしょう。知的なイメージの中にも柔らかさがあり、茶系にすると安心感があります。ビジネスマンとして堅さもあり、シャープな印象にしてくれるでしょう。

女性におすすめなメガネはオーバルです。どなたでもかけやすく、女性らしい柔らかさが出る形です。テキパキと仕事をこなすイメージに近づけるスクエアタイプも好感があります。きちんとした対応で、仕事をこなしてくれそうなイメージを与える事ができます。

就職先の業務内容によって、使い分けても良いでしょう。色は、無難に茶系を選べば馴染みやすいでしょう。

メガネフレームの色が相手に与える印象

就活におすすめのメガネ|フレーム/柄・色が与える印象

黒縁

黒縁は、日本人に似合う色です。奇抜なイメージを与えず、安心感があり就活に最適な色です。引き締まって見せてくれるので、緊張感のある就活にはベストなカラーでしょう。

べっ甲

年代を問わず人気のある色ですが、太めのフレームにしますとカジュアル感があるので、就活には向きません。べっ甲のフレームを選ぶなら、カジュアルさと上品さがある細めのタイプを選ぶと良いでしょう。日常でも使えて一本あると便利です。

赤色のメガネでも就活にNGではありません。しかし、あまりにもカジュアルでプライベートでかけるような赤いメガネは印象を悪くします。デザインを選んでかければ問題ないですが、肌色との馴染みを考えると浮いてしまう色でしょう。

青のフレームも基本的には問題ないでしょう。とても派手なデザインでなければ、どのような色でも内定には関係しませんので、安心してかけましょう。

ピンク

顔色を良くしてくれるカラーで女性におすすめです。明るく健康的にしてくれる薄ピンクは、柔らかい印象を与えてくれます。

シルバー

無難な色のシルバーは、上品でクールな印象を与えてくれます。洗練された印象なので、お堅い業界に就職を考えている人におすすめです。ただし、古風な顔立ちの人はあまり似合わず、実年齢より上に見られてしまうケースもあります。試着をして、よく考えてから購入しましょう。

メガネが似合う髪型

就活におすすめのメガネ|フレーム/柄・色が与える印象

メガネをかける時は、前髪がポイントになります。長くて重たい印象を与える前髪ですと、メガネをかけたときに鬱陶しく感じます。話をする時には相手の目を見て話しますが、前髪で目が見えにくかったりすると、印象が悪くなります。

前髪は、メガネのフレームにかからないくらいにカットして清潔感を与えましょう。顔周りの髪の毛は、メガネのつるにかからないように短く切るか、長い人はまとめましょう。フェイスラインはくっきり出して就活すると印象がアップします。

顔に馴染む就活メガネ選び

就活で使うメガネを購入するなら、自分に合ったメガネを選びたいです。デザインやカラーだけで選びがちですが、メガネのサイズで顔の印象が変わってしまいます。自分に合うサイズのメガネフレームの横幅は、眉から顎にかけて1/3が目安です。

気に入ったデザインを見つけたら、メガネのサイズと顔のバランスが合っているか確認をします。ちょうどいいサイズのメガネですと、かけた時に違和感が無く顔なじみが良いです。ベストのサイズと考えられるのが、眉毛のラインとフレームのトップランのカーブが揃っているとピッタリサイズと考えられます。

顔に馴染むメガネを選ぶと、メガネをかけている感じを与えず、フレームを主張しすぎません。デザインやカラーだではなく、サイズにも気をつかって選んでみましょう。

メガネをかけるメリット

就活におすすめのメガネ|フレーム/柄・色が与える印象

視力が悪く、仕方なくメガネを着用しますが、実はメリットもあります。一見、メガネをかけることは欠点に考えてしまいがちですが、得する事もあります。

「メガネをかけた時の印象」
・知的に感じる
・専門知識がに詳しい
・やさしいイメージ
・真面目に見える
・誠実な印象
・印象的な人

このように、メガネをかけて就活をするとメリットも多くあります。眼鏡のデザインや色選びを工夫すれば、印象を変えることもできます。視力が悪くて消極的になりがちですが、そこをプラスに変えて、メガネをアイテムにイメージアップしても良いでしょう。

特に公務員や銀行員、経理の事務職などへ就職を希望するなら、真面目なイメージをアピールできるポイントになるでしょう。

就活の面接でメガネは不利なの?

就活におすすめのメガネ|フレーム/柄・色が与える印象

最近、ネットでは就活時のメガネは不採用になるので、コンタクトにした方が良いという噂がありますが、メガネを着用しているから不採用になることはありません。就業中にメガネが使えない職業はありますが、その場合は会社から説明があるでしょう。

メガネをかけているだけで、不採用にする会社は一般的にありませんので、堂々として就活をしましょう。

就活はメガネ選びも大切だった

就活におすすめのメガネ|フレーム/柄・色が与える印象

就活でのメガネ選び参考になりましたか。メガネの選び方で、第一印象を大きく変える事ができるので、就活では慎重に選びたいです。メガネのデザインや色だけではなく、メガネはサイズも大切だとわかりました。

自分の顔に合ったメガネ選びは、ポイントをおさえると絞り込みやすくなります。就活で印象を良くするメガネを選んで面接を突破してください。

Latests