Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月13日

テストセンターに行く時の服装・スーツ/私服のどちらが適切か

テストセンターを受験する際の服装について、スーツか私服かどちらがベターでしょうか。服装についておすすめコーディネイトやポイントについて紹介しています。また東京、大阪、福岡地域別の服装についても合わせて紹介しているので参考にしてみてください。

テストセンターに着て行く服装に決まりはない

テストセンターに行く時の服装・スーツ/私服のどちらが適切か

テストセンターの受験とは、企業の筆記試験となります。そのため、受験者の態度や服装なども見られているのではと感じますが、テストセンターに着て行く服装に決まりはありません。

服装を気にしすぎて、本来の力を発揮できなかったという残念な結果にならないように、今回は、テストセンターで受験する際の服装と注意点についてご紹介します。

テストセンターに私服で行っていい理由

テストセンター受験の際の案内文には「服装自由」とありますが、なぜテストセンターに私服で行っていいのでしょうか。

テストセンターには、企業の人事スタッフは来ず、スーツだと緊張してしまう可能性が高いという理由から私服でも構わないことになっています。テストセンターに私服で行っていい理由について説明します。

企業の人事スタッフが来ない

テストセンターは、あくまで企業から受託を行いテスト受験の運営を行っているだけなので、企業の人事スタッフが来て確認することはありません。

また、テストセンターの職員が企業に受験者の態度や服装などについて報告することもないので、テストセンターに無理にスーツを着ていく必要はありません。

スーツだと緊張してしまう

テストセンターでは、スーツでも私服でも構いません。スーツを着ていると緊張して集中できないというのであれば、私服を着ていくようにしましょう。

どちらの服装でも受験では差し支えはありませんし、受験時の情報が企業側に伝わることはありません。人によって、実力を発揮しやすい服装は異なりますので、より実力が発揮できる服装を選びましょう。

テストセンターでの適切な私服

テストセンターに行く時の服装・スーツ/私服のどちらが適切か

テストセンターで受験する際の服装は私服の人が多いですが、一人だけ浮いてしまうような場違いな服装は避けましょう。

テストセンターでの適切な私服としては、露出の多い服装を避け、清潔感のある落ち着いた服装が好ましいです。具体的にどのような服装で望むのが良いのか、服装のポイントを紹介します。

露出の多い服装は避ける

露出の多い服装を避けるということは一般的なマナーです。女性の場合であれば、丈が短いスカートや、タイトで体にフィットしているような服装は、周りの視線も気になるため避けましょう。

男性であれば、半ズボンやタンクトップといった服装は、露出が多い服装としてあげられるので注意しましょう。

落ち着いた色の服装を選ぶ

テストセンターに行く際は、原色など派手な色の服を着るのは控えましょう。真っ赤なジャケットなど派手な服装では、注目を集める可能性が高いです。

周囲から浮かないようにするには、モノトーンやベージュ、ネイビーといった落ち着いた色の服を選んで着用していくようにしましょう。

清潔感のある服装を選ぶ

テストセンターでの適切な服装としては、清潔感のある服装を選ぶことです。しわがあって、汚れが目立つような服装は誰でも清潔感が無いと感じて嫌な印象を与えます。

また、サイズ感も清潔感にかかせません。大きめのサイズのほうが着心地が良いですが、大きめのサイズは、だぼっとしてだらしない印象となります。体型に合ったサイズの服を着用しましょう。

ジーパンでも問題ないが注意が必要

ジーパンでのテストセンター受験も可能ですが、あくまで綺麗目なジーパンを選びましょう。

穴が開いているバギーパンツなど、カジュアルすぎたりだらしなく見るものは避けるようにしてください。落ち着いた色のニットやシャツを合わせるなど、綺麗目な服装を意識しましょう。

履きなれない靴は避ける

テストセンターは、数多くの受験者が集まります。履きなれない靴を履いている場合は、移動中に躓いて捻挫をしたり、他の受験者にぶつかって怪我をさせるといった危険性があります。

テストセンターに履いていく靴は、履きなれている靴にしましょう。履きなれている靴であっても、靴のゴムが擦り減っていては不快感を与えます。事前に靴の裏を確認しておきましょう。

ヒールの高い靴は避ける

テストセンターでは、ハイヒールなどの踵の高い靴を履くのは控えましょう。ハイヒールなどの踵部分の面積が小さいものは不安定なだけでなく、歩くたびに音が鳴って他の受験者の迷惑となります。

男性は黒色の革靴などが好ましく、女性であればハイヒールではなく安定性のあるパンプスを履くようにしましょう。

オフィスカジュアルな服装が理想

テストセンターでは、服装自由といえどもこれから社会人として働くための試験です。かしこまらずとも清潔感のある集中しやすいオフィスカジュアルを意識した服装を選びましょう。

どのような服装にすれば良いのか迷ったら、社会人となりオフィスで働く自分を想像しながら服装を選ぶと良いでしょう。

自分の強み、 求められる職種がわかる

履歴書の書き方や内定を辞退する方法など、就活は情報戦です。

そこで、あなたは
就活情報をネット中心で集めている
エントリーしたのは有名企業ばかり
行きたい企業しか見ていない
という就活をしていませんか?
そこで、内定をぐっと近づけるために今回就活のプロに相談できるキャリアチケットをご紹介します。

キャリアチケットの実績
・内定率80.4%※
・就活相談実績60,000人以上
・独自の有料企業200社以上
※ サービスからの主要企業内定率(2017/04~2017/09)

キャリアチケットでできること
・人事目線のアドバイス
・適正のあった企業にあなたを推薦
・マンツーマンでの手厚い選考対策

キャリアチケットを使って、他の人と情報で差をつけませんか。

テストセンターにスーツで行っても問題ない

テストセンターに行く服装が決まらずに迷ってしまう場合や、試験の後に面接などの予定が控えている場合は、スーツでいっても問題はありません。

いくら服装に決まりが無いとは言っても、プライベートで着用していく私服を着ていくと、浮ついた雰囲気を醸し出してしまう場合もあります。無難な服装が良いならスーツで行くようにしましょう。

試験後の予定によってはスーツの方が良い

テストセンターの後に面接を行う場合もあります。テストセンターの後に面接を行うのであれば、スーツを着用するようにしましょう。

途中でスーツに着替える手間を考えると、初めからスーツでテストセンターに行くのがベストです。面接前には髪型や化粧が崩れていないかを確認しておくようにしましょう。

服装に悩んだ時はスーツ

テストセンターでは、私服で受験を行う人も多いですが、どのような服を着ていこうか迷ってしまうのであれば、スーツを着用することをおすすめします。

私服は個性が出る服装となり、シンプルな着こなしを行わなければ目立ってしまう可能性があります。スーツであれば、場違いのように捉えられる可能性はありません。

自分が落ち着いて試験を受けられる服装がベスト

テストセンターに行く時の服装・スーツ/私服のどちらが適切か

テストセンターに行く服装としては、スーツでも私服でも構いません。私服であれば、過度な露出や華美な服装を避けるようにすると良いでしょう。

不適切な服装を選ぶと、周囲の人よりも浮いてしまっていないか気になり、受験に集中できなくなる可能性もありますので、落ち着いて試験を受けられる服装を選ぶようにしましょう。

大事なのは服装よりも試験結果

テストセンターに行く際には服装も大事ですが、必ずしもこのような服装ではないとならないと決められているわけではありません。服装が気になって試験を疎かにしてしまっては、本末転倒です。

大事なのは服装よりも試験結果ですので、一番実力を発揮することができる服装を選び、受験に臨むようにしましょう。

Latests