Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月22日

おすすめの就活のコート・色・マナー・必要なのか|たたみ方

冬の就活にふさわしいコートとはどんなコートなのでしょうか?ここでは男女別や季節別に、就活に適したコートの選び方や、コートにまつわるマナーを詳しく解説します。そして、そもそも就活にコートが必要なのかどうかも考えてみましょう。

就活の時におすすめなのはこのコート(男女別)

おすすめの就活のコート・色・マナー・必要なのか|たたみ方

冬になると、就活の時にスーツだけでは寒いのでコートを羽織りたくなります。では、就活にふさわしいのはどんなコートなのでしょうか。結論から言うと、「スーツ売り場などビジネスウェア売り場で売っているビジネス用のコートなら就活に使える」です。

それは、具体的にはどんなコートでしょうか。また、ビジネス用以外のコートは使えないのでしょうか。ここからは、より具体的に就活におすすめのコートをご紹介します。

男性におすすめの就活コート

トレンチコート

男性用の就活におすすめのコートは、トレンチコートです。トレンチコートは薄手で張りのある生地でできていて、打ち合わせはダブル、ベルトがついているのが一般的です。ビジネスウェア売り場で扱っているトレンチコートの多くは、撥水性があります。ですので、防寒用としてだけではなく、レインコートとしても使用できます。

ステンカラーコート


ステンカラーコートのデザインはトレンチコートと比べると装飾が少なく、シンプルです。男性がスーツの上に着るビジネス用のコートとしては定番です。衿は後ろ側が高く、前側が低くなっています。第一ボタンをはめても、はずしても着ることができます。打ち合わせはシングルで、袖はラグランスリーブが一般的です。

ステンカラーコートの生地は、薄手でレインコートとしても使えるものから、冬用のウール素材やツイード素材などまで多種多様なものがあります。就活に使うなら、ツイードのような柄の生地ではなく無地のプレーンな生地のものを選びましょう。

男性は、何色の就活用のコートを選べばいいのか?

男性が就活に使うコートは、黒、ネイビー、グレーが一般的です。グレーは、ライトグレーよりもチャコールグレーなどの濃い目のグレーを選ぶことが多いです。

薄い色を選びたいならば、ベージュがいいでしょう。ただし、冬用のウールなどの厚手素材のコートの場合はダークカラーが無難です。就活で薄い色のコートを着るのはトレンチコートなどの薄手のコートの場合だけです。しかし、男性はトレンチコートでもベージュよりは、黒やネイビーなどのダークカラーの方が一般的なので、これから就活用に新しくコートを買うならダークカラーがおすすめです。

女性におすすめの就活用コート

トレンチコート

女性の就活におすすめのコートは、ベージュのトレンチコートです。黒やネイビーも使えますが、男性はダークカラーのトレンチコートが主流なのに対して、女性はベージュが主流です。

女性用のトレンチコートは着丈が短いものから長いものまであります。就活の場合は今流行のマキシ丈ではなく、オーソドックスな腰丈のものが無難でしょう。コートの中に着るスーツのジャケットの裾がはみ出さない丈、ということを基準に丈を選ぶのがおすすめです。

女性は、何色の就活用のコートを選べばいいのか?

女性の就活では、ベージュのトレンチコートを着る場合が最も多いですが、冬用の厚地のコートなら黒やネイビーがおすすめです。ベージュの場合はあまり白すぎず、落ち着いた色味を選びましょう。また、どの色でも、光沢の強い生地やラメの入った生地は避けた方が無難です。

知っておきたい就活中のコートにまつわるマナー

コートを脱ぐ場所は?

コートは就活の訪問先の会社や面接会場に入る前に脱いで、畳んで腕にかけて持ちます。大雨や大雪で入り口に入る前に脱ぐとスーツがびしょびしょに濡れてしまう場合は、入ってすぐのところでサッと脱ぎましょう。ただし、会社の建物の中で雨や雪を払って床を濡らすのはマナー違反ですので、できるだけ入り口の手前で水滴を払っておくように気を付けましょう。

冬にマフラーや手袋などの小物があるときも、コートと同じように入り口の手前で脱ぎましょう。

コートのたたみ方

コートを脱いだら、中表にしてたたみます。つまり、裏地側が表になるようにたたみます。まず、両肩のところから袖に手を入れて(袖口まで手を通す必要はありません)、肩のところからくるっとひっくり返して裏地側を表にします。サッと形を整えたら、腕にかけましょう。

脱いだコートはどうすればいいのか?

脱いだコートは、まず上下に2つ折りにして腕にかけて持ちます。イスに座るときには、2つ折りにしたコートをさらに半分位に折ってカバンの上に置きます。椅子の背にはかけません。たたんだコートをカバンの上に置くのは難しいですが、床につかない程度の大きさに折ってカバンにかけるイメージで置くと、滑り落ちにくいです。

コートを素早く脱いで畳んだり、カバンの上に置いたりするのは案外難しいです。コートを着る季節になったら、普段から練習を兼ねて実践するといいでしょう。

季節に合った就活用コートとは?

春・秋の就活にはトレンチコートが便利(男性)

春、秋の男性の就活用コートにはトレンチコートがおすすめです。コートがいらない気温の日も多いですが、1着用意しておくと肌寒い日や雨の日にも安心です。ライナー付きのものなら、気温に応じて調整できて便利です。

172cm 72kg ウェスト86cm サイズL でピッタリでした。カーキ色ですが、いい感じです。ほぼ画像と同じです。
ライナーがあるので、都内の冬であれば、スーツの中に薄手のセーターを着れば、充分に防寒できると思います。作りも本格的なトレンチです。ブランド物に比べると見劣りするかもしれませんが、価格が十分の一ですから。それを考えると、こちらにして良かったです。
注文の翌日に届きました。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%8... |

真冬の就活にはウールのステンカラーコートがおすすめ(男性)

保温性があり、やわらかな着心地のウールのステンカラーコートは真冬の就活におすすめのコートです。色は、黒、ネイビー、ダークグレーなどのベーシックカラーの無地のものを選びましょう。

コートだけでは寒い日にはマフラーや手袋をプラスしますが、派手でない色のものが無難でしょう。マフラーは無地なら黒、紺、グレー、落ち着いたブルー系などのものがおすすめです。

柄物なら、ストライプ、小紋、チェックなどで、基調の色が黒、紺、グレー、落ち着いたブルー系などで色合わせが目立ちすぎないものがいいでしょう。薄い色のウールの小物は、スーツに毛埃がついて目立ってしまうのでおすすめしません。

女性の就活はトレンチコートで3シーズン対応

女性の就活用コートは、ライナー付きのトレンチコートがおすすめです。ライナーのつけ外しで暖かさを調節できるので春・秋・冬の3シーズン使えます。

色はベージュが一般的ですが、ネイビーやブラックでもいいでしょう。ただし、春から初夏にかけてはダークカラーは見た目に少し暑苦しいのと、淡い色のほうが優しい感じが出るので新たに買うならベージュがおすすめカラーです。

女性の真冬の就活にはネイビーや黒のウール素材のコートがおすすめ

トレンチコートにライナーを付けた状態でも耐えられないくらい寒い日の就活には、ウール素材の華美でないコートなら着用してもいいでしょう。形に決まりはありませんが、チェスターコートやピーコートなど、シンプルで装飾が少ないものを選びましょう。ボタンが派手なもの、ファー付きはおすすめしません。シルエットはコンパクトなすっきりしたものが就活には向いています。

コートの長さは長めならスーツがちょうど隠れるくらいの長さ、短めならスーツのジャケットが隠れてスカートが見える位の長さがおすすめです。マキシ丈は就活ではあまり使いません。マキシ丈のコートは脱いだ時にたたみにくいです。

真冬の就活に使う女性用のコートの色は、ネイビー、ブラック、ダークグレーがおすすめです。ウール素材で淡い色だと、スーツ(就活用は大抵黒かネイビー)に毛がついてしまうのでなるべく避けましょう。同じ理由で、マフラーや手袋などの小物も毛がつくような素材ならば淡色はおすすめしません。

就活に1番おすすめのコートは男女ともライナー付きトレンチコート

ここまで、男女それぞれのおすすめの就活用のコートをご紹介してきました。男性用、女性用どちらも就活に1番使い勝手がいいのはトレンチコートだと言えるでしょう。トレンチコートの中でも、ライナー付きのものがおすすめです。

ライナー付きトレンチコートがおすすめの理由

男女ともに、ライナー付きトレンチコートが就活に1番おすすめなのは、次のような理由からです。

①春・秋・冬の3シーズンに対応している
②防寒着としてだけでなく、レインコートとしても使用できる
③脱いだりたたんだりしたときにかさばらない
④オーソドックスなビジネス対応のコートなので業種を選ばず安心して着られる
⑤動いたり着脱しやすく、機能的

トレンチコートは1着持っていても、損はないコートです。

トレンチコート選びのポイント

就活に最適なトレンチコートですが、選び方にいくつかポイントがあります。

まず、就活用のスーツの上にスムーズに着られるものを選ぶことです。トレンチコートの中には、かなり細身のものもあります。特に袖が細すぎるとスーツのジャケットを着たままでは、着られないことがあるので気をつけましょう。ライナーを付けた状態で、スーツの上に楽に着られるもの、きちんとボタンがとめられるものがいいでしょう。

次に、着た時にスーツのジャケットがはみ出さない丈であるかもチェックが必要です。そして、できれば生地が撥水加工でしわになりにくいものがおすすめです。これらの条件を満たすコートを選ぶなら、できれば就活用のスーツを着て店に行き、試着してみるといいでしょう。

トレンチコート以外は就活に使えないの?

この記事では就活におすすめのコートを解説してきましたが、就活用に新しくコートを買わずに手持ちのコートで代用したい方もいるでしょう。せっかくコートを買うなら、就活だけでなく普段着にも使えるものがいい、と考えるのも自然です。トレンチコート以外でも、就活に使うことはできるのでしょうか。

トレンチコート以外でも、色がネイビーや黒、グレーなどの定番カラーで、華美・カジュアルでないものは就活に使えます。

カジュアルなもの・華美なものは就活には不向き

コートの中でも、カジュアルテイスト、スポーツテイストのものは就活には向きません。ブルゾンやジャンパーは、色が黒やネイビーでもできれば就活では着ない方がいいでしょう。ダウンコート、ダウンジャケットもカジュアルな上に脱いだ時に場所をとるので、就活には向いていません。

寒がりな人はアウターをダウンにせずに、薄いダウンベストをスーツの中に着たり(着ているのは見えない)、肌着を保温性のあるものにするなどの工夫をしてみてください。また、目立つ装飾がついたものも、就活では着用しないのが普通です。ファー付きや、金ボタン、ラインストーンなどの装飾がついたものは就活には適していません。

流行中のチェスターコートは就活にも使える

デニムやパーカーにも合い、スーツの上に着られるチェスターコートは男性も女性も冬の就活に応用できます。色はダークカラーの無地がいいでしょう。冬用に、普段着と就活の両方に使えるコートを探している人にはおすすめのコートです。

ダッフルコートも就活の許容範囲内

本来、フード付きで目立つトグルがついているダッフルコートはビジネス用のコートではありませんが、色が黒やネイビー、グレーなら就活に使っても大丈夫でしょう。

これから就活にむけて新しくコートを買う方にダッフルコートはお勧めしませんが、真冬の寒い時期にコートなしで風邪をひいてしまったり、身体が冷え切って採用試験で本領が発揮できないよりは、手持ちのコートを着用して体調がいい状態を保った方がいいでしょう。

そもそも、コートは就活の必須アイテムなのか?

コートは入り口で脱いでしまうため見られていない?

就活では、コートは訪問する会社の入り口で脱いでしまいます。ですから、訪問先の企業の受付や採用担当の方と対面するときにはコートは着ていないことになります。

企業側の方にコートを着た姿を見られる確率は低いです。採用担当の方が見るのはコートを腕にかけているかカバンの上に置いた状態の時なので、極端に目立つ色や柄のコートでない限り悪い意味で目につくことはないでしょう。だから、必ずしもトレンチコートを買わなければならないということはなく、悪目立ちしないコートなら、着ても問題はありません。

しかし、不測の事態も考えられます。例えば、最初に集合した建物とは別の建物の会場に移動する場合や、喫茶店やレストランに移動する場合です。同じ学校のOB・OGの先輩の話を聞きに行くような時には、お茶をごちそうになることもあるでしょう。そのような場合には、コートを着ることになるので、やはり、いつコートを着た姿を見られてもいいようにしておきましょう。

寒がりではないから、コートはいらない?

前の項でご説明したように、企業側の方がコートを着た姿を見ることはめったにありません。ですので、スーツだけで寒くない場合はコートは必要ないのでしょうか。

防寒という観点からは、コートは必須ではありません。けれども、雨や雪などの悪天候の場合にはコートがあった方がいいでしょう。大雨や雪で、がびしょ濡れの状態で面接を受けるのは避けたいからです。面接の朝に天候を見て慌てなくていいように、できればトレンチコートのようなレインコートとしても使えるコートを用意しておきましょう。

コートがあれば冬の就活も安心

ここまで、就活におすすめのコートを詳しく見てきました。もし、コート選びに迷ってしまったら、ビジネススーツを扱っているお店に足を運んでみましょう。そういうお店で扱っているコートならビジネスシーンにふさわしいものが中心ですし、お店のスタッフの知識も豊富です。

訪問先の企業の方はコートそのものや服装ではなく、服装を通してあなたの人となりを見ています。就活に適したコートの種類や、扱いの基本を押さえていれば、急な悪天候でも自信をもって企業を訪問できます。新しくコートを購入する場合も、手持ちのコートを使用する場合も、基本マナーを踏まえて準備をして、気持ちに余裕のある就職活動をしていきましょう。

Latests