Search

検索したいワードを入力してください

2018年03月06日

就活用ネクタイの色・柄・形のおすすめの選び方|赤/ドット

就活をするときにネクタイで困ったことがあるという人は多いです。ネクタイの色や柄の選び方から、恥ずかしくて聞けない結び方まで、就活をするときはもちろんのこと社会人になっても使える知識ばかりです。ぜひともこれを機にネクタイについて知りましょう。

就活におすすめのネクタイって何?

就活用ネクタイの色・柄・形のおすすめの選び方|赤/ドット

就活と言うと、面接対策やエントリーシート対策にばかり話題が至るでしょう。しかし、就活している男性が意外と気にしているのがスーツに合わせるネクタイです。リクルートスーツという名称が存在するほど、スーツの方は定番が存在しています。

しかしスーツとともに着用するネクタイに関して言えば、種類が豊富です。ネクタイの色はもちろんのこと、太さや長さまで考え出すとキリがないでしょう。

そこでこの記事では就活でのネクタイのおすすめの色や相場などについて紹介しましょう。

就活用のネクタイにおすすめの色

就活用ネクタイの色・柄・形のおすすめの選び方|赤/ドット

まずは就活用におすすめのネクタイを紹介しましょう。ネクタイの色というのはスーツのジャケットの色との合わせ方、Yシャツの色との合わせ方も大切です。しかし殊就活に関して言えば大切になるのは色ごとに与える雰囲気と印象でしょう。ジャケットはたいていは黒ですから何を合わせても外れません。

多くの就活を控えている学生が、このことを前提にネクタイの購入を決めます。それでは色ごとの特徴を見ていきましょう。

赤は就活のネクタイの中では熱血、やる気、熱意を印象付けることができるでしょう。ただし就活においては鮮やかな赤は派手になってしまうことがあります。暗めの赤やエンジ系統の物がいいでしょう。

一次面接での印象付け、もしくは最終面接での熱意のアピールにおすすめです。

水色

水色の就活ネクタイは爽やかな印象を与えます。就活生は若いので、経験などよりも若さやフレッシュさをアピールしていきましょう。

水色なので水玉をチョイスしがちですが大きさには気をつけましょう。

青、紺

就活用ネクタイの色・柄・形のおすすめの選び方|赤/ドット

青色や紺色のネクタイも就活の時のネクタイとしてもおすすめです。水色に比べると落ち着いた色合いではありますが、依然としてフレッシュさを印象付けることができます。また水色に比べると知的という印象が強いのが特徴です。

チェック柄やストライプなどの柄がおすすめです。

売り場には王道のあ赤や青色に加えて様々な色が売られているでしょう。緑のネクタイもその一つです。確かに見た目はオシャレでしょう。しかし就活のネクタイとしてはお勧めできまs年。

その理由の一つとして、緑色のネクタイをしている人が少ないからです。就活性に限らず社会人でも緑色のネクタイは合わせにくい、派手、と敬遠されがちです。そのため緑色のネクタイをしている就活生は悪い意味で目立ってしまうでしょう。

もしもどうしても緑色のネクタイをしたいという人は、黄緑色に近い明るい色にしましょう。

紫色のネクタイをする人もいます。しかし紫色のネクタイも就活にはあまり向かないでしょう。たしかに個性を出すことはできますが、紫色はその色自体が神秘的で不思議な色です。着用している人にもとっつきにくいという印象を持つことがあります。

また、紫色のネクタイをしている人はある業界などにもいる印象を持っている人が多いため、敬遠されがちです。紫色は就活では避けた方が良いでしょう。

さて、黒のネクタイですが、こちらは絶対に就活で着用してはいけないネクタイです。なぜなら、黒のネクタイというのは喪服を連想させるからです。黒が好きという人も一定数いるでしょうが、ネクタイの着用に黒は意味深すぎます。

何か黒のネクタイで会話ネタがあるという人や相手側が思わずうなるような返しができない人は絶対に避けましょう。

グレー

グレーは穏やかで落ち着いた印象を与える色です。そのため就活のネクタイに使っても同じような印象を与えることができるでしょう。しかしグレーのネクタイは警戒心をやわらげ安心させる効果はありますが、印象には残りにくいでしょう。

グレーを着用するときは、採用面接する側の年代によっても好印象に受け取るかマイナス印象になるかが変わります。採用面接側の情報を持っていない場合はグレーは博打になってしまうでしょう。

ピンク

ピンクのネクタイは、春に特に人気のネクタイの色になります。しかし春に人気ということは裏を返せば、季節物のネクタイということです。就活は春に終わる人もいますが、夏以降まで続く人も当然います。

ピンクのネクタイをするときはその時の季節や気温を意識しましょう。また、ショッキングピンクのような色ではなく、薄いピンクなどピンクの印象が強すぎないものにしましょう。

色で攻めすぎない

就活生は、数いるライバルの中で何とか目立とうと考える人も多いです。特に自分がおバカキャラであったり、お調子者と自覚している場合はなおさらその傾向が強くなります。しかしネクタイの色で目立とうとする考え方は危険です。どんなに好印象の面接を行ってもネクタイの色が原因で落ちるなんてことは当然あり得ます。

就活生は皆が同じ格好をしています。それが嫌という人もいますがこれまで制服も着ていたのですから、日本においては当然の流れとも言えます。色は無難なのがいいでしょう。ただし2回以上面接がある場合は、いろをかえて印象も変えることがおすすめで鵜s。

特に中小企業の場合は一次面接の採用者が二次面接にも参加することはよく発生します。

就活用のネクタイにおすすめの柄

就活用ネクタイの色・柄・形のおすすめの選び方|赤/ドット

ネクタイには色はもちろんのこと、柄もたくさんの種類があります。色が同じでも柄が違えば与える印象も変わってくるでしょう。それでは柄ごとに与える印象と、柄について紹介しましょう。

ドット

就活用ネクタイの色・柄・形のおすすめの選び方|赤/ドット

ドットは大きくなると水玉とも言われます。大きすぎる水玉はたとえビジネススーツを着用していてもカジュアルな印象になってしまいます。なぜなら、エンターテイナーなどが大きな水玉模様の入ったネクタイを着用していることが多いからです。

その印象に引っ張られている部分もあるでしょう。ドットは大きくしすぎてしまうとカジュアルになり、就活のネクタイとしては不向きでしょう。

ドットは基本的には上品さや、大人らしさ、そして落ち着いた印象を与えます。見た目が明るい印象の人でまじめに見せたい人、上品に整えたい人はおすすめです。

おすすめの色

ドットはどんな色のネクタイにも合わせられるということではありません。落ち着いた雰囲気を与える柄なので、同じような印象を与える青系統やグレーなどの色のネクタイと合わせるといいでしょう。

赤などの色と合わせると情報が詰め込まれすぎてしまい統一感がなくなります。

無地

柄とは言わないという人もいるでしょうが、無地も立派な柄の一つです。無地のネクタイは、柄の印象自体はありません。そのため無地のネクタイと合わせる色によって印象が大きく変わるでしょう。また無地のネクタイほど生地が注目されてしまいます。

就活の場合は、あまりいいネクタイをしているのは印象がよくないでしょう。よほどこだわりがあるか、自分でしっかりと稼いでいない限り背伸びをしているように見えてしまいます。色が地味ならば無地のネクタイはその色の印象に引っ張られ地味に、そして派手ならば派手な印象へと移りやすいです。

ある程度のネクタイでない場合は、無地は貧乏、貧相という印象になってしまうので気をつけましょう。

ストライプ

ストライプは、ネクタイにおいてはレジメンタルとも言われます。この柄は特に就活用のネクタイの定番として知られており、店員さんも一本は進めてくるでしょう。定番のため色による外れがほとんどなく使用頻度が高くなる柄です。

ただしストライプとは言ってもその幅によって印象は大きく異なってきます。就活では細い顔立ちの人はストライプの間隔が広いものを、丸顔の人にはストライプの間隔の幅が狭いものがおすすめです。

また、ストライプの線自体が太くなるとカジュアルによっていってしまいます。あまり太すぎるものは避けましょう。ちなみにストライプのネクタイはたいてい右肩上がりになっています。万が一安く購入して右肩上がりになっていない場合は相手が違和感を覚えることもあるので避けましょう。

そして最近外資系や海外企業に就職する人もいますが海外では軍隊が連想されることもあるためストライプは、避けるのが無難です。

チェック

ネクタイにはチェックの柄も多く販売されています。もちろんこちらも就活用として使用できますが注意点がいくつかあります。

まずはチェックの線が細めであること、そして色は多くとも3系統以内ということです。チェックの線が太いと柄の主張が強くなってしまうので、下地の印象が伝わるものにしましょう。そして色は多すぎると落ち着きません。3色、もしくは同系色を3系統にしておきましょう。

避けたいネクタイは

就活の時は柄物としてキャラクターが入っていたり、ブランドのロゴが見えてしまうものは避けましょう。特に女性がプレゼントするとそういったものが選ばれやすく、着用しないといけない気がしてしまいますが、就活では禁物です。就職した後に使いましょう。

就活用のネクタイのおすすめの形

就活の時のネクタイでは形にも気を配る必要があります。

長さ

ネクタイは長すぎるとだらしなくなってしまい、短すぎるとカジュアルな印象を与えてしまいます。見落としがちですが身長が平均から外れていると自覚している人ほど注意が必要です。

ネクタイはその結び方の特徴により、多少は調節が利きます。小剣、つまりネクタイの内側に来る先端で調節します。大剣の先端と合わせた状態が最も短く調節している状態です。この時にベルト部分よりも明らかにしたに来ている場合は長すぎるといえるでしょう。

逆にベルトの部分に達していない場合は短すぎます。

太さ

太さにも種類があります。そし太さにも実は流行があったりします。通勤中の人を見ると特に若い世代の人は傾向が出ています。参考にするといいでしょう。

一般的におすすめされているのはスーツの襟の幅と同程度のものになります。7~9㎝くらいです。これならば就活用のスーツ以外にもたいていのスーツに無理なく合わせられるでしょう。

太いネクタイは雑な印象に、そして細身のネクタイはカジュアルな印象になります。業界によって使い分けるのもいいでしょう。

就活用ネクタイの正しい結び・締め方

就活用ネクタイの色・柄・形のおすすめの選び方|赤/ドット

実は意外と就活生が悩むのがネクタイの結び方です。学生の頃から制服でネクタイの着用をしていた人はいますが、それ以外の人はほとんどネクタイをすることがなく悩んでしまいます。実家暮らしならば親に聞けばいいのですが、一人い暮らしをしていると聞くことができないでしょう。

いざというときに慌てたりしないように、ネクタイの結び方を就活を機に覚えましょう。大きく分けると4種類の結び方がありますが、最低限簡単なものを一つ覚えておけば十分です。下記のリンクを参考にしてください。

就活用ネクタイの値段の相場

就活用ネクタイの色・柄・形のおすすめの選び方|赤/ドット

それでは就活用のネクタイの場合はどれくらいの値段の物を購入すればいいのでしょう。スーツの相場は知っているという人も、ネクタイの相場までは押さえていないことがあります。ちなみにスーツの相場は3万円から4万円くらいです。ただしほとんどの会社が就活生用にセールをしているのでもう少し値段を抑えることもできるでしょう。

ネクタイの相場としては 就活用であれば3千円から5千円くらいです。ブランド物になるとそれ以上の値段がしますが、就活の時は就職後以上にスーツを着回し、さらに暑い中でもネクタイをするため色落ちや、型崩れがはやいです。

就職した後に良いネクタイを買うつもりでいろや太さを試しておくのもいいでしょう。また一本ではなく最低限二本は持っておくといいでしょう。

就活用ネクタイとスーツの色の合わせ方

就活用ネクタイの色・柄・形のおすすめの選び方|赤/ドット

就活用のネクタイをここまで見てきましたが、やはりネクタイはスーツと合わせてみないと印象がはっきりしません。中には派手に見えているネクタイでも、スーツと合わせると無難になることもありますし、スーツと合わせると違和感が出る場合もあります。できればスーツと一緒にネクタイを購入して、合わせてもらいましょう。

とはいえ、急遽ネクタイを買う必要が出てくることもあります。その場合はあなたの着用するスーツの色と柄は最低限覚えておきましょう。

黒系統のスーツなら

黒といってもスーツの場合はその濃淡で全く印象が異なります。いわゆる礼服の場合も黒と分類できますが、就活用のスーツとはその濃度が違い、一目で違和感を覚えるでしょう。

就活用のスーツとして基本とされているため、たいていのネクタイと合わせることが可能でしょう。ただし、グレーのネクタイと合わせるとフレッシュさを感じさせられません。スーツにシャドウストライプが入っている場合は、ストライプの間隔を合わせたり、ドットにしてみましょう。

色としては赤系統や青系統がおすすめです。

紺色のスーツなら

あまり多くはいませんが、就活の時に紺系統のスーツを着用している人もいます。その場合はスーツのジャケットの色と同じ紺は避けるといいでしょう。あまりにも同系色でまとめてしまうと逆に違和感を覚えます。

コントラストを利かせて赤系統のネクタイにしたり、落ち着いた印象が与えられるグレーなどもいいでしょう。また、紺は就活生の中では目立つのでシンプルに無地でも十分にインパクトがあります。

就活用ネクタイのおすすめのブランド

さて、就活を控えている彼氏にネクタイを送りたいという女性、そして友人に激励の意味を込めて贈りたい人、さらには自分を鼓舞させる所謂勝負ネクタイとしてブランド物が欲しいという人もいるでしょう。そうした人たちのために就活ネクタイとしても使えるブランドを紹介しましょう。

ブランドとして知名度が高いのはポールスミスです。男性から根強い人気を誇るこちらのブランドは就活を控えている学生にも人気です。ただし値段も高く一万円を超えることがほとんどです。

また、TAKEO KIKUCHIも人気が高いです。日本のブランドということもありますし、セールをしていることが多く安く手に入ることがあります。またブランドなので材質や手触りもいいです。

ブランド物を買うときは着用した時に、一目でそれとわかるようなマークが入っていないかに注意しましょう。就活の場ではマイナス印象になってしまいます。

タイピンは避ける

ブランド物を購入するとつい、タイピンにも目が行くでしょう。しかし就活の場ではタイピンの着用は避けてください。おしゃれではあるものの、社会人でも着用する人が少ないためおしゃれが際立ちすぎてしまいます。

結婚式や、敷居の高いバー、レストランなどプライベートで使用しましょう。

ネクタイにもこだわろう

就活用ネクタイの色・柄・形のおすすめの選び方|赤/ドット

ここまで就活するときのネクタイについてを紹介してきました。就活となるとどうしても面接や筆記試験対策に目が行きがちです。しかし外見で与える印象も就活の時には同じくらい重要になる要素の一つです。格好いい人が内定をもらうわけではありません。きちんとした身だしなみができているかどうかという点が問題になります。

スーツには気を配るものの、ネクタイまで気が回らないという人、いつも同じネクタイを着用して就活に挑んでいるという人も少なくはありません。しかし紹介してきたように、ネクタイの色はもちろん柄が変わるだけでも印象は大きく変わります。面接が複数回あるという人はぜひともネクタイを駆使して印象を操作しましょう。

そして就活を気持ちよく終わらせて、社会人でもネクタイを着こなして格好よくなってください。ブランドが一本あると気持ちが引き締まるでしょう。

Latests