Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月30日

【メンズ・レディース別】就活用おすすめバッグブランドの選び方

就職活動のバッグ、どのようなものを購入するか悩んでいませんか。就活用バッグは使い勝手がよく、長持ちし、さらに印象を良くするバッグを選ぶべきです。この記事では就活用バッグの選ぶポイントやおすすめブランドを細かくご紹介しています。

男女別就活用のおすすめバッグ!安いブランドの選び方

これからの人生がどうなるかを左右する「就職活動」。ビシッとキメた格好で好印象を持たれたいと思うのは当然です。しかし、スーツ、靴、時計にバッグと買うものは多く、その費用はバカになりません。今回は就活でビシッとキマるのに安いバッグをご紹介します。バッグを新調するだけでも、印象は変わります。

無印

品質の良い商品をオトクな価格で提供している「無印良品」は、ビジネスよりもプライベートに使える商品が多い印象があります。しかし、キリッとキマるアイテムも揃っています。

男性におすすめしたいのが「ビジネスバック」です。定番のネイビー色で就活でも劣らないバッグです。パソコンを収納できるため、しっかりとした作りで撥水加工もバッチリです。その上に5,000円以下で買えるのがかなり魅力的。就活で1年間使い続けても長持ちできるため、就職したあとでも使い続けられます。

女性のバッグももちろん取り扱いがありますが、かわいらしいトートバッグなどラフな格好に合うバッグが多いです。就活に使えるバッグもありましたが、価格は20,000円からと高額。品質はとても良いものですが、安いバッグと考えると躊躇せざるを得ないです。別のブランドをチェックしてから購入を検討するほうがいいでしょう。

ユニクロ

日本発のファストファッションとして圧倒的地位にいるのが「ユニクロ」です。ユニクロはカジュアルな洋服が多いイメージが多いですが、スーツやジャケットなど就活生が使えるグッズが揃っています。もちろん、バッグもキッチリしているのに低価格で販売されています。

ユニクロでおすすめしたいのは、女性向けの「レザータッチトートバッグ」です。A4サイズがしっかり入る大きさなので、就活の最中に受け取る書類や履歴書やエントリーシートなどを持参するときもファイルに入れて持ち歩けます。デザインはシンプルで素材は合成皮革です。そのためかっちりとしたイメージを相手に印象付けながらも、丈夫で使い倒せるバッグです。

しまむら

お買い得な値段で洋服を買えると話題の「しまむら」はキッズから高齢の方まで幅広い世代に指示されているブランドです。しまむらも日頃使う洋服が多く、就活には不向きと思われています。しかし、意外と就活でも使えるバッグが揃っています。

シンプルなビジネス用というバッグは正直、少ない印象です。しかし、黒や紺色などのシックな色合いで、デザインがシンプルなものが販売されています。なかにはエルメスなどの高級ブランドの有名バッグ「バーキン風」なものもあります。商品を選べば、就活でも使えるバッグがあります。ただし、ときには売り切れなどもあるため、しまむらでバッグを買うならリサーチは欠かせません。

また、しまむらだと女性用バッグの品揃えは多いですが、男性は少ないです。そのため男性だと就活に使えるバッグが見つからないこともあるため注意が必要です。

洋服の青山

スーツと言えば「洋服の青山」という声が出てくるほど、スーツ販売の印象が強いブランドで、就活生からの支持はかなり高いです。

そのため、就活やその後のビジネスシーンで使えるバッグが種類豊富に揃っています。男女問わずに種類があるため、いろいろなバッグを見て選びたいという方はまずは洋服の青山にいくのが効率的です。

就活用のおすすめバッグの色・素材の選び方

就活用バッグにおすすめの色「紺」

就活用のバッグの色はその人の印象を変えてしまうほどのインパクトを持っています。そのため、色の選択はかなり重要です。

オーソドックスな色合いとして人気なのが「紺色」です。スーツが黒・紺色が多いため、同じ色で一体感を出すと、全体がまとまるためしっかりした就活生を印象づけます。

ただし、スーツが黒・バッグが紺色だと色合いの程度によっては、逆に浮く場合もあります。スーツが黒の場合は、できるだけ黒に近い紺色を選びましょう。合うかどうか判断できないときには、スーツを着たり持参してバッグを買うと選び間違いがなくなります。

就活用バッグにおすすめの色「茶色」

就職を希望する先によっては、それほどかっちりとし過ぎない方が好印象ということもあります。そのようなときは「茶色」のバッグで色をずらしてみましょう。男性ならば濃い茶色でしっかりとした印象を与えられますが、女性だと濃い茶色は重たく見えてしまいます。女性は茶色でもキャメルやベージュ系の色合いにするとフェミニンな印象になります。

就活用バッグにおすすめの素材「革」

ビジネスマンが多く使うバッグの素材は「革」です。就活用のバッグでも、できれば革製品を選ぶといいでしょう。もちろん「合成皮革」でも大丈夫です。

革だとバッグそのものが上質な印象を与えてくれるだけでなく、しっかりとした作りのため使っていても壊れることが少ないです。高級なバッグならば5年10年と使い続けることもできるため、就活を機会に5年使う良質な革バッグを購入するのもいい機会です。

ただし、革バッグはお手入れが面倒な場合もあります。手入れを怠ることで傷がついて見た目が悪くなることも多いです。手入れに自信が無い方は合成皮革のほうをおすすめします。

就活用バッグにおすすめの素材「ナイロン」

就活用としてだけ使うならば「ナイロン」製品もおすすめです。ナイロン製は革と同じく丈夫でへたらないのが特徴で、長い就職活動の戦いで手荒に扱うことがあっても簡単に壊れることはありません。また、価格が革や合成皮革に比べて安いため、どうしても使えないほど傷付いたり壊れても買い替えが気軽にできるメリットもあります。

しかし、ナイロンは光を反射しやすい素材のため、安いものを持っていると思われるデメリットも潜んでいます。重厚感や洗練さを出したい場合は、革バッグにするほうがいいでしょう。

就活用おすすめバッグに入れる中身は?

就活生が持つバッグにはどのようなものを入れるのでしょうか。実はそれが分かっていないと、バッグが小さすぎたり大きすぎることになってしまいます。

就活生のバッグに入れるモノとしては、
・A4サイズのファイル(これには履歴書やエントリシートのコピー、予備の顔写真などをいれておきます)
・折りたたみ傘(急な雨で面接前に雨に打たれる可能性があるからです)
・筆記用具やメモ帳、手帳
・モバイルバッテリー
・女性ならば化粧品やストッキング
・ハンカチやティッシュ
これらが最低限入れておくべきモノです。

これらがしっかり入りつつ、パンパンになりすぎない大きさのバッグを購入するようにしましょう。

就活用おすすめバッグの値段

就活で使うバッグはどれくらいの金額をかければいいのでしょうか。一番重視すべきは金額よりも「機能性」です。使い勝手がよく、必要なものをちゃんと収納でき、そして長い就活期間を使い続けられる丈夫さが必要です。

もちろん、高額なバッグを購入すれば、丈夫さも使い勝手もよく、質も良いため見た目の印象も上がります。だからといってハイブランドだと一目でわかるようなものを就活で持参する人はいません。

就活で使うバッグの相場は5,000円~10,000円程度と言われています。それくらいの金額のバッグだと、機能性もよく、万が一壊れても買い替えがしやすくなります。またシンプルなものが多いため、就活会場で浮いてしまうことも少ないです。

就活用バッグの形は肩掛け・リュックでもいいの?

フォーマルな肩掛けバッグは大丈夫

バッグのなかには、手持ちバッグにも肩掛けバッグにもなるバッグがあります。これだと就活会場でも使うことはできます。ただし、カジュアルなデザインや色は厳禁で、黒・紺色・茶色でシンプル、そしてフォーマルなデザインのものである必要があります。間違っても普段使っている肩掛けバッグでは行ってはいけません。

リュックは原則としてNG

リュックはカジュアルなものというイメージが強いです。そのため、たとえビジネスマン用のフォーマルバッグでリュックにもできるタイプでも、会場に背負っていくのはかなり悪い印象を与えてしまいます。

ただし、購入してNGということではありません。使うのがNGであって、見事就職先が決まって働き出してからリュックとして使うのがいいです。

就活以外でも使えるおすすめバッグの選び方

大学生の私服に合わせるのは難しい

就活用バッグはご紹介したように、ビジネスシーンで使える黒・紺色・茶色系の色合いで、サイズもA4サイズが入るモノが必要です。そのため、大学生のカジュアルな私服に合わせるのは難しいです。

しかし、大学も4年生になってくると、男性ならジャケット+デニム、女性ならトラッド系のお姉さんコーデをすることも多くなります。そうなれば、かっちりすぎない就活用バッグなら授業に持っていくなど使いどころがあります。

社会人になれば就活用バッグは重宝する

社会人になれば、仕事の資料などを持ち歩くこともあり、就活で使っていたバッグを使うのはまったく違和感がありません。むしろいろいろなモノが入るため重宝するアイテムです。特に使えるのが外回りの営業など、バッグをよく使う職種です。就活同様、手荒に使って壊れることも多いため、丈夫な就活用バッグで長く使いまわせます。

バッグは長い戦いの仲間!自分にあったバッグを選んで

就活は期間が短くなったとはいえ、長い戦いの日々が続きます。短くなったからこそ短期決戦で、バッグを酷使することも多くなります。使い勝手が良くないバッグを持っていると、それだけでモチベーションが下がることもあるでしょう。

まずは自分が使いやすく持ちやすいバッグを選んでください。もちろん、見た目を左右することもあるため、自分の印象をアップさせるバッグを選びましょう。

Latests