Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月24日

【男女別】就活時の前髪の作り方・流し方と適切な長さ

就活を始める上で身だしなみは気をつけなければなりません。その中でも前髪は顔全体の印象を左右するもっとも重要なパーツと言えるでしょう。少しの工夫で理想の前髪になれます。理想の前髪で良い印象を与え、ほかの就活生に一歩差をつけて就活を有利に進めましょう。

男女別就活時の前髪の作り方

【男女別】就活時の前髪の作り方・流し方と適切な長さ

就活生は身だしなみにも気をつけなければなりません。中でも前髪は第一印象を左右する大事なパーツの一つです。長すぎると暗く見えてしまうし、短すぎるのは個性が強すぎて逆に大丈夫なのかという印象を就活先の会社に与えてしまいます。女性はもちろん男性も同じように前髪をあげるべきか、でもワックスなどは使って大丈夫か、など心配なこともあるでしょう。

まずは男女別に前髪の作り方をご紹介します。基本は男女ともお辞儀をしたときに崩れたり乱れないようにすること、おくれ毛など無いようにすることが重要です。また眉毛や、耳を出したりするとさらに明るい印象になります。それを踏まえていろいろなアレンジを見てみましょう。

流し方

少し長めに前髪を作り、サイドを耳にかけることですっきりと見せるスタイルです。もう少し短くするか流してピン留めるなどするとさらに明るい顔立ちになります。ショートヘアの方はこのように耳にかけるのがベストです。ロングヘアの場合は束ねてサイドの髪が落ちてこないように整えましょう。

巻く

前髪がもともと少し長めの方は毛先を少しだけ巻いて長さを短く見せることもできます。前髪を短く切るのは勇気がいるという方はこの方法が挑戦しやすいでしょう。目にかからないようにすることと、乱れて面接中に何度も前髪を触って直したりすることがないように気を付けましょう。カールキープ力のあるスプレーなどを振っておくのも一つの方法です。

あげる

やはり男性の場合は短髪、前髪は短くあげるのがオーソドックスで印象も良いでしょう。前髪をあげることでフレッシュで明るい印象を与えることができます。少し長めの前髪の場合は流すなどして目にかからないようにしておきましょう。その際はワックスやスプレーなどで固めると崩れることもなく安心です。

就活時の前髪の適切な長さ

【男女別】就活時の前髪の作り方・流し方と適切な長さ

あまり前髪を短くしたりはとても勇気がいるし、迷っている方も多いでしょう。自分に似合う前髪の長さは案外難しいです。就活をするうえで適切な長さが最初にわかっていれば就活のために前髪を切りに行くこともできます。その適切な前髪の長さとはどのくらいなのか調べてみましょう。

短い方が好印象か

前髪は短ければ短いほど良いというわけではありません。適切な長さというのはちょうど眉毛が見えるくらいの長さです。眉毛が見えれば表情もとても豊かに見えますし、目にもかからない長さなので就活には最適な長さです。

ならばおでこを出した方がいいのかというとそういうわけでもなく、必ずしもおでこを全部出す必要はありません。しかし、おでこが全部隠れてしまっていては暗い印象を与えてしまいますので、横に流すなどして一部だけでもおでこが見えるようにしておきましょう。

就活のために前髪を伸ばすべき?

短い前髪が好きな方もいらっしゃるでしょう。しかし就活には不向きです。きちんとした印象を与えることが難しく、本当にこの人に任せて大丈夫なのかと面接官に思われてしまう可能性があります。そうなるとせっかく能力があっても採用されないという、とてももったいないことになってしまいます。

前髪のみで判断されることは少ないですが、判断の一部になり得ることは確かです。短い就活中だけでも伸ばして適切な長さにしておくのが無難でしょう。個性を出すところを間違えないようにして、自身の中身をしっかりとアピールしましょう。

就活時に前髪が長い時の対処法

前髪がもともと長い方はしっかりと分けて、ピンでとめたり固めたりする方法が良いでしょう。おでこも眉毛も出せるので表情豊かに明るく見えますし、ロングの場合でも後ろ髪は束ねて落ちてこないようにすれば崩れる心配もありません。

分ける場所は自分の自然な分け目がわかれば良いのですが、わからない場合は髪の毛を後ろにかきあげて自然におろすだけで簡単に自分の自然な分け目がわかります。分け目を変える場合は崩れやすいので、自分の好きな分け目の箇所で分けて固めておくのが安心です。

就活時に前髪が中途半端な長さの時の対処法

【男女別】就活時の前髪の作り方・流し方と適切な長さ

顔周りにまとまりのない長さの髪の毛があるとだらしない印象を与えてしまいます。就活の時は顔周りに髪の毛がつかないように気を付けます。前髪も同じで、横に流したりしたときに一束だけ落ちてきているといったことの無いように気を付け、しっかりと固めるかピンで留めておきましょう。

就活での前髪のピン留め方法

就活の時にピン留めする際はピンが見えないようにすることが大切です。髪の毛と同色系のヘアピンを必ず使い、飾りがついていないものを選びましょう。前髪が短い方は、まず短い前髪をピンで留め、後ろから長い毛束を持ってきてスプレーで固定します。そのまま後ろで束ねたり、耳にかけたりして完成です。

顔周りのおくれ毛も耳の後ろに持って行ってピンでしっかり留めて面接官からは見えないようにするとすっきりとした印象になります。

就活時の前髪の身だしなみ・マナー

【男女別】就活時の前髪の作り方・流し方と適切な長さ

就活の時にはマナーがあり、身だしなみ3要素として、清潔感・健康的・機能的があります。全体的な身だしなみはもちろん、前髪を少し工夫するだけでこの3要素を満たすことも可能です。身だしなみは「この機会を大切に考えている」という就活生から面接官に対する無言のメッセージになるのでしっかりと注意を払いましょう。

オン眉毛は大丈夫か

オン眉毛の前髪が流行っていますが、就活の時は重すぎるオン眉毛の前髪は避けましょう。前髪の量が多いと、いくらオン眉毛の長さでも暗い印象を与えかねません。

オン眉毛の長さの場合は量を減らしてみましょう。前髪の上の方を後ろ髪へ持って行って束ねれば、調節できます。お辞儀をしたときに前に落ちてこないように固めておくのが良いでしょう。

アシメは大丈夫?

一概に大丈夫とは言い切れないのが、アシメ(アシンメトリー)の前髪です。アシメの前髪は、長さと量にもよって印象が変わります。そしてあまりにも斜めすぎるとやはり違和感がありますので、印象はよくないでしょう。

面接官は就活生が「きちんとしているか」を見ているので、「おしゃれ」であることをアピールすることは、むしろマイナスなイメージになってしまいます。芸術やファッション業界を狙っているのでなければ、やめておいた方が無難です。

ワックスやスプレーなどでの就活時の前髪の固め方・セット方法

【男女別】就活時の前髪の作り方・流し方と適切な長さ

スプレーやワックスで固めておくことは清潔感につながります。面接などでは、お辞儀をする機会が多いため、髪が乱れないように使用した方がいいでしょう。ただし、つけすぎ、固めすぎは逆に不潔な印象になってしまうので気を付けなければなりません。適量適所に使うようにして、印象のよい前髪を作りましょう。

女性の就活用前髪の作り方

分け目にワックスやスプレーを使うことで分け目を記憶させておくこともできます。就活だからといってセンターで分けるのはちょっと、という方にはおすすめです。また、スプレータイプは前髪の内側から根元につけるイメージでスプレーし、次に同じく内側から毛先までスプレーすると崩れにくい前髪が作れます。内側にまんべんなくかけるのがコツです。

男性の就活用前髪の作り方

短髪でさわやかにと言っても、あまりツンツンにワックスで固めすぎるのは就活ではおすすめしません。量は少なめに毛流れを整えるくらいのイメージで使用すると良いでしょう。前髪につける量も多すぎるとウエット感が前面に出てしまい、不潔な印象になってしまいますので気をつけましょう。

前髪をきっちりセットして好印象をゲット

【男女別】就活時の前髪の作り方・流し方と適切な長さ

前髪が変わるだけで印象がガラリと変わります。自分自身に似合う前髪を模索している就活生の方はぜひ参考にしてください。今までなんだかうまくいかなかったのならば、前髪が影響している可能性もあります。前髪をしっかりとセットして前を向いて行動すれば、見通しも明るくなります。周りからの視線も変わることでしょう。

そして一番大事なのは外見のオシャレでアピールするよりも、清潔感・健康的・機能的の3要素をしっかりと満たして自分自身の内面を面接官にしっかりとアピールすることです。好印象な前髪を手に入れて就活を成功させましょう。

Latests