Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】就活で服装が自由の時のおすすめの服装・私服

初回公開日:2017年12月05日

更新日:2017年12月05日

記載されている内容は2017年12月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就職活動で服装自由の時のお勧めコーデを紹介します。「自由」と言われても何を着れば良いのか戸惑ってしまいますが、企業はあなたの個性を知りたいと思っています。お勧めコーデと注意するポイントについても紹介していますので参考にしてみてくださいね。

服装自由の意味とは 企業の本音を知る

就活の案内文に記載されている服装自由の意味とは、なにを意味するのでしょうか。スーツでも私服でも良いともとれるし、私服の方が良いともとれます。至って曖昧ですが、人生を左右する大事な試験においてヘマはしたくありません。

就活生にとって「服装自由」はいささか意地悪にも見えますが、採用においてヘマをしたくないのは企業にとっても同じです。一年に一度の新卒試験で、面接では好感触だったが企業のイメージに合わずミスマッチで早々に退職してしまうという悲劇は起こしたくありません。

服装自由と選択件を学生に投げかける事により学生の対応力や判断力、個々の個性を見ています。みんな同じに見えるダークカラーのリクルートスーツですが、実際に社会に出てみるとそのような服装で仕事をされる人はある程度限られてきます。

企業が知りたいのは採用されて働くあなたの姿です。新卒の場合は特にムードメーカー的な役割を担うため、明るく親しみやすい人が好感が持てます。私服で面接することにより、就活生の個性がでて企業の求める人材のマッチ度が図りやすくなります。

このような企業の意図を踏まえたお勧めのコーデを紹介します。参考にしてはいかがでしょうか。

企業のカラーをリサーチする

「服装自由」な企業の場合、まずはその企業の傾向を調べましょう。OGやOBがいれば訪問したり就職課などで聞いてみると良いでしょう。スーツでも良しとするところもあれば、完全に私服で来てくださいなど企業の意図はいろいろです。

就職実績がなく、情報が得られない場合には就職説明会で様子を見たり、採用担当にスーツと私服の割合について率直に聞いても良いでしょう。私服で行く場合には企業によりカラーが異なるため会社のHPで社風や雰囲気を確認しましょう。企業によっては社員が写真で紹介されており、より企業のカラーが見えてきます。

リサーチをすることは実社会でも有用なスキルです。ネットワークを駆使してライバルに差をつけましょう。

就活の証明写真での服装

就活の証明写真の服装はスーツが基本です。他に企業を受験しているのは企業にとっても周知の上ですので、服装自由だからといって証明写真を使い分ける必要はありません。履歴書やESに貼る写真はあくまで正式な服装であることの基本マナーに従いましょう。

男女別就活で服装が自由のときのおすすめの服装・私服

お勧めの服装としてはオフィスカジュアルでありながら新卒らしさを出すことです。上のコーデは白いブラウスとネイビーのパンツを合わせた服装です。一見リクルートっぽく見えますが、パンツがゆったりとしておりカジュアル感が出ています。

落ち着いていながら清潔感もあり上品な印象です。服装自由といえども冒険したくないあなたに誰からも好印象のお勧めのオーソドックスなコーデです。就活の男女別夏冬のおすすめコーデとポイントを紹介します。

夏の場合 女性

ネイビーやグレーなどのリクルートスーツからは一線を画した服装です。夏の就活においてリクルートスーツはどうしても暑苦しく野暮ったく見えてしまいます。

リクルートカラーをはずし、綺麗目の色のコーデです。涼しげで印象もよく、スーツよりもきちんとした印象に見えTPOを意識した服装の組み合わせです。

夏の場合 男性

男性の場合、いかにもなリクルートスーツは着ないにしても、スーツで就活に望みたい人も多いでしょう。そんな人にお勧めなのが上のコーデです。夏仕様で生地は薄めですが、かっちりとしており綺麗な印象です。

あえてジャケットとパンツの色をはずす事により、きちんとしながらもおしゃれも取り入れています。就活だけではなく他のシーンでも使いまわしの効くお勧めの服装です。

冬の場合 女性

冬らしく、グレーのコーデで合わせています。オフィスにいそうなOLスタイルです。スカートの丈は長すぎず、短すぎずちょうど良い長さで、就活の面接や会社説明会の際に椅子に座ったときやお辞儀をした時なども綺麗に見えます。

女性の場合は特に座ったときのスカートの丈の長さやぴったりしすぎていないかなど、体型が露骨にわかるような服装は避けましょう。少しゆとりがあるくらいがベターです。

露出や体の線が出ていないかなど、TPOに合わせた服装ができるかを企業は見ています。服装でけではなく機能的な面でも気をつける事が大切です。

冬の場合 男性

ジャケットはラフですがセーターとパンツを同じ色で合わせた落ち着いたコーデです。これならオフィスカジュアルの会社での服装でもおかしくないです。好印象を与える服装を心がけましょう。

就活のセミナーのときのおすすめの服装

就活のセミナーにはどのような服装がベストでしょうか。企業にもよりますが、この後の面接にも繋がるので手を抜かずに好ポイントな服装で参加しましょう。セミナーはあくまで会社を知るもので、面接ではありません。企業側が学生のために開催して頂いている意識を持ち、面接よりもよりきちんとした服装がベストです。

就活で工場見学にいくときの服装

製造業など、就活で工場見学に行く場合があります。その時に服装自由な場合はスーツは避けましょう。動きやすく、安全な服装で参加するのがベストです。万が一の事に備えて肌の露出は避けて靴はスニーカーが良いでしょう。

上記の男性は動きやすいカーゴパンツを履いています。TPOに応じて服装を選ぶことが就活成功の鍵です。

就活の懇親会のときのおすすめの服装

就活を終えて見事内定を勝ち取り企業の懇親会に参加するときはどのような服装がベターでしょうか。参加されているのは未来の上司や同僚です。相手に失礼のないかつ好印象を与える服装を選びましょう。

懇親会はあくまで親睦を深めるものなのでスーツなどの形式ばった服装ではなく、ワンピースなどの上品かつフェミニンな服装がベターです。

就活は内定をもらえばそれで終わり。ではなくこれからがスタートです。面接の時とは全く別人のような解放的な服装で参加するのはくれぐれも避けましょう。

就活のテストのときのおすすめの服装

就活のテストは面接ではないため、服装については迷ったらスーツでも良いでしょう。他に掛け持ちしているところもあるなどスケジュールが詰まっている時はあえて服装を変える必要がありません。

新卒の就活のテストの場合たくさんの方が受験されるため、悪い意味で目立たなければ企業の目に留まる事はありません。あくまで個性を出すのは面接の場合です。無難な服装で挑みましょう。

テストセンター

テストセンターは企業から受託を受けて筆記試験を行う会場です。あくまでテストを行うことが目的のため、服装や就活生の態度などが企業側に伝わることがありません。                                                 テストセンターでの受験の時に気をつけたいポイントとして、 替え玉防止のため写真付の身分証明書で本人確認を行っております。身分証明書の写真と実物があまりに違う場合は別人疑惑が持ち上がり、テストを受けられないなんて事態を避けるため、メイクや髪型など、写真とイメージが違っていないかのセルフチェックを行いましょう。

企業で筆記試験の場合

企業で就活の筆記試験を受ける場合も迷ったらスーツにしましょう。「服装にこだわりすぎて力を出せなかった。」なんてことになったらせっかくの努力も水の泡です。まずは筆記試験にベストを尽くしましょう。

企業のカラーとあなたのカラーがマッチするか

【男女別】就活で服装が自由の時のおすすめの服装・私服

昔は色がついていない新卒を採用したいというのが企業の本音でしたが、最近では企業のカラーとあなたのカラーがマッチするかが採用の鍵になっています。

就活を行い新卒で入社しても3年以内にはなんらかの理由で退職してしまいます。企業側としてはこれからの人材に会社を去られるのはとても痛手です。退職理由に多いのはミスマッチですが、企業側もミスマッチを防ぐために就活生の個性を出せる面接を行っています。

一見戸惑いますがあなたらしさを大事にしましょう。一見カラーに合わないと感じても相乗効果で新しく綺麗な色ができるでしょう。

Latests