Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月31日

【髪の長さ別】女におすすめの就活の髪型・前髪・アレンジ方法

面接時の女の髪型は、印象を左右する大きなポイントになります。髪の長さ別のお勧めの髪型や注意点、アレンジ方法、NGといわれているパーマの是非などを考察しました。清潔感が第一とされる就活の中で、自分に似合う髪型探しの参考にしてください。

髪の長さ別女におすすめの就活ヘア

ショート

ヘアアレンジの苦手な女で、ショートヘアなら、何もしなくてもスッキリした印象になります。顔回りもスッキリしているので、リクルートスーツとも好相性です。

気をるける点は前髪。就活のヘアスタイルで何より大切にされている清潔感を出すため、きちんとワックスなどでまとめて必要があれば軽くスプレーで固定するとよいでしょう。前髪が少し長めの女の場合、ピンを使用してもかまいませんが、色は黒色のアメピンで前を向いたときに見えない場所でとめましょう。

ベリーショートは、前髪も短いので手間いらずです。意外に、忙しい就活する女に向いた髪型といえます。

ボブ

やっと肩につくぐらいのボブはムリやりまとめなくてもよいでしょう。耳に髪の毛をかけておけば、就活でお辞儀をした時やメモをとる時に顔回りに髪が触れることはありません。
ワンレンボブは、顔が見えやすく就活向けの髪型です。外はねボブは耳にかけると気にならないでしょう。注意したいのは、ショートと同じようにきちんとした前髪にしておくことです。

伸ばしかけで、まだ結べない長さの女は、サイドの髪が落ちてこないよう、アメピンで見えない位置で留めましょう。長さがあればあるほど髪質が目立ちます。しっかりと髪もお手入れをするように心がけましょう。

ミディアム

ミディアムヘアの女は、ポニーテールやハーフアップで、顔回りをすっきり見せましょう。おくれ毛はピンで見ない場所で留めて清潔感を出すように注意します。長さがある髪型であるほど髪の痛みも目立つので、しっかりケアをして清潔感を忘れないようにしましょう。

ロング

ロングヘアの女は、アレンジの幅は広いものの、髪のケアを怠ってはなりません。比較的段のないロングヘアの方がスッキリまとめられます。ミディアムヘアと同じようにポニーテールやハーフアップなどの髪型で顔回りをすっきり見せましょう。CAさんのするような髪型であるシニヨン、いわゆるお団子ヘアもお勧めです。

就活中のアクセサリーについてですが、シュシュやバレッタも派手過ぎないシンプルなものあれば使ってもかまいません。

就活におすすめの女の前髪の髪型のセット方法

長い

就職活動中の女の髪型で最も重要視されているのは清潔感です。両眉ギリギリまで前髪があると、暗くだらしない印象になります。前髪はワックスなどでピタッとさせて、眉毛にかからなように斜めに流して清潔感を出すのがポイントです。くしで前髪をとかしながら、流しやすい方向に流し、内側にスプレーをすると崩れにくいでしょう。

さきほども触れましたが、女は就活でお辞儀をしたりメモをとるときに、髪の毛がおちてこないように注意しましょう。その際に使うピンは私服の時はかまいませんが、就活をするときは隠しておきます。

ぱっつんなど

就活でのぱっつん前髪に関しては、それまでに悪い印象は持たれません。ただしボブカットで見られるようなどっしりとした重すぎる前髪の髪型にしてしまうと、表情が見えず、暗い印象にとられかねません。軽めにすかすか、前髪を分ければ問題ないでしょう。

ただし、銀行や証券、保険など金融業界においては清廉さや真面目さなどが重視されるため、前髪を分けていたほうが無難です。金融業界で就活する女は、以下の方法を試してみてください。

短い前髪だけをピンで留めます。内側からスプレーすることで、崩れて前髪が落ちてくることが軽減されます。ピンを隠すように、後ろから毛束を前に持ってきます。こちらも内側からスプレーをして流しやすくしましょう。耳より下の位置でポニーテールをし、最後に前髪の表面からスプレーをしたら完成です。

顔がでかい女におすすめの就活の髪型

顔が大きい自覚のある女は、就活中も少しでも小顔に見せたいと思うでしょう。
例えば一般的なロングヘアの女が「小顔に見せて好印象にしたいので、両横の髪は少しだけ下ろしておこうおきます」と言ったとします。残念ながら、就活において重要なのは清潔感があってビジネスにふさわしいことなので、この発言はNGです。

女の小顔が「就活」・「面接」という場で必要かという観点で考えると、せっかくロングヘアを後ろで束ねたのに、サイドの髪を顔にかかるように下ろすのは非常に勿体ないということになってしまいます。

髪の毛で顔を隠す髪型ができない女にとって、メイクで小顔に見せることが少なからず可能です。薄くナチュラルなベースメイクをした後で、仕上げに頬や目の下などの高い部分に大きめのブラシでハイライトカラーを入れます。立体感が出ることで小顔に見せることができます。顔の大きさが気になる女は就活中試してみましょう。

就活におすすめの女の髪型アレンジ方法

ハーフアップ

ロングヘアの中でも、ハーフアップはより女らしく見せる髪型です。ハーフアップにする時に注意したいのは、下ろした髪の毛で顔のラインを隠さないこと、結ぶ髪の毛が多すぎて結び目が太くなるを避けることです。シュシュやバレッタを使わない場合は、結んだ髪も毛を結び目に巻き付けピンで留め、ヘアゴムを隠しましょう。
難易度は高めですが、元気さと女性らしさをもつハーフアップは営業職向きのヘアスタイルです。営業職を視野に入れている女は、動画サイトなどで研究してみましょう。

おだんごなど

シニヨン、いわゆるおだんごヘアは、作る位置や形によっては子供っぽく見えたりと難しい髪型です。高すぎると子供っぽく見えるので、正面から見てお団子が見えない程度に自分の髪のまとまり切るところで作るとよいでしょう。具体的な作り方は動画サイトにたくさんアップされているので練習あるのみです。航空業界やホテル業界を目指している就活生の女にお勧めです。

就活の女の髪型で、パーマはNGなのか

社会は、信用で仕事をしている人の集まりです。社会に出たら周囲からどう思われ、どう見られているのかを意識する必要があるでしょう。また企業は、良い意味で、企業独自の考え方や働き方を身につけてほしいという考えがあります。

清潔感の感じられない無造作なパーマや、ゆるふわパーマの髪型をした女だと、採用する側の気持ちが下がってしまって損です。また、パーマをかけると髪の痛みが目立ちパサパサしてくる場合があります。かえって髪型が決まらなくなり清潔感を大切にする就活で、だらしなく見られてしまう恐れがあります。

しかし、パーマもデメリットばかりではありません。パーマをかけた髪型で就活したい女はプロの美容師に相談して、ゆるくパーマをかけると髪がまとまりやすくなります。過酷な就活中のヘアセットにかける労力が軽減され、天候に左右されず髪型をキープしやすくなります。上手にパーマを取り入れましょう。

就活とヘアスタイルの関連性

【髪の長さ別】女におすすめの就活の髪型・前髪・アレンジ方法

面接時の髪型は印象を左右する大切なポイントになります。これまでの、自分が良ければ問題ないという大学生の価値観では就活を乗り切るのは難しいでしょう。社会人になれば髪型一つで、相手に与える評価がそのまま自分の評価に繋がりかねなません。

企業がキャリアのある中途採用だけにしないのには理由があります。新卒の若者には色がついてないので、良い意味で企業独自の考えを吸収しやすいと考えています。個性は大切ですが、就活では奇抜な外見でなく、清潔感とビジネスに対する意識の高さを、まず見られます。そこで面接官の印象が悪ければ、どんなアイディアや才能を持っていても採用されません。

まずは、採用する側に好印象を持ってもらえるように、自分の顔や器用さに合った、企業の面接にふさわしい髪型を見つけましょう。それから自分の内面のアピールをしていけば、きっと自分らしいやりがいのある仕事に出会えるはずです。

Latests