Search

検索したいワードを入力してください

男女別就活におすすめの腕時計・必要か・人気一覧|色

初回公開日:2018年02月10日

更新日:2018年02月10日

記載されている内容は2018年02月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活中には、企業への面接の時間、試験の時間、訪問の時間、説明会の時間など全てにおいてタイムリーに予定を運ばせるためにも時間の管理において「腕時計」は必須アイテムです。男女ともにどんな腕時計が就活中に相応しいのか紹介します。

男女別就活におすすめの腕時計はどういったもの?

就活中には、企業への面接の時間、試験の時間、訪問の時間、説明会の時間など全てにおいてタイムリーに予定を運ばせるためにも時間の管理において「腕時計」は必須アイテムです。

ただし、会社で働く上ではどんな腕時計でもいいとは限らないもの。企業は腕時計を通じて社員になる人の人間性を見ているケースもあるため、腕時計は慎重に選ぶことが大切。どんな腕時計が男女の就活に最適なのか、紹介していきましょう。

就活におすすめの腕時計はどんな色?

就活において一番大切なのは、「清潔感」「誠実さ」なので遊びの印象は一切不要です。男女ともにスーツに合うビジネスライクな腕時計を選び、企業から見ても好印象の腕時計を選びましょう。腕時計の色は、きらびやかな色より落ち着いた色がおすすめです。

一番のおすすめは「黒」の腕時計

男女ともに就活に着るスーツは、一般的に黒や紺など落ち着いた色合いのため、腕時計もそれに合わせた色が好印象につながります。

どんなスーツにも合い、落ち着いた印象になるのは「黒」の腕時計はふいに袖から腕時計が覗いても、「黒」であれば主張を抑え企業側から見ても不快な印象は与えません。どんな状況で腕時計が見えても、落ち着いた印象の「黒」であれば安心して身に着けられるでしょう。

就活におすすめの腕時計の文字盤とは?

就活は企業へ落ち着いた印象を与えることが大切ですが、腕時計の文字盤からも色によってはきらびやかな派手な印象になってしまうため、文字盤カラー選びにも注意が必要です。どんな文字盤の色がビジネスシーンには最適なのか紹介していきましょう。

黒の文字盤

男女ともに黒や紺のリクルートスーツにも合う黒の文字盤は、派手さもなく落ち着いていて馴染みやすい色です。黒であれば、存在感を主張しすぎず全体的に馴染みやすい色でもあるため、就活以外でも重宝するでしょう。

白の文字盤

黒の文字盤もおすすめですが、清潔感のある白の文字盤も企業に好印象をあたえる色の一つです。白のワイシャツともマッチするため、シンプルな上に清潔感がより増すのがポイント。男女問わず合う色になるため、重宝されます。

紺の文字盤

紺も黒と同じく落ち着いた印象のためおすすめの色の一つです。ただし、紺でも深いダークな紺色を選ぶのがポイント。あまり明るい紺色だとカジュアルな印象にも変わってしまうため注意が必要です。

就活に避けたい文字盤の色とは?

就活に派手さは求められません。ゴールドやピンクなど華やかな色合いの文字盤は必ず避けるようにしましょう。女性の場合は女性らしいピンク色を好む方もいますが、就活はファッションよりもビジネスに重点を置くことが大切。また、文字盤にダイヤなど派手な装飾が付けられているのもNGとなるため、注意が必要です。

就活にはデジタルとアナログ、どちらがおすすめ?

腕時計には文字盤がデジタル式とアナログ式がありますが、就活にはどちらの腕時計が適しているのか紹介していきます。

デジタル式の腕時計の場合

デジタル式とは、画面に数字を表記させて時間を示します。数字が飛び込んでくるので、一瞬で時間がわかるのは便利ですが、残念ながら就活中にはデジタル式は不向きとなります。

デジタル式はややポップで幼稚なイメージがあるため、ビジネスシーンでは好まれず印象はあまりよくありません。年配の方からは、「遊びできているのか?」という厳しい印象も受ける場合もあるため避けた方がいいでしょう。

アナログ式の腕時計の場合

アナログ式とは文字盤と針で時間を示します。就活には間違いなく三針かクロノグラフタイプのアナログ式腕時計をすることをおすすめです。カジュアルな印象のあるデジタル式とは異なり、実用的でビジネスシーンにも好まれるアナログ式は就活には最も適しているでしょう。

面接などのシーンでは、意外にも面接官は時計の細部までチェックをしているもの。どんなときでも見られてもいいように万全な配慮が必要です。

就活におすすめの安い腕時計はどういったものがあるの?

腕時計はオシャレの一部として、何十万円や何百万円もの高級腕時計を望む人も多くいるでしょう。男女ともに社会人になったらいい腕時計を身に着けたいと思いがちですが、就活においては別の話です。

ハイブランドの腕時計は企業側にとって、「身の丈に合っていない」「仕事に謙虚さをもって働く気持ちがあるのか」などとマイナスなイメージになってしまうもの。就活中は、価格を抑えた控えめな腕時計が好印象につながるでしょう。

安い腕時計の相場価格はどのくらい?

一般的に就活に相応しい腕時計の価格はどのくらいなのでしょうか。男女ともに適した相場価格は1万円~2万円程度です。腕時計は価格相応に見えるもの。あえて格安な腕時計を選ぶことによって、企業側からは「無駄遣いをしない」「堅実で真面目に働いてくれそうだ」などと好印象につながります。

就活で腕時計は必要なの?

スマホなど携帯電話を肌身離さず持って過ごしている人にとって、そもそも腕時計は就活でも必要なのでしょうか。今では誰しもが持っている携帯電話。目覚まし時計やメールを送るときでも携帯で済ませる人は多いですが、就活では必ず腕時計をしましょう。

就活での腕時計が意味するものとは

腕時計をすることによって、企業側は相手が「時間を大切にする人なのか」「時間管理をしっかりできる人なのか」をよく見ています。仕事をする上において常に納期との闘いになるため、時間を大切にして自己管理のできる人材を企業は必要とするからです。

就活での腕時計をしないとどうなるの?

就活に限らず普段から腕時計をしない人にとっては、腕時計は手首にわずらわしいと嫌がる人も多いでしょう。携帯電話でも十分時計の役割をするからと、就活で腕時計をしないと残念ながら企業からはマイナスの印象でしかありません。

便利な携帯ですが、メールやアプリで遊ぶことも可能なため本人は時間を見ているつもりでも、企業側からは「遊んでいるのでは?」と誤解を与えてしまうからです。腕時計は誠実に真面目に時間を気にして働いてくれるのか、企業側に印象づける第一面接でもあります。

就活におすすめの腕時計のベルトとは?

腕時計でも素材によって印象を変えるのがベルトです。就活にはどういったベルトが相応しいのか紹介していきましょう。

革ベルト(黒)

革ベルトは、履いている靴やスーツのベルトも革のため、革製品を統一する意味でもビジネスマナーとして基本になります。男女ともに色は黒や紺スーツにも合う「黒」がおすすめ。注意点としては、夏での就職活動で革ベルトは暑さで手首が蒸れてしまいますが、ハンカチなどでたまに汗をぬぐったりするなどして蒸れを防ぎましょう。

革製品は傷みやすく、定期的なお手入れは必要になりますが、就活が終わった後は他のベルトに代える楽しみもできるので就活中はビジネスマナーに徹しましょう。

金属ベルト(シルバー)

就活に相応しい腕時計のベルトとして、男女ともに金属ベルトでも問題ありません。皮製品と違って蒸れたり汚れたりすることがないため、メンテナンスも楽で便利なのがポイントです。ただし、金属ベルトでも無難なシルバーを選び、清潔感のある印象をキープしましょう。

ゴールドの金属ベルトを間違っても選ばないように。ゴールドはゴージャスな印象のみで、就活に求められる控えめな印象とは程遠いからです。

就活に人気の腕時計のブランド一覧TOP3

それでは、具体的に就活で重宝される腕時計はどういったブランドのものがあるのでしょうか。ブランドといっても、ロレックスやエルメスなど海外高級ブランドではなく、あくまでも国産で就活用に価格を抑えた腕時計であることがポイントです。

人気のブランドTOP3を紹介していきましょう。

TOP3:「G-SHOCK」

一般的にG-SHOCKの腕時計はカジュアルなイメージがありますが、デザインによっては就活でとても重宝されます。男性でも女性でも利用できるブランドのため、万人うけするデザインが特徴的。

G-SHOCKが重宝されるポイント

・どんな衝撃でも耐えられるため、不意な事故にあっても時計が壊れにくく時間を確認することができます。
・防水機能がついているため、突然の雨で濡れてしまっても時計が壊れることがありません。
・アナログ式で黒やシルバーの基調を選べば、カジュアル感が抑えられて就活中でも問題なく利用できます。

G-SHOCKの価格帯

安いもので8,000円台から購入できるため、手に入りやすくお財布にも優しいことがポイント。

TOP2:「SEIKO」

TPOを選ばずどんなシーンでも活躍できるとして人気なのが、SEIKOの腕時計です。日本で初めて腕時計を生み出したブランドでもあり、就活に限らずどんなシーンでも嫌味にならないブランドとして定評があるため、就活以外でも重宝されています。

SEOIKOが重宝されるポイント

・防水機能がついているため、突然の雨で濡れてしまっても時計が壊れることがありません。
・SEIKO独自開発のスプリングドライブ機能があるため、電池や充電池がなく「電池切れ」がありません。
・信頼と実績があり長持ちするブランドのため、目上の方から見ても印象がよくなるのがポイント。社会人になっても高齢の方含め多くの方々に愛用されているので、不快な印象とは無縁です。

SEIKOの価格帯

安いもので2,000円台から購入できて、お金に余裕がない就活生にとっても嬉しい価格です。

TOP1:「CITIZEN」

SEIKOと同じくあらゆるシーンにおいて着けやすく定評があり、コストを抑えた腕時計として1番人気なのがCITIZENです。その名のとおり、あらゆる市民から親しまれる腕時計になるよう願いが込められているネーミングです。低価格な上に耐久性もあるため、就活生にとってはまさに最適な腕時計でしょう。

CITIZENが重宝されるポイント

・世界最速GPS電波時計、世界最薄光発電時計を生み出したブランドでもあるため、他の会社には真似できない優れた技術をもっています。
・国内生産量第一と言われている分、価格も安く手に入りやすいことが魅力。
・ソーラー技術を駆使した、エコドライブによって充電機能があるため、光のない場所でも長時間動き続けることです。

CITIZENの価格帯

安いもので800円台から購入できて、他のどのメーカーよりも格安にもかかわらず耐久性もあるところが一番に選ばれる理由です。

就活には、低価格で控えめな腕時計を選びましょう

男女ともに就活において時間を管理する腕時計は必須アイテムです。スーツやカバンと同じくらい重要な腕時計は、色や素材によって印象がガラリと変わるため就活にふさわしいものを選ぶようにしましょう。

面接や試験においても腕時計は必要になります。自分の将来を決める大切な就活にもなるため、後悔のないよう企業に好印象をもっていただく腕時計が大切です。

Latests