Search

検索したいワードを入力してください

【テーマ別】就職試験に出される作文の書き方と例文|私の家族/私の夢

更新日:2020年07月02日

就職試験に作文を書かせる企業が増えています。文章を書くのが苦手な人には難関と感じることでしょう。しかし、採用担当者が作文を書かせる目的は、文才を見るためでしょうか。この記事では、採用担当者の視点での作文対策を紹介します。目的は就職を勝ち取ることです。

就職試験に出される作文の書き方

就職試験とは、採用試験、あるいは入社試験のことで、就職のために行われる試験のことです。試験の流れは各企業によっても異なります。一つの例を挙げると、エントリーシート記入、会社説明会の後、書類選考となります。

書類選考の次はいよいよ筆記試験です。履歴書が素晴らしくても、面接で会うと今一つな学生がいると採用担当者が語っていました。そこで、書類選考と面接の間に、作文や小論文を書かせる試験を実施する企業が増えています。

作文を書かせる目的は、採用人数を絞ることと、面接では把握しきれない、その人の基礎能力や性格、職務適正を客観的に見るためです。企業が、就職試験で作文を書かせる目的を忘れずに作文を書くように心がけましょう。

就職試験の作文は難しいのか

文章を書くのが苦手な人は多いです。SNSで短文に慣れているため、作文のような、800文字、1200文字の長い文章を書かされると思っただけで、苦手意識が先に立ち、緊張する人もいるでしょう。

就職試験の作文は、その場でテーマを聞かされ、800文字や1200文字と、指定された文字数で書くという厳しいものです。あらかじめテーマを知っていたら準備もできますが、その場で初めてわかるテーマに沿って書くのだから大変です。

採用担当者は作文を読み、文章力、表現力、構成力、論理的思考力、集中力、観察力や洞察力、語彙の豊富さなど、あらゆる要素を見ようとします。あまりにも誤字が酷いと論外にされる厳しい企業もあります。

就職試験の作文対策とは

就職試験の作文対策としては、出されるテーマを絞り込むのは困難ですが、就職試験の作文でよく出されるテーマを挙げ、そのテーマに沿った作文の練習をすることが大切です。

就職しようとする企業が、過去にどのような試験を実施し、作文ではどのようなテーマが出されたかを調べる「企業研究」が大事で、『就職四季報』や『筆記試験の総合解説本』など、本を読むことも一つの方法です。

就職試験にも種類があり、ペーパーテストなのか、自宅や大学のパソコンでテストを受けるのか、試験会場に行きパソコンでのテストなのか事前に知り、対策を万全にしましょう。

また、ペーパーテストとパソコンでは気をつけるべきことも変わるので事前準備はしっかりしておきましょう。

書くことが好きになるほど練習を

業種にもよりますが、就職してからのほうが、大量に文章を作成する仕事が待っています。企業側からしてみれば、800文字や1200文字の作文で「長い」と焦っていたら、話にならないということです。これを良い機会に文章を書くことが好きになるまで練習しましょう。

「書けるかな」と不安な人の作文は、その弱気がそのまま文章に現れてしまう可能性があります。「書きたい」という欲求が大切です。どんなテーマでも書いてみせると自信満々に就職試験に臨む姿勢が大事です。

「就職試験の作文の書き方」はネットでもたくさん出ていますが、ほかの受験者もネットを見ています。採用担当者が、「どれも似たりよったりの作文」と語っていました。これはマイナスです。その中で個性的な作文があれば、きっと目に止まるでしょう。

どんなテーマでも仕事につなげる

具体的な対策としては、作文でどんなテーマが出されても仕事につなげることが合格のコツです。就職試験の作文だということを忘れてはいけません。国語の授業の作文ではないのです。一見、仕事と全く関係ないテーマも出されますが、仕事につなげるように書きましょう。

活字と文章に慣れるために読書は最高のトレーニングです。また、毎日日記をつけるのも良いでしょう。毎日文章を書いている人と、ほとんど本も読まない、文章も書かない人では、その差は歴然です。採用担当者はプロですから作文を読めばわかるでしょう。

作文の読み手、すなわち採用担当者が知りたいのは、主に「この人はわが社に相応しいか」「どんな見識を持っている人か」「どんな性格の人物か」ということです。就職試験の作文は、真剣さをアピールするチャンスです。

「序論・本論・結論」で書く

作文をどのように書けば良いかわからないと言う人もいるでしょう。作文は、「序論・本論・結論」と3つの構成に分けて書くと書きやすいです。作文は最初の書き出しが大事です。ダラダラした始まりではなく、明快な書き出しが良いでしょう。

序論は、これから何を書くのかテーマを明確にします。例えば「私の家族について書きます」「将来の夢について書きます」と作文の内容を伝えます。

本論は、一番言いたいことを最初に書きましょう。そして、序論で挙げたテーマについて、より深く、具体例や体験談を交えながら、話を展開していきます。

最後の結論で、いかに「仕事」「働くこと」に結びつけるかが重要です。就職試験の作文なので、読み手の心に残るまとめ方が肝要となります。それは仕事に対する意欲や熱意です。

「爆笑」「破天荒」など誤用に注意を

最近、テレビ番組の出演者が間違った日本語を平気で使っている場面が目につきます。言葉のプロであるはずのアナウンサーが、「私は一人で爆笑してしまいました」と言っている有様です。爆笑とは、大勢の人が一斉にドッと笑うことなので、一人で爆笑はあり得ません。

破天荒とは、前代未聞の、誰も成し得なかった偉業を達成した時に使われる言葉です。型破りな暴れん坊のことではありません。芸能界では「破天荒な性格」と誤用が連発され、その間違いを指摘する人も、ほとんどいません。

ほかにも「煮詰まる」「姑息な」「役不足」「潮時」「敷居が高い」「失笑」「なし崩し」「憮然」など、多くの言葉が誤用されているので、自分は大丈夫か確かめたほうが良いでしょう。就職試験の作文で誤用を連発すれば、減点されます。

テーマ別の就職試験の作文の書き方と例文

就職試験の作文でよく出されるテーマを挙げ、その書き方対策を紹介します。どのようなテーマでも、前向きな言葉で溢れている文章が好ましいです。高い目標に向かい、やる気が感じられる作文を書けるように練習しましょう。

企業によっては、想像もしていなかった変化球のテーマを出すこともあります。しかし、落ち着いて作文を書きましょう。どんなテーマでも最後は仕事に結びつけるということを忘れなければ、慌てることはありません。

もちろん仕事につなげるといっても、テーマから逸脱しないように、テーマに沿った作文をキープすることが大事です。

作文のテーマ「私の家族」

就職試験の作文で「私の家族」というテーマを書かせる目的は何でしょうか。あなた自身が、家族という最小な社会の中で、どのように生き、どんな役割を果たしてきたのかを知ることで、会社という組織の中でいかに活躍できる人材か否かを判断します。

作文のテーマの意図を知り、そこを突くことが読み手の急所に入る文章です。家族との関わりを知れば、人に思いやりをもって接する人かどうかがわかります。また、家族のことを紹介する作文は、観察力や洞察力を見ることもできるのです。

職場では、仲良く団結できるかどうかが重要です。チームワークを重んじるタイプか、個人プレーになりがちな性格かも見られるでしょう。就職を勝ち取るための作文ということを念頭に置き、練習することが大切です。

作文のテーマ「私の夢」「将来の夢」

「私の夢について書きます。私の夢は○○です」と序論で夢が何かを語ることが大切です。就職試験の作文ですから、「私の夢はマイホームです」という個人的な内容はNGです。また、「私の夢は歌手になることです」というのも、就職試験ということを忘れた作文となります。

「私の夢は世界平和です」というスケールが大き過ぎる内容も、抽象的で、テーマの意図を把握していないと思われてしまうでしょう。理想的なのは、あなたが就職しようとする会社の目指すべきビジョンと、マッチしている夢や目標を語ることです。

「将来起業したい」「作家志望です」という夢も、「この会社に就職しても途中で辞めます」と言っているようなものです。その企業に就職することにより成し遂げられる夢や目標を語ることが、合格する作文の秘訣となります。

作文のテーマ「社会人になるにあたって」

初回公開日:2017年09月18日

記載されている内容は2017年09月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests