Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月26日

リクルーターへの好印象を与えるメールの書き方・お礼とお詫び

リクルーターへのメールの送り方ってどうすればいいの?感謝を伝えたい時、アポイントメントをとりたいとき、分からないことを聞きたいとき、そんなときに使えるメールの例文をご紹介します。リクルーターへのメールで第一印象が変わってきます!

リクルーターへの好印象を与えるメールの書き方と例文

リクルーターへの好印象を与えるメールの書き方・お礼とお詫び

リクルート面談の終わった当日にお礼状の変わりとして送るのが、リクルーターへのメールです。リクルーターとはゼロ次面接や(書類審査より前の段階のこと)内定決定後のやりとりでもメールをよく使うので、マナーを覚えておいた方が良いでしょう。今回はリクルーターへ好印象を与えるメールの書き方を、徹底的にご紹介していきます。

初めてのメール

初めてメールする時、それはどのような場合だと考えますか。それは、リクルーターから応募への返信が来たときです。そのとき初めてメールでやり取りをすることになります。始めが肝心です。いい印象を与えられるように最善を尽くしましょう。それでは例文です。

・件名は内容が要約されたもので書くようにしましょう。
例:面接日の確認

・次に本文ですが、始めに相手の企業名と役職を記載しましょう。
例:◯◯◯会社 部長□□□(氏名)様

・挨拶を記載することも忘れないでください。
例:大変お世話になっております。◯◯◯大学の□□□(氏名)と申します。

・本文は簡潔になるように意識しましょう。
例:先日ご連絡頂いた面接日ですが、◯月◯日△△時から、御社控え室でお間違え無いでしょうか。どうぞよろしくお願い致します。

・結びの文は必ず入れましょう。
例:お忙しいとは存じますが、何卒よろしくお願い致します。

返信

次はリクルーターからきたメールへの返信です。メールを確認したら、その場で、もしくは当日中に返信しましょう。

例:◯◯◯社 部長□□□(氏名)様

ご連絡ありがとうございます。

ご連絡いただきました件(具体的に記載しましょう。)について、承知致しました。

お忙しい中ありがとうございます。

何卒よろしくお願い致します。

挨拶

挨拶は肝心です。挨拶でリクルーターへの印象が決まってきますので慎重に、丁寧に、簡潔に済ませましょう。

例:◯◯◯社 人事部 □□□(氏名)様

大変お世話になっております。◯◯大学の△△△(氏名)と申します。

この度は御社の面接日程のご連絡ありがとうございます。

◯月◯日□□時から、御社面接室にてとのこと、承知致しました。

何卒よろしくお願い致します。

アポ

アポイントメントをとるときもメールでのマナーを意識して、リクルーターの印象に残るようにしましょう。

例:◯◯◯社 人事部 □□□(氏名)様

お世話になっております。◯◯◯大学□□□部在籍中の△△△(氏名)と申します。

この度は、貴社の説明会をキャリアワークス様よりご紹介いただきました。つきましては、ぜひとも参加させていただきたいと、考えております。

現在、私は貴社のご活躍されている◯◯に興味を持っておりまして、従事させていただければと考えており、その始めの一歩として参加させていただきたいと願っております。

大変恐縮ですが、今回の説明会参加についてご検討いただければと幸いと存じます。

日程につきましては、向こう3週間以内にお伺いしたいと考えております。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

◯◯大学□□□部 △△△(氏名)

質問

何か分からないことがあれば、素直に質問することを忘れないようにしてください。分からないままにしておくと、取り返しのつかないことになってしまいます。

例:◯◯◯社 人事部 □□□(氏名)様

お世話になっております。◯◯◯大学 □□□部在籍中の□□□(氏名)と申します。

◯月◯日□□時から開催される、貴社説明会について、ご質問させていただきたいことがございます。

持ち物でなにか必要なものはございますか。

大変お手数ですが、ご回答いただけると幸いです。

何卒よろしくお願いいたします。

リクルーターへの気持ちが伝わるお礼メールの書き方と例文

リクルーターへの好印象を与えるメールの書き方・お礼とお詫び

リクルーターへ感謝の気持ちを伝えるのは、印象をよくするのに大切なチャンスです。リクルーターへの印象を深めるために、チャンスを最大限利用しましょう。

お礼を言われていやな気持ちになるひとはいません。リクルーターへの感謝のメールは書類審査や、一時面接にも有利になる手段のひとつです。心してリクルーターへメールしましょう。

面談のお礼

例:◯◯◯社 人事部 □□□(氏名)様

先日はご面談いただき誠にありがとうございました。

貴社の理念が知ることができ、大変勉強になりました。

貴重なお時間をいただき、恐悦至極でございます。

今後とも何卒よろしくお願い致します。

それでは、取り急ぎメールで失礼致します。

□□□大学◯◯部 △△△(氏名)

食事のお礼

例:◯◯◯社 人事部 □□□(氏名)様

□□□大学◯◯部 △△△(氏名)でございます。

先日はお食事にお招きいただき誠にありがとうございました。

大変有意義な時間が過ごせたと共に、貴社の理念を知る機会を頂戴でき、とても充実した時間となりました。

今後ともよろしくお願いいたします。

まずはメールにて失礼致します。

◯◯◯大学 □□部 △△△(氏名)

内定の感謝

例:◯◯◯社 人事部 □□□(氏名)様

□□□大学◯◯部 △△△(氏名)でございます。

本日、貴社人事部様より内定のご連絡を頂戴致しました。

これもひとえに、□□□(氏名)様よりのご指導の賜物と、心から感謝申し上げます。

今後は尽力し、社会人として貴社に功績を残せるよう努力して参りますので、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。

とりいそぎメールで失礼致します。

あらためてご挨拶に伺わせていただく所存でございます。

何卒よろしくお願い致します。

◯◯◯大学 □□□部 △△△(氏名)

不合格の報告と感謝

例:◯◯◯社 人事部 □□□(氏名)様

□□□大学◯◯部 △△△(氏名)でございます。

本日貴社 人事部様より不合格のご連絡を頂戴致しました。

尽力していただいたにもかかわらず、申し訳ありません。

今後も努力を重ねていく所存です。

□□□様より学んだことを活かしていけるよう精進して参ります。

誠にありがとうございました。

◯◯◯大学 □□□部 △△△(氏名)

リクルーターに印象よく辞退のお詫びと感謝を伝えるメールの例文

リクルーターへの好印象を与えるメールの書き方・お礼とお詫び

合格をしてもやはり辞退したい、もっと好条件の企業に受かってしまったので辞退したいということもあります。そんなとき、丁寧に辞退のメールを送らなくてはいけません。リクルーターは面接や、書類審査までの全ての相談などにのってくれる、大切な存在です。そんなリクルーターにはメールでも良いので、しっかりと最後の挨拶をしておくべきです。

選考辞退

例:◯◯◯社 人事部 □□□(氏名)様

□□□大学◯◯部 △△△(氏名)でございます。

この度は◯月◯日□□時から開催される貴社の面接の辞退についてご連絡さし上げました。

私事で恐縮ではありますが、他の予定と重なってしまい、その日時にお伺いすることができません。

そのため、今回は選考を辞退させていただくことといたしました。

今後はこのようなことの無いように社会人としての意識を高めて参ります。

本来ならば、こちらからお伺いしてご挨拶させて頂かなくてはならないところ、メールで失礼致します。何卒ご容赦くださいませ。

末筆ながら、今後とも貴社のご発展をお祈り申し上げます。

何卒よろしくお願い致します。

◯◯◯大学□□□部 △△△(氏名)

内定辞退

例:◯◯◯社 人事部 □□□(氏名)様

□□□大学◯◯部 △△△(氏名)でございます。

先日貴社より内定のご連絡をいただきましたが、今回は私の一身上の都合により、内定を辞退させていただきたくご連絡さし上げました。

内定のご連絡をいただいた後、貴社での自分の働き方、貢献できるかと考えた末、出した結論でございます。

面接、面談など、幾度もお時間を割いていただき、このようなご連絡を差し上げるのは誠に申し訳ありません。

本来ならば、直接お伺いしてご挨拶をさせていただくのが常かと存じますが、メールでのご連絡になってしまい申し訳ありません。何卒ご容赦下さい。

最後にはなりますが、貴社の益々のご発展と皆様のご健勝をお祈り致しております。

大変お世話になりました。

感謝致します。

◯◯◯大学 □□部 △△△(氏名)

メールを上手に活用し就活を成功させよう

リクルーターへの好印象を与えるメールの書き方・お礼とお詫び

いかがでしたか。さまざまなシチュエーションに合わせて、リクルーターへのメールをご紹介しました。リクルーターへの返信は、早ければ早い程、印象に残ります。即日返信でリクルーターへの印象をアップさせておきましょう。内定に向けてできるゼロ次面接だと考えて、リクルーターには丁寧で、爽やかな印象になるようにしてください。

リクルーターは返信速度だけではなく、内容にも注目しています。リクルーターは即戦力を求めているので、メールでのやりとりでは、もちろん内容も見られます。リクルーターの目に留まるように、社会人としてのマナーが身に付いていると感じさせる、メールを意識しましょう。

Latests