Search

検索したいワードを入力してください

就活メールの返信マナー|状況別のお礼の例文・件名の書き方

更新日:2020年08月20日

就活でメールの返信をしたことはありますか?就活では企業とメールをする機会も多く、企業から送られてきたメールに対して返信が必要な場合もあります。就活ではメールの返信も評価の対象となっており、正しいマナーで返信することが大切です。

返信メールは件名を変えない

就活メールで返信する際には、基本的には件名を変えずに返信することが大切です。返信メールの場合は本文を引用して返信しますが、件名の場合もそれは同じです。件名を変えてしまうと、何のメールかわからなくなってしまいますので、基本的には件名はそのまま使用します。

また返信すると返信したことを表すRe.のマークがつきますが、これも付けたまま送信します。これが付いていることで返信メールであることがわかりますし、やりとりもよりスムーズに行うことができます。

何度も返信が続けばRe.マークが増えてしまいますが、あまりに増えすぎた場合のみ適宜消すようにし、必ず一つは残して返信メールであることをわかるようにしておきましょう。

内容を簡潔に

返信メールの場合は、基本的には件名はそのまま使用しますが、返信の内容が大幅に変わっていたり、重要を伝えなければならない場合は件名を変える場合もあります。件名を変えてつける場合は、本文の内容を簡潔にしたものをつける必要があります。

件名は見ればすぐに内容がわかることが大切ですので、凝ったものをつけるのはNGです。難しく考える必要はなく、シンプルなものを設定していれば問題ありません。返信メールに限らず、就活のメールで件名を付ける場合は、シンプルなものを付けるようにしましょう。

就活メールは件名なしはNG

就活メールは返信かどうかに関わらず、件名なしで送信するのはNGです。企業では毎日たくさんのメールが届きますし、メールの対応だけで長時間割かれてしまうことも少なくありません。そのため素早く確認しなければならず、迷惑メールなどは読まずに削除していきます。

ビジネスメールでは件名を付けなければなりませんので、件名のないメールはそれだけで読む対象外とされ、後回しにされてしまう可能性があります。最悪の場合は迷惑メールと判断されて読まずに削除されてしまいますし、必要なメールであることを伝えるためにも件名は必ずつけなければなりません。

就活で企業に対してメールを送る場合は、必ず件名をつけて送信するようにしましょう。

メールの返信で就活を攻略しよう

就活メールの返信マナーや例文、件名の付け方などを紹介しましたが、就活ではメールの返信まで評価の対象となっていますので、正しいマナーを身に付けておかなければなりません。面接などの評価が良かったとしても、メールのマナーができていなければマイナスの印象を与えてしまいますし、それが原因で選考でも不合格になってしまう可能性もあります。

メールマナーは就活中だけではなく、就職してからも役立つものですし、就活中に身に付けておくことが大切です。正しいメールマナーを身に付けて、就活を攻略していきましょう。

初回公開日:2018年01月16日

記載されている内容は2018年01月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests