Search

検索したいワードを入力してください

面接のお礼メールの例文・返信方法・お礼メールの必要はあるのか

初回公開日:2018年01月11日

更新日:2018年01月11日

記載されている内容は2018年01月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

面接のお礼メールを送ったことはありますか?面接に対してお礼メールを送ることで、丁寧な印象を与えることができますし、好印象になる場合もあります。お礼メールは面接攻略にも重要なものですので、正しい送り方を身に付けておきましょう。今回は面接のお礼メールを解説します。

面接のお礼メールの例文は?

面接のお礼メールの例文・返信方法・お礼メールの必要はあるのか

就活で避けることのできないものとして面接が挙げられ、就活を攻略するためには面接の対策を欠かすことはできません。さまざまな準備をして、対策を完璧にしてから面接に臨みますが、面接を攻略するためには面接本番だけ頑張ればいいわけではありません。

面接終了後にもできることはあり、それが面接のお礼メールです。お礼メールは面接をしてくれたことに対してのお礼を伝えるものであり、送ることで好印象となる場合もあります。お礼メールはただ感謝の気持ちを伝えればいいというわけではなく、メールの書き方などのマナーはしっかりと守らなければなりません。

お礼メールであってもマナーが守れていなければマイナスの印象を与えてしまう可能性がありますので、例文を参考にして正しいお礼メールを作成しましょう。

転職

○○株式会社人事部採用担当○○様いつもお世話になっております。本日面接を受けさせていただいた○○社の○○でございます。本日は貴重なお時間を割いて頂きありがとうございました。面接中にさせて頂いたお話しはどれもためになるものばかりであり、御社についての理解をさらに深めることができました。

○○様の雰囲気から御社の職場の雰囲気なども感じることができ、ますます御社で働きたい気持ちが強くなりました。取り急ぎ面接のお礼をと思いメールを差し上げた次第です。本日はお忙しい中、貴重なお時間を頂き誠にありがとうございました。貴社益々の繁栄をお祈り申し上げます。

面接のお礼メールの返信方法は?

面接のお礼メールの例文・返信方法・お礼メールの必要はあるのか

面接のお礼メールを送る場合には、返信メールの出し方にも注意しなければなりません。きちんと返信できていないと何のメールかわからなくなってしまいますし、せっかく送信しても企業に正しく届かない、あるいは読んでもらえない場合もあります。

メールは連絡の手段としては非常に便利なものではありますが、相手が読んだかどうかを確認することはできませんし、確実に読んでもらうためには返信方法にも充分注意が必要です。メールの返信方法を気をつけておかなければ読んでもらえない可能性があるだけではなく、読んでもらえたとしてもマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。

面接のお礼メールを送ってマイナスの印象を与えてしまうのは最悪ですので、それを回避するためにも正しい返信方法を知っておきましょう。

面接の案内メールに返信

面接のお礼メールの例文・返信方法・お礼メールの必要はあるのか

面接のお礼メールの返信方法としては、企業から送られてきた面接の案内メールに対して返信するという方法があります。企業によって面接の案内の連絡方法は異なりますが、メールで案内を通知する企業は多いですし、そのメールに対して返信することで企業と連絡を取ることができます。

面接の案内メールに対して返信することで、間違いなく企業のもとへメールが届きますし、企業としても面接関連のメールがきたことを把握することができます。企業には毎日たくさんのメールが届きますので、何のメールかすぐに把握できなければ読まれなかったり、見落とされてしまう可能性もあります。確実に読んでもらうためにも面接の案内メールに対して返信するようにしましょう。

新規作成でもOK

企業からの案内メールに対して返信することで、間違いなく企業の担当者にお礼メールを送信することができますが、企業によっては面接の案内をメール以外で通知する場合もあります。メール以外で面接の案内がきている場合は、返信のしようもありませんので、新規でお礼メールを作成して送信するようにしましょう。

お礼メールは新規作成であっても問題はありませんし、基本的には送る事自体に意味があります。新規作成なのか、返信なのかは基本的には関係なく、企業に対して面接をしてくれたお礼の気持ちを伝えることが大切です。

また企業から面接の案内がメールできている場合であっても新規作成して送信することは可能です。方法はどちらでも構いませんので、宛先だけ間違えないように注意しましょう。

面接のお礼メールの必要はあるのか?

面接のお礼メールの例文・返信方法・お礼メールの必要はあるのか

面接のお礼メールを送っておくことで、丁寧な印象を与えることができますし、場合によっては好印象につながることもあります。しかし必ずしもプラスの印象を与えるわけではありませんし、企業によってはお礼メールにはほとんど目をとおさない場合もあります。

お礼メールを送っても読まれないのであれば意味はありませんし、お礼メールの作成には時間もかかります。就活ではやらなければならないこともたくさんありますし、お礼メールを作成している時間でできることもたくさんあります。

場合によっては面接のお礼メールを作成する時間は無駄になることもありますし、必要性を疑う人も多いです。面接のお礼メールは就活をする上で本当に必要なものなのでしょうか。

あれば好印象

面接のお礼メールはあれば好印象ですし、少しでも好印象を与えたいのであれば送っておくに越したことはありません。企業によっては評価されない場合はあるものの、丁寧な印象を与えることができますし、丁寧に対応していることで企業への関心が強い、志望度が高いと評価される場合もあります。

企業によっては面接のお礼メールへの扱いは違いますし、送らないからといってマイナスの評価になることはありません。しかしお礼メールは正しく送っているればプラスに働くことはあっても、マイナスに働くことはありませんので、送っておいて損になるものではありません。送るも送らないも自由ではありますが、できれば送った方がいいということは覚えておきましょう。

必ずしも必要なものではない

面接のお礼メールの例文・返信方法・お礼メールの必要はあるのか

面接のお礼メールは送っておくことで好印象を与えられる可能性もありますが、それはあくまで可能性であって絶対ではありません。お礼メールを送ったからといって必ずしもプラスの評価になるとは限りませんし、お礼メールを送っても面接では不合格になってしまう場合もあります。

プラスに働く可能性はあるものの、絶対ではありませんので、必ずしも必要なものではありません。就活を少しでも有利に進めたいのであれば必要なものですが、あくまで必要であって必須ではないことを覚えておきましょう。

お礼メールを送らずに面接に合格する人はいますし、就活を成功させる人もたくさんいます。お礼メールで面接の評価が上がるといっても微々たるものである可能性も高いので、必須のものではありません。

余力があれば送る

面接のお礼メールは必ずしも評価されるわけではありませんし、送らないからといってマイナスの評価を受けるものでもありませんので、必須ではありません。しかし送ることで少しでも評価が上がる可能性はありますし、わずかでも好印象になれば選考でも有利になる場合もあります。

他の人と評価が均衡している場合などは、お礼メールの有無が決定打になる場合もありますし、送っておくに越したことはありません。しかし就活は忙しいですし、やらなければならないこともたくさんあります。

お礼メールの作成に時間が割けない場合もありますので、余力があれば送るようにしましょう。お礼メールの作成に時間をかけるよりも面接の対策を入念に行った方がいいので、余力がある場合のみお礼メールを送るのがおすすめです。

新卒の面接のお礼メールは?

面接のお礼メールの例文・返信方法・お礼メールの必要はあるのか

面接に対してお礼のメールを送ることは、ビジネスマンとしては大切なことですので、お礼メールは積極的に送っておいた方がいいです。しかし新卒の就活の場合はどうでしょうか。新卒の場合はこれから社会人にはなるものの、まだまだビジネスマンではありませんし、面接に対してのお礼メールが必要かどうかは意見がわかれる場合も多いです。

結論から言えば、新卒の就活であっても面接のお礼メールは送っておくに越したことはありませんし、送ることで好印象となる場合もあります。就活生であっても社会人としての自覚を持つことが大切ですし、ビジネスマナーに合わせて行動することが大切です。

新卒でも面接のお礼メールが必要になる場合はありますので、新卒ならではの注意点などを理解しておきましょう。

人柄の良さを伝えることができ効果的

面接のお礼メールの例文・返信方法・お礼メールの必要はあるのか

新卒のメールでお礼メールを送った方がいい理由としては、人柄の良さを伝えられることが挙げられます。採用活動は企業に合った人材、企業で活躍できる優れた人材を探そうとして行われますが、新卒の場合は現時点ではそれほど高い能力を持ってないことが多いです。

仕事で活躍できる能力は仕事を経験することでしか身に付けることができませんし、社会人経験のない新卒ではそれが身に付いていないとしても仕方のないことです。そのため新卒の就活は成長力やポテンシャルを重視し、人柄重視で採用を決定することが多いです。

人柄の良さをアピールすることが内定への近道であり、そのためには面接のお礼メールを送り、丁寧さを伝えることが大切です。お礼メールは積極的に送るようにし、人柄の良さをアピールしていきましょう。

面接での感謝の気持ちを正直に述べる

面接のお礼メールを送る場合は内容にも注意が必要ですが、新卒の就活の場合は面接のお礼と面接で感じたことなどを正直に書いていきましょう。ビジネスの定型文のように面接のお礼と型どおりの挨拶でも構いませんが、それではあまりにビジネスライクですし、人柄の良さをアピールすることはできません。

新卒の場合は人柄の良さをアピールすることが何よりも重要ですので、定型どおりの内容ではなく、自身が感じたままにお礼の気持ちを伝えることが大切です。もちろん言葉遣い、敬語表現などには気をつけなければなりませんが、基本的なルールさえ守っていれば問題はありません。

正直な気持ちを伝えた方が好印象にもなりやすいので、面接で感じたままを感謝の気持ちにして伝えていきましょう。

面接のお礼メールの件名は?

面接のお礼メールの例文・返信方法・お礼メールの必要はあるのか

面接のお礼メールは本文の内容もしっかりと考えて作成しなければなりませんが、それだけではなく件名にも工夫が必要です。ビジネスではメールは件名から見られていますし、就活でも件名も評価の対象となっています。

件名がきちんとつけられていないとマナー違反にもなりますし、マイナスの印象を与えてしまいます。マイナスの印象を与えるだけではなく、最悪の場合は読んでもらえない可能性もありますので、きちんと読んでもらうためにも件名は正しくつけなければなりません。

件名は細かい部分ではありませんが、細部までこだわることでより丁寧さをアピールすることができますし、何のメールかわかりやすければ相手側の管理も楽になります。相手を気遣う意味もありますので、正しい件名の付け方を知っておきましょう。

簡潔に記す

お礼メールの件名はとにかく簡潔につけることが大切です。件名は簡潔に記し、内容が一発でわかるものが大切ですので、シンプルに「面接のお礼」などでいいでしょう。凝った件名をつけたからといってプラスの印象を与えることはありませんし、反対に内容がわかりづらければマイナスの印象を与えてしまう場合もあります。

ビジネスではメールには必ず件名をつけなければならず、件名なしはマナー違反ですので注意しましょう。件名なしのメールは迷惑メールとして処理されてしまい、読まれない場合もありますので注意が必要です。

また企業からの面接の案内メールに対して返信する場合は、件名を変えずに出しても構いません。返信のマークであるRe.も付けたまま送信しましょう。

面接のお礼メールは翌日するのか?

面接のお礼メールの例文・返信方法・お礼メールの必要はあるのか

面接のお礼メールを送信する場合は、そのタイミングにも悩む人が多いです。面接終了後に出すのはわかっていてもどれくらい時間を空ければいいのかわからず困っている人は多く、結局最適なタイミングがわからずに出さずに終わってしまう場合もあります。

面接終了後すぐに送信してしまうとあらかじめ準備していたことがわかってしまいますし、かといって期間を開けすぎるとすでに評価が決定してしまっている場合もあります。面接のお礼メールを送る目的は単に感謝の気持ちを伝えるだけでなく、面接の評価を少しでも上げるためでもありますので、評価が決定していては意味がありません。

早すぎても遅すぎてもよくないと考え、翌日がいいのではないかと考える人も多いですが、これは正しいのでしょうか。

基本的には当日中

面接のお礼メールの例文・返信方法・お礼メールの必要はあるのか

面接のお礼メールは早めに出すことが大切であり、基本的には当日中にメールをするのがベストです。事前に用意しておき、面接終了後にすぐに送信するのはよくありませんので、自宅に帰ってからなど落ち着いてからメールを送信するようにしましょう。

またお礼メールは事前に作成しておいても構いません。ある程度の文面は完成させておき、面接での印象などを書き足せば送れる状態にしておけば時間の短縮にもなりますので、おすすめです。

どうしても当日中に出せない場合は、翌日にメールしても構いません。翌日までであれば評価が決定していない場合も多いですし、プラスに働く場合もあります。お礼メールを翌日に出す場合もできるだけ早めを心がけ、できれば午前中には出すようにしましょう。

時間が経った場合は送らない方がよい

面接のお礼メールは基本的には当日中、あるいは翌日中に送るのがマナーであり、それ以上間ができてしまうと送らない方がいい場合もあります。面接終了後から期間が経ってお礼メールを送ってもすでに評価が決定してしまい、効果をなさない場合もありますし、せっかく作成したメールが無駄になってしまいます。

お礼メールの作成には手間もかかりますし、効果が発揮されないのであれば送らない方がいいでしょう。また評価が決まっていない場合であっても、お礼メールの送信が遅いといかにもやっつけな感じがしてしまい、マイナスの印象を与えてしまう可能性があります。

連絡の遅いだらしない人という印象を与えてしまう恐れもありますし、期間があいた場合は極力送らない方が無難でしょう。

面接のお礼メールは決定したらするのか?

面接のお礼メールの例文・返信方法・お礼メールの必要はあるのか

面接のお礼メールを送るタイミングとして気になるのは面接後どれくらいの期間で送った方がいいのかだけではなく、そもそも面接が決まったときには送るべきなのかということも挙げられます。

面接に呼んでもらえるということは書類選考などで評価されたことでもありますし、それに対してのお礼を伝えることはできます。また面接を行うためには時間を作らなければなりませんし、わざわざ時間を割いてくれたことに対してのお礼を伝えることもできます。

面接が決まった時点でもお礼ができる要素はたくさんありますし、お礼のメールを送ることは可能です。しかし問題は評価されるのかということです。面接が決まったときにお礼のメールを送るべきか、評価されるのかを知っておきましょう。

面接決定時に送ってもOK

結論から言えば、面接のお礼メールは面接決定時に送っても問題ありません。面接が決まった時点でも企業に感謝できることはさまざまありますし、それについてお礼を述べておくことで好印象を与えられる場合もあります。

面接前から好印象を与えることができれば、本番の面接もスムーズに進めることができますし、より有利な状態で面接をスタートさせることができます。また面接決定時にお礼のメールを送ることで、面接に間違いなく参加する意思の表明にもなります。

面接に呼んでくれたこと、評価してくれたことに対してのお礼を伝えるとともに、面接に参加する意思があることを記しておくといいでしょう。好印象を与えることができ、かつ事務的な連絡もできます。

面接のお礼メールの書き方は?

面接のお礼メールの例文・返信方法・お礼メールの必要はあるのか

面接のお礼メールを送信するとなると、その書き方に悩む人は多いです。お礼メールであってもビジネスで使用するメールですので、マナーやルールは守らなければなりませんし、それらができていなければマイナスの印象を与えてしまうことになります。

せっかくお礼メールを送ってもマイナスの印象を与えてしまうと意味はありませんし、それなら送らない方がましです。お礼メールを送るのであれば、確実にプラスの評価を勝ち取る、最悪でもプラスマイナスゼロでなければなりませんので、書き方にも注意しましょう。

お礼メールの書き方は基本的なルールやマナーさえ守っていれば自由度が高いので、どのように書けばより好印象かを知っていきましょう。

感謝の気持ちをしっかり伝えることが大切

面接のお礼メールの例文・返信方法・お礼メールの必要はあるのか

お礼メールの書き方としては、感謝の気持ちをしっかりと伝えることが大切です。お礼メールと言うぐらいですので、感謝の気持ちが伝わらなければ意味はありません。ただありがとうございましたと伝えるのではなく、どんな点が良かったのか、勉強になったのかなど具体的に伝えていくことが大切です。

漠然と伝えるよりも具体的に伝えた方が感謝の気持ちは伝わりますし、好印象にもつながりやすいです。正直な気持ちを交えて感謝の気持ちを詳細に伝えていきましょう。

今後の抱負など

お礼メールでは感謝の気持ちを伝えるのはもちろん大切ですが、それと併せて今後の抱負を伝えていくことも大切です。今後の抱負を伝えることで就職に対して前向きであること、就職の意志が強いことをアピールすることができますし、好印象につながる可能性も高いです。

今後の抱負をしっかりと伝え、企業への入社意欲が高いことをアピールしておけば企業としても採用に乗り出しやすいですし、積極的に内定を出そうと考えます。感謝の気持ちを伝えるだけではなく、プラスアルファで今後の抱負も伝えてアピール力を高めていきましょう。

お礼メールを上手に活かして就活を有利に進めよう

面接のお礼メールの例文・返信方法・お礼メールの必要はあるのか

お礼メールの書き方や例文、送るタイミングなどを紹介しましたが、就活を少しでもスムーズに進めるためにはお礼メールは欠かすことができません。お礼メールを送ることでプラスの印象を与えられる場合もありますし、それが合否をわける場合もあります。

もちろんすべての場合で評価されるわけではありませんが、少なくともマイナスに働くことはありません。お礼メールの正しい送り方をしっかりと理解して積極的に送り、就活を有利に進めていきましょう。

Latests