Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月14日

面接のお礼メールの書き方とお礼状の書き方・いつ送るべきか

面接のお礼メールなどを送ったことはありますか?面接を行ってくれたお礼として企業にメールを送ることで評価をさらに上げることができます。お礼メールが面接の合否を分ける場合もありますので、正しい送り方を知っておきましょう。今回は面接のお礼メールについてご紹介します。

面接のお礼メールの書き方は?

面接のお礼メールの書き方とお礼状の書き方・いつ送るべきか

就活ではさまざまな選考を受けなければなりませんが、その最大の関門となるのが面接です。就活が成功するかどうかは、面接での評価によって決まりますので、しっかりと対策してから臨まなければなりません。

また面接では事前に対策をしておくことも大切ですが、面接後の行動も大切です。面接をすれば後は結果の通知を待つだけですが、その間にもできることはあります。それが面接のお礼メールです。

お礼メールを送ることによって、印象が良くなる場合もありますので、少しでも評価を上げたいのであれば、お礼メールを送りましょう。面接のお礼メールの書き方は一言一句決まっているわけではありませんが、大枠として書き方のルールなどがありますので、正しい書き方を理解しておきましょう。

新卒

新卒の場合は面接のお礼メールを書くときには、基本的なメールマナーに気をつける必要があります。プライベートで利用しているメールとビジネスのメールは違いますので、正しくメールマナーを守り、面接のお礼メールを作成しましょう。

メールマナーに則って作成しますので、導入の挨拶、本文、締めの挨拶という基本的な構成はその他のビジネスメールと同じです。お礼メールであってもいきなり本文から始めては失礼にあたりますので、最初は挨拶から始めましょう。

最も重要なのは本文ですが、これはどんなことを書いても構いません。面接のお礼だけではなく、面接で感じた企業の雰囲気や心に残ったことなどを書き、就職意欲が高まったことをアピールしておきましょう。

面接のお礼状の書き方は?

面接のお礼メールの書き方とお礼状の書き方・いつ送るべきか

面接をしてくれたお礼を伝えるものとしては、お礼メールだけではなくお礼状というものもあります。これはメールではなく、手紙などの書面で企業に対してのお礼を伝えます。基本的にはお礼メールとお礼状どちらで感謝の気持ちを伝えても問題はありません。

面接のお礼が伝われば、どちらの方法を利用しても構いませんので、やりやすいと感じる方法で企業に対して、感謝の気持ちを伝えていきましょう。お礼状にもお礼メールと同じく正しい書き方というものがあります。

せっかくお礼状を送っても書き方を間違えていれば、効果が薄くなってしまう可能性もありますので、正しい書き方を身に付けて、お礼状を送りましょう。

手書き

面接のお礼メールの書き方とお礼状の書き方・いつ送るべきか

お礼状の正しい書き方としては手書きであるということです。パソコン作成でも間違いではありませんが、より真心が伝わるのは手書きです。文字はたとえ汚くても丁寧に書かれていれば気持ちは伝わりますので、問題はありません。

どうしてもパソコン作成がいいのであれば、お礼状ではなくお礼メールで感謝の気持ちを伝えましょう。お礼状の書き方は基本的な手紙のマナーと同じです。最初に時候の挨拶をいれ、本文、締めの挨拶となります。

時候の挨拶はお礼状を出す時期によって変化しますので、その時の時期にあったものを使いましょう。本文もお礼メールと同じく感謝の気持ちが伝わるものであれば、どんなものでも構いません。丁寧にお礼をし、締めの挨拶で終わりましょう。

面接のお礼は直後に送るべきか?

面接のお礼メールの書き方とお礼状の書き方・いつ送るべきか

面接のお礼はお礼メールとお礼状、2つの方法で伝えることができますが、そのタイミングも大切です。どちらの方法を利用する場合でもタイミング次第では印象にも影響されますので、ベストなタイミングを狙って送ることで、就活をより有利に進めていくことができます。

面接のお礼をするタイミングとしては当然面接の後になりますが、どれくらい後にお礼メールやお礼状を送るかということが大切です。面接の直後にお礼メールなどを送るのか、それともある程度間を開けるのかによっても、与えられる印象は少しではありますが、異なってきます。お礼をするタイミングとしては、面接の直後は好ましいものなのでしょうか。

記憶に残っているうちがベスト

面接のお礼は必ずしも直後にしなければならないわけではありませんが、それでも面接官の記憶に残っているうち、印象に残っているうちにお礼をしておくのがベストです。早めにお礼をしておくことで、印象が定着しやすいですし、企業からの評価も良くなる可能性が高いです。

企業によっては間を開けずに選考の結果を発表する場合もありますので、結果の通知に間に合わせるためには早めのお礼がベストです。そのためお礼状を送る場合は郵送の時間も考えて、結果の通知までに余裕があるときが望ましいでしょう。

また直後が良いからといって面接が終わって、その場でメールを作成する必要はありません。自宅に戻ってからでも遅くはありませんので、できるだけ早めのお礼を心がけましょう。

面接の日程変更のお礼方法は?

面接のお礼メールの書き方とお礼状の書き方・いつ送るべきか

就活では面接だけではなく、企業の説明会に参加したり、提出期限までに履歴書の作成、それらの合間を縫ってアルバイトなどをしなければならないこともあり、スケジュール管理が非常に難しいです。

綿密なスケジュール管理を行わなければ、ダブルブッキングをしてしまうこともありますが、どれだけ慎重に予定を立てていたとしても、急用が入り、予定が重なってしまうことはあります。

すでに面接の予定が入っていた場合には、企業に連絡して面接の日程調整は可能か相談してみる必要があります。日程調整が可能で、別の日に面接を行ってくれるのであれば、それに対してもお礼を伝えることが大切です。面接の日程変更のお礼方法としてはどんなものが考えられるでしょうか。

日程確定の返信と一緒に

面接の日程調整に対してお礼をする場合は、企業から送られてきた新たな面接日の日程確定のメールに対して返信してお礼をしましょう。企業に日程変更を申し出、それがOKな場合は企業が新たな面接日を指定してきますので、その日での参加が可能であることを伝えるのと一緒に、お礼も済ませてしまいましょう。

参加意思を表明するときに一緒にお礼を伝えておけば、後で別途お礼メールなどを作成する必要はありません。あまり多くのメールを出しすぎるのも企業の混乱につながる場合もありますので、できるだけコンパクトにすることが大切です。

もちろん面接後のお礼メールやお礼状で日程調整について重ねてお礼を伝えるのは問題ありませんので、企業の気遣いに対して感謝の気持ちを伝えていきましょう。

面接のお礼メールは翌日に送るのがいいのか?

面接のお礼メールの書き方とお礼状の書き方・いつ送るべきか

面接のお礼メールを送るタイミングとしては、面接官に印象が残っているうちにできるだけ早くがベストではありますが、就活中は忙しいことも多く、すぐにはお礼メールが送れない場合もあります。

時間の都合が取れればすぐ送るに越したことはありませんが、どうしても忙しく、時間を作れるのが翌日になってしまうという場合もあります。翌日であれば面接官からの印象は薄れてしまいますし、場合によっては覚えていない可能性もあります。

面接官は一日に何人もの就活生を相手にしますし、そのすべてを覚えているわけではありません。印象が薄れてしまってはお礼メールもあまり効果を発揮しない場合もありますが、お礼メールは面接の翌日に送るのがいいのでしょうか。

できれば当日、無理であれば翌日でも可

お礼メールを送るベストなタイミングはできるだけ早くですので、できれば当日中にはメールは送っておきたいです。しかしどうしても無理なのであれば翌日でも問題はありません。印象自体は薄れている可能性は高いですが、お礼メールを送ったことによって思い出してもらえる可能性もあります。

お礼メールはスピード感も大切ですが、まずは送るということが大切です。お礼メールは必須のものではありませんので、人によっては就活をとおして一度も送ったことがない場合もあります。

それでも内定を獲得している人はいますが、少しでも評価を良くするためには、お礼メールは欠かすことができません。当日に無理でもできるだけ早く、翌日中にはお礼メールは送っておきましょう。

面接決定した時にお礼メールは送るべきか?

面接のお礼メールの書き方とお礼状の書き方・いつ送るべきか

企業に対してお礼メールを送るのは面接終了後だけではありません。面接前であってもお礼メールを送るタイミングはあります。面接前にお礼メールを送る理由としては、面接の機会をくれたこと、時間を割いてくれたことに対してのお礼です。

それらの理由でお礼メールを送ることで、事前に印象を良くすることもできますし、上手くいけば面接でも大幅なスタートダッシュを切ることができます。お礼メールの構成としては基本的には同じですが、面接前の場合は本文の内容が異なってきますので、注意が必要です。

しかし当然ですがこれも必須のものではありません。面接を勝ち取ったのは自分の力でもありますので、必ずしも企業にお礼を伝える必要はありません。面接が決定したときにお礼メールは送るべきなのでしょうか。

参加の意思表明と一緒に

結論から言えば、面接が決定したことに対してのお礼メールは送っても問題はありません。また送らなくても問題はありません。送っても送らなくてもどちらでも構いませんが、送ることで少しでも印象を良くできる可能性があることは確かです。

面接に不安があるのであれば、評価の一助としてメールを送っておきましょう。また面接が決定したことに対してのお礼メールはそれ単体で送るのではなく、企業から指定された面接日での参加を了承した旨を併せて記すことが大切です。

企業によっては就活生からのメールの返信を持って面接への参加を確定としている場合もありますので、面接日の通知がくれば参加意思を表明し、それと一緒にお礼も伝えていきましょう。

面接の交通費に対するお礼の方法は?

面接のお礼メールの書き方とお礼状の書き方・いつ送るべきか

面接では交通費がもらえる場合もあり、それに対してお礼メールを送るのもおすすめです。交通費はすべての企業、すべての面接で支給されるものではなく、一部の企業の限られた面接でしか支給されません。

基本的には選考が進めば交通費を支給される可能性も高くなりますので、内定に少しでも近づくためにも交通費のお礼を伝え、印象を良くしておくことは大切です。交通費の支給はすべての面接でされるわけではなく、当たり前のものではありません。

もらえて当然と考えるのではなく、もらえることはありがたいことなのだと考え、お礼ができるほうが企業からの印象も良いので、必ずお礼をしておきましょう。

面接のお礼と一緒に

交通費のお礼は面接のお礼と一緒に行いましょう。交通費の支給は基本的には面接会場で行われるものであり、支給される当日にも面接が行われる場合が多いです。その日の面接のお礼メールと一緒に交通費についても記載すれば、一度にお礼をすることができますのでおすすめです。

面接のお礼と交通費のお礼をわけて送る必要はありませんし、わけて送るとかえって企業の迷惑になり、印象が悪くなってしまう場合もあります。一度のメールで両方のお礼を済ませることは問題ではありませんので、面接のお礼と一緒に交通費のお礼をしましょう。

また交通費だけでが別日で支給されている場合は、交通費のお礼メールとして送っても問題はありません。

面接のお礼は電話でするべきか?

面接のお礼メールの書き方とお礼状の書き方・いつ送るべきか

面接のお礼の方法としてはお礼メールとお礼状の2つがあり、どちらでお礼を伝えても問題はありません。スピーディーにお礼を伝えたいのであればメールがおすすめですし、時間がかかっても誠意を伝えたいという場合は、お礼状がおすすめです。

しかしさらに誠意を伝えたいのであれば、電話でお礼をするという方法も考えられます。文字で伝えるよりも、実際に自身の声で伝えた方がより感謝の気持ちを伝えることができます。より感謝の気持ちが伝われば、評価が良くなる可能性も高くなりますし、電話でのお礼は有効にも思えますが、面接のお礼を電話で伝えてもいいのでしょうか。

基本的にはメール

面接のお礼をするのであれば、基本的には電話ではなく、メールやお礼状などがおすすめです。電話の場合は企業の担当者の時間を奪ってしまうことになりますし、おすすめできません。確かに電話の方が感謝の気持ちをより強く伝えることはできますが、担当者に手間を取らせてしまっては印象が悪くなってしまう可能性もあります。

メールや手紙の良いところは相手の時間を取らないということです。お礼メールやお礼状の場合であれば運が悪ければせっかく送っても面接官が見ないという可能性もあります。しかし電話のように相手の時間を奪うことはなく、少なくともマイナスの印象にはなりません。

電話の場合はマイナスの印象につながってしまう可能性が高いので、基本的にはメールか手紙で感謝の気持ちを伝えましょう。

面接のお礼で評価アップを目指そう

面接のお礼メールの書き方とお礼状の書き方・いつ送るべきか

面接のお礼メール、お礼状の書き方や送るタイミング、電話でのお礼などを紹介しましたが、お礼メールなどは必須のものではありませんので、必ずしも送る必要はありません。しかし送ることでプラスの評価につながる可能性はありますし、少なくともマイナスの印象を与えることはありません。

就活中は就活生も大変ですが、企業の採用担当者も大変です。忙しいスケジュールの中で面接などの時間を割いてくれていますので、評価を上げるためではなく、自身のために採用活動を行ってくれている企業に対して感謝の気持ちを伝えていきましょう。

Latests