Search

検索したいワードを入力してください

【用件別】就活時の質問メールの書き方とテンプレート|服装

更新日:2020年08月20日

就活時の質問メールの書き方で悩む人は多いです。そんな時にこの記事を参考にして短時間で質問メールを送りましょう。時間のない忙しい就職活動の時に、この記事に記載した質問のテンプレートをもとに容易に質問メールが送信することができます。

就活時の質問メールの書き方と例文

就活時における質問メールの書き方は、ケースによってさまざまです。特に注意が必要なことは、何を質問しているのかはっきりとさせることです。あまりにも丁寧に質問しようとすると何を質問しているのか分からなくなります。

また、できる限りコンパクトな内容にまとめる必要もあります。長い文章で質問しても、忙しい採用担当者は最後まで読んでくれないこともあります。さらに、就活時に質問メールを送る時は、ついでに志望動機や自己PRなども記載しておくと、とても印象が良いです。

就活で大切なことですがすべての言動がPRにつながっていれば、採用される可能性も高くなるでしょう。

件名の書き方

就活時における質問メールの件名の書き方としては、自分が質問したい内容にあった件名を記載すれば良いでしょう。たとえば、面接の日時についての確認であるとすれば、件名には、「面接の日時について」と記載すると良いです。

色々と情報を入れて記載したくなる人もいるとは思いますが、短めの件名の方が理解しやすいです。また、いくつかの質問をまとめてしたい時は、「御社に採用について」と記載しても問題ないです。ポイントとしては、採用担当者が件名を読んだ時に、内容がある程度把握できることです。

締めの場合

就活時における質問メールの締めとしては、自分をアピールできる内容と、質問に対しての返信をお願いしますといった内容を記載することです。しっかりとした締めを記載しない場合は、採用担当者がメールを読み終わった後にどうすれば良いのか分かりません。

重要なのは、企業側がそのメールを見た後にどう対処しれば良いかすぐにわかるメールであることです。また、自分をPRする内容を最後に書くときは、「今後も全力で頑張りますので、宜しくお願い致します。」などの簡単な内容で印象が良くなります。

就活時の質問へのお礼メールの書き方

就活時における質問メールの返信に対するお礼メールとしては、「お忙しところ、早速の返信ありがとうございます。」と記載しましょう。質問メールに対する返信がきたら、どのような返信内容であってもかならず返信しましょう。

それは、自分が企業側からのメールをしっかりと読んだかを相手に伝えるためでもあります。こちらからの返信がない場合は、メールが確実に送信されているか分かりません。

具体的には、就活時の面接の日時についての返信をする場合は、面倒だと感じても再度面接の日時を記載して、当日は宜しくお願い致しますと書けば良いでしょう。

用件別就活時の質問メールのテンプレート

用件別就活時における質問メールのテンプレートのポイントは、色々なケースのものを考えるというよりかは、いくつかの基本的な形の質問メールのテンプレートがあれば良いでしょう。

具体的には、「御社を志望しております田中と申します。質問がありメール致しました。御社の採用面接は何次面接までありますか。もしさしつかえなければ教えていただけますでしょうか。では、宜しくお願い致します。」となります。

このような記載の仕方を基本として、用件別に内容を変えていけば良いです。大切なことは、就活時に採用担当者側の視点に立って質問することです。

服装のテンプレート

就活時の服装に関する質問メールのテンプレートとしては、「御社を志望している田中と申します。御社の会社説明会における服装について質問がありメールしました。会社説明会当日はどのような服装で行けば宜しいでしょうか。それでは、返信の方宜しくお願い致します。」となります。

就活時の服装に関しては、特に指定がない場合は背広などのスーツとなりますが、何かの理由で気になる時は、正直にメールで聞くこともあります。服装に関するメールを送信したことでマイナスのイメージになることは、まずないです。自分が気になることは、メールですぐに質問するスタンスは就活で重要なことの一つでもあります。

持ち物の質問

就活における持ち物についての質問としては、採用担当者に指示されたもの以外で必要なのか判断できないものなどについて聞くことがあります。質問の仕方としては、

「御社を志望している田中と申します、質問がありメール致しました。次の面接時に大学における成績表を提出した方がよろしいでしようか。では、返信の方宜しくお願い致します。」となります。持ち物については、就活時の採用過程で色々と必要になるものがあるのでしっかりと把握しておきましょう。

これは、聞いたらイメージダウンになるかなと思っても確認することが大切です。

日程の場合

就活時の日程についての質問メールのテンプレートとしては、簡単内容で問題ないです。具体的には、「御社を志望している田中と申しますが、面接の日程の件で質問がありメールしました。確認になりますが、面接の日程は、6月1日でよろしいでしょうか。お忙しいところ恐縮ですが、返信の方宜しくお願い致します。」となります。

日程に関するメールの企業側からの返信が遅い場合は、自分で電話して確認する方法もあります。どちらにしても早めの行動をしていれば、焦らずに対応することができるでしょう。

お礼のテンプレート

質問メールに関するお礼のテンプレートとしては、「御社を志望しております田中と申します。先日はお忙しいところ、私の質問に返信していただき誠に有難うございました。今後とも全力で頑張りますので宜しくお願い致します。」となります。

就活時において、質問した返信に対するお礼のメールはできるかぎり送るようにしましょう。もしもお礼のメールを送るか悩んでいるような時は、送ったしまった方が良いです。採用側からした場合、好印象となります。

確認の場合

就活時における確認に関するメールのテンプレートとしては、メールの内容の中で確認のメールであることをしっかりと相手に伝えることです。そうでなければ、メールの趣旨がはっきりしません。

具体的には、「御社を志望しております田中と申します。先日確認させていただいた日時の件ですが、下記の日程でよろしいでしょうか。度々申し訳ありませんが、返信の方宜しくお願い致します。」となります。

社会人になって普通に仕事をしていても、確認のためのメールを送ることは結構あります。

初回公開日:2017年11月20日

記載されている内容は2017年11月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests