Search

検索したいワードを入力してください

会社・就活での訪問のお礼メールの書き方・件名|研究室/新規

初回公開日:2018年01月29日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2018年01月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

どこかを訪問した後には、必ずお礼のメールを送るのがビジネスマナーです。訪問後のお礼メールがなければ失礼になる場合も多いですし、良好な関係が築けなくなってしまうこともあります。今回は訪問後のお礼メールについてご紹介します。

訪問のお礼メールの書き方は?

会社・就活での訪問のお礼メールの書き方・件名|研究室/新規
※画像はイメージです

ビジネスは自社だけで仕事が回っているわけではなく、さまざまな企業との関わりの中で成り立っています。そのため時には相手の会社を訪問しなければならないこともありますし、また相手から担当者が訪問していくることもあります。

またビジネスに限らず、相手との関係を良好に保つためのコミュニケーションの一環としてお互いに訪問をしなければならない場合もあります。関係性を築くためには直接会って話すことが大切であり、訪問は非常に重要です。

しかしただ訪問すればいいわけではなく、訪問後は相手先にお礼メールを送ることが大切です。お礼メールが送れていないと印象が悪くなってしまう場合も多いですし、訪問後は必ずお礼のメールを送るようにしましょう。

会社

相手先の会社を訪問した場合のお礼メールの書き方としては、訪問させてもらったことのお礼に加え、今後のビジネスの展開や予定などについてを記しておくことが大切です。訪問後にお礼メールを送ることは大切ではありますが、単にお礼を伝えるだけでは、ビジネスの側面で考えると無駄が多いと言えます。

ビジネスでは少しの時間でも無駄にすることはできませんし、すべてを効率化して進めることが大切です。訪問後のメールも単なるお礼メールとして終わらせるのではなく、今後の予定を記し、実りあるものにすることが大切です。

今後のスケジュールを詳細に記しておくことで、相手先の企業との取引を続ける気持ちがあることを伝えられますし、好印象を与えることができます。

研究室

会社・就活での訪問のお礼メールの書き方・件名|研究室/新規
※画像はイメージです

新規訪問

新規訪問の企業などにお礼メールを送る場合は、丁寧な文面を心がけ、少しでも印象を良くしておくことが大切です。また新規の場合ではとにかく覚えてもらうことが大切ですので、お礼メールの中でももう一度自己紹介をしておきましょう。

新規訪問の際には名刺などを渡している場合も多いですが、社会人では名刺はさまざまな人からもらいますし、そのすべてを覚えていられないことも多いです。名刺を渡しただけでは自己紹介が済んだとは言えませんし、より自身の記憶を定着させるためにも、訪問後のお礼メールでも自己紹介をしておくことが重要です。

自身の存在をしっかりとアピールすれば、今後の関係性について言及し、より良い関係を築いていきたいことをアピールしていきましょう。

就活の訪問のお礼メールの書き方は?

会社・就活での訪問のお礼メールの書き方・件名|研究室/新規
※画像はイメージです

ビジネスでは会社の訪問後にお礼のメールをする機会も多いですが、訪問後のお礼メールが必要なのは社会人だけではありません。就活であってもさまざまな場所を訪問しますし、その際にはお礼メールの送信が必要になります。

就活の場合は訪問後のお礼メールは必須ではありませんが、それでもマナーとして重要視されているものですし、送っておくことで好印象を与えることができます。少しでも好印象を与えておけば選考を有利に進めることができますし、就活の攻略にもつながります。

就活でも訪問後にお礼のメールを送っておくのは大切なことですので、上手なメールの書き方を知り、好印象を与えていきましょう。

OB訪問

就活での訪問後のお礼メールとしては、OB訪問後のメールが挙げられます。OB訪問の後は先輩に対してお礼のメールを送ることが大切であり、先輩に対して送ることで、それが人事担当者に伝わり好印象を与えられる場合もあります。

OB訪問後のお礼メールでは、OB訪問を行ってくれたことに対してのお礼と企業への理解が深まったこと、企業への志望意欲がさらに高まったことなどを記しておきましょう。企業への志望意欲が高まったことを伝えておくことで、入社意欲の高さをアピールすることができますし、それが選考でもプラスに働くことは多いです。訪問後はなるべく早くお礼のメールを送るようにし、好印象を与えていきましょう。

会社訪問

就活ではOB訪問以外でも、会社訪問をする機会があり、その場合もお礼メールは必須です。OB訪問の場合はお礼メールを送っても人事担当者がメールを見ない場合もありますが、会社訪問に対してのお礼メールであれば、人事部や採用担当者などに直接送りますので、お礼メールを読んでもらうことができますし、好印象を与えることができます。

会社訪問のお礼メールも基本的な部分はOB訪問と同じです。会社訪問を行ってくれたことに対してのお礼と入社意欲の高まりをアピールしていきましょう。また会社訪問で印象に残ったこと、勉強になったことなどをメールに記載し、真剣な気持ちで取り組んでいたことをアピールしていきましょう。

訪問のお礼メールの件名は?

訪問後にはお礼メールを送信することが大切ですが、重要なのはメールの本文だけではありません。お礼メールでは件名にも注意が必要ですし、件名次第では相手に読んでもらえない可能性もあります。せっかく送信しても読んでもらえなければ意味はありませんし、お礼メールがないとしてマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。

就活をはじめとして、ビジネスメールでは件名なしはNGです。件名がないと読むのを後回しにされたり、読まずに削除されてしまう可能性がありますので、必ず件名を記してお礼メールを送りましょう。

○○のお礼

訪問後のお礼メールを送る場合の件名は、メールの意図を簡潔に表したものにしましょう。基本的な形としては「○○のお礼」で構いません。○○の部分に対応するものをいれ、お礼のメールであることを件名でわかるようにしておきましょう。

お宅訪問のお礼メールは?

会社・就活での訪問のお礼メールの書き方・件名|研究室/新規
※画像はイメージです

訪問後のお礼メールとしては、企業への訪問などだけではなく、お宅を訪問した後にも送信する場合があります。お宅訪問の後のお礼メールは企業を訪問した場合などと細部が違っていますので、細かい点まで注意してメールを作成していきましょう。

Latests