Search

検索したいワードを入力してください

薪ストーブの苦情は市役所にいうべきか・対策方法・伝え方

初回公開日:2018年04月25日

更新日:2020年02月10日

記載されている内容は2018年04月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

薪ストーブを利用している人たちもいるでしょう。薪ストーブは周囲の人たちに迷惑をもたらすものだということを使う人たちは知らなければなりません。そのような意識がなければ、苦情は必ず起こることになり、優雅な薪ストーブの雰囲気も半減してしまうのではないでしょうか。

薪ストーブの魅力

今でも薪ストーブで拘りを持っている人たちがいます。薪ストーブには、薪ストーブでしかない魅力が存在しています。

大人になれば絶対に薪ストーブの生活をしようと考える人たちも多くいます。薪ストーブこそが私達の人生を優雅にしてくれるものではないでしょうか。

なんといっても薪ストーブにすることでお部屋を暖かくすることができます。薪ストーブは暖房能力が高いので、部屋同士を仕切る必要もなくスペース空間を広く開放的に使うことができます。

冬に他の暖房器具を使用しているから、段々と閉鎖的になってしまうことがありますが、薪ストーブによってこころも広々という感じではないでしょうか。エアコンやファンヒーターと違い、身体の芯からじんわりあたたまっていく感じも薪ストーブの魅力です。

火を囲むこと

薪ストーブは、もともと暖炉から発展した暖房器具とされています。囲炉裏という歴史もありました。密閉してある鉄箱の中で薪を燃焼させることで、鉄を暖めて放熱するようにしたのが箱の形をした薪ストーブです。

多くの人たちが薪ストーブの暖かさは、ひだまりでひなたぼっこをする時のぬくもりに似ているという言い方をします。薪ストーブの体験をした人たちは、絶対にその暖かさは電気ストーブで体験するものとは違うと主張することでしょう。

薪ストーブの秘密は「輻射熱(ふくしゃねつ)」というものに隠されています。「輻射熱(ふくしゃねつ)」とは遠赤外線の熱線によって直接伝わる熱の事です。そのような方法によって人たちを暖かくしてくれます。

薪ストーブは物理的にあたたかいということだけではなく炎のゆらぎ、木の燃える音、においという、五感で感じ取ることができるさまざまな魅力を感じ取ることができます。

人たちが集まる

薪ストーブの前に多くの人たちが集まれば、ここに言葉など必要なく、こころとこころが通じ合っている感じもあります。やはり、私達は太古の頃から本能的に火を求めていたんだということも、薪ストーブを前にしてしみじみ感じ取ることができるのではないでしょうか。

煙突

薪ストーブの苦情は市役所にいうべきか・対策方法・伝え方
※画像はイメージです

薪ストーブがいいと考えるものの、実際に薪ストーブを設置するために煙突を設置する必要があります。煙を屋外に送り出すためだけものではなく、煙突内部の空気が暖まると発生する上昇気流が薪ストーブに対して、燃焼空気を取りこむ力となって、よりしっかり燃えてくれる力となってくれます。

そのため、より理想の薪ストーブに近づけるためには、煙突の立ち上がりにも気にする必要があり、煙突の高さなども関わり持つことになります。真っ直ぐに煙突を立ち上げることが理想です。

そして屋根の煙突は、必ず規定に従って設計する必要があります。煙突にスムーズな高さを期待できない場合、 屋内に煙が逆流してしまう恐れが出てきてしまうことも警戒しなければなりません。

薪ストーブの問題

薪ストーブの苦情は市役所にいうべきか・対策方法・伝え方
※画像はイメージです

しかし薪ストーブの生活は、現代社会にそぐわない可能性があります。実際に薪ストーブに憧れていたとしても多くの人たちが気軽に薪ストーブにすることができません。

薪ストーブにはまだまだインテリアとして優れているとか、そこで料理を作ることができいろいろなメリットがありますが、 絶えず労力と時間がつきものというのも薪ストーブの持つデメリットでしょう。

薪ストーブにしたいと考えるものの、実際にするためには初期費用にかなりお金がかかってしまうことになります。そして、薪を乾燥させるスペース空間も必要だったりします。

苦情

薪は平均1シーズン1トン程度は必要です。薪ストーブは木が乾燥しきっていないとよく燃えないです。そのため乾燥させる必要がありますが、そのようなスペース空間まで果たしてみなさんの家庭では準備することができるでしょうか。

そしてしっかりと煙突の掃除・メンテナンスとも向きあう必要があり、なかなか優雅さを持続することは難しいことではないでしょうか。そもそもなかなか薪を手に入れることも難しいご時世です。

そして薪ストーブはあたたまるまで時間がかなりかかってしまうことになります。コストも結構かかってしまうでしょう。そして、もっと私達が薪ストーブに対して考えるべき問題は、周囲から苦情が来てしまう可能性があることです。

苦情の問題

実際に良かれという気持ちで薪ストーブを使用しているものの、苦情が起こることが多々あります。エアコンを使用していてなぜ苦情など起こる理由を見つけることができるでしょうか。そのような意味でも薪ストーブは、他の暖房器具とは全然違うものと言えます。

薪ストーブの苦情は市役所にいうべきか

薪ストーブの苦情は市役所にいうべきか・対策方法・伝え方
※画像はイメージです

しかし薪ストーブって実際にどうなのでしょうか。私達自身は薪ストーブの導入で、幸せに満ちた生活をしているとしても、周囲からは苦情寸前であるお宅も多くあります。

煙と匂いで大変迷惑しています。「薪ストーブの暖房をやめて下さい」という近所の通報の紙が入っていたというケースがあります。

近所の人たちも、直接文句は言いにくいということもあるのではないでしょうか。苦情を言いたいけど、何をしていいかわからないから役所に相談するというケースもあります。何しろ周囲の人たちも、暖房であたたまることは一市民の権利という考えもあるでしょう。

優雅

Latests