Search

検索したいワードを入力してください

朗読に必要なテクニックと上達のコツを解説|読み方のポイントも紹介

更新日:2022年08月23日

朗読と聞いて舞台劇を連想する人もいるでしょう。しかし発声や読み方、セリフの表現など必要なコツは様々です。本記事では朗読について掘り下げつつ、朗読が上達するコツについて紹介します。日常会話にも応用できるスキルです。ぜひ参考にしてください。

「朗読を上手にするにはどうしたらいいの?」
「朗読と音読は何が違うんだろう」
など、朗読に対して前述のような疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。

朗読と聞くと、誰でもできるようなイメージを持つ人も多いでしょう。しかし、読み上げてみると、発声方法や、世界観の表現など様々な壁があることに気が付きます。

この記事では、表現力や想像力といった上手に朗読するためのテクニックと、抑揚をつけたり、読む速度に変化をつけたりするといった上達するためのコツを紹介していきます。このコツが身に付けば、日常生活でも相手に分かりやすく情報を伝える技術として役立つでしょう。

この記事を読むことで、聞き入りやすい朗読ができます。また、様々なテクニックやコツを知ることで、どうしたら相手に伝わるかが分かるでしょう。

朗読のコツやテクニックを知りたいという人は、ぜひこの記事を参考にしてください。

そもそも朗読とは何?

学生時代に授業や部活動の一環で、絵本や、詩、小説などの読み上げを行った記憶がある方も多いでしょう。

「朗読」とは、正確・明晰・流暢に読めることの他に、以下のことを加えた読み方です。

・作品の価値を音声で表現すること
・作品の特性を音声で表現すること

文部科学省では、朗読を音読の要素に加えて作品の世界観や特性を表現するものと定義しています。

出典:音読・朗読|文部科学省
参照:https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/clarinet/002/003/002/007.htm

朗読と音読の違い

文部科学省のホームページには、朗読と音読の違いについて、下記のように記述されています。

・音読とは、正しくはっきりすらすらと読むことを目標にして、声を出し読むこと
・朗読とは、音読の目標に加えて、読者の受け止めた作品の価値や特性を音声で表現すること

読み上げるのが音読とするのであれば、朗読は読みながら感情表現を加えること言えるでしょう。

出典:音読・朗読|文部科学省
参照:www.mext.go.jp/a_menu/shotou/clarinet/002/003/002/007.htm

朗読と読み聞かせの違い

読む方法にも様々なものがありますが、読み聞かせと朗読には大きな違いがあります。

読み聞かせは、聞き手側と読む対象の絵本、小説、詩などの作品を、一緒に見ながら音読することです。読む技術よりも雰囲気作りが大切と言えるでしょう。

朗読は目の前の聞き手に対して、感情を込めて作品の文章を読み上げることです。

朗読に必要な3つのテクニック

明瞭に読み上げる音読と違い、朗読では作品の世界観を伝えることが大切です。世界観を伝えるために必要な3つのテクニックとして表現力、想像力、読解力が必要と言えるでしょう。

それぞれ、どのようなテクニックなのか具体的に紹介していきます。

1:表現力

朗読で問われるスキルが、読み手の表現の幅です。

表現のコツとして覚えておきたいのが、文章を読み上げる間合い、緩急や抑揚です。間合いや緩急を意識して朗読することは、誰もが考えることでしょう。

しかし、それだけではコツを掴んだとは言えません。

読み上げる文章によって感情を込めて、声に明るさや暗さを加えることも表現力を上達させるコツの1つです。

2:想像力

朗読する文章の中に、街が出てきたとしたら、その街が繁華街なのか、閑静な住宅街なのかで声のトーンは変わります。

また、天気が朝焼けの美しい状態なのか、深夜の満月が出ている状態なのかでも、声色は変えられるでしょう。

つまり、文章の前後にある言葉で、街がどんな風景なのかを声で伝える想像力が、朗読では求められるということです。

3:読解力

日本語の文章を読むときは、句読点の位置で意味が変わってしまうため、読解力が必要になります。前後の文章の流れをヒントに、作者が伝えたいことを、自分の声で表現してください。

しっかりと下読みし、分からない言葉や漢字が出てきたら調べ、作者の意図と世界観を、自分の表現で伝える読解力を身に付けましょう。

次のページ:朗読が上手くなる本の読み方

初回公開日:2022年08月23日

記載されている内容は2022年08月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests