Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月28日

専門学校の面接の内容・よく聞かれる質問・落ちるケース

みなさん、こんにちわ。今回は、専門学校の面接のあり方について記事にさせていただきます。服装、内容、心構え、準備などなど、どんな質問をされるのか?気になることが多く悩まれるでしょう。そこで、分かりやすく簡潔にお伝えできればと考えています。

専門学校の面接のマナー

専門学校の面接のマナーといっても、一般的な面接とかわりはありません。しかし、入室の仕方や退室の仕方などは気になる人も多いでしょう。ここでは、面接の流れと注意点を紹介します。

1.入室

まずは入室です。部屋の外の係員が「○○さん、どうぞ」と言ってきたら、ドアを3回ノックして、相手の返答を待ちましょう。「どうぞ」を言われたら入室し、その際は「失礼します」といって入ってください。高校の職員室に入るときと同じです。

2.着席

椅子のわきにたち、自己紹介をするパターンがよくあります。他にも面接官が指示をしてくれますので、よく聞いて従ってください。面接官から「座ってください」と言われる前に座ることは避けてください。

3.面接

ここから面接のスタートです。落ち着いて、相手の質問内容をしっかりときき、その質問にあった回答を心がけましょう。

4.退室

面接が終わってホッとするのはまだ早いです。しっかりとお辞儀をしながら、「ありがとうございました」と大きな声でお礼をいってから、退出してください。

専門学校の面接の内容

専門学校の面接の内容・よく聞かれる質問・落ちるケース

専門学校の面接の内容は、志望動機に関する質問から、受験する学校の専門分野に関する質問まで幅広くなっています。ただ、専門分野といっても知識を問われるものではありません。その専門学校の分野に対する興味・関心を問うものになります。

専門学校の面接でよく聞かれる質問

専門学校の面接では、王道のよく聞かれる質問があります。今回はそのいくつかを紹介します。

志望動機について

最も聞かれる可能性が高いのが志望動機に関する質問です。志望動機といっても質問のされ方はいろいろあります。例えば次のようなものがあります。

・本校を志望する理由を教えてください
・なぜ、他の学校ではなく本校を選んでくれたのですか
・本校では具体的にどのようなことが学びたいですか

どれも志望動機に関する質問になっています。しかし、志望動機に関してはおすすめの対策方法がありますので、後ほど紹介します。

自分自身のことについて

次によく聞かれる質問が、自分自身のことについてです。いわゆる自己PRから、短所や趣味についても聞かれます。例えば次のような質問があります。

・自己PRをしてください
・短所とそれを克服ためにやっていることはありますか
・休みの日はどのようなことをしていますか

自己PRに関しては、また後ほど特集します。

高校生活について

専門学校を受験する皆さんはほとんどが高校生でしょう。そのため、高校生活に関する質問もよく聞かれます。例えば、次のような質問があります。

・高校生活で1番頑張ったことはなんですか
・あなたはクラスや部活ではどのような役割ですか
・高校生活でやり残したことはありますか

どれも基本的には高校生活に関することですので、そんなに難しく考える必要はありません。

専門分野について

それぞれの専門学校の専門分野に関する質問もよく聞かれます。しかし、知識的な質問ではありません。次のような興味・関心を問う内容になっています。

・なぜ○○になりたいと思ったのですか(○○は看護師など職業)
・どんな○○になりたいですか

専門分野といっても、このような質問です。日ごろのその専門分野に関する思いをぶつけてください。

専門学校の面接での服装・身だしなみ

専門学校の面接の内容・よく聞かれる質問・落ちるケース

専門学校の面接では、質問への返答が完璧でも服装・身だしなみがダメでは、その面接は台なしです。3パターンにわけて例を紹介します。

制服がある学校に通っている人

制服がある学校に通っている人は、面接のときの服装は制服でいけば問題ありません。その際は、制服に糸くずがついていないか、ズボンの折り目はしっかりついているかなど、細かいところに気を使いましょう。面接会場についたら、トイレにいって必ず鏡の前で、自分の身だしなみを確認することをおすすめします。

制服がない学校に通っている人

専門学校の面接の内容・よく聞かれる質問・落ちるケース

学校によっては、制服がない場合もあります。特に、通信制や定時制の学校に通っている人の多くは、制服がありません。そのような人は、できることならスーツで面接に臨むことをおすすめします。しかし、どうしても用意できない場合は、できるだけスーツに近い恰好をしていってください。高校生に対してスーツを強要するほど、専門学校は厳しくはありません。

高校生ではない人

高校生でなくても専門学校は受験できますので、そのような人もいます。その場合は、スーツで面接に臨みましょう。高校を卒業して大学には進学していないのであれば、社会人として扱われます。リクルート用のスーツを用意して面接に臨んでください。

専門学校の面接での髪型

専門学校の面接の内容・よく聞かれる質問・落ちるケース

服装が完璧でも適した髪型でないと評価は下がってしまいます。専門学校になんとしても合格したい方は髪型まで気を使いましょう。

男性は長髪はNG

男性は、長髪はNGです。具体的には肩に髪がかかるようなら、面接前に美容室にいって髪を切りましょう。こだわりがないようであれば、美容師さんに面接があることを伝えれば、適切な髪型にしてもらえます。美容師系の専門学校を受験する場合でも、長髪は避けましょう。高校生らしい髪型の方がいいです。

女性は長いようならポニーテール

女性は、髪型についてはそんなに気にしなくても大丈夫ですが、ロングヘア―であれば髪を結んでいくことが望ましいです。ツインや三つ編みなどはせず、一番シンプルなポニーテールで面接に臨みましょう。

専門学校の面接での志望動機の対策と伝え方と例

おすすめの対策方法

専門学校の面接で、必ず聞かれる志望動機についてですが、おすすめの対策方法があります。それはざっくりと志望動機を考えて、ざっくりと覚えるということです。志望動機と言っても、聞かれ方は色々あります。考えた志望動機を丸暗記していては、特定の質問にしか返答できません。

ですので、考えた志望動機を要素にわけて、それを組み合わせて返答するのがおすすめです。

伝え方も重要

伝え方というのは、話す順番という風に言い換えることができます。志望動機は、次の順番で話すことが一般的です。「志望する理由→具体的なエピソード→意気込み」イメージができない人は、次の項の例を参考にしてください。

対策例と返答例

先ほど紹介したおすすめの対策方法と伝え方の例を具体的に紹介します。今回は、看護系の専門学校を受験することを想定しています。

対策は要素の洗い出し

志望動機の対策は、要素に分けることだと書きました。具体的には、次のようなイメージです。

①看護師を目指すきっかけは、子どものころの入院していたときの看護師さんにあこがれて

②不安だった私を気にかけてくれて、すごくうれしかった

③私もあのときのような患者さんの不安を取り除けるような、患者さんに寄り添った看護師になりたい

④御校はたくさんの看護師を育ててきた実績がある

このように、なぜその学校なのか、なぜその職業なのかを箇条書きでどんどんあげていきます。

伝え方は要素の組み合わせ

志望動機を聞かれているとはいっても、質問の仕方によって返答を替えなければなりません。例えば「看護師の志望動機を教えてください」と言われたら、上の対策の番号で表すと①→②→③のような順番で、言葉をつなげていけば答えられます。

他にも、「なぜうちの学校を志望したのですか」と聞かれれば①→②→④→③と答えます。念のため具体的な回答例を書いておきます。

Q.なぜうちの学校を志望したのですか
A.わたしは子どもの頃の入院をきっかけに看護師を目指すようになりました。

その時はすごく不安がいっぱいでしたが、看護師さんがすごく気にかけてくれてうれしかったのを覚えています。○○専門学校さんでは、そのような寄り添う看護師の育成を目指しているとHPに書いてあり、多くの看護師を育ててきた実績があります。私も○○専門学校に入学し、寄り添う看護師を目指して努力していきたいです。

専門学校の面接での自己PRの仕方と例文

専門学校の面接の内容・よく聞かれる質問・落ちるケース

自己PRに関しても伝え方の王道パターンがあります。アピールポイント→具体的エピソード→どう活用できるかの3段階です。

自己PRの例

自己PRに関しても、志望動機と同じように対策することをおすすめしますが、今回は例文だけの紹介にします。きっちりと自分を見つめなおし、高校生活を思い出せば、あなたのいいところはたくさんあるでしょう。

例文:わたしは、相手の立場にたって物事を考えることが得意です。学校生活では、友達や部活の後輩からよく相談をされていました。その際は、自分の考えを押し付けるのではなく、相手の立場になって話すことを心がけました。

看護師になった場合にも、相手の立場になって考えることで、患者さんに寄り添うことができる看護師になれるのではないか、と考えています。

専門学校の面接に落ちるケース

専門学校の面接の内容・よく聞かれる質問・落ちるケース

専門学校の面接であっても落ちるケースはあります。よっぽどのことがないと落ちることはないというのがほとんどですが、次のような人は落ちる可能性があります。

・髪型がぼさぼさ、服装が整っていない
・質問に答えない
・常識的な行動がとれない(あいさつなど)

専門学校側も実績などに関わってきますので、面接で問題がある人は落とします。

基本的なことをしっかりと準備する

専門学校の面接の内容・よく聞かれる質問・落ちるケース

専門学校の面接でも落ちるケースがあると紹介はしましたが、基本的なことをしっかりと準備すれば大丈夫です。服装・髪型・あいさつは、もっとも基本的なことで簡単に準備できます。

質問の返答を考えることのは少し大変ですが、時間をかけて準備すれば、必ずいいものができ上がります。憧れの専門学校での学校生活はすぐそこです。いい準備をして、面接に臨んでください。

Latests