Search

検索したいワードを入力してください

「デッドオアアライブ」の意味と使い方・由来|生きるか死ぬか

初回公開日:2018年01月20日

更新日:2018年01月20日

記載されている内容は2018年01月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「デッドオアアライブ」の意味をしっていますか?「生きるか死ぬか」でしょうか、それとも「死んでいても生きていても、どちらでもかまわない」でしょうか?「デッドオアアライブ」の意味の由来はアメリカの西部劇の指名手配のはりがみにあります。殺してお金が貰える時代です。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

ほんとに知ってる?「デッドオアアライブ」の意味と使い方

「デッドオアアライブ」って知ってる?

皆さんは「デッドオアアライブ」という言葉を聞いたことがありますか?

映画やゲームのタイトルになっていたり、音楽界でも同名のバンドや曲名があるので、「デッドオアアライブ」という言葉を一度も耳にしないで生きていくのは至難の業です。それだけ世に溢れていて作品のタイトルになるほどに魅力のある「デッドオアアライブ」ですが、では皆さんは「デッドオアアライブ」の意味をご存知でしょうか?

聞いたことはあるけれど、意味となると曖昧にしか返事ができなくなります。「デッドオアアライブ」=「生か死か」?「生きるべきか死ぬべきか」?本当のとことはどんな意味なのでしょうか。そしてどんな由来があるのでしょうか。順に見てきましょう。

英語で書くと「Dead or Alive」!

単語の意味は?

英語で書くと「Dead or Alive」。Deadは「死んでいる」という意味、Aliveは「生きている」という意味で、状態を表す形容詞です。「Dead or Alive」を直訳すると「死んでいるか生きている(状態)」という意味になります。「You are dead.」と言われたら、「お前は死んでいる(状態)」という意味です。

「死んでいるか生きている(状態)」とは一体どんな状態なのでしょうか?次は「dead or alive」の意味を辞書で調べてみましょう。

辞書によると?

Dead or Alive
生死を問わず

出典: https://ejje.weblio.jp/content/Dead+or+Alive |

「生死を問わず」、映画の中で例えばアメリカの西部劇でこのセリフを聞いたら、その指名された人は命を狙われている状況です。「生きていても死んでいてもいいから」その人を捕まえろ、という意味ですが、どちらかと言うと「死んでもいいから」、「殺せ」の意味合いの強い言葉です。

「デッドオアアライブ」の辞書での意味は「生死を問わず」でした。よく「生きるか死ぬか」という言葉と混同されます。次は「生きるか死ぬか」について見ていきましょう。

「デッドオアアライブ」の意味は「生きるか死ぬか」で合ってる?

「生きるか死ぬか」という言葉を英語に直接翻訳すると「Live or die」または「A matter of life and death」です。

文学や映画、ドラマの中ではダイレクトな表現をせず、状況に応じた言葉を使います。例えばシェークスピアの「ハムレット」での有名なセリフ、「生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ」は「To be, or not to be: that is the question」の翻訳です。有名な海外ドラマ「HERO」では「Survive or perish.」を「生きるか死ぬかだ」と訳しています。

「デッドオアアライブ」は「生きるか死ぬか」という意味にならないのか、というとそれは会話の文脈によるので完全な間違いではありません。「It's a dead-or-alive question.」と言われたら「それは生きるか死ぬかの問題だ」という意味です。

「デッドオアアライブ」の意味は「死んでいるか生きている」?

「デッドオアアライブ」は「生きるか死ぬか」というより「生死を問わず」、「生きていても死んでいても」と訳すほうが英語の元の意味に近いですが、今では「生きるか死ぬか」という使われ方もするようになりました。「Dead or alive, No place to run. 」と言われたら「生か死か、逃げ道はない」という意味です。

ここでは元の意味に近づけて見ていきましょう。「デッドオアアライブ」の直訳は「死んでいるか生きている(状態)」でしたが、辞書によると「生死を問わず」でした。「問わず」、「(死んでいても生きていても)どちらでもかまわない」という言葉が加わっています。なぜでしょうか?

どちらでもかまわない?本当に?

「デッドオアアライブ」の語源は19世紀のアメリカ西部、とくにその時代のアメリカ西部を舞台にした人気ドラマでの指名手配人、おたずねものへの使用が由来です。主に懲罰のために指名手配人を探す、はりがみ上に書かれています。

「デッドオアアライブ」という言葉はその指名手配人は見つける過程で殺されるだろう、というニュアンスも含んでいます。指名手配人を探す過程でそのおたずねものを殺すことは、理にかなった罰であるかのようにみなされているからです。

そういうわけで「デッドオアアライブ」は「死んでいても生きていてもどちらでもかまわないけれど殺していいよ、でも殺すことは罰になるからむしろ殺せ」という意味になります。

「デッドオアアライブ」の直訳、「死んでいても生きていてもどちらでもかまわない」の「どちらでもかまわない」は「殺せ」でした。ダイレクトに言わず、遠回しな表現で過激なことを伝えています。

WANTED!指名手配のはりがみ

指名手配のはりがみで「デッドオアアライブ」は、遠回しに「殺せ」と伝えている表現でした。指名手配のはりがみは政府から市民に向けた告示なので、過激な言葉を使えません。しかし目的は果たしたいので遠回しに伝えています。

19世紀のアメリカは「西部開拓時代」と呼ばれ、先住民であるインディアンと金鉱目当ての開拓者の争いが絶えない時代でした。このような侵略の時代背景でならず者が多かったということもあり、「生死を問わず」といえば暗黙の了解で「(生死を問わず)殺せ」という意味になります。

アメリカの西部劇の映画で指名手配のはりがみに男の顔と「Dead or Alive(デッドオアアライブ)」とあれば「(生死を問わず)殺せ」、例えばその下に「Reward $3,000」と書いてあったら「Reward」は「賞金」という意味です。「指名手配の男を殺したら賞金3,000ドル」という内容で了解されます。

殺してお金が貰える!?「デッドオアアライブ」の意味の由来

「デッドオアアライブ」の意味の由来は何処にあるのでしょうか?「デッドオアアライブ」の意味は19世紀アメリカ西部の、指名手配のはりがみが由来でした。

政府からのメッセージなので直接的に「殺せ」と言わず、「指名手配の男を捕まえてください。死んでいても生きていても構いません。その賞金は3,000ドルです。」というような言い方をします。殺戮の多かった時代背景で、政府が「デッドオアアライブ」と言えば「殺せ」と了解されました。

賞金を目当てにならず者が指名手配人を探し回り、罰と称して殺した時代、殺すことが罪にならずお金がもらえた時代です。指名手配人は「賞金首」というような言い方もされました。「デッドオアアライブ」を辞書で引くと「生死問わず」という意味になるのは、こうした言葉の使われ方の背景、由来があるからです。

おすすめ!「デッドオアアライブ」!!なアメリカの西部劇

Wanted Dead Or Alive

スティーブ・マックイーン主演の1958~1961年にかけて放映された、アメリカの大ヒットテレビドラマです。「デッドオアアライブ」流行の一端を担っています。

荒野の七人

スティーブ・マックイーンは西部劇の傑作「荒野の七人」で有名です。「荒野の七人」は黒澤明監督の「七人の侍」(1954)の舞台を西部開拓時代へ移したリメイク作品で、スティーブ・マックイーンの他にも、ユル・ブリンナー、ジェームズ・コバーン、イーライ・ウォラック、チャールズ・ブロンソンという豪快なキャストが揃った不朽の名作です。

西部劇 パーフェクトコレクション DVD50枚組

アメリカの西部劇は映画やドラマの中で人気のジャンルを確立しました。不朽の名作と呼ばれる作品も数多く存在します。

「デッドオアアライブ」=「生死問わず」

いかがでしたでしょうか?「デッドオアアライブ」の言葉の意味には西部開拓時代という時代背景が「生死問わず」という解釈に大きく関わっていました。

これだけ多くの人が「デッドオアアライブ」という言葉を耳にしているのも、アメリカ西部劇の興行的ヒット、その劇中での指名手配人のはりがみのインパクトが強く過激なメッセージを発して人々の心に残ったからです。

「(死んでいても生きていても)どちらでもかまわない」と書きつつ、「殺せ」と言っているのは言葉の意味が文字面だけではないという面白い点です。現代において「デッドオアアライブ」といって「生きるか死ぬか」と解釈されるのも、その状況が物語っているからです。

背景を探るとその言葉への理解もさらに深まって歴史にも関心が湧いてきます。文法という理屈にとらわれず、時代を感じて生きた言葉を使っていきましょう。

Latests