Search

検索したいワードを入力してください

ポーカーの「レイズ」の意味と使い方・由来・「コール」との違い

更新日:2023年11月16日

ポーカーというトランプゲームを知っている、という方は多いことでしょう。このゲームの中に「レイズ」という用語かあるのですが、これは「コール」と間違われやすいのです。ポーカーの基本的な知識から、「レイズ」と「コール」の違いについて説明しています。

コール

コールの意味は、前のプレイヤーと同じ数チップを出して、ゲームを続けることです。

レイズ

レイズの意味は、前のプレイヤーよりも多いチップを出して、賭けるチップ数を他のプレイヤーよりも高くします。1ゲーム中、1人1回まで可能です。

ドロップ

ドロップの意味は、今回のゲームから棄権することです。

ドロー

ドローの意味は、場に捨てたカード枚数と同じ枚数のカードを、ストックからもらうことです。

チェック

チェックの意味は、第2回目(ドロー後)に行うパスの1種です。チェックした人は、レイズができなくなります。

「コール」と「レイズ」の意味は似てる?違いは?

「コール」と「レイズ」は「チップを出す」という点で似ていますが、行う内容は異なります。

「コール」と「レイズ」の由来は英語

「レイズ」も「コール」も、英語です。「コール(call)」は「呼ぶ・要求する・短期間のやりとり」などを意味する言葉で、「レイズ(raise)」は「高める・持ち上げる・揚げる・上昇させる」などの意味を持ちます。

ポーカーにおける「コール」の「レイズ」の意味の違い

「コール」は「前の人と同じ数の」チップを出して、ゲームを続行するための宣言です。一方の「レイズ」は「前の人よりも多くの」チップを出すことであり、「raise」の意味「上げる・上昇・高める」と結び付きます。

つまり、基本的には「チップを出す」ことを「コール」と言いますが、「他の人よりも多くのチップを出したい時」には「レイズ」と言います。多く、「この手札(役)なら勝てる」という時に「レイズ(他の人より多く賭けること)」をします。続いて遊び方をご紹介しますので、その中でも「コール」と「レイズ」の違いを見ていきましょう。

ポーカーの遊び方!

まず、参加チップとして、各プレイヤーは1枚ずつチップを場に出します。続いて、親となった人がカードをよく切り、左側の人から順に、伏せた形で1枚ずつ配っていきます。全員に5枚配り終えたら、残りのカードはストックとして置いておきます。

次のページ:「レイズ」の意味を間違えないように気を付けよう!

初回公開日:2018年01月15日

記載されている内容は2018年01月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests