Search

検索したいワードを入力してください

【例文】「表記」の意味と使い方5つ|「標記」・「記載」との違い|類語

更新日:2023年09月18日

「表記」は、我々の馴染み深い言葉のひとつです。意味合いもシンプルで比較的わかりやすいですが、似たような言葉が多いので、間違えやすい言葉でもあります。今回はその意味についてだけでなく、使い方や類語についても解説していきます。

この空欄はカタカナ表記を使用してくださいカタカナ表記を使用してください

使い方③:タイヤの「表記」

タイヤには曲がりやすさや滑りやすさというように幾つか種類があり、その内容はサイドウォールと呼ばれるタイヤのなかで屈曲が一番大きいとされる部分に表記されています。これによってタイヤのスペックを正確に把握し、その種類に合わせて正しく活用できます。

タイヤのサイズは幅の呼称や偏平率、ラジアルといった項目があります。特に扁平率はタイヤの断面幅と断面幅に対する断面高さによって表記されるデータで、サイズを選ぶ際には重要視する要素です。

【例文】

扁平率はタイヤの表記を確認すればよい

使い方④:メールの「表記」

表記とは、手紙において上書きと同じ意味を持ちます。この上書きというのは、手紙や書物において表面に書くことや、書かれた文字のことを言います。この意味をメールに置き換えると、宛先・差出人や件名が書かれているメールヘッダーがこれに該当すると考えて良いでしょう。

【例文】

要件が一目でわかるようにメールには表記が必要だ

「表記」と「標記」の違い・使い分け

「標記」とは

「標記」とは、目印をつけたり、目印としてつけられた絵や記号のことを言います。このほかに、「標題として書き記す」ことを言います。標題とは、題名やタイトルのことを指します。

【例文】

本日の議題は標記の通リです

使い分けの仕方

「書く」という点においては似た意味合いを持っていますが、「表記」と「標記」は使用する状況が全く異なる意味合いをもちます。「標記」は題名において用いられる言葉であり、「表記」は文字や記号を書き表す行動やその内容に関して使用されます。

「表記」と「記載」の違い・使い分け

「記載」とは

次のページ:正しく理解して「表記」を使おう!

初回公開日:2018年01月11日

記載されている内容は2018年01月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests