Search

検索したいワードを入力してください

「アイコニック」の意味と使い方・語源・ファッション・スラング

更新日:2020年08月20日

「アイコニック」という言葉は活用している人から、意味がよくわからない人まで幅広いでしょう。アイコニックとは、業界によって使われ方があります。そこで、アイコニックの意味や使い方、ファッション、スラングなどでの使い方を解説していきます。

スラングでの「アイコニック」の意味と使い方は?

スラングでの「アイコニック」の意味は?

スラングでの「アイコニック」の意味の前に、まず「スラング」とはなにかというと「あるエスニックの集団のこと」や「生活環境、趣味などを共通にするグループの中で使われる隠語、略語」などの意味があります。

まず「あるエスニックの集団のこと」のアイコニックの意味は、アメリカの黒人文化のを象徴するような、若者言葉や汚い言葉、薬物、ファッションなどです。次に「共通にするグループの中で使われる隠語、略語」のアイコニックの意味は、業界用語、若者言葉、ギャル語など、特定のグループにしか意味がわからないような言葉のことです。

このことから、スラングでのアイコニックは「エスニック系黒人文化の象徴」や「業界用語、若者言葉、ギャル語」のような共通にするグループの中で使われる言葉の意味があります。

スラングでの「アイコニック」の使い方は?

スラングでの「アイコニック」の意味は、大きく分けてふたつに分けることができるので、それぞれの意味での使い方を説明していきます。

エスニック系文化

エスニック系文化のアイコニックの使い方は、まず、エスニック系黒人文化のを象徴するような人物や物質でしょう。アイコニックな人物としては、チャラチャラしていそう、悪そうな黒人でしょう。物質としては、スプレー缶でのカラフルなラクガキ、などはそのイメージから「スラング」が連想されやすく、スラングのアイコニックとして使えます。

汚い言葉もスラングのアイコニックになり「fack」「shit」などの言葉が有名でしょう。それ以外にも、英語での新しく生まれた流行り言葉がありますが、それらは「今年のアイコニックな言葉」として使えます。

略語

略語としてのアイコニックな言葉は、ズージャ語と言われる放送・芸能の業界用語でしょう。使い方は、ハワイを「ワイハ」、寿司を「シースー」、銀座を「ザギン」のように前後の文字を入れ替えて使います。

「KY」も有名な略語のスラングです。ご存知でしょうが「空気読めない」という意味です。これを真似て「佐藤課長」の愚痴を言いたいときに、ヒソヒソと「SKがさ〜」のように使うことができるでしょう。

デザインでの「アイコニック」の意味と使い方は?

デザインでの「アイコニック」の意味は?

デザインでの「アイコニック」の意味は、そのデザインが特定の会社、商品、サービスなどを象徴するもののことです。デザイン自体が肖像の役割をしています。デザインは、会社、商品、サービスのロゴマークだったり、ロゴマークとも関係ない絵だったりします。

また、コンピューター用語でのアイコニックの意味があり、アプリケーションや人物の特徴を示す小さな四角い図のことを意味します。みなさんにも馴染みがあるでしょう。一般的に「アイコン」とも呼ばれています。

デザインでの「アイコニック」の使い方は?

デザインでの「アイコニック」の使い方は、デザインでの使い方そのものと、コンピューター用語があるので、それぞれに使い方を紹介していきます。

デザイン

デザインでの「アイコニック」の使い方でもっともわかりやすい例が、会社のロゴマークでしょう。たとえば、車でいうと「エンブレム」があります。各社の車には「トヨタ」「BMW」「メルセデスベンツ」など、会社名がデカデカしく書いてなくても、エンブレムを見るだけて会社を見分けることができます。

車ではエンブレムをアイコニックとして使っています。他の会社でエンブレムとして使われているアイコニックは、アップルのリンゴマーク、セブンイレブンの7のマーク、ナイキのチェックマーク、などがあります。

コンピューター用語

コンピューター用語でのアイコニックは、アプリケーションや人物の特徴を示す小さな四角い図のことです。一般的に「アイコン」と呼ばれています。

たとえば、「ライン」のアプリケーションでいうと、緑の枠にふきだしマークがありLINEと書かれている図がアイコニックとして使われています。そして、ラインのアプリケーションの中の友達は、自分の名前と写真や絵を設定しています。その写真や絵のこともアイコニックとして使われています。

このように、コンピューター用語では、特徴を示す小さな四角い図のことをアイコニックと使います。

肖像やしきたりのアイコニック

アイコニックには、主にふたつの意味があり、あることが特定される肖像やしきたりのことでした。使われる業界によってさまざまなアイコニックがありますが、肖像と習慣を意味していることは変わらないでしょう。

アイコニックという言葉が広く使われるようになったのは、コンピューター用語からでしょう。基本の意味を抑えたところで、ぜひアイコニックを利用しやすいコンピューター関連からアイコニックを活用してみてください。

初回公開日:2018年02月05日

記載されている内容は2018年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests