Search

検索したいワードを入力してください

「慕う」の意味と使い方・読み方・花言葉・敬語|恋愛/尊敬

初回公開日:2018年06月04日

更新日:2020年05月23日

記載されている内容は2018年06月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

普段の生活であまり聞いた事がない日本語でも素敵な言葉は、たくさんあります。その言葉の中に「慕う」という言葉も含まれています。昔は自然と使われていた「慕う」という言葉の意味や使い方を知り、使いこなせるカッコいい大人に変身しましょう。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

「慕う」の意味と使い方・例文

慕うという漢字を、メールやLINEで見かけない事が多い人もいるはずです。とても素敵な言葉なので、使える場面があったら使ってみましょう。周りの人から「知的な人」と見られる事に繋がる可能性があります。

慕うには、3つほど意味があります。1つ目は、遠く離れている人を恋しく感じたり、懐かしく感じたりする気持ちの時に使われる事が多いです。例えば、「故郷にいる家族のことを慕う。」という例文が挙げられます。

2つ目は、離れたくないという気持ちから後を追う様子に使われることがあります。例えば、「母親を慕う。」という例文が挙げられます。

3つ目は、自分よりも目上の方の人格や識見に尊敬するような気持ちの様子に使われることがあります。例えば、「上司の周りには、常に上司を慕う人が自然と集まる。」という例文が挙げられます。

心など

「慕う」という言葉の意味には、心から人を想う気持ちを表しているものが多いことが特徴の一つです。人の感情を言葉で学ぶのは、とても難しいと言えます。その中でも人を想う気持ちは、言葉よりも自分で感じ取って気が付きながら学んでいくことなので、誰かを心から想えることは、生きて行く中で大切なことです。

「慕う」の類語

慕うという言葉の類語に付いて、考えていきましょう。かなり数があるので、聞いた事のある類語が登場することもあるでしょう。

慕うの類語には、愛慕、恋慕、好意を持つ、恋に落ちる、恋愛感情を抱く、恋心を抱く、人を好きになる、惚れるなど、相手のことを大好きだと感じている状況の言葉が多く出てきます。

「慕う」は恋愛の気持ちが含まれるのか?

人を慕うことから、恋愛感情が生まれるのか考えていきましょう。同性に対して慕う気持ちが強くなると、その感情が恋愛感情だと考え付く人は少ないでしょう。

自分が、その人に対して尊敬している人とか、憧れている人といった、ファン的な感情だと考える人が多いです。中には、相手を慕う気持ちが強すぎて髪型や服装、仕草など真似できる所から真似をする人もいます。

異性など

慕う相手が異性の場合は、慕う気持ちが強くなってくると自分が相手の事を恋愛対象として見ているのではないかと感じてしまうことも出てきます。恋愛感情の好きと、尊敬している好きなどの感情をきちんと区別することは、とても難しいことです。どんな形の「好き」でも、相手の事を慕う気持ちが大前提の上での感情が「好き」だからです。

慕われる人になる秘訣は?

周りの人達から慕われる人達には、共通している特徴がたくさんあります。普段の生活の中でしている何気ない行動は、人間性をチェックする要素として周りの人からは意外と見られている事が多いです。

仕事場や学校、ママ友や習い事先など、いろんなところでチェックされている事を普段から意識して行動をするようにすると、トラブルに巻き込まれたりすることも減ることに繋がっていきます。周りの人から慕われるようになれるための秘訣を書いていくので、自分がそうなれるように意識を持って行動してみましょう。

周りの雰囲気を見ている人

どんな環境の中でも、常に周りの人達の動きを客観的に見る事ができる「洞察力がある人」は周りの人達の気持ちの変化を敏感に感じ取ることができます。この行動を取ることができる人は、仕事で出世するタイプの人に多いです。

その理由は、この後から出てくる慕われる人の特徴の全てに繋がっていくからです。その他にも、周りの人達の置かれている状況を把握していると、気持ちの変化にも気がつくので、周りの人の嘘などにも、すぐに気がつく事が可能です。その結果、人に簡単に騙さたり振り回されたりすることも減り、トラブルに巻き込まれることも減ります。

他人を思いやれる人

周りの人達から慕われる人の特徴に多いのが、自分自信がどんな環境に居ても周りの人に対して、思いやりのある言葉や行動を取ることができる人です。

周りの人が「今どんな事をして欲しいのか」を適切に判断して優しい言葉や行動を取るには、常に周りの状況を正しく把握しておく必要があります。思いやりの行動とは、ただ優しい言葉を話しかけていれば良い訳ではありません。相手のためになることを一瞬で判断して話しかけることが大切になります。

自分の感情を他人にぶつけない人

周りの人から慕われる人の特徴に多いのが、その時の自分の感情を周りの人にぶつけたりしない人です。仕事の事でイライラしている時に、周りにいる人に対して怒鳴り散らしたりする人もいます。

意外と役職の高い人ほど、いろんな人から、さまざまなクレームや注文を言われる事が多いので、常にトラブルを抱えている状況になってしまい、そういった傾向が強く出てしまうことがあります。こういったタイプの上司を慕う気持ちになれないと感じるのは、仕方がないことです。

人の気持ちが分かる人

周りの人から慕われる人の特徴に多いのが、人の気持ちを分かってくれる人です。周りの人から見ると些細な悩みでも、本人にとっては大きな悩みになってしまっている事もあります。

そんな時に、優しく寄り添ってくれたり、答えを出せるように導いてくれるようなアドバイスをしてくれたり、少しキツイ言葉でも自分のことを考えて諭してくれる人は、慕われる事が多いです。

仕事ができる人

周りの人から慕われる人は、仕事ができます。仕事をバリバリこなすためには、いろんな作業を自分自身でやり遂げる必要があります。そのために、幅広い人脈を持っている人が多いです。その人の数だけ、必要な情報を集めることが可能な状態に繋がっていきます。

新人の人から見て、人脈が広くて、仕事をバリバリしている人は尊敬する存在や、憧れの存在になります。誰かの目標になれるぐらいの存在になれることは、簡単な事ではありません。慕われる人しかなれません。

全ては気遣いから

細かい事を説明して来ましたが、周りの人から慕われる人は「どんな相手に対しても気遣いができる人」です。周りの人に対して、気遣いをしようとする気持ちがあるからこそ、周りの状況をキチンと把握しようという気持ちになれます。自分のことだけを中心に物事を考えている状態なら、周りの状況を気にする必要がありません。

人それぞれの感性の違いから、人を気遣う方法も正解は一つではありません。いろんな思いやりの形があります。

言葉から

周りの人から慕われる人の特徴には、その人の言葉から滲み出る想いが伝わってくる人です。言葉には、その人の生きてきた人生観がその人の味として現れて来ます。

周りを楽しくさせるための言葉や励ましたりする言葉、他人を注意する厳しい言葉と、言葉はいろんな意味を持ちます。例え、厳しい言葉でも、相手のためになって欲しいと言う思いを込めて発言する言葉は、聞いてる方や言われている方は、その愛情をしっかりと感じています。

「慕う」の漢字の読み方

「慕う」という漢字の読みかたは訓読みで「したう」です。音読みでは「ボ」と読みます。

「慕う」に関する花言葉

アサギリソウと呼ばれている花の花言葉は「慕うこころ」ですが、もう一つの裏の花言葉では「復讐」と、全く違う意味を持ち合わせています。

その他に、ツリフネソウと呼ばれている花の花言葉も「慕うこころ」でアサギリソウと同じ意味を持っています。

また、ゴデチアと呼ばれている花の花言葉も「お慕いしています」です。

「慕う」と似た言葉との違い

日本には、「慕う」という言葉と似ている言葉が、いくつかあります。その言葉の違いに付いて分かりやすく説明していきます。よく聞いている言葉でも、使い方次第で、全く違う印象の言葉になります。正しく理解して、使っていきましょう。

尊敬

「慕う」と似ているけど、微妙に違う言葉の中に「尊敬」という言葉があります。尊敬とは、自分が相手の人格や識見、学歴などの経歴や経験に対して、すぐれた人材だと認め崇拝に近い気持ちを持つことです。

相手に対して、ただ慕うという気持ちよりも、絶対的に従ってしまう心理状況になっていることを表していることが伺えます。この気持ちは、周りの人に批判を言われたぐらいで簡単に変わることはありません。したがって、相手に対して尊敬していた部分への熱い気持ちが落ち着くタイミングが来るまで待つしかありません。

無理に引き離そうとすると、余計に相手に対しての感情が強まることに繋がってしまう事もあるので、気を付ける必要があります。

憧れるなど

「慕う」と似ているけど、微妙に違う言葉の中には「憧れ」という言葉があります。この言葉は、よく使われる事が多いので、意味を知っている人も多いでしょう。

例えば「憧れの人」ができると、自分がなりたいという目標にし、憧れの人の真似をするようになり、その人のようになりたいと思う気持ちが強くなる事があります。慕う気持ちから、自分自身の行動までも変えようと思うほどの、強い気持ちが憧れです。

一度でも慕う気持ちを抱いた相手や憧れる気持ちを抱いた相手は、自分自身にとって影響力のある存在になります。

「慕う」の敬語

慕う気持ちを表している敬語で「お慕い申しあげます」、 または「お慕い申し上げています」、「お慕い申しております」と、いくつか種類があります。

手紙に書くときや言葉で伝える時に、相手が自分よりも年上の方なのかなど、いろんな状況を考えて言葉を選んで使うと良いでしょう。

「慕う」には相手を想う気持ちがつまっている

慕うには、心から相手のことを考えているような状態になっていることを表していることが多いです。相手を慕うと一言でいっても大切に思うレベルもいろいろあります。例えば、漢字で「慕う」と書いてみると「好き」と漢字で書くのでは、言葉に好きな気持ちの重みが違うのを実感することができます。

もしあなたに大切な人がいるのなら、適切な言葉で自分の気持ちを伝えてみませんか。気持ちを伝えられた方も、素敵な言葉で表現されると嬉しい気持ちになるはずですし、伝えたことによってさらに親密度は上がっていくでしょう。

普段あまり使われていない素敵な日本語は、まだまだいっぱいあります。その一つに慕うも含まれています。若者達から使われるようになって来ると「慕う」の漢字が、もっと身近な言葉になる日が近くなるでしょう。素敵な日本語と触れ合うことで、気持ちも豊かになります。

Latests